2020年2月16日日曜日

2日目スキーと山形牛

山形スキーの締めは、定例の焼き肉で。
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
山形 蔵王温泉郷 スキー定宿にて朝御飯
     りんごジュース
     キャベツのおひたし・ひじきの煮物・マカロニサラダ
     焼き鮭・ささかま・わさび漬け
     温泉卵・納豆・焼き海苔
     なめこと豆腐の味噌汁・御飯・お漬物
     オレンジ
     お茶
今朝は6時過ぎまで泥のように眠って(常は早起きの私もさすがに疲れていたらしい……)、だんなと息子を起こさないようにそっと温泉に。
 
今日は昼前から"雨"の天気予報が出ていて(2月の蔵王で雨!)、大丈夫かなあと曇り空を眺めつつ、でも体調はありがたくも万全で。
 
息子含め2人の20代男子以外は四十路とアラフィフの集合体のこの面子、さすがに体にガタが来ている人々が多く、「肩が上がらないー」とか「股関節がー」という声も出たりして、まあ無理しない方向でねと食堂での朝御飯。
 
米飯の進むおかずなのです……おいしい……危険……。 このおかずでは、米が進むこと必至よねという感じの朝御飯。
 
苦手だからとだんなの分の納豆もちゃっかり貰い、焼き鮭に温泉卵に焼き海苔にお漬け物。
 
美味しい味噌汁は豆腐となめこ、米もやっぱり美味しくて。
 
ついつい朝からしっかり食べてしまった。
グラス一杯のりんごジュースが地味に嬉しかったりして。
山形 蔵王温泉スキー場「レストラン黒姫」にて
 トマトチーズメンチカツ
 ミニキーマカレー
 お茶
雲が下に見えます。そして雪はジャリジャリシャーベット~。 昨日の山頂がなかなか過酷(混雑と雪質が……)だったので、今日は山頂までは行かずに、樹氷原コースに出たところからゆるゆると黒姫ゲレンデ方面に。
 
新雪も無いので雪面は昨日と変わらず(いや、昨日より悪いくらい)にジャリジャリのシャーベット状で、割と力任せな感じに滑り降り、そして夕飯が早いしねとやや早めの昼御飯を黒姫のリフト乗り場近くのロッジでささっと済ませることにした。
 
とろけたチーズが出てくるメンチカツが幸せだったお昼御飯。 「ミニカレー」の文字がメニューに見えたので、それは嬉しいなと、ミニサイズキーマカレーと、あと美味しそうだったトマトチーズメンチカツを1個。ビールは自重のお昼御飯。
 
多分業務用のレトルトなのだろうけど、キーマカレーが案外としっかり辛くてスパイシーで悪くはなかった。トマトソースとチーズがサンドされたメンチカツは、これはビールが恋しくなる味。
 
この後、午後3時とは言わずとも午後2時過ぎくらいまではがつがつ滑る予定だったのだけれど、昼前から雨が降ってきてしまった。
 
雪が降るより気温は高いはずなのに、雨はウェアがぐっしょり濡れるし、変に滑るし、体温も体力も奪われるしで全くもってスキーは楽しめない。
 
皆は早々に宿に戻ると言い、だんなと私はもう少しだけ滑ろうかと別行動していたのだけれど、結局、私たちももう駄目だと早々に切り上げることになってしまった。
 
今日はリフト15ポイントしか消費できなかったなー。残念。
そして帰路でリフト乗り損ねて(お尻が水で滑った)、リフトを止めてしまった私が何より一番残念。
 
右腿をどこかにぶつけたらしく、打ち身になってしまうし、もう。
山形駅前「冷麺さくら」にて
 仲良しセット 2×\3500
     (上カルビ・しんたま・サンチュ・冷麺2杯)
 上タン塩 2×\1200
 しんたま \900
 さがり(ハラミ) \1100
 テッチャン \700
 生ビール 4×\550
 お茶とかサワーとか
4人テーブルでこんな感じにもぐもぐもぐ
そして夕方、新幹線の時間に合わせて(というか新幹線の時間を合わせて)、夕飯は山形駅前の「冷麺さくら」に。
 
初めて2007年12月に訪れてからもう12年ちょっと。今見返すと、当時はユッケもメニューにあったんだね。隔世の感。
 
8人なので4人席テーブルが2つに別れ、大体両テーブル同じものを食べたけど、「ハラミ2皿いっちゃっていいですか?」「あ、私、テッチャン食べたい」「しんたま追加で」と追加ものはそれぞれ好き勝手に。テッチャンのリクエストは私。
 
