2019年11月16日土曜日

ブノワで鴨を

相変わらずの質実剛健ぶり、青山ブノワ。
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「Rodda's」の
 プレーンスコーン
 アールグレイ&ジンジャースコーン
 クロテッドクリーム
ジャムいろいろ
ミルクティー
息子は爆睡、だんなは帰宅せず……の土曜の朝。
 
昨日、銀座三越で買ってきた「Rodda's」のスコーンで、母と2人、朝食にした。
 
ごろりと大きなスコーンなので1人1個で充分かしらねと、プレーンのと、アールグレイ&ジンジャーのと。
 
ぶどうジャムにいちじくのジャム、ラズベリージャムとあれこれ食卓に並べて、クロテッドクリームもスコーンと一緒に買ってきた「Rodda's」のものを。
 
この店のクリーム、サイズが色々あって便利だわと思ったのだけど、つい先月にサイズ展開が広がったのであるらしい。
 
"28gのと453g の間のサイズがほしいのにー"という、皆様の声にお応えして113gと227gを緊急入荷致しました」とのことで、今回私たちが買ってきたのは113gのもの。スコーン8個分とあったけど、私の感覚では5個分くらいかな……(スコーンにはクリームこてこてつけて食べたい)。
 
お手本のような見た目とさくさくほろりとした心地良い食感、ころりと食べ応えがあるサイズ。
ここのスコーンはほんとに美味しい。
南青山「BENOIT」にて
 ENTRÉE + PLAT + DESSERT + CAFÉ \3800
     "サラダ・ブノワ" ベーコン/鶏砂肝のコンフィ
     鴨モモ肉の赤ワイン煮込み クリーミーなポレンタ
     モンブラン ブノワ風 +\1000
     アイスティー
 グラススパークリングワイン
 グラス赤ワイン
で、母が秋田に戻る最後の食事は、青山のビストロ「BENOIT(ブノワ)」で鴨を食べた。
 
元々は、パレスホテル東京の新ダイニング「ESTERRE」に行ってみたいねという話になって。
かつての「CROWN」も悪くなかったけど、リニューアルした新店は「アラン・デュカス氏をパートナーに迎え」とのことだったので、すごく気になっていたのだった。
 
で、今朝になって電話してみれば、当然のように満席だそうで、どころか、この先数ヶ月は週末の予約はぎっしりなのだそう。
 
まあ、今日の今日では難しいよねと、他にもネットで鴨が食べられるお店を探しつつ電話もしつつ、としてみたのだけど、帝国ホテルにもふられ、ネットで予約できるいくつかの店もランチの早い時間は既に満席、と。
 
なのでもう、東京駅からは離れてしまうけど「ブノワにしましょブノワに。あそこなら入れるはず!多分!」と電話して、めでたく席が確保できたのだった。
 
去年ディナーに訪れた時に、「あれ?ポーションがちょっと軽くなった?」と感じて、これなら母も3皿コースなら食べられるかなと思ったのだけど、全然甘かった。変わらずに、ばぼーん!どかーん!な盛りだくさんのボリュームに、質実剛健な、インスタ的"映え"とはちょっと遠い感じの料理たち。
 
ビストロブノワの名物サラダ。兎どころか羊の御飯という感じ……。 前菜のサラダのボリュームでさえ、これだもの。
 
母はかぼちゃのスープあたりにしておいた方が良いよ?と伝えたのだけど、私がオーダーした後に母もサラダで揃えてきて、結局、そこそこの量を私とだんなで手伝うことになったのだった。
 
