2021年1月23日土曜日

鈴廣のおでん

市川「パン工房ルチア」の
 クリームパン \150
 たっぷりコーン \190
苺(佐賀県産いちごさん)
カフェオレ
昨日は市川でお花を買って(貰って?)きた
1ヶ月×2回続けていた日比谷花壇のサブスク「ハナノヒ」もとりあえずこれで一段落。
 
都度電車に乗って買いに行く手間自体はそれほどではなかったけれど、電車賃をかけて買いに行くならある程度値段の良いプランにしないと割に合わない感があるし、かといってお花に月額5000円以上かけるのも、それもねえ……?とも思い、なので来月からは配達式のサブスクに戻してみようかなと画策中。
 
地元に、隔週でお花を売りに来る花屋さんも見つけたので、そこにも通いつつ、お花屋さんが来ない週に隔週でサブスク花を届けてもらいつつ……としてみるつもり。
 
で、市川に出たついで、週末のおでんの種を買い足したり、初めてのパン屋さんで買い物したりしてきた。
 
今朝のパンは、「焼き立てパン工房ルチア」さんのもの。
いかにも街のパン屋さんという風なお店で、食パン、総菜パン、甘い系パン20種類くらいが揃っていた。
 
私はお店の自慢の品らしいクリームパンと、どっさりコーンがトッピングされた"たっぷりコーン"を。だんなにはソーセージロールとチョコパイを。
 
たっぷりコーンは、ほんのりマスタードのピリ辛感があったのが新鮮な美味しさだった。品名通りにたっぷりなコーンで、これは幸せ。
クリームパンのクリームも美味しかったけど、こちらは、私はもうちょっと甘くてもうちょっともったりした舌触りの方が良かったかなー……という感じだった。
 
パン・オ・ショコラとは似て非なる風な"チョコパイ"は、チョコに刻んだアーモンドかくるみかが入っていたようで、美味しかったそう。
 
船橋界隈にはあんまり"街のパン屋さん"的な店は無いから(京成船橋駅が最寄りの「Little Breads To Go」は良いお店なのだけど絶妙に駅から遠いの……)、駅近にこんなお店があるのは良いなあと思ったのだった。
 
そしてこのパン屋さんから商店街をぐぐっと進んだところには素敵な蒲鉾屋さんがあって、今夜のおでんはそこで買ってきた具材も色々と。
だんな特製ナポリタンスパゲティ
麦茶
 
「KINOKUNIYA」のカスタードプリン
カフェオレ
今日は午前中から冷たい雨で、千葉ではそれほど気温が低くはない(正午で7℃の予報)けれど、関東広い範囲で夜には雪になりそうとのこと。
 
雨の中の買い物は諦めて、ありものでなんとかしようと、お昼はだんながナポリタンスパゲッティを作ってくれた。
 
ピーマン玉ねぎ、ベーコンは美味しいハムやソーセージが色々あるものの、年末に買ってあったこちらの消費が先でしょうということで、シャウエッセンのお肉で作ったあらびきポークスライス、その名も「シャウ ベーコロン」を使ってもらって。
 
この"平たいシャウエッセン"、けしからん感じにすごくシャウエッセンで、すごく美味しい。
 
使ったケチャップは福袋に入っていたセゾンファクトリーの「有機のトマトケチャップ」だし、添えたチーズはグラナ・パダーノだしですごく良い感じの調味料を使っていたのに、あら不思議、とても昭和の喫茶店風(おいしい)。
 
