2023年2月3日金曜日

節分チョコパフェ

今日はソロパフェ活を。
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「ミスタードーナツ」の
 マロンキャラメルサレ \248
 ポン・デ・リングプレーン \151
みかん(愛媛県産温州みかん)
ヤクルト1000
カフェオレ
正直なところ、今の「ミスタードーナツ」の「misdo meets Toshi Yoroizuka」シリーズにはそれほど興味はないのだけれど。
 
でも栗好きとしては、
 
ココアを練り込んだデニッシュ生地に、イタリア産マロンを使ったホイップと塩キャラメルクリームを絞りました。
グレーズをコーティングし、キャンディングアーモンドとローストしたピスタチオをトッピング。シュガーをかけて上品な見た目に仕上げました。
 
というマロンキャラメルサレだけは気になって、買いに行ってしまった。
 
美味しいと噂のトシ・ヨロイヅカのチョコドーナツと。 本当は、せっかく体重が下がり調子になったから私のドーナツは1個にしておこうと思ったものの、店頭で見て「え、小さ……っ!?」となってしまって。
 
なんだか年々ミスドのドーナツは小さくなっている印象しかなくて(エンゼルフレンチあたり、体感だと昔の6割くらいの大きさしかない気がしている)、このマロンドーナツもなんだかひどく小さめだった。
 
なので、軽い感じのドーナツもう1つ……と棚を見たら、見慣れぬ「ポン・デ・リング プレーン」なる商品があって。
 
砂糖のグレーズのないポン・デ・リング、初めて見たな?と買ってきてみたら、これが期待以上に美味しかった。シンプルオブシンプルな、素ドーナツ、という感じで。
 
ちょうどこの日記書いてる2/5に「ミスドで「1番美味い」の声も!レアな「ポン・デ・リング プレーン」食べてみた。」なんてネット記事がタイムリーに出ていて、なるほど、隠れた人気の品らしく。
 
そして期待のマロンチョコドーナツは、「美味しいけど……うん、まあ、こんな感じか……」という印象。思ったよりも栗感は高くなく、塩キャラメルとチョコの味がメインな感じ?
栗好きとしては、もう少し栗栗していただきたかったな……なんて。
東京ミッドタウン日比谷「DEL'IMMO」にて
 ショコラダージリン+ショコラティエ \2700
今日は「おそうざいと煎餅もんじゃさとう」に恵方巻を予約しているのでそれを受け取りがてら、せっかく都心に出るのだから、美味しいものを食べようかな?と。
 
そういえば今月は2月だし2月と言ったらバレンタインデーだし、ここ1年、月イチペースでパフェは食べていたけれど、"本気のチョコパフェ"って食べたことなかったな、と思い至って。
 
以前何かの記事で見て気になっていた、東京ミッドタウン日比谷にカフェのあるショコラティエ「DEL'IMMO(デリーモ)」は、12月から1月にかけてガレット・デ・ロワのパフェ版、「パフェ・デ・ロワ」を提供していたそうで、それを知ったのはあいにく提供が終わってからのこと。
 
今は「ショコラティエ」なる、
「カカオ74%をベースに67%のビターチョコレート、41%のミルクチョコレート4種類をブレンドして作るショコラ好きのあなたの為のパフェを目指しました」
という品があって、もうそれも気になって仕方がなかったところだった。
 
正直、私はショコラ好きと言えるほどのチョコ好きではなくて、トリュフとかは好きだけれど、チョコケーキやチョコ味焼き菓子はあまり前向きには口にしないくらい。
 
けど、一般的に想像するチョコパフェってもっとこう、バニラアイスが主体のようなイメージがあるところ、写真で見たこのパフェは容赦なくチョコ色のグラデーションで、添えられたベリーも赤色系のものではなくブラックベリーという徹底ぶり。
これはすごいなあ食べてみたいなあと思っていたのだった。
 
チョコ色の空間でチョコ色のパフェを。すごいチョコ圧……。 というわけで、大変にチョコの圧を感じる、この光景。
 
200円引きでつけられるドリンクは、せっかくだからとお店の推しの「ショコラダージリン」というお茶にしてみた。
 
「ダージリンベースにカカオ香る、パフェのためのデリーモ・オリジナル・フレーバーティー」とのことで、パフェにもお茶にも一口サイズの板チョコがそっと添えられてくるところがまたすごい。
 
