2022年9月22日木曜日

パフェ活の日

月に一度のパフェ活でした。
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
バタートースト
炒めウィンナー&目玉焼き
桃(青森県産 白桃)
梨(千葉県産あきづき)
ぶどう(山梨県産シャインマスカット)
カフェオレ
今日は息子も同じタイミングで朝御飯だったので、桃剥いて梨剥いて葡萄も出して、と、秋の果物並べまくりの朝御飯。
 
常なら銘柄名つきで売られている「ロピア」の桃、今回は「青森県産 桃」というそれだけの雑めな記載で売られていたのを買ってきたのだけれど、甘さも香りも若干控えめ。
 
そろそろ桃のシーズンも終わりかなあと思いつつ、ちらちらと洋梨の影も見え始めた。本当、秋は食べたい果物が多すぎて。
新宿「SALON BAKE & TEA」にて
 秋のリンゴパフェ \2100
今日は月に一度の玉緒さんとのパフェ活で、今回目指してみたのは新宿「NEWoMan」内の「SALON BAKE & TEA」。
 
“花冠”イメージのシャインマスカットパフェ、新宿サロン アダム エ ロペのレストランで」という記事を見て、え、これすごく綺麗美味しそう!……と、この店にしませんかと誘ったのは私の側。
 
「秋のリンゴパフェ」。すごく凝った仕立てでした。 なかなか人気のお店のようだったので、11時の開店早々、ランチの前に行ってしまうことにした。
 
飲みの後のパフェがあるなら、ランチ前のパフェがあったっていいじゃない、ということで……(よくない?)。
 
パフェグラスの上、径ぴったりにドーナツ状のアールグレイサブレが乗っていて、宙に浮いたような仕立てになっているのがとても素敵。
 
この上段は一度皿上に除けてから、上に乗るクラッカンなどは下のソルベやクリームと混ぜたりしつつ、いただいた。
 
アーモンドミルクを使用したムースの真っ赤なリンゴの下には、ソテーしたリンゴとフレッシュのリンゴを忍ばせて。
アーモンド、アールグレイ、マロンやキャラメルなど、深まる秋を一層ごとにふんだんに感じる味わいに仕上げています。
 
という感じで、美しく層になった下層部分はブラックベリー、ベリーのソース、モンブランクリーム、キャラメルクリーム、紅玉入りのアールグレイジュレ、と、りんごに似合う組み合わせが盛り沢山。
 
このパフェ、かつてないほどに小麦粉ものが多く使われていて、全体的にざくざく食感だったのも割と私好みだった。
 
上のサブレとアーモンドクロッカンの他に、パールクラッカンに全粒粉クランブル……という感じで。
 
こちらも素敵なパフェでした、「シャインマスカットの花冠パフェ」 そして玉緒さんは、今が旬の「シャインマスカットの花冠パフェ」。
 
まさに"花冠"という表現そのままな最上部には、シャインマスカットにリコッタクリームに、エディブルフラワー。
 
可愛い蔓植物っぽいものは「ピーテンドリル」、スナップエンドウの新芽部分なんですって。見た目がとても愛らしい。
 
米粉やラカントを使用しギルトフリーなパフェに仕上げました。
花冠をイメージしたトップには、リコッタチーズクリーム、下層には白ワインのジュレを重ね、アクセントに抹茶を加えました。最後までサッパリとお楽しみください。
 
と説明文にあったパフェで、私的には「抹茶かー」(抹茶ものは、飲むのは好きだけどお菓子になるとあまり好きではない私……)というのと、別のパフェでさっぱりしなくてもいいじゃん?という思いもあってりんごにしたのだけど、でも見た目の美しさはこちらのパフェが圧勝だったかもしれない。
 
美しくグリーンで統一されたグラス内には、ミント風味の白ワインジュレ、アロエとレモンの白ワイン煮、抹茶メレンゲ、白ブドウソルベ等々、なるほど、全体的にさっぱり系だったみたい。
 