山形駅前「冷麺さくら」、初めて食べたハラミもおいしかったー。 「仲良しセット」という可愛いネーミングのセットは、上カルビにしんたまにサンチュ、冷麺2杯のセットという嬉しい組み合わせ。
 
残念ながら、今日はともさんかくが売り切れとのことで、去年食べたファミリーセットはいただけなかったけど、それでも幸せな内容だった。
 
隣のテーブル組が食べていたハラミが美味しそうだったから、じゃあ私たちもと注文したハラミは、写真のようにサシたっぷりで臭みもなく、適度な赤身ぶりが良い感じ。
 
ただ、肉の美味しさに比べると、ホルモンは普通だったかな……テッチャンってつまりシマチョウの事らしいのだけど、シマチョウらしいぺったりしたボリュームがあんまり感じられなかった。
 
今日の冷麺は、ちょっと塩気が強かったような……?でも相変わらず美味しいです。 そして最後にお楽しみの冷麺を1人1杯。
 
柔らかく炊いた牛肉(すね肉?)にゆで卵、カクテキ、きゅうり、長ねぎ、りんごなどがトッピングされ、辛みは無しから小中大、それに別添という形を選ぶこともできる。
自家製コチュジャンがまた美味しくて。
 
そして食事を終えて店前の渡り廊下で駅ビル方面に移動すればそこがお土産もの屋フロアという嬉しい構造。
 
残念ながら、以前は売っていた蔵王クリームチーズを扱うお店が消えてしまったのが痛いけど、ここでまた日本酒買ったり(初孫の愛山、あら玉のうすにごり)、スモッち買ったり。
 
帰りの新幹線はほぼ全員が爆睡して、帰宅は日付が変わる少し前。
 
去年あたりはほんとに私体力が無くて(気力も無くて)「もうスキーはしなくて良いわー」なんて思ってたけど、体鍛えてみたら(あと痩せてみたら)「あら案外いけるわまだまだいけるわ楽しいわ」という感じで。
 
来年はパウダースノーの中をがつがつ滑ることが出来ると良いな。
おつかれさまでした!

2020年2月15日土曜日

雪無し蔵王

蔵王に来ました!よ!今年は滑ります!よ!
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
新幹線車内にて
 「大船軒」の鯵と小鯛の押寿し
 お茶(ペットボトル)
さて、この週末は山形蔵王にスキー。
 
今年はおそろしいほどの暖冬で、年が明けてもなんだか全然雪は積もらないし、どころかこの週末は雨の予報まで出ているしで、かつてなくしょんぼりな状況ではあったのだけど、私はここ数ヶ月の肉体改造(?)の甲斐もあって、かつてなく体力おばけな現状なので、今年は私も滑る予定。雪が全然無いらしいけど!
 
で、朝5時起きで東京駅に向かい、駅弁を買って新幹線に乗り込んだ。
 
朝から肉でも揚げ物でも無いなあと、私が選んだのは「大船軒」の押し寿司。
 
好物の鯵と小鯛のセットでボリュームもほどよく、ぴったりな朝御飯。
 
山形駅までは約3時間、けっこう時間はかかるけど、最高の温泉郷&スキー場だから、私たちはなかなか他の地へ行く気がしないのだった。
山形 蔵王温泉郷「雪ぐら」にて
 豚のもつ煮込み
 玉こんにゃく
 ビール
この道路のすぐ向こうがゲレンデなのにこの雪の無さ! そうしていつもの総勢8人で蔵王温泉郷に到着してみれば、この雪の無さ。
 
「今年は雪が少ない」は2007年に(多分)初めて家族で蔵王に来て以来何度かはあったけれど、ここまで酷いのは初めての事。
 
今日の気温はスキー場でも5℃くらいあって、もう完全に春スキーな感じだった。まだ2月の半ばなのに。
 
それでもととりあえずスキーウェアに着替え、まずは昼御飯とゲレンデ近くのお気に入りのお店「雪ぐら」で昼御飯にした。
 
豚もつ煮込みには玉こんにゃくも入ってました。さすが山形……! ビール飲むし玉こんにゃく食べるし、だったら麺とか米飯とかいう気分じゃないなあと、私は単品の豚もつ煮込みを。
 