んで食後には、「紀ノ国屋 カスタードプリン」を。
 
昨日パン屋でプリンを見かけ、おいしそうだなと思ったのだけど1個しか冷蔵ケースに無く、そしてまだ追加のは出来上がってないとのこと。
 
でもプリンが恋しくなったので、その後に寄ったKINOKUNIYAで10%オフになっていたのを買ってきたのだった。割引前価格は1個239円。
 
カラメルは苦さ強めで、生地は固めの昔プリン。味はとっても良かったのだけど、アルミのカップに固められているから、若干の金気を感じるのが残念だった。
 
しかもアルミの器がギザギザしてるから、皿に開けようとしてもうまくいかず、出してしまうと見栄えも御覧の通りにいまいちになってしまうという……。
 
プリンは、型に入れたまま食べるのではなく、ちゃんとお皿に返してカラメルを上にして食べたい派としては、若干残念な事なのだった。
 
「やっぱり、しろたえのプリンってレベル高いよね」
「あれがなんというか、一つの完成形だよね」
「食べたことないけどシュークリームも美味しそうなんだよねあそこ」
「……すごく旨いよ」
「食べたんかい」
 
などと、家族でそんな話をしながらもぐもぐもぐ。
京都のイノダコーヒーのプリンも、すっっっごく美味しかったんだよなあ。
おでん2種類
日本酒(栃木 虎屋本店 七水 純米吟醸55 Clear-YAMAHAI 雄町)
午前中から大根1本下茹でして、今日の夜はおでん。
良い具合に寒くなっておでん日和な今日、「雨だけどジムには行ってきます」と私はBODYPUMP60はしっかり出てきて、でも出かける前におでんは「あとははんぺん入れて温めるだけ」の状態にまで仕上げておいた。
 
今回、良いお値段だけど一回食べてみたかったのとお取り寄せしてみたのは、「鈴廣」の「おでん鍋セット」。
 
ちょうど「今なら"職人づくりおでん鍋"をご購入の方におでんに合う商品を1品プレゼント」というキャンペーン中で、ちくわをつけてもらい、あと単品の「ねぎまぐろ」も1袋購入して、お会計6000円超。
 
大きなサイズのセットは4~5人前ということで、小田原がんも(五目・穴子・ホタテ各1個)、ジャンボごぼう巻1個、信田巻1個、海老こがね2個、福袋2個、ばくだん1個、かにはんぺん1個、味しめじ1個、きんぴら揚げ1個、もろこし揚げ2個、れんこん揚げ1個、いかっ子1個、イワシつみれ1個、おでん汁1本のセットだったのだけど、「え?なんか少なくない?」というのが第一印象。
 
確かに4~5人で一度にほどよく食べきれるくらいの分量な感はあったものの、ほとんどの練り物が1個ずつしか入って無くて、4~5人どころか3人で食べても争奪戦が起きそうな。「ばくだん」なんか1人1個食べたいところだけれど、通販ではこのあたりの単品売りはしておらず。
 
微妙に足りないよなあ……と、昨日のお出かけ前に調べたら、市川の商店街に「大野蒲鉾店」という、とても良い感じの練り物屋さんがあるのを知って、追加の具材を買ってきたのだった。
 
ウィンナー巻き、チーズ巻き、もやし揚げを3個ずつと揚げボール(4個セット)、結び昆布(4個セット)、ちくわぶ2本、はんぺん1袋、顆粒おでんだし、粉辛子を買って2000円でおつりが来たというお手頃価格のお店。
 
あんまりいっぱい買ってもねと自重したけど、げそ巻き、シュウマイ巻、ギョウザ巻、ごぼう巻き、いか入り、枝豆入り、さつまいも入り、しょうが入り、しいたけ揚、なす揚、やさい揚、きんぴら揚、おさかなハンバーグなどなど、平台の販売ケースは大変に魅力的なものだらけだった。
 