これはアレですね?コメダの豆菓子に相当するものですね?なんて思ってしまいつつ。
 
解説のラミネートカードも添えられてました。 お皿には解説のラミネートカードも添えられていて、こんな感じ。
 
"パフェにはカリカリ食感の焼き菓子が添えられているのが望ましい(でもコーンフレークは違う)"と思ってやまない私だけれど、このパフェにはジェンガのごとくにカカオチュイルやココアメレンゲが刺さっていて、飾りのくるりと巻かれた薄チョコ板と共に、それらを一旦皿の上に置くところから。
 
解説カードの反対面はこんな感じで。 果物はストイックにブラックベリーだけで、でも器の最下層に沈められた、そのブラックベリーのコンフィがほどよい甘さと酸味で全体を綺麗にまとめていた。
 
ショコラカカオアイスとカカオコーヒーアイスの味の明暗もはっきりしていて、グラデーションで変わっていく味の変化も見た目の美しさも計算され尽くした風な、素敵なパフェ。
 
そしてパフェにそっと寄り添っていた「トンカショコラソース」の存在が難易度高くて、
「これだけパーフェクトなチョコパフェのどこに追いチョコをしろと……?」
と頭抱えたのだけど、下層部のチョコ感がすさまじく濃厚だったから、カカオコーヒーアイスに垂らしたりして美味しくいただいたのだった。
 
カカオパルプジュレなるものが、見た目ナタデココみたいなのにすごくカカオの風味がしてびっくりしたりもして。
 
これは口直しの存在なのか、もはやよくわからない板チョコも美味しかったし、紅茶もしっかりカカオ風味だったし、もう全体的にお口の中がチョコになるという、希有な体験をすることができた。
 
一足先に、私のバレンタインデー関連のチョコはこれでおしまいで良いかな……という気分にすらなれてしまった、チョコ体験。
「おそうざいと煎餅もんじゃさとう」の
 恵方巻き
     牛肉の甘辛野菜入り巻き \648
     豚肩ロース肉味噌漬薬味入巻き \648
     干瓢桜でんぶ玉子のお馴染み太巻き \648
   自家製サバ塩焼
 鶏の照り焼き
ぼたん鍋スープのけんちん汁
麦茶
で、食後に「おそうざいと煎餅もんじゃさとう」に行って恵方巻を受け取って。
 
もう今日は恵方巻に注力するからお昼のラーメンも提供中止なんですとは聞いていて、だから他のお惣菜も扱っていないのかなと思ったのだけど、惣菜系は色々と揃っていた。
 
今日は息子と2人の夕ご飯、おかずっぽいのもほしいなあと、鷄の照り焼きと、
丹念に掃除、塩を振り、乾燥させた自家製の塩サバです。シンプルに焼きでございます。
というサバの塩焼きも1パック。
 
さすがさとうの作る恵方巻き、メニューは種類豊富にこんな感じで、店頭で確認したところ、思ったよりもボリューム控えめだったから、その場で1本買い足して帰ってきた。
 
今年から精米したてのお米を使っているので時間が経っても柔らかく去年と比べかなり美味しくなっております!
とのことで、定番巻きから「牛肉の甘辛野菜入り巻き」、新味巻きから「豚肩ロース肉味噌漬薬味入巻き」「干瓢桜でんぶ玉子のお馴染み太巻き」を。
 
今年の恵方巻きは「おそうざいと煎餅もんじゃさとう」さんので。 ぶっちゃけ、食事メニューとしての恵方巻きは好き(というより、この日は献立を考えなくて便利というのに尽きる)だけれど、風習としてのそれは全く馴染みもなければ興味も無いので、普通に切って、普通に太巻きとしていただいた。
 
なんでも今年の恵方は南南東のやや南だそうだけど、それってどっち?と思うことすらなく。
 
茗荷が入っていて鮮烈に美味しかったのが「豚肩ロース肉味噌漬薬味入巻き」。ほんのり味噌味で、これまでサラダ巻き風とかカツ巻きとか色々食べてきたけど、ちょっと食べたことのない方向の味がした。
 
