2020年9月18日金曜日

ラム肉だいすき

「アンデルセン」の
 ミルクフランス
白桃のコンポート
アイスカフェオレ
今朝は、私とだんな2人分の朝食ならなんとかなるけど、息子の昼御飯が無いなあと、帰宅前のだんなに「パン買ってきてー」とお願いした結果の献立。
 
船橋でも買えるけど……と思ったのだけど、「アンデルセン寄ろうか?」と言って貰えて、ぜひぜひ!と。
 
青山店があった頃は、東京界隈では青山店がぶっちぎりで美味しいと思っていたアンデルセン。
船橋西武の店も千葉ペリエの店も無い今は、我が家的に買いやすい場所と言えば東京か品川か上野かといったあたりで、その中では一番美味しいのは東京駅構内のお店だと思っている。
 
久しぶりのミルクフランスはパンもしっかりサイズで(品川店のはなんか小さいんだよね……なんか……)、クリームはまだ夏仕様なのかな、若干あっさり味な感。でも美味しかった。
 
果物は昨日、黄金桃を買ってきてみていたところ、残念ながらまだまだ固かったので追熟させることにして。
で、コンポートにしてあった白桃の方を出してみた。
 
かなりしっかりめの甘さをつけたコンポートだったから、これはヨーグルトとか牛乳プリンとかに添えて食べると美味しいかな……。
アイスクリームと合わせて豪華白桃フラペチーノとかに加工しても良さそうかも。
 
一日のんびりの今日は、今シーズン最後の30℃超えの暑さだと天気予報で言っていた。
出かける事もせず、でも今日は細々調べ物とかしていたらあっという間に終わってしまった。
ラム厚切り肉と野菜のクミン炒め
モヒート
昨日、津田沼の「角上魚類」併設の肉処大久保で見切り品になっていたのは、ステーキカットの厚切りラムランプ肉。
 
当初は半端に残っていたマッシュルームを鶏と合わせてトマト煮込みかトマト炒めかくらいにするつもりだったのに、
「…………あ、羊、食べたい……」
と一度は手にした鶏肉を売り場に戻してまで、その羊を買ってきた。
 
羊肉、私は大好物。
でも鶏牛豚ほどには気安く買えないから、これぞというのを見つけた時には全力で買ってしまう。というか、買わねばならない。
 
で、手元にはピーマンもあるからピーマンと合わせて炒めたいなあと。
ジンギスカン味は気分じゃないし、シンプル塩味ともちょっと違うし。
 
「……クミンと合わせるとか、良いよね」
定番だしねでも手持ちのレシピは無いんだよねと、ネットで検索してみたらアサヒビール提供の「ラム肉のクミン炒め」というレシピを見つけた。
 
そうそうこういうのが食べたかった、と、これを参考にしつつ、具材にピーマンとマッシュルームも足す事にして、そして使ったラム肉は息子と2人のご飯なのにどーんと400g。
 
元レシピは2人分でラム肉200gとあったけど、絶対足りないし。
私は量控えめにしてはいるけど、それでも100gなんて全然足りないし(160gくらいは食べたわ今日)。
 
だから調味料も倍にして、炒めラムをどっさり作った。
肉も多いが野菜も多い。お供にモヒート。
 
この夏の間にホワイトラムを1瓶飲み切りつつあることにちょっとだけ驚きつつ、ライムとミントが常備されている状況を幸せだなあと思いつつ。
 
ラム肉炒めは期待以上に美味しくできた。
息子はご飯と味噌汁、昨夜の残りのマカロニサラダつき。私はおかずとモヒートのみで簡単に。
 
使うスパイスがクミンだけだと、異国の風味はするけれどカレーっぽくはならない。
「これにコリアンダーとターメリック入れると一気にカレーになるけどねー」
と息子に出したら「ほんとだ!カレーと違う!」と面白がっていた。
 
