2021年1月23日土曜日

鈴廣のおでん

市川「パン工房ルチア」の
 クリームパン \150
 たっぷりコーン \190
苺(佐賀県産いちごさん)
カフェオレ
昨日は市川でお花を買って(貰って?)きた
1ヶ月×2回続けていた日比谷花壇のサブスク「ハナノヒ」もとりあえずこれで一段落。
 
都度電車に乗って買いに行く手間自体はそれほどではなかったけれど、電車賃をかけて買いに行くならある程度値段の良いプランにしないと割に合わない感があるし、かといってお花に月額5000円以上かけるのも、それもねえ……?とも思い、なので来月からは配達式のサブスクに戻してみようかなと画策中。
 
地元に、隔週でお花を売りに来る花屋さんも見つけたので、そこにも通いつつ、お花屋さんが来ない週に隔週でサブスク花を届けてもらいつつ……としてみるつもり。
 
で、市川に出たついで、週末のおでんの種を買い足したり、初めてのパン屋さんで買い物したりしてきた。
 
今朝のパンは、「焼き立てパン工房ルチア」さんのもの。
いかにも街のパン屋さんという風なお店で、食パン、総菜パン、甘い系パン20種類くらいが揃っていた。
 
私はお店の自慢の品らしいクリームパンと、どっさりコーンがトッピングされた"たっぷりコーン"を。だんなにはソーセージロールとチョコパイを。
 
たっぷりコーンは、ほんのりマスタードのピリ辛感があったのが新鮮な美味しさだった。品名通りにたっぷりなコーンで、これは幸せ。
クリームパンのクリームも美味しかったけど、こちらは、私はもうちょっと甘くてもうちょっともったりした舌触りの方が良かったかなー……という感じだった。
 
パン・オ・ショコラとは似て非なる風な"チョコパイ"は、チョコに刻んだアーモンドかくるみかが入っていたようで、美味しかったそう。
 
船橋界隈にはあんまり"街のパン屋さん"的な店は無いから(京成船橋駅が最寄りの「Little Breads To Go」は良いお店なのだけど絶妙に駅から遠いの……)、駅近にこんなお店があるのは良いなあと思ったのだった。
 
そしてこのパン屋さんから商店街をぐぐっと進んだところには素敵な蒲鉾屋さんがあって、今夜のおでんはそこで買ってきた具材も色々と。
だんな特製ナポリタンスパゲティ
麦茶
 
「KINOKUNIYA」のカスタードプリン
カフェオレ
今日は午前中から冷たい雨で、千葉ではそれほど気温が低くはない(正午で7℃の予報)けれど、関東広い範囲で夜には雪になりそうとのこと。
 
雨の中の買い物は諦めて、ありものでなんとかしようと、お昼はだんながナポリタンスパゲッティを作ってくれた。
 
ピーマン玉ねぎ、ベーコンは美味しいハムやソーセージが色々あるものの、年末に買ってあったこちらの消費が先でしょうということで、シャウエッセンのお肉で作ったあらびきポークスライス、その名も「シャウ ベーコロン」を使ってもらって。
 
この"平たいシャウエッセン"、けしからん感じにすごくシャウエッセンで、すごく美味しい。
 
使ったケチャップは福袋に入っていたセゾンファクトリーの「有機のトマトケチャップ」だし、添えたチーズはグラナ・パダーノだしですごく良い感じの調味料を使っていたのに、あら不思議、とても昭和の喫茶店風(おいしい)。
 
んで食後には、「紀ノ国屋 カスタードプリン」を。
 
昨日パン屋でプリンを見かけ、おいしそうだなと思ったのだけど1個しか冷蔵ケースに無く、そしてまだ追加のは出来上がってないとのこと。
 
でもプリンが恋しくなったので、その後に寄ったKINOKUNIYAで10%オフになっていたのを買ってきたのだった。割引前価格は1個239円。
 
カラメルは苦さ強めで、生地は固めの昔プリン。味はとっても良かったのだけど、アルミのカップに固められているから、若干の金気を感じるのが残念だった。
 
しかもアルミの器がギザギザしてるから、皿に開けようとしてもうまくいかず、出してしまうと見栄えも御覧の通りにいまいちになってしまうという……。
 
プリンは、型に入れたまま食べるのではなく、ちゃんとお皿に返してカラメルを上にして食べたい派としては、若干残念な事なのだった。
 
「やっぱり、しろたえのプリンってレベル高いよね」
「あれがなんというか、一つの完成形だよね」
「食べたことないけどシュークリームも美味しそうなんだよねあそこ」
「……すごく旨いよ」
「食