隣の冷蔵庫にはちくわ、ちくわぶ、はんぺん、白滝、つみれ、餅巾着、生揚げ、がんも、結び昆布あたりがあったかな。
 
スーパーで買える大手メーカーの品ではまず見かけない「玉子入り」("ばくだん"だよね?)があったのも、とっても素敵。
 
1点100円以下のものがほとんどで、欲しいものをめちゃめちゃ買ったとしても1人分1500円で事足りそうな、素敵なお店だった。
 
「というわけで、本日は原価が倍以上違うおでんを2つの鍋で支度しましたよ」
 
と、それぞれの店で扱っているおでんだし(鈴廣は濃縮液体、大野さんは顆粒)を使って、大根やちくわぶ、結び昆布はそれぞれに入れて、残りの具材は各鍋に。
 
ちなみに右の写真が大野蒲鉾店さんので、今日の一番上の写真が鈴廣さんのお鍋。
 
だしの味が違うから、盛るのは同じ鍋からだけにすると良いよと、まずは鈴廣さんから、そしておかわりで大野さんのおでん種を各自ざくざくよそっていただいた。
 
鈴廣さんのはちまちま切って分け合いつつだったので、まあ食べづらいは食べづらかったのだけど、確かに味は素晴らしく美味しかった。手が込んでるタネばかり。
 
一見餅巾着な外見の「福袋」は、「油揚げの中に、お餅、しらたき、人参、昆布、グリーンピース、鶏肉、すり身を入れた美味しい袋」だそう。餅は中心に丁寧に小さく詰まっていて噛んだらふわっととろけ出た。
 
「ばくだん」は昆布と鶏肉、人参入りのすり身でゆで卵を丸ごと包んだ品、信田巻は、きくらげ、人参、ひじき、いんげん、黒胡麻入りの長い練り物。だんなは信田巻がすごく美味しいと気に入っていた。
 
はんぺんにはかにの身が入ってるし、本当、「恐れ入りました」という風な、高級感ある味わいで。
 
対して市川で買ってきた方は基本のタネは皆おんなじで、でもやっぱり「チーズ巻」「ウィンナー巻」あたりの浪漫みは代えがたいものがある。
 
「チーズうま!チーズ巻うま!」
「ウィンナーがさ、赤いウィンナーなのがたまらんよね」
言いつつ、結論としては「鈴廣はおいしい。すごく美味しいが、我が家のおでんは市川のやつで充分ではないか」という感じに落ち着いてしまったのだった。
 
何度か通販もしている「大阪屋」さんもすごく好きなんだけども、送料とか目の前で好きなように選べる楽しさを考えると市川ので良いかなあ……という。
 
おでんの季節なら、鈴廣さんは日本橋高島屋や新宿小田急の店舗で単品練り物もきっと買えるだろうし、そこで欲しいものだけお買い物するのも良いかもだね。
 
おでんの度、大根1本仕込む我が家は「おでんは数日かけて食べるもの」という感覚で。
なので明日の夜もおでんの続き~。

2021年1月22日金曜日

合鴨焼いて&ハム福袋

「リトルマーメイド」の
 ミルクフランス
自家製ヨーグルト w/いちじくジャム
カフェオレ
今朝は「リトルマーメイド」のミルクフランス。
 
乳製品尽くしになってしまったけど、今日の食後はフルーツではなく自家製ヨーグルト。
 
このレシピを参考に、1リットルの牛乳パックに飲むタイプのR-1ヨーグルトと砂糖を少し溶かして、低温調理器に突っ込んで43℃8時間。
 
思ったより酸味が強く出来上がったので、6時間くらいでも良かったかもしれない。
 
今日は地元のフレンチ「Le Cafe de Pomme(ル カフェ ドゥ ポム)」さんのいちじくジャムを入れてみた。ここのジャムは果実みがしっかり残っていて甘さも濃厚。お値段はなかなかだけど美味しいと思う。
 