品名通りの甘じょっぱさで安定の美味しさだったのが牛肉巻き、お馴染み太巻きは、本当にお馴染みな優しい味わいで。
 
でもそれよりも、焼きサバがびっくりするほど美味しかった。塩気がほどよく、旨味がぎっしり。
お酒は飲まないと決めてたけど、ちょっとビールか日本酒が恋しくなる方向だった。
 
代々木公園、電車一本で行けると良いのだけどな、もっと頻繁に行けるのに……と思いつつ、実は来週も行く(今度はラーメン目当て)予定です。

2023年2月2日木曜日

イワシフライと鯛飯と

バター醤油餅
あんころ餅
日本茶(鬼の焙煎)
先日作って若干失敗した「バター醤油餅」、リベンジしたいし、あとお雑煮ももう少し食べておきたい……ということで、1月も下旬で見切り価格になりつつあった角餅を「成城石井」で買ってきた。
 
というわけで、バター醤油餅リベンジと、半端に余っていた粒あんであんころ餅の朝御飯。
 
今日はバターを焦がさないように自家製ギーでお餅を焼いて、最後に醤油を絡めて焼き海苔で挟んで。
 
そうそうこれこれーな感じのバター風味豊かな磯辺焼きという風なものができた。
 
お供のお茶は、「LUPICIA」から会報と共に月イチ届く「一期一会 ~今月のお茶~」から、焙じ茶「鬼の焙煎」を。
 
「この道一筋30年の熟練焙煎師が、40種以上の試作をしてたどり着いたこだわり火入れの焙じ茶です」
だそうで、甘みと深みのある、とてもおいしいほうじ茶だった。
 
ルピシア、フレーバードティーがとても多い印象ではああるけれど、シンプル系のお茶も美味しいは美味しいのよね……(値段もまあまあ良いけどね……)。
 
そして今朝の体重は、久しぶりに10の位が9月下旬レベルのものに戻ってくれて喜ぶ私。
 
お酒を飲まなくなるとやっぱり覿面ね……となってるけれど、今夜は久しぶりにだんなも一緒の夕飯だし、ビールかな。ビールだな。
酢油キャベツ
牛バラ肉と大根の和風煮込み
「角上魚類」の
 あじのなめろう
 いわしフライ
鯛飯
ぼたん鍋スープのけんちん汁
ビール(キリン SPRING VALLEY 豊潤<496>)
 
ビエネッタ バニラ
カフェオレ
福袋に入っていた、「茅乃舎」の新春限定「めで鯛だし」。
 
添付のリーフレットにあった鯛めしが美味しそうだなあと、今日は「角上魚類」で鯛のお刺身を買ってきた。
 
だしがしっかりしてるから、お刺身のサクでも十分美味しい風味がついて、あいにく季節的に木の芽は散らせなかったけれど、こんな感じに。
 
「鯛飯って美味しいな!」と皆でおかわりする勢いで美味しくいただいた。
 
で、日本酒を飲んでしまうとなかなか米飯に到達できないから、今日はあえてのビールにして、ビールなら……と、おかずは昨日の残りの牛バラ煮を出しつつ、これも角上で買ってきたいわしフライを。
 
1尾150円くらいだったかな。お値打ちだったし肉厚で美味しそうなのでこれだ!と、「3COINS」で買ったステンレス皿に、酢油キャベツと共に盛り付けた。
 
絶妙にチープさが出るスリコのこのステンレス皿、お気に入り。
 
スリコは「器の着まわし一週間」の新しいシリーズがなかなか魅力的で、6日に発売開始になるらしい品々をちょっと楽しみにしている。でも実は300円のお皿って、別にそれほどには安くはないのよね……という。
 
そして食後の甘味には、すごく久しぶりに口にした「ビエネッタ バニラ」。
 
年末の特売品で、「せんどば」で異様に安かったのを、「え、買う」と秒で籠に入れて、そのまま寒いだなんだで食べずにいたもの。
 
似た風なチョコアイスは他にもある気がするし、ビエネッタ自体、食べきりサイズのカップ入りのが出ていた記憶があるけれど、やっぱり本家本元のこのミルフィーユケーキのようなこれが好き。