砂肝や香ばしいベーコンも乗る、くるみやマッシュルームの存在もほどよい美味しいサラダだけど……まあ、量が、多い。
 
期待の鴨は、昨年食べたグリルっぽいものではなく今回は赤ワイン煮込み。
 
骨つきの鴨もも肉がどーんとストウブの両手鍋に収まっていて、添えられているのはシンプルきわまりない、柔らかくクリーミーに炊いたポレンタのみ。
 
肉が骨からするりと外れるくらいに柔らかくほろほろに煮えていて、滑らかなソースは濃厚かつ上品。
 
母の好みはこの濃厚な風味とは違うものだったかなと思ったけど、でもこれもまたとても美味しい鴨料理だった。
 
……よく考えたら、鴨が食べたかったらストレートにホテルニューオータニのトゥールダルジャンを目指せば良かったのかしら……(今度値段、調べておこう……)。
 
初めて食べた、ブノワのモンブラン。酸味が割と、鮮烈で。 そしてデザートは、食べてみたかったモンブランを。
 
これもまた、写真では判りづらいかもしれないけれど、大きい。とっても、大きい。
 
うず高いし、直径もそこそこだし、まあとにかく大きい。
 
モンブランクリームは和栗ブレンドで、そしてタルト生地の上、メレンゲやクリームの下になる形でカシスのソースが詰まっていた。
 
お店の人曰く、栗とカシスの組み合わせは定番だそうで、去年のモンブランはレモンの風味を合わせたとのこと。
 
悪くないけど、美味しいけど、でも私、栗には酸味は要らなかったかなー……と。定番のミルフィーユみたいな、「何も足さない」みたいな方が、好きだった。
 
母は紅玉の焼きりんごをオーダーしていて、これは小鍋にみっちり薄切りスライスのりんごが詰まっているという、想像を裏切る見た目のもの。
 
サワークリームを添えつついただくのだけど、これが、シンプルながらすごくすごく美味しかった。美味しかったけど、あの前菜のあのメインの後に紅玉りんご丸々1個は、やっぱりちょっと(いやかなり)多かった。
 
今日は土曜日、国連大学ではファーマーズマーケット開催中で、馴染みの柑橘屋さんで美味しいみかんを母も私も購入し、そしてタクシーに乗って東京駅へ。
 
予約していた新幹線の便にもちょうどなタイミングに戻ってくることができて、そして母は最後に「アンデルセン」の長時間発酵食パンを買っていた。
 
都会は美味しいものだらけで良いわねえと母は何度も言っていたけど、いや、こんなに美味しいもの尽くしになるのは母が上京するタイミング以外には無いですよ……っていう。
「Käfer」の
 人参とオレンジのサラダ
 白いポテトサラダ
 ローストビーフ
「551蓬莱」の
 エビ焼売
 焼売
「川勝總本家」の
 かき大根
 柚子と昆布の白菜漬け
だんな特製 にんにくの芽ともやしの炒め
中華風ハムとコーンのスープ(中国クノール)
羽釜御飯
ビール(サッポロ黒ラベル)
で、家族揃っての夕飯は、「551蓬莱」の焼売と、滅多に買わない「エビ焼売」を蒸かして、野菜炒めも食べたいのとだんなにもやしとにんにくの芽炒め(豚肉入り)を作ってもらい。
 
昨日のサラダ類が残っているし、大阪で買ってきた「川勝總本家」のお漬け物もあるしと、色々出して色々食べた。
 
「そう、こういうのが恋しかったの……こういう、フツーな炒め物……」
ほんのり中華風味、塩味ベースのもやし炒めが実に実に美味しくて。シンプル米飯もなんだか久しぶりで、それはもう大変に美味しかった。
 
さー、明日から、いや、週明けから再び(そこそこ)真面目にダイエット……。

2019年11月15日金曜日

銀座でお寿司

銀座の、母気に入りのお寿司屋さんで
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「リッツカールトン大阪」の
 ラムレーズンスティック \300
 アーモンドクロワッサン マロン \450
 ブリュレ \280
 サーモン&チーズキッシュ \800
 を、少しずつ
バタートースト
カフェオレ
リッツカールトン大阪ではゴールドエリート会員の特典として、ルームサービスやショップで使える2000円割引というのがあって(他に朝食割引とかスパ延長などからも選べる)、せっかくだからと朝御飯用のパンを買ってきてみた。1個800円のキッシュもトレイに乗せてしまったりして、全部を皆で分けつつ。
 