そして茶色く美味しく煮えた玉こんにゃく(ここのお店の、大好きなんだなあ……味が染み染みで……)もいただいて、かなーり幸せな昼御飯。
 
大根がざくざく入るもつ煮には、スライスされた玉こんにゃくも入っていて、それがいかにもらしかった。
 
天気は最高でした。うん、やっぱり気分は春スキー。 そしてロープウェイとリフトを乗り継ぎつつ、まず目指すは山頂に。
 
この季節の雪山は木々も真っ白に雪と氷が付いているのが常なのに、今季の蔵王は木が茶色だったり緑だったりでとっても違和感。
 
足元は水を含んだしゃばっしゃばの雪で、場所によってはゲレンデも土と草が見えてしまっているくらい。
 
それでも幸い、天気だけは最高だった。
 
山頂風景も、いつもの蔵王じゃないみたい。 山頂に到着しても、「顔がちょーっと冷たいね?」くらいの気温で、見える風景もいつもの山頂とは全然違っていた。
 
ちなみに蔵王にこの面子で来るようになったのは2009年から。途中何度かは来ない年もあったけど、記録によると私が最後にスキーをしたのは2017年だったみたい。
 
2月の蔵王でお地蔵様の足が見えるよ……! お地蔵様も、「あー、こういうポーズだったんですね」「座ってたんだ」と言うメンバーが居たほどに、まず冬には見ることのできない姿が拝めてしまった。
 
というか、隣にミニお地蔵様が居たことは、私も知らなかった。
 
ちなみに、胸まで雪に埋もれてたお地蔵様(まあ例年こんな感じ)は2013年、首まで雪に埋もれていたのは2017年の日記に記録が残っていたりして。
 
どう滑れと……と絶望しながら帰ってきましたよ。たいへんー。 おおむね問題無いゲレンデではあったけど、「これはあかん」となったのはこの斜面。
 
もうシーズン終わりのスキー場のようなこの風景。
 
雪が重くて曲がるのも止まるのも大変な状況で、それでもリフト券は2日分買ってしまったしねと、18ポイント消費する勢いで3時を過ぎるまで頑張って滑ってきた。
 
今年の私は、「ふくらはぎと脛が痛くて滑れないよー」なんてこともなく、ちょっとしたバランスの崩れで転んでしまうこともなく、「筋肉とスタミナって大事なんだな……!」と心から思い知ることに。
 
それでも最後の最後に盛大に転んでしまって、顔面でスキーをして(怪我はしなかった)なかなかの惨事になってしまったりはした。油断良くない。
山形 蔵王温泉郷「山形酒のミュージアム&湯けむり屋台つまみ」にて
 山形酒米飲み比べコース \1000
     寿虎屋 霞城寿 純米大吟醸 雪女神
     香坂酒造 香梅 純米吟醸原酒 出羽燦々
     小嶋総本店 東光 吟醸原酒 出羽の里
最近、蔵王温泉郷には「山形酒のミュージアム&湯けむり屋台つまみ」というちょっと楽しいスポットが出来たらしい。
 
「山形酒のミュージアム&湯けむり屋台つまみ」、素敵なスポット 夕飯前にと、ぱぱっと宿にチェックインしてお風呂を済ませた後、有志で繰り出して軽く飲んで来た。
 
17時からは着席して飲み食いできる屋台つまみの併設店が開くようだけど、それまでは立ち飲みテーブルでの営業で。
 
それでも1杯300~600円でいただける地酒が50種類近くに、なかなか楽しい飲み比べセットが何種類も用意されていて、皆で交換しつつやいやい色々飲んで来た。
 
私が飲んだのは、山形の地米使用の米違い飲み比べ。安定の出羽燦々、比較的すっきりめの出羽の里、そしてほどよくフルーティーで軽さもある、期待の酒米雪女神。名前も素敵な雪女神、美味しかったな。
 
最後は、友人が好みじゃないと言っていたけど私的にはすさまじく好みど真ん中だった「米鶴」の純米あんだんて、だんなが飲んで「これは好み!」と言っていた、「大山」の出羽燦々55磨きを店頭で買ってしまって、「山形駅でもきっとお酒買うのにねー」なんて言いつつ宿に帰還。
 
