2019年7月19日金曜日

三度目の飲茶食べ放題

3回目の、ウェスティン飲茶オーダーブッフェに来ましたよ!
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
シナモントースト
アイスカフェオレ
今日明日とだんなは関西出張で、息子は早朝からバイト。
 
常より早く朝の家事をばたばたと済ませ、2人を送り出してから1人のんびり朝御飯にした。
 
アンデルセンの食パン(長時間発酵食パンはほんとにおいしい……)にバター多めに塗って、グラニュー糖とシナモンパウダーふって、シナモントースト。
恵比寿 ウェスティン東京内「龍天門」にて
 香港飲茶オーダーブッフェ \3800
ウェスティンホテル東京のデザートブッフェは相変わらずの大人気で、「行きたいねー」と友人と言っていた8月の「シトラスデザートブッフェ」もなかなか予約が取れなかった。
 
それはまあ、いつだったか予約枠がごそっと開放された時があって、それをすかさず目にした私が素早く予約を入れたのだけど。
 
その時に「龍天門」の予約フォームもついでに見ていたら、来月のお盆の時期までしか飲茶オーダーブッフェの注文ができない状況になっていたのだった。
 
「あれ?このプランの予約って1ヶ月前からしかできなかったっけ?それともプランがお盆前で終わっちゃう??」
 
どうしようそうなったら悲しいぞ、と、誰よりこのプランを気に入っている友人に声をかけて、ともかくも7月中に行きましょうということになって、そして今日、3回目の訪問。今回は2人で。
 
予約については結局「1ヶ月前から予約可能」というだけだったらしく、今は問題なくお盆明けの8月の日程も予約できるようになっているから当面心配しなくて良いみたい。良かった良かった。
 
1回目はこちら2回目はこちら、というわけで、今日もしこたま楽しんできた。
 
日替わりでメニューが変わるのも嬉しいのです。前菜もおいしいし! 今日の前菜は、野菜の酢漬けと、うずら卵と厚揚げの醤油漬け。
 
醤油漬けは、ちょっと素朴な味わいの、ひんやり冷たく優しい口当たり。
 
そして今日のスープは、少し酸味のあるものだった。酸辣湯というほどには辛さはなくて、ただほんのり酸っぱくて、絶妙に食欲をそそるもの。
 
「シェフのお薦め点心」は、一口サイズのとても可愛い白菜の餃子。
 
そして6種のワゴン点心は、ズッキーニの海老すり身挟み豆豉ソース、蟹肉焼売、イカのカレー蒸し、野菜の湯葉巻きオイスターソース、スペアリブの黒にんにく蒸し、五目蒸し餃子。
 
このあたりが日替わりで供されるのがほんとに嬉しくて、定番品の美味しさもさることながら、ワゴンが毎回楽しみなのだった。
 
……で、最初に頼んだ蒸し物揚げ物系とワゴンものが一度にテーブルに積まれることになってしまって、卓上は"テトリス失敗中"みたいな壮観な光景に。
 
今日の一番上の写真は、着々と蒸籠が片付いていく過程のものだったけど、そも「小籠包は1人1蒸籠ね、蝦餃は……え?2蒸籠食べるの?じゃあ3蒸籠ね」なんてオーダーをしていたものだから、相当に相当な感じなのだった。
 
今日は何が美味しかったかな……案外、魚と肉の蒸籠蒸しが毎回外さず良い感じで、今日のイカカレーもにんにくスペアリブもどちらもとても美味しかった。
あと、見た目も可愛かった(うっかり写真は撮り損ねた)白菜餃子もおかわりする勢いで。
 
小籠包も、ちゃんとスープたぷたぷで良い感じですよー 友人はとにかく蝦餃がお気に入りで、今日は6蒸籠(12個!)食べていたけど、私は小籠包もお気に入り。
 
見た目完璧、味はやや獣臭さが薄い、上品めなものだけどスープはみちみちたっぷり詰まっていて。
 
黒酢に針生姜を浸したものを都度持ってきてくれるのもぬかりなく、ああ、そして卓上に自家製豆板醤が置かれているのが、大根餅や焼きニラ饅頭によく似合う。
 
若干味にバラつきはあるものの、今日の焼きそばも悪くなく。 初回はかなり黒々としていた香港スタイルの醤油焼きそば、2回目3回目はこんな感じだった。
 
こんな品まで、もやしのひげ根が全部始末されていることに感動したりして。
 
「ねー、お粥は初回が一番美味しかったよね?」
「そう!なんか段々薄くなってきてるんです!」
「だよねえ、最初のが一番帆立の味が濃くて美味しかった」
 
なんていちいち記憶に残す私たちも面倒くさいお客さんだけど、でも、ネット予約でお茶が無料(茶葉交換は無し、湯は何度もさして貰える)、SPGカード支払いで15%ディスカウント、1人4000円弱。
 