母が好きだからとだんなが「アンデルセン」の長時間発酵食パンも買ってきてくれていたのでシンプルバタートーストも用意して一緒に出した。
 
甘いものはしっかり甘く、そして全体的に濃厚こっくり味なホテルメイドのパン。
 
さすがのお値段だけあって、キッシュがとても美味しかった。濃厚で、タルト生地もさくさくで。
そして毎朝のように食べていたクロワッサン生地のものも、文句なしの美味しさ。
日本橋 千疋屋総本店「Caffe di FESTA」にて
 森のめぐみサンデー \720
 カフェラテ \450
今日はお土産を買いたいのだと言う事で、母と日本橋方面に。
元気が残っていたら上野の正倉院展にとも思っていたのだけれど、内部の混雑のみならず入館するまでに何十分も待たねばならないとなると、難しいねと。
 
で、新日本橋に到着早々、千疋屋1階のカフェテリア「Caffe di FESTA」で少し休憩。
 
フルーツソースがかかっているサンデーがあるよとメニューを見たら、期間限定の「森のめぐみサンデー」なるものがあったので、これを半分こしつつお茶を飲んだ。そこそこ混んでいた電車での移動だったので、私も軽く疲れてカフェオレを。
 
千疋屋総本店にて、「森のめぐみサンデー」。ちょっと和風な秋のパフェ。 白玉に粒あんに抹茶パウダー。
そして、しっかり甘い柿とりんご。
 
和風パフェみたいなサンデーで、「これ、器も食べるんでしょ?」「うん、食べられるよ」などと話しながら母とぱりぱり分けて食べた。
 
その後は、千疋屋向かいのマンダリンオリエンタル東京の「グルメショップ」でお買い物。
 
母はパネトーネが気になるらしく、これはなあにと私に聞いてきたから、クリスマスシーズンに食べられるイタリアの菓子パンで、常温でけっこう長く保存できるし美味しいよと説明をしてみたりして。
 
今年のこのホテルのパネトーネは、定番味の「クラシコ」の他、「チョコレートとチェリーのパネトーネ」「栗とカシスのパネトーネ」と3種類も揃っていて、しかもサイズが大小あるのも良い感じ。
 
小さなサイズならさらっと食べられそうで、母は栗入りの小サイズをどっさり買って配送手続きをしていた。で、私もお相伴に1個、栗味のを買って貰って。
 
日本橋三越のカラフルなクリスマスツリーがとても可愛かったんです。 お土産ならこっちも良いよと三越の「西洋菓子舗 不二家」にも案内しつつ(バターサンドに新味のとうもろこし味が加わってた……!)、母が好きな桐島かれんさんの店「HOUSE OF LOTUS」が入ってる高島屋新館にも向かったり。
 
そこまで来ると銀座と京橋の境界の高速道路まで見えてくるわけで、「もう銀座まで歩いちゃおうか」と。
新日本橋から最後は銀座4丁目まで、けっこうてくてく歩いてしまったわ。
銀座「鮨処 銀座 福助」にて
 お通し 2×\300
 特選にぎり 2×\2000
 その他単品握りいろいろ
 ランチシャーベット 2×\200
 生ビール 2×\800
お昼は、もう30年も前から母と2人、何度も食べに来ていた(当時は有楽町阪急の地下にあった)お寿司屋さん、「鮨処 銀座福助」に。
 
お好みでちょっと握ってももらいたいよね?と、若干軽めな内容のにぎり10貫と小茶碗蒸し、お椀のセットの「特選にぎり」2000円を注文した。
 
本鮪中トロ、真鯛、本鮪赤身、鰤、鰹、鯵、いか、甘海老、いくら、白魚、玉子焼き……という、嫌いなものが1つもない幸せなセットで私は幸せ。母は白魚が苦手だそうで、それは私がありがたくいただいて。
 