……でも、パフェ食べに行こうって時に、ギルトフリーとか考えないよね……?っていう。食べる時はカロリー気にしないで全力で食べますよ……(私はね)。
 
ともあれ、今月も美味しく幸せなパフェでした。大満足♪
新宿「添好運(ティム・ホー・ワン)」にて
 酥皮焗叉燒包(ベイクドチャーシューパオ)3個 \680
 晶瑩鮮蝦餃(海老蒸し餃子) \680
 紅油抄手(ポークワンタン 香辣黒酢) \580
 白灼時蔬(季節の温菜) \680
 排骨飯(スペアリブの蒸しご飯) \780
 普洱茶
で、お昼はどうしましょうといくつか候補をお互い挙げあっていたのだけれど、あまり移動せずに行けるという利点もあって、更に玉緒さんは未訪問だと聞いて、もう話題の旬はとうに過ぎ去っているかなと思ったものの、お互い中華大好きなものだから、サザンテラスの「添好運(ティム・ホー・ワン)」に。
 
点心だったら好きな量注文できるし分け合いやすいから、パフェ後の胃袋でも余裕でしょという思いもあったりした。
 
平日昼間でもまだまだ人気の添好運。盛況でしたよ。 平日の昼間だったらさすがにすんなり入れるかと思いきや、12時前で既に待ち客9組くらい。
 
店頭のE-PARKの端末で行列権利を手に入れた後は、スマホに届く「あと○組」の表示を見つつ、他のお店を覗いていても大丈夫。
 
結局40分くらい待って店内に入ることができたのだった。
 
添好運、やっぱりこれは食べておかないと、って。 初めてだったらやっぱり一度は食べるべき?と人気ナンバー1の「ベイクドチャーシューパオ」もしっかり頼みつつ。
 
フィリングも甘ければ皮も甘めなちょっと独特なチャーシュー饅頭……というより、パンな感じのこの品。
 
香ばしくて悪くないけど、本当、なんでパイでも饅頭でもなくこのスタイルなのかがちょっと不思議だし面白い。
 
発酵系の少し変わった風味のポークワンタン。美味しかった。 定番の蝦餃も頼んだし、野菜も食べましょうかと、季節の青菜炒めは好物の空心菜で。
 
そしてこれは初めて食べてみた、紅油抄手、ポークワンタン 香辣黒酢。
 
すごく知ってるようで、でも馴染みは薄い、香辛料?調味料?が入っていて、玉緒さんと2人「なんでしょうね……」「こう、むわっと来るような……嫌いな方向ではないけど」と話していて、腐乳系の発酵調味料的なものではないかという結論に。
 
スパイスのような植物的なにおいではなく、動物的なもののような気がしたから、そうかもしれない。
 
これは今日のメニューダントツで、ビール(サンミゲールがいいな……!)が恋しくなる味わいだった。
 
うっかり炭水化物も頼んでみたり。 そしてうっかり炭水化物も。
 
30弱と、そう多くはないメニューのうち、3品が腸粉、3品が蒸しご飯というのは若干バランスが悪いような気がしなくもないのだけれど。
 
それだけ自信があるということかなと、「鶏肉と生姜の蒸しご飯」「牛挽肉と卵の蒸しご飯」がある中、排骨飯(スペアリブの蒸しご飯)を。
 
おこわっぽいねちもち食感のご飯の上に、おそらくは圧力鍋で調理したのだろう、骨からするりと外れる柔らかさのスペアリブに、豆鼓の風味。
 
他の料理同様、これも若干甘さが強い(というかこのお店、全体的に味は濃いめ)だけれど、そのこっくり加減が悪くなかった。
 
食後は、私はお惣菜とパン目当てに高島屋のデパ地下に寄ったのだけど、高島屋は日本橋店も新宿店も青果コーナーが大変に素晴らしくて。
 
玉緒さんと2人で「え、これ、安い」「これも安い」とわいわいしつつ、私も1玉198円のミニ白菜を買ってしまった。全体的に安くて鮮度も良いし、本当、高島屋の青果売り場は他デパートと比較して頭一つ抜けている素晴らしさ。
 
で、夜の私は、「昼間ジム行かなかったし!」と夕食スルーでBODYBALANCE 60に参加してきた。
 
毎週木曜昼(どころかあと月曜と土曜にも)にお世話になってる仲良しイントラさんのプログラムなので、「ダンスの代わりに夜来ました!」と告げ、ついでに「今日は月イチのパフェ活の日で」まで話したら「ああー前にもありましたねえ」と笑われて。
 
しかし久しぶりのコアトレーニングつきのバランス、腹筋がめっちゃめちゃきつくて、私はそこそこ腹筋トレーニングし慣れている(パンプとアタックで絶対やらされるから)はずなのに、「これは無理かも」と途中休んでしまうほどに大変だった。
 
これは絶対、腹斜筋が筋肉痛……(いや、運動しに行って良かったな、と……)。

2022年9月21日水曜日

豚トロ炒め!