90分という時間制限(実質は120分くらいは在席できる。でもラストオーダーが最初のオーダーから60分後なので、それだけがちょっと慌ただしい)は若干厳しいけど、ホテル中華の飲茶で食べ放題でこの味のレベルでこのお値段は、かつて無かったものだから、私たちはきっとまた来月も行ってしまうのよ。
友人自家栽培の巨大きゅうり
ビール(アサヒ ゴールドラベル)
今日は息子と2人の夕御飯……だけど、うっかり遅めランチの後に友人とお茶までしてきてしまって、さっぱりお腹は空かず。
 
そんな状況になることは予想がついていたので、息子の夕飯にはスーパーのとんかつを買ってきてあった。
 
それを使って息子にはカツ丼をささっと作り、私は風呂上がりのビールはしっかり堪能しつつ、友人が今日お土産に持ってきてくれた自家栽培のきゅうりをばりぼりと。
 
きゅうりって、収穫どきを半日逃しただけで簡単に巨大化してしまうんですって。「本当は昨夜のうちに摘もうと思ったんだけど、雨が降ってきたから……」とのことで、今朝収穫のきゅうりは、「え?これはズッキーニでは?」というほどの巨大サイズ。
 
いつものな感じにスティック(1本を半分の長さに切って更に4等分)にしてマヨネーズつけて食べたけど、そして息子にも2本手伝ってもらったけど、「きゅうり1本食べてお腹一杯」という稀有な体験ができてしまった。
 
でもアメリカのきゅうりみたいにぐんにゃり柔らかいということもなく、あの大好きな日本きゅうりのバリッバリボリッとした歯ごたえは健在で、皮は薄いし種も目立つほどでもないし。
 
友人の野菜を食べる度に「私も野菜育てようかなー」と思ってしまうのだけど、花よりはずっと手間がかかるわけで、私にはゴーヤーが精一杯なのだった。

2019年7月18日木曜日

ラムチョップにタプナード

「アンデルセン」の
 ミルクフランス 1/2本
 あんバターフランス 1/2本
ヨーグルト(朝食パインヨーグルト)
カフェオレ
昨日は少し早く帰ってきただんなに、「朝ごパンを買ってきてくださーい」とお願いして、ミルクフランスを買ってきてもらった。
それと、初めて食べた「あんバターフランス」と。
 
どちらもパン生地はソフトフランスパンで同一だけど、あんバターの方はちょっと短め(ミルクフランスの2/3本分くらい?)
 
端から端までバターとあんこが均一に詰まっていて、どこを食べてもしっかりちゃんとあんバター。
 
アンデルセンらしい美味しさだったけど、でもこの手のものはあんぱんの木村屋に一日の長があるかなーという感想だった。
木村屋總本店」のあんバターはほんっとーに美味しいのだ。
ブロッコリーとビンチョウマグロのタルタルサラダ
ラクレット
 (じゃがいも・ブロッコリー・プチトマト・バゲット)
ラムチョップ タプナード
ロゼワイン(伊 Bardolino Chiaretto 2017 Monte del Fra)
今日もだんなは夕飯合わせで帰れるということで、「ハイ食材室」から届いていたラムラックを調理することに。
 
玉ねぎが手元に山ほどあるし、一度作りたいと思っていた、(『GRAND HYATT TOKYO とっておきのパーティレシピ』 グランドハイアット東京 株式会社パルコ 2014.11)掲載の、グランドハイアット東京「THE OAK DOOR」レシピのタプナードソースのラムチョップグリルを作ってみることにした。
 
ラムはタイムとローズマリー、薄切りにんにくと共にオリーブ油でマリネしておき、フライパンでグリルしてからオーブンに入れて火を通す。
 
タプナードソースは黒オリーブを刻んだものにオリーブ油、刻んだタイム、にんにく、アンチョビ、ケッパーなどを加えたもの。そして黄金色になるまで炒めた玉ねぎをたんまり添える。
 