茶碗蒸しは小ぶりながら、銀杏や椎茸、鶏肉などがしっかり入っていてとても良い感じ。
 
"回ってないお寿司"でもあんまり美味しくないものもあったりするけど、ここのお寿司は文句なく美味しいと思う。特にシャリの具合が、とても好き。ほんわか温かくて、ほどけるように口の中で絶妙に崩れる感じ。
 
穴子と鯖は外せないんじゃー……と、追加で頼んだ、こんな感じ。 追加のにぎりは、こんな内容で。
 
今日一番お高いネタだった生うに(1貫800円!)の他、母の好物こはだ、私の好物鯖と穴子。
 
そして〆はこういうのが欲しくない?と「漬なす」のにぎりも。
 
銀座界隈には美味しいお寿司屋さんは数多あると思うし、「ここが一番美味しいよね」とまでは私たちも思っていないのだけど、母と頻繁に銀座を歩いていた学生の頃によく行っていたお店に今も行けるというのはなんだかちょっと嬉しいもので。
 
数寄屋橋の地下じゃなく銀座通りを見下ろすビルの中、フロアも昔よりは数段こぢんまりとしてしまったけど、福助は昔も今も美味しくて幸せなのだった。
「Käfer」の
 人参とオレンジのサラダ
 白いポテトサラダ
 サラダのテリーヌ
 パテ・ド・カンパーニュ
 ローストビーフ
ビール(サッポロ黒ラベル)
そして最後に銀座三越でお買い物。
 
Johanでパンを買いましょうと言っていたのだけど、地階に降りたら目の前に「Rodda's」のショップがあったものだから、
「あ、ここ美味しいよ、すっごい有名なスコーン屋さんだよ」
と、思わず寄り道。
 
いや、スコーン屋さんと言うよりはむしろ「クロテッドクリーム製造の第一人者」なメーカーなのだけど。
可愛い柄のクロテッドクリームのパッケージは、英国アフタヌーンティー好きなら一度は見たことあるだろうもの。
 
大きめクロテッドクリームと、4種類あったスコーンを全種類買ってきてみた。プレーンの他にはアールグレイ&ジンジャー、ラム&ホワイトチョコ、キャラメル&チョコチップと、ちょっと不思議な組み合わせ。ジンジャー……?
 
夕飯は家で食べようねと、「Käfer」のテリーヌやサラダも購入。パテ・ド・カンパーニュに、サワークリームっぽいソースを添えるサラダのテリーヌ、人参とオレンジのサラダ、白いポテトサラダ、ローストビーフなどなど。
 
私たちは夕飯は軽めで良いねとこのくらいにしておいて、息子用には別のお店でチーズ入りのメンチカツとコロッケも買って、あれこれ抱えて帰宅した。
 
パテ・ド・カンパーニュはフォアグラといちじく入り。豚と鶏レバーがベースのいかにもな味のもので、ふわりと甘いいちじくがフォアグラのねっとり感がとてもいい。
 
ワインを開けたいところだったけど、このところ飲み過ぎな気もあったので、ビールのロング缶を半分こしながらの夕飯にした。
 
明日はまた食べてないものを皆で食べに行きましょうということで「焼き肉……?」などとなったのだけど、今日はだんな、友人宅での夜遊びで「泊まってくるかも」との予告通りに朝帰りになるらしく。
焼き肉って感じでもないかしらと夜になってから「そういえば、母の好物の鴨をまだちゃんと食べてなかったなー」と思い至って、ぽちぽちレストランを調べたのだった。翌朝、いくつものお店にふられて割と大変な事になるとは思わずに。

2019年11月14日木曜日

ラストワッフル

大阪を発つ前に、ベルギーワッフル
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
リッツカールトン大阪内「スプレンディード」にて
 朝食ブッフェ
最終日の今朝の朝御飯は若干のんびりに、7時半過ぎ。
 