「クリームパイのあさの」の
 ブリュレクリームパイ バニラ
ミルクティー
ららぽーとTOKYO-BAYの「ロピア」近くの屋内広場では時々ミニ物産展的なものとかスイーツのポップアップショップなどが出るのだけれど、昨日出ていたのは「クリームパイのあさの」というお店の"ブリュレクリームパイ"なる品。
 
売り場脇には巨大な箱形冷凍庫がいくつも並んでいて、いかにも冷凍品を解凍して売ってますという体だったのだけど、「さくさくトロトロ究極の黄金比」なんて煽り文句つきで並んでいた品は割と美味しそうに見えたのだった。
 
で、チョコとかアーモンドとかストロベリーとか、各種あったフレーバーから基本のものをとバニラ味のを買ってきて。
 
だんな出張中につき一人での朝ご飯、ミルクティー用意していただいた。
 
"ブリュレ"の名の通り、焦がした砂糖の層が上にあって、円形のパイ生地の中にクリーム……なのだけど、言うほどさくさくでもトロトロでもなくて、まあ、普通……?みたいな。
 
これで1個300円半ばくらいの値段だったから、これだったらコンビニスイーツの方が値段と味のバランスはずっと良いかもなんて思ってしまった。
 
店名ググッても公式サイトは出なかったのだけど、どうやら大阪の「わらび屋本舗」というお店が展開している催事専門スイーツ店なのであるらしく。
 
何がというわけではないけれど、「ああーなるほどー……」なんて思ってしまった。割と地雷なお店だった……のかも?
スティックきゅうり w/マヨネーズ
フルーツサラダ(スーパー惣菜)
豚トロともやしの"ほりにし"炒め
豆腐の赤だし(インスタント)
羽釜御飯
チューハイ(サントリー BAR Pomum 桃と紅茶)
今日も息子と2人の夕御飯。
 
時々食べたくなる豚トロ(豚の首肉)を買ってきてあって、もやしと一緒に炒めてみようと思っていた。
 
シンプル塩味にする予定だったところ、たまたま「ロピア」で「ほりにし」を買えてしまったので、早速そのスパイスを使ってみることに。
 
すごくバズッている、アウトドアショップが出したこのスパイス、「奇跡の万能スパイス「ほりにし」の活用レシピ!BBQや料理好きの大本命」なんて記事になるくらいには(あとつい最近テレビ番組でも紹介されていた)有名で。味見してみた感じだと、宮崎のマキシマムに似た方向の、スパイシーな旨味調味料という感じ?確かに万能感はある。
 
"塩や醤油をベースに、ガーリック、黒胡椒、コリアンダー、チキン調味料などなど"が使われているそうで、更にパウダー状にしたミルポア(玉ねぎ、にんにく、にんじん、セロリなどの香味野菜を炒め、ワインで煮込んだもの)も入っているとか。
 
最後の隠し味は会社のある和歌山県にもちなんでの陳皮なのだそうで、なるほど、ふわりと爽やかな感じもするのはそれなのかなと思いつつ、このスパイスをばさばさ振りながら、スナップえんどうも加えた豚もやし炒めを完成させた。ほんの少しだけ、醤油もひと垂らしして。
 
で、てっきり、"フルーツ入りのポテトサラダ"だと思ってそのつもりで買ってきた「ロピア」のフルーツサラダが、「缶詰フルーツのホイップクリーム&ヨーグルト和え」だったことに気付いて苦笑い。
 