ベリー系と乳酸菌系の甘酸っぱさがあるあんだんて、ほんとに好みでした。これはおいしい。
山形 蔵王温泉郷 スキー定宿にて
 先附   胡麻豆腐 生山葵 ウニ
 前菜   きのこ卸し 有頭海老 烏賊糀和え 黒豆串
          サーモン錦糸巻き ローストビーフ
 お造り   鮪 カンパチ 刺身こんにゃく
 焼物   鰤味噌漬け焼き 檸檬 はじかみ 蕗味噌漬け
 煮物   凍み大根と鰊炊合せ 人参 結び昆布 ブロッコリー
 鍋   山形豚肉 鶏出汁水炊き風 しゃぶ鍋 ぽん酢
 小鉢   金目鯛あん肝 辛子酢味噌 菜の花 山葵 岩塩
 食事   山形県産はえぬき
 お椀   きりたんぽ汁
 香の物   青菜漬 赤かぶ漬
 デザート   抹茶ロールケーキ 苺 オレンジ
 瓶ビール
いかにもな旅館飯だけど、美味しいのです。色々全部。 そしていつもの旅館飯な夕御飯。
 
既にこんな感じに配膳されていて、あつあつのが食べられるのはお椀と鍋だけではあるのだけれど、でもどの料理もちゃんと美味しいし、野菜も多く、肉と魚もほどよく食べられて、何よりとっても"酒の肴"。
 
今日は既にある程度日本酒を飲んで来てしまったからビールだけにしたけれど、それでもたいそう幸せだった。
 
鶏だしの水炊き風のしゃぶしゃぶがとても美味しくて、あと、あん肝とか山椒風味の鰊とか、お刺身もちゃんと美味。
 
さすがにこんな御馳走を前にしたらダイエットはどこかにふっとんでしまうもので、全部綺麗にいただいた。
 
そして食後は一室に集まってゲーム大会。
 
何しろこのメンバーでモンハン合宿もしたことがあるくらいのゲーム好きの集まりなので、でも今回はお手軽カードゲームをねと、「はぁって言うゲーム」、「想像と言葉」、「インサイダー・ゲーム」、そして「萌札」あたりを。
 
「萌札」が思いの他女子に受けて貰えて「だ、だめですわこれは性癖が出ますわお姉様」「泣きぼくろ……!わたくし、これには抗えません……!」などと、お嬢様口調で萌えを垂れ流す危険な遊戯をげらげら笑いまくりながら遊んでいたのだった。
 
でも早起きの寝不足もあって、皆粛々と午後10半頃には就寝。おつかれさまでしたー。

2020年2月14日金曜日

バターチキンカレーと

「カトランベーカリー」の
 クリームパン
苺(あまおう)
カフェオレ
昨日は久しぶりに地元のパルコで買い物して、好物のクリームパンを買ってきた。
ちょっと奮発して、大粒の美味しそうだったあまおうも。
 
ちょっと酸っぱい小粒の苺を潰して、牛乳と練乳で食べるのも大好きだけど、素で美味しい苺を食べるのもまた格別。
 
千葉には苺狩りが出来る農園もけっこうあるらしい(しかも成田方面とかに行かなくても、案外近くにあるらしい……)ので、3月にちょっと落ち着いたら苺狩り、行きたいなあ。
 
先日食べた八街市の苺は本当に美味しうございました。
きゅうりのライタ
卵ポテサラ コーン入り
バターチキンカレー
「RAJA」の
 プレーンナン
 ガーリックナン
 チーズナン
ビール(ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール 初摘みホップヌーヴォー)
今日も諸々、家で作業があって、夕飯はだんなの欧州出張土産、「Sharwoods」のカレーソースを使ってバターチキンカレー。
 
以前は、「他の種類はあるけど、なんでかバターチキンは日本で売ってないのよね」という状況だったと思うのだけど、今はカルディで買えるみたい。鶏肉さえあれば美味しい本格味のが作れてしまうこれ、本当に便利です。お気に入り。
 
バスマティライスを炊こうかなと思いつつ、でもバターチキンにはナンの方が良いなと、仕事帰りのだんなに駅前のインド料理屋「RAJA」に寄ってナンを買ってきてもらった。1人1枚相当、プレーンとガーリックとチーズ、適当に皆で分けることにして。
 
昨日買ってきたポテサラには、ラーメンに使って残っていたホールコーンを混ぜ、あとは手持ちのきゅうりで簡単ライタも。
 
刻みきゅうりと玉ねぎ、香菜を合わせてプレーンヨーグルト、おろしにんにく、クミンパウダー、塩でざっと和えるだけ。シンプルだけどなかなか美味しい。