たまには普通にオムレツを頼んでみよう、と、きのことチーズのオムレツを作ってもらって、ベーコンやらマッシュルームやらをあれこれ添えてテーブルに持っていった。
 
美味しかったフレンチトーストと、人参ジュース、今日のスープは昨日と同じくパンプキン(コーンスープが飲みたかったー)と。
 
中華粥と温泉卵。 あとはお粥も食べておこうかなと、お粥&温泉卵。
 
ここのは和風の味なし粥に、でもトッピングは若干中華寄りに、油条、揚げワンタン、卵、茹で鶏、ザーサイなどが用意されている。
 
お粥がシンプルなら皮蛋と香菜あたりもあったら幸せなんだけどなー……それは望みすぎかなー。
 
そして今日は遅くに食事に行ったからか、8時を過ぎたところで"本日のスペシャル料理"的に、「バナナスムージーはいかがですか?」と小瓶に入ったそれがテーブルまで回ってきて。
 
バナナと牛乳ベースの、シェイクみたいな口当たりの冷たいスムージー。これも美味しかった。
リッツカールトン大阪内「THE LOBBY LOUNGE」にて
 MAISON DANDOY ワッフルセット \2400
母曰く、そこそこ以上のランクのホテルに泊まったら、ホテルのレストランで食事しないと申し訳ない気持ちになるんですって。
 
「いやでも、例えば香港ペニンシュラに行っても館内のフレンチとかは行かないじゃん……」
朝食とか中華とかは行くにしてもさ……と言っても、母はここのラウンジにも行っておきたいのであるらしい。
 
アフタヌーンティーセットもあるけど、まあサンドイッチもあるし、あと今は「テイスト オブ ブリュッセル ベルギー 老舗焼き菓子店「メゾン ダンドワ」ワッフル」っていうベルギーのワッフルセットもあるみたいだし、と、チェックアウトの14時前にふらりとロビーフロアの「THE LOBBY LOUNGE」に行ってみた。
 
分けて食べましょうかねと、私はこのワッフルセット、母はスコーンセット。
 
ワッフルの方は、コーヒーか紅茶に、袋入りのスペキュロスクッキーのお土産つき。
 
MAISON DANDOYは1829年創業の老舗焼き菓子店なのだそうで、ワッフルには豪華に5種類のコンディメントがついてきた。
 
ホイップクリームにメープルシロップ、チョコソース、ベリーのコンポートにローストピスタチオ。ベリーのソースは思いのほか酸味が強く、気に入ったのはホイップクリームにチョコレートソースの組み合わせ。
 
正直、焼きたてあっつあつのが食べられる我が家のワッフルが最強なのではと思ったりもしたけれど、若干あつあつではなくなったワッフルでも表面はサクカリッとした食感に焼けて中はふわもちとした歯触りのワッフルはなかなか美味しかった。バターの風味もしっかり濃厚。
 