なんでもここのジャム、船橋産の梨や人参を使ったものもあって、「ふなばしセレクションに認証されている品もあるのだとか。
 
そういえば人参ジャムも売ってたな……と思ったのだった。人参ジャムよりも梨ジャムの方が気になるけども。
 
んで、今日は冷蔵のお届け物が1つ。
 
ほぼ毎日、何回かに分けて発売される信州ハムの「 【食品ロス削減推進プロジェクト】訳ありお楽しみセット」という品。
 
SNSでの書き込みをちょいちょい目にして知ったこの品、とにかく大量のハムやソーセージが送られてくると聞いていて。
 
たまたま先日商品ページを開いたら購入できる状態だったものだから、ついつい秒でポチッてしまった。
購入は一昨日くらいで、そして昨日発送連絡があって、今日着の配送。
 
送料税込3980円、届いたのはこんな感じだった。
 
  • 爽やか信州軽井沢 粗挽きブラックペッパーポークフルト 275g
  • 爽やか信州軽井沢 熟成あらびきウインナー大袋 220g
  • 爽やか信州軽井沢 ハーブ&レモンポークウインナー大袋 220g
  • 爽やか信州軽井沢 熟成黒胡椒ソーセージ 140g
  • グリーンマーク ほうれん草入りソーセージ 73g
  • グリーンマーク ハンバーグ 90g
  • グリーンマーク 焼豚切り落とし 58g
  • 焼いておいしいボロニアソーセージブロックパック 400g
  • ブランドラベル無し 無塩せきウインナーソーセージ140g×2
  • ブランドラベル無し 熟成ロースハムスライス 68g×3
  • ブランドラベル無し 国産ホワイトももハム切落とし 300g
  • ブランドラベル無し ラックスハムスライス 30g
  • ブランドラベル無し スモークハム 200g
  • ブランドラベル無し 特級つるしベーコン端材 300g
 
計算してみたら、どーんと3kgも入っていた。すごい量だわ。
 
訳ありということで、ブランドラベルのついていない品も何点か。
直近の賞味期限は今月末のものが1つだけあったけど、多くは2月半ばくらいで、中には3月まで保つ品も入っていた。
 
「国産ホワイトももハム切落とし」とか「特級つるしベーコン端材」なんてどっさりパックになっていて、ロースハムは3パック入っていたり。
ソーセージも同じのが2つ入っていたりだったけど、全体的にはとってもウェルカムな内容だった。
 
だって全部で17点、1点換算で234円。9割方の品が1点234円以上は明らかにしそうなものばかりで、これで美味しければ文句なし。
 
とりあえず直近の賞味期限はほうれん草入りソーセージみたいだから、これから食べることにしよう。
「ニュークイックの」
 かぼちゃのサラダ
 生ハムのマリネサラダ
鴨肉の和風ロースト
チューハイ(寶 極上フルーツサワー 丸おろしみかん)
今日は息子と2人飯、メインは年末用に買ったは良いけど残っていた冷凍の合鴨肉を調理することにして、あとは手間なく午前中に買い物に行った先で買ってきたサラダを出して。
 
合鴨も1枚しかなかったので、出先のニュークイックで買い足した。
「こっちが古いの、こっちが新しいの、まあどっちもタイ産だったんだけど」
と、調理した合鴨はは半分こして各々の皿に盛りつけて。
 
参考にしたのは、坂田阿希子さんレシピの「鴨肉の和風ロースト」。
 
合鴨焼いて、染み出た脂で長ねぎもこんがり焼いて、クレソンのサラダを添えつつ(これもレシピ通り)、肉汁に赤ワインと醤油、味醂、砂糖を加え煮詰めてソースにする、というもの。
 
醤油味醂効果でほんのり和風味、おいしかった。
 
なんとなく素朴な感じのニュークイックのサラダ、けっこうお気に入りだったりして、かぼちゃがざくざく入ったかぼちゃのサラダと、容赦なく生ハムがどっさり入っている、レタスや玉ねぎとマリネされたサラダと。
 