2023年2月1日水曜日

牛バラ、煮ました。

「フジパン」の
 ハムクロワッサン
「ピーターパン」の
 チョコラウンド(ハーフ) 1切れ
みかん(愛媛県産温州みかん・天草or中島まどんな)
カフェオレ
先日、「ピーターパン」でチョコラウンドという円筒形のパンを買ってきた。
 
なんでも、「いつ始まるんですか!」という声をお客様から頂くくらいの人気商品なのだそうで、なるほど、お店でも手にしているお客さんがけっこういらっしゃっていて。
 
秋の"焼き栗ラウンド"も大好きなパンだから、試しにと買ってみたのだけど、これが期待以上に良い感じ。
 
方向的には大好物の「Johan」のチョコブレッドと似てはいて、パンのしっとりさ……というかパン生地自体の美味しさはJohanが圧勝ではあるのだけれど、チョコラウンドはなんと言ってもチョコ感がすごい。ほぼお菓子。ほぼおやつ。
 
「口どけなめらかなミルクチョコがゴロゴロ!」だそうで、層状に混ぜ込まれたチョコ部分の他に、1cm角くらいのほどよく柔らかなチョコレートがしこたま混ぜ込まれている風なパンで。
 
なんでもトーストしても美味しい(チョコがほどよく溶ける)そうで、バターを塗ったり、バニラアイスを乗せたりのアレンジも楽しめるそうで。
 
で、甘いパンと合わせるし……とスーパーで探して買ってきたしょっぱい系パンは、フジパンのハムクロワッサン。ほんのりマヨ味。
 
今日からは漸く2月で、つまりスポーツジムのプログラムはバックナンバーに戻ったわけだけど、今日のBODYPUMP60は「ちょっと待て」と言いたくなるエグさだった。
 
フロントスクワットの説明をし始めたから「うわ、最近の曲だ……」と覚悟していたのだけど、1年前のリリースの#119が主体で、でもわざわざぬるめの曲をきついものに入れ替えてくださっている鬼仕様。
 
通常営業でもキツめの曲を選ぶ人なのに、「これは……きついですね……!」というくらいのランジを繰り出されて泣きたくなった。
 
でもダンスもヨガも結局筋肉が大切なので……パンプは基礎練(ピアノで言うところのハノン)なので……今日も頑張りました。
牛バラ肉と大根の和風煮込み
酢油キャベツ
羽釜御飯
アイス普洱茶
「そうだ、コンビーフを自家製してみよう」と思い立って、「せんどば」で買ってきた牛バラ肉は、国産のかなり良いもので(でもそんなにお高くは無かった……)。
 
1kg超のブロックだったので全部をコンビーフにしてしまうのはちょっと多いなと、いくらか料理にしてみることにした。でも、牛バラ肉は普段買わないから、一体どんな料理が良いのだろう、と。
 
手持ちのレシピはカレーとかワイン煮とかこってり系なのが多かったけれど、もうちょっとさっぱりいきたい……と調べたら、キッコーマンサイトに掲載されていた「牛バラ肉と大根の和風煮込み」が美味しそうだなと。
 
最初にしっかり肉を焼きつけて、酒を加えた水で炊いてから、大根と調味料入れて更に炊いて……という感じ。調味は醤油と砂糖のシンプル味。
 
豚の角煮同様、やっぱり脂が多いので、本当だったら肉を下煮してから一度冷まして脂を取りたかったところだけれど、今日思い立って作ってしまったので仕方なし。でも美味しく煮えた。
 
とても米飯に似合う味になってしまったので今日は私も御飯茶碗を出しつつ、野菜料理は先日本家で食べて美味しかった、"酢油キャベツ"を自家製して。
 
砂糖とオイルが強めの"酢油キャベツ"、あれはコールスローではなくてやっぱり酢油キャベツなんだよなあと私は未だに思ってしまうのだけど、いつから名称が変わったのかはネットで調べても判然とせず。"三代目が改名した"みたいな記述を見たけど、そうなのかな?真偽わからず。