これはきっと、焼きたてのところを何もつけずにかぶりつくのが一番美味しいやつだと思う。目の前でセルフで焼きたい。焼いて食べたい。
 
そしてもう良い年の母はお疲れのようで、今日は食事以外はチェックアウトまでずっと部屋にお籠もりで。
 
レイトチェックアウトの14時と同時にホテルを出て、タクシーで新大阪に向かえば、事前に予約してあった14時50分頃の新幹線より幾分早い便に乗ることができた。
 
定番のシンカンセンスゴクカタイアイスをね 手数料不要で予約の変更が簡単にできる「エクスプレス予約」はほんとに便利。
 
ぱぱっとお土産の551とりくろーおじさんのチーズケーキを買った後、新幹線に乗り込んだ。
 
んで、乗るなり早々、京都にもまだ着いていないのに、母、さっそくアイスクリームを買ってるし。
「あんたはどれにするの?」って私も食べるの大前提だし。
 
ハーゲンダッツよりも濃厚な感のあるシンカンセンスゴクカタイアイスは、今日もすごーく固くて、すごーく美味しかった。
 
富士山も見えましたよ 往路は厚い雲で裾野すらほとんど見えなかった富士山も、復路にはこの雲一つない眺望。
 
東京駅でも首尾良く乗り換えることができて、5時過ぎには帰宅することができたのだった。
 
母はあと数日ばかり、こちらに滞在。
 
本当は上野で開催中の正倉院展に行けると良いねと言っていたのだけど、入場するだけでも1時間ほど並ばねばいけないくらいの盛況ぶりとのことで、「それはだめだわー並ぶ気力ないわー」と正倉院展は諦めたのだった。
津田沼「銀座アスター 津田沼賓館」にて
 前菜三種盛合せ(三鮮盤) \3080
 トリュフと北京ダックの炒飯(黒菌烤鴨炒飯) \2420
 白菜と蟹肉のクリーム煮(蟹肉奶油白菜) \1870
 白身魚の生姜蒸し、香港風(葱姜蒸鮮魚) \2640
 炸春捲 \660
 青椒牛肉絲 \2640
 炒飯 \1650
 鮮果杏仁豆腐 \770
 杏仁巴飛 2×\880
 楊枝甘露 \680
 生ビール 4×\770
母が私の家に来たらここ、のいつものお店。 そしてだんなと息子も交えて、4人で夕飯にと向かったのは、「銀座アスター 津田沼賓館」。
 
"賓館"なんて名前がついているだけあってか、建物や調度品の古さはあれどそれなりに高級感溢れ、正統派の中華料理が食べられるこの町随一のお店。
 
尖ってる感じのない、当たり前な定番料理が美味しくいただける店で、いつも通りに前菜盛り合わせとか青椒肉絲、酢豚などをいただいてきた。
 
前菜3種盛りも、私の大好物の胡桃の飴がけがついてきて、蒸し鶏の下には鮮やかなオレンジ色の煮豆もしのばせてあったりして。
 
季節料理の、白身魚の生姜蒸し。これが美味しかったー。 これは季節メニューの「葱姜蒸鮮魚」、白身魚の生姜蒸し。
 
クコの実と葱もたっぷりで、柔らかく火を入れた青梗菜も添えられて。
 
魚は多分、黒鯛だったのかなと。身がふくふくで、淡泊で。
 
トリュフ炒飯は期待ほどのトリュフっぽさは無かったかなー。 これは息子が食べたがって注文していた、これまた季節メニューの「トリュフと北京ダックの炒飯」。
 
いつだったかパレスホテルの年越しで食べたトリュフ炒飯の鮮烈さを息子は期待していたらしかったけど、「確かにトリュフの香りはするけど……うううーん……?」と、見た目ほどには香らなかったトリュフに落胆の模様。
 
トッピングされていた北京ダックは良い感じだったのにねえ、残念でした。
 
この炒飯はほぼほぼ息子が平らげたので、大人たちは別途五目炒飯も注文して、良い感じに満腹に。
 
息子も好物らしい、楊枝甘露。 デザートは、私が杏仁豆腐と季節の果物のジュレ(今はりんごですって)のパフェ、母がフルーツたっぷり杏仁豆腐、そして息子はパフェと楊枝甘露の2品を。甘党か。(だんなはデザートはスルー)
 
楊枝甘露はそもそもは私の好物だったのだけど、いつの間にか息子の好物にもなっていたらしい。
 
マンゴーでココナッツでほんのり柑橘な、甘くて爽やかなスープ状のデザートは、とても綺麗な模様つきだった。
 
「あらー、猫が大きくなったわねー。みーちゃんは目が大きくて可愛いわねえ」
と、帰宅後の母はひとしきり猫を撫でて弄ってもちもちしまくっていた。
 
何故か逃げようとはしないみーちゃん……。