お供に、だんなが「Pontaポイントで引き替えられたよー」と少し前にローソンで貰ってきた「寶 極上フルーツサワー<丸おろしみかん>」もありがたーくいただいた。
 
あんまり甘くなくて、過剰にアルコール分が高いでもなく、よい塩梅。

2021年1月21日木曜日

牛すね肉をスパゲッティに

「リトルマーメイド」の
  ボロネーゼ&ポテトのパン \240
 はじけるトマトチーズ \200
「原農園」の三宝柑
カフェオレ
昨日は本八幡にお花を買いに行ってきたので、ついでにお花屋さん隣の「リトルマーメイド」でお買い物。
 
いつものミルクフランスと、店頭で華々しく売られていた「はじけるトマトチーズ」なるものを1人1個と、あと「ボロネーゼ&ポテトのパン」も。
 
トマトチーズは、売り場のポップが、とろけたチーズが断面から零れてる写真(イラスト?)が素敵だったので買ってみたのだけれど、温めてみて「はじける」の理由がよーくわかった。これ、プチトマトが丸のまま2個も詰まっているパンで、しっかり温めるとトマトがさながら爆弾のような感じに……。
 
「あつい、たしかにあつい!」
と言いつつハフハフ食べて、味はとてもシンプルにトマトとチーズそれだけという風な、見た目小ぶりのカレーパン的なパンだった。何と言うか……独特だったな。
 
ボロネーゼは、「なめらかなマッシュポテトフィリングを包んだ生地に、ボロネーゼフィリングとチーズをのせて焼き上げました」だそうで、独特のぽくぽく感が悪くはなく。でも期待ほどにはボロネーゼが美味しくはなくて、ちょっと残念。
 
そして食後の柑橘は、かつては一般庶民の口には入らなかった「三宝柑」。
 
黄色い表皮に瑞々しい果肉。爽やかな酸味と香りが印象的な、確かに高級感溢れる柑橘だった。これはおいしいわー。
チーズ、トリュフポテトチップ、ニシンのマリネ
レッドオークやスプラウトのサラダ
とろける牛すね肉のスパゲッティ
ビール(ザ・プレミアム・モルツ ダイヤモンドの恵み)
そして今日はBODYBALANCE FXからのBODYPUMP45の日なので、夕食の支度を午前中のうちに、いくらか。
 
せんどば」でオージービーフのすね肉がお手頃価格だったので、1kgほどの塊をどーんと1つ買ってきて、圧力鍋で煮込んでおいた。
 
10年近く前の『dancyu』に掲載されていた、神谷町のイタリアン「ダ・オルモ」さんのレシピ、「とろける牛すね肉のスパゲッティ」が今日の献立。
 
一口大に切った牛すね肉をしっかり焼きつけて、みじん切りにした玉ねぎ、人参、セロリを加えて炒め合わせたら煮込んでいく……という下準備で、その煮込みの部分を圧力鍋まかせにした。
 
夕方になってから、オリーブ油で刻みにんにく炒めて牛すね肉とソフリット状になった野菜を適当に入れて、トマト缶加えてさっと煮たらソースの完成。味付けは塩胡椒くらいで、おろしたペコリーノをソースに軽く混ぜて、食べ際にもばさばさかけて、黒胡椒も仕上げにがりごりと。
 
ミートソースとはまた違う肉肉しい感じと、すね肉特有のとろんとしたコラーゲンの口当たりが良い感じ。なかなか美味しくできたし、まだまだ残る肉は別の煮込み料理にしてみるかサラダの具材にでもするかの悩みも楽しいもので。
 
サムギョプサルの残りの葉野菜も適当にちぎってスプラウトやきゅうり、プチトマトと合わせてサラダにして、ちょこちょこと残りもののおつまみもテーブルに。
 
外食が難しい緊急事態宣言下、お取り寄せもいろいろしていて、この週末はおでん、来週末は高知のぶり料理(ぶりしゃぶかなーでもお刺身も堪能したい)予定。
 
ある程度献立が決まってると「明日の夜は○○だ、がんばるぞー」ってなるものだよね。明日は合鴨を食べるのよ。