味見してはじめて「これは夕食の副菜にはなりえないわー」と知って、でもせっかくだから少しだけ食卓に出した。もうこの残りは朝食のパンにでも合わせることにして。
 
お供のチューハイは3種類の最後の1本、「BAR Pomumg」のアルコール度数2%の桃紅茶。
 
なるほど、けっこう甘めで桃風味の紅茶チューハイ。悪くはなかったけど食事向けかと言うといまいちで(果物とかチョコとかチーズとかには合いそうだけど)、"お酒を飲みつけない人用"って、甘くすれば良いってものじゃないと思う……なんて思ったりした。
 
そして、ほりにしスパイスは美味しかったので活用しまくりたいと思う。マヨネーズに混ぜたり、ホットサンドの風味づけに使ったりしても良さそう。あと、朝の目玉焼きとか。

2022年9月20日火曜日

ざんぎとお刺身サラダ

バタートースト
炙り焼き豚&目玉焼き
梨(千葉県産あきづき)
ぶどう(山梨県産シャインマスカット)
アイスカフェオレ
今朝は、アンデルセンの長時間発酵食パンをトーストして、ウインナー代わりに、谷津のお肉屋の焼き豚の残りをスライスしてフライパンで両面炙り。目玉焼きと一緒に焼いた。
 
この焼き豚が本当に美味しくて、「やっぱり美味しいよね」「また絶対買って来よう」と話しつつ。
 
そしてちょっと久しぶりに口にしたアンデルセンの食パンもしみじみ美味しくて、「高級食パン探しとかする必要、ないのでは?我が家で食べる食パンは永遠これで良いのでは?」などと改めて思ってしまったり(思いはするけど、ついパン屋行脚は続けてしまうわけだけど)。
 
そして梨は、ついに幸水豊水から切り替わり始めたか、千葉県産のあきづきを。
 
「新高×豊水」と「幸水」の交雑により誕生した赤梨のあきづき、果肉がちょっと固めだけれど甘さが強くてお気に入り。
 
ニュースサイトで「【ガチンコ】千葉の「茶梨」vs 鳥取の「青梨」はどちらが最高か? 地元民がプライドを賭けて食べ比べた結果…」という記事を見たけど、私は圧倒的茶梨派だなあと思った。
 
今日の日中は、いつものBODYCOMBAT45からのBODYBALANCE FX。
 
昨日もコンバットやってきたけど、元気に行ってきた……ら、昨日やったムエタイトラックの曲が今日も流れて「……まじ?」ってなった。
 
"ニー&ニー&ジャンプニー"の32回、これ絶対明日あたり筋肉痛じゃないかなあとぴょんぴょんした後、仲良しイントラのOさんだったので「昨日もこれ、イベントコンバットでやりました……」とレッスン後に報告。
「すみませーん!」とげらげら笑われながら「来週もやりましょうか?」と言われてしまった。
 
"飛ばない"という選択肢ももちろんある(というかスタジオで飛んでるのは2~3割かなと思う)けど、与えられた課題は極力こなしたいと思っているので(何のためにジム行ってるんだってお話なのでやるからには全力で取り組むの心)、そこは後先考えず頑張った。
 
で、こちらはこなせるかこなせないかは未知数(多分無理……)だけど、新曲バランスは、またもバードポーズが出てくるそうで……。ちょっと家でも練習しておこうかな……。
お刺身サラダ
「なると屋」の
 ざんぎ
羽釜御飯
麦茶
だんなは今日明日と出張(ほんと出張多い……)で、今日の息子との夕飯は、ありもの消費を主にして。
 
残っていたなると屋のざんぎと、昨日の刺身の残りはサラダ仕立てに。
 
アルファルファときゅうりとフルーツトマト合わせたところに刺身を乗せて、砕いたナッツをたっぷり散らした。手持ちのトリュフドレッシングを使い切ってしまいたかったので、半端な量のそれと、醤油をちらりとかけていただいた。
 
このサラダが、適当に作った割には美味しくて大満足。残り物刺身と言わず、また普通に作りたいレベルだった。
 
そして1個のサイズがかなり巨大なざんぎは、1個150円と、これもまあまあお値打ちで。
 
日本全国、都内各所にある系列の「なるとキッチン」にはタルタルザンギ定食、おろしザンギ定食などもあるそうで。
 
気になる。