図書館で借りてきた本だからお手本の写真が手元になくて盛りつけの感じがわからなかったけど、「まあこんな感じかな、うん」と適当に……。
 
肉は1人どーんと3本、火入れもなかなかパーフェクトで塩気もほどよく、美味しくできたと思う。盛りつけの美醜はともかく、なかなかに外食の味わい。
 
そして、うっかりスーパーの特売(朝市)で買えてしまったビンチョウマグロの角切りは、色もあんまり良くはなかったからタルタルサラダに加工した。茹でたブロッコリー、ゆで卵と合わせてマヨネーズで和えるだけ。
 
この献立なワインかな、ワインだな、じゃあパンにしようかと、先日コストコで買ってきたラクレットチーズを出して、じゃがいも、ブロッコリー、バゲットに添えつつもぐもぐ。
 
「ねー、お皿にチーズかけるとさ、冷めて固まっていくよね?そういうもんで良いの?」
 
息子は前にチーズ専門店に友人と行ってきたって言ってたじゃん、ラクレット食べたんでしょと問えば、「うん、やっぱり冷めて固まってく」とのことで。
 
そしてだんなは「スイスで食ってきたけど、少しずつ"追いチーズ"状態でかけながら食べたよ」だそうで。
 
…………むぅ。
み、みんなして本格的なラクレットを楽しんでいるなんて、悔しくなんてないんだからねっ!

2019年7月17日水曜日

本日は和食也

いろいろパンのフレンチトースト
アイスカフェオレ
数日前のバゲットが残ってるし、なんなら「乃が美」の食パンも余ってるし……で、昨夜のうちにジップロックに卵液作って手持ちのパン全部浸しておいてみた。
 
今朝は適当にそれらをバターで焼いて、色々パンのフレンチトースト。乃が美のパンは、やっぱりこういう風に加工しないでそのまま"素パン"で食べるのがおいしいなあと改めて思った。
 
食パンのフレンチトーストも嫌いではないけれど、そして禁断の"クロワッサンのフレンチトースト"なんてものも(これ、バリ島で食べた……確か……)すごく美味しかったりするけど、でもフレンチトーストとして好みなのは基本のバゲット。
 
あのたっぷりな気泡に卵液染みてじゅわっとするのがとても好き。
茹で枝豆
ヤングコーンの青海苔和え
おかひじきと蒸しタコの辛子酢味噌
ほうれん草のおひたし
ワンタン皮のチーズ巻き
ぶりの照り焼き
豚汁
羽釜御飯
日本酒(栃木 辻善兵衛 純米吟醸 雄町 活性にごり)
 
「翠江堂」の
 水羊羹
 苺大福
抹茶入り玄米茶
今夜はだんなが帰って来られるそうなので、和食メニューをあれこれ支度した。
 
メインは肉厚のぶりを皮目からパリッと焼いて照り焼きに。
一昨日の残りの枝豆はそのまま塩ふって出して、ヤングコーンは胡麻や青海苔、胡麻油、塩胡椒で和えてみた。
 
これも残りの蒸しタコは、さっと茹でたおかひじきと合わせて辛子酢味噌だれをかけて。
 
これもまた残りものだったワンタンの皮は、クリームチーズをくるりと巻いて魚焼きグリルでこんがり焼いてみた。
 
チーズ巻きは簡単なのに美味しかった。
「これ良い、これ好き」とだんなにも息子にも地味に好評で、ちょっと塩気のある固めのチーズ使っても美味しそう。チェダーとか。
 
意識して野菜多めにしたら、食卓が良い感じに緑色になって、そしてお酒は今日だんなが出先でみつけて買ってきてくれた栃木のお酒、活性にごりの雄町。
 
雄町にしてはちょっとドライな口当たりだったけど、でも雄町っぽさはちゃんとあったし、そして何より、米の粒々がまだふわふわと浮く、ぷっちぷちの活性にごりの風味がとてつもなく好みだった。  
蓋を開けるのも苦労するほどのシュワシュワ感で、お米のスパークリングワインというより、もうサイダーみたいな感じ。
 
そして嬉しい食後の甘味は、「翠江堂」の苺大福と、大福と同サイズの可愛い水羊羹。
 
昔は国産苺が採れないシーズンは苺大福はお休みしていたこのお店、今は輸入苺を使って通年販売するようになっている。
 
大粒苺は何か加工を施しているのか、それとも元々良質なものを使っているのか、しっかり甘くてジューシーだった。ほど良い甘さのこしあんと、薄い皮と、全てが完璧な苺大福は今日も絶品。
 
スプーンで食べる水羊羹も、日本の冷菓という感じ。やさしい味で美味しかった。