ちなみに今日の炒め物には隠し味に、宮崎が誇る調味料"マキシマム"もちょこっと入れてある。
美味しくなったのはきっとマキシマム効果もあると思う。

2020年9月17日木曜日

北海道土産の日

びえいのコーンぱん
「ラ・フーガス」のあんぱん
アイスカフェオレ
梨(千葉県産あきづき)
残念ながら、昨日の北海道出張では「びえいのコーンぱん」は既に終売だったとのこと。
 
でもまだ冷凍庫に数個残ってたしね、買える時で良いのよ全然……と、今朝はそのコーンパンを食卓に。
 
ついでに、これまた冷凍庫に入っていた「rebake」で買ったパン屋さんのあんぱんも出てきたから、これも一緒に出すことにした。
 
冷凍パンは一晩常温で解凍して、食べ際に電子レンジからのオーブン(うちは予熱した魚焼きグリルに放り込む)のが常だけど、あったかいあんぱんってどうなの……?と思ったから、あんぱんは朝食1時間くらい前にその行程を済ませておいて、すっかり冷めたところを食卓に。
 
これ、焼かないで解凍したまんまだと、微妙に冷凍臭い気がするのよね。一度手間をかけて"温めてから冷ます"とすると、冷凍パンもなかなか自然な風味で食べられると思う。
 
そして木曜は恒例のジムでBODYPUMP45からのBODYBALANCE45。
 
もうパンプではすっかり筋肉痛にならなくて、「まあ翌日に多少だるいけど……」くらいな感じになっていたから、これは追い込みが足りないのでは?とスクワットと背中の負荷を上げてみた。
今日は#83を混ぜつつの後半#114というミックス。
 
warmup中小/squats大中小/chest大小/back大中/lunges中プレート/shoulders中プレート2→中小/core無/cooldown無
 
スクワットが17kg→19kg、背中が14kg→17kg。案外へこたれずに最後まで動く事ができた。
これ、スクワット大2枚(22kg)も案外いけたりするのでは……と思いつつ、足はともかく腰に来そうなので躊躇中。
 
ともあれ今日の私もがんばった。
だだちゃ豆
きゅうりとしらすの胡麻和え
ツナマカロニサラダ(お肉屋総菜)
「かま栄」のかまぼこいろいろ
「佐藤水産」の珍味いろいろ
「角上魚類」の
 鯵の刺身&鯵のたたき
羽釜御飯
日本酒(長野 尾澤酒造場 十九 In bocca al lupo!)
今日は帰る!と頑張って帰ってきてくれただんな、日本酒の選択を頼んだら
「不純な動機で作にしようと思いましたが……」
だそうで、どんな動機を首を傾げれば、「あそこに貼られてない銘柄」と居間の棚で乾かし中の日本酒ラベルを示された。
 
これ、切っ掛けは"十九の宿題"だったと思う。
 
可愛いラベルを額装して並べたら可愛かったので、じゃあ他の日本酒もと、剥がせそうなラベルを剥がして保存し始めたのがほんの数ヶ月前の事。
 
何か飾る手段は無いかなとネットで調べたら「日本酒ラベル の コレクション !飲んだ日本酒のラベルを剥がして飾る方法」という素敵なブログ記事が見つかり、なるほどなあと私が買ってきたのはフライングタイガーのキャンバス。
 
いろんなサイズがあるところ、40×50cmサイズのにしてみた。お値段、500円だったか600円だったか、そんな感じ。
 
で、参考にした記事を参考に「確かに地の色が金色というのは良いな」と金色のリキテックスを大きな刷毛(100均で買った)でこてこて塗って、剥がしたラベルを次々バランス見つつ貼り付けた……ら、残念、2枚ほどキャンバス面積に足りない状態になってしまったのだった。
 
なるほど、確かにこのキャンバスには作が無い。
でもまだ七田とか雪の茅舎とか上喜元あたりも冷蔵庫に入ってるし、常温熟成庫には〆張鶴とか金陵とか黒帯とか神亀とか賀茂泉とか龍力とか出羽桜とか梅乃宿とかも、いっぱい。
 
で、結局、不純な動機は抜きで「飲みたいものを飲みましょう」で十九の「In bocca al lupo!」を飲んだ。
 
これは火入れのひやおろしの定番酒。狼が「火入れ」のシールを見上げるように吠えているラベルがとってもかっこいい。
 
毎度ドライなタイプで、十九らしい味わいではあるのだけれど、酒屋のおっちゃんが言ってたように「すっきり&きりっと」という感じ。でも例年よりはドライさが抜けた感じで、これまた美味しいお酒だった。
 
酸もあるので魚介に似合うし、何より、「佐藤水産」の珍味にたいそうお似合いだった。
 
そんな佐藤水産の珍味、奥から時計回りに「えび塩辛」、「石狩味」、「鮭ルイベ漬」。
 
えび塩辛は、塩辛と名はあるけれどとてもマイルドな味わいで、そして海老は甘海老使用というのも甘海老には嬉しいことで。
 
石狩味は、発売から60年以上の人気商品とのことで、「天然鮭の身を特製の糀にじっくり漬け込み、いくらを加えて仕上げたオリジナルの生珍味」ですって。えび塩辛も糀漬けなのだけど、この糀が美味しいのだろうな。旨味たっぷり。
 
で、ルイベ漬けも鮭といくらの組み合わせなのだけど、こちらは"鮭醤油"入りのたれに漬けてあるそう。ねっとり味で、これまた鮭に似合う濃厚さ。でも塩気はそれほどには強くなく。
 
だんなの知り合いの北海道出身の人も「佐藤水産は間違いなく美味しい」と太鼓判を押しているそうで、これだけ何買っても美味しいなら「たこ塩辛」「鰊切込」「いか塩辛」あたりも美味しかろうなあ。
 
そして期待のかまぼこ(さつまあげ)、季節の舞茸ゴボー揚の舞茸風味がとっても好み。
 
安定のチーズちくわもさることながら、期待の「クリーミーチーズ揚」が不思議な洋風味で、これも面白楽しい味わいだった。シチューみたいな洋風味なのに魚のすり身のさつま揚げ。なんとも不思議でなのに不自然ではなくて。
 
息子はこの献立だとちょっとつまらないかなと追加で買ってきた唐揚げも息子にはあげて、大人たちはかまぼこと鯵と珍味でお腹一杯。鯵がけっこうあったので、最後は炊きたてご飯に乗せて、塩と胡麻油をかけていただいた。

2020年9月16日水曜日

きのこどっさりロコモコ

ホットサンド(ハムたまチー)
ヨーグルト(チチヤスクラシック)
カフェオレ
そろそろ朝はアイスコーヒーじゃなくともホットで良いかなと思えるようになってきた気候。
昼はそれでも30℃超えがちょいちょいあるけどね……と思いつつ、それならそろそろ"これ"も良いのではないでしょうかとホットサンド用に10枚切り食パンを買ってきた。
 
ちょうど美味しいハムもあることだしと、大山ハムのカントリーロースハムを使って、ハムたまチー(ハム+卵+チーズ)。
 
一昨日買ってきた白桃も出そうと思ったのだけど、剥いてみたら色と香りは良かったのに固くてごりごり、甘さも控えめ。
なのでこれはもうコンポートにしてしまうことにして、ヨーグルトを出した。もう桃はおしまいかなー……和梨(超大好物)と並行して買うなら葡萄か洋梨あたりが良いのかな。
 
今日からのホットサンドは、ビタントニオの「スクエアホットサンドプレート」を使ってのもの。
我が家で長らく使っていたのはツインバードの三角ホットサンドが焼けるタイプのもの。四角いのの方が具がいっぱい詰められて良いんだよねえと、ずっと四角のが欲しかったのだった。
 
んでめでたくこの三角ホットサンドメーカーと、CLOER社のワッフルメーカーは貰ってくれる友人が現れたので、綺麗に掃除して送り出す予定。
 
これからはビタントニオのプレート入れ替えで色々作ってみる予定。
今日のホットサンドも期待通りに具沢山、美味しく焼けた。
きゅうりとしらすの胡麻和え
ロコモコ
豚汁(ラスト)
白桃シロップ入りラムトニック
今日はだんな、北海道に弾丸出張。帰宅は日付が変わる頃になるそうで、なので息子と2人の夕御飯。
 
ひき肉食べたい欲が未だ地味に継続中だったので&マッシュルームもお手頃価格だったので、今日はロコモコ。
 
しらすを食べきってしまいたかったのできゅうりと合わせて和風の胡麻和え(調味は塩と少しの醤油と胡麻油)の副菜も支度して、あとはちょうど2人分ほど残っていた豚汁と。
 
ロコモコはいつもの感じに、小麦粉とバターでブラウンルー作ってビーフコンソメ注いでバーボンで風味づけするタイプのもの。見た目デミグラスソースっぽいけど味はグレイビーソースっぽい、そうそうこれこれな味のソースが、すっかり我が家の味というくらいにお気に入り。忘れず目玉焼きも上に乗せて。
 
ブラウンルーをしっかりめに炒めて茶色みを濃くして、そしてマッシュルームも盛り盛りにしたら絵面がちょっとわけわかんない感じになってしまったのだけれど、味は上々。今日もとっても美味しくできた。
 
このソースが本当にハワイのそれっぽくて、「ハワイのお店にもこれは負けてないのでは」と自画自賛。海外のレシピサイトで知った作り方だけど、メモしてあった同じアドレスにアクセスしても、今はなんだか別のレシピが載っている。ブラウンルーを作る方法じゃなくなったし、ラム酒じゃなくバーボンだったり、ソースにクリームが入っていたり。
 
いやいや、そこはバーボンの方がそれっぽいしブラウンルーっていうのがいかにもアメリカンでしょ……と私は思うので、改訂版のじゃない方が"うちのロコモコ"の味で良いと思う。
 
そして日付が変わってから漸くにだんな、帰宅。
 
飛行機、けっこう混んでたそうで帰路にちょうど良い便が既に満席、次はもう9時過ぎに新千歳を出る便だったそうで。
 
幸いと言うか、その分お買い物する時間はたんまりあったそうで、それじゃあと、お菓子と酒の肴を色々頼み、今回のお土産、こんな感じ。
 
一番食べたかったのは、辻口博啓さんプロデュース「北海道牛乳カステラ」というショップの店名そのままの品「北海道牛乳カステラ」。
 
ROYCE'」の新千歳空港限定品も食べてみたかったのと、「牛乳トリュフ」(今はオンラインショップでも扱いがあるそう)と、だんなが「こんなのも出てたよ」と教えてくれ買ってきてくれた季節商品「栗のショコラ」。
 
そして北海道の海産と言ったらこれ、の「佐藤水産」は珍味3種類、「鮭ルイベ漬」と「石狩味」と「えび塩辛」。
 
もしかしたら新千歳空港で一番気に入ってるのはこれじゃないかしらというくらいにお気に入りの「かま栄」のかまぼこは、9月の季節商品の 「舞茸ゴボー揚」 (\216)と、あと適当にお願いしますと託したら、えび丸天(\216)、チーズちくわ(\162)、クリーミーチーズ揚(\194)を買ってきてくれた。
 
クリーミーチーズ揚は、ホワイトソース仕立てのチーズとベーコン、ブロッコリー、玉ねぎ入りだそう。これ、食べたいと思ってたやつだー……!
 
木曜は何かと帰宅が遅いだんなだけれど、明日は帰ってくるそうで、早速明日の夕飯にいただく予定。楽しみだなー♪これはもう日本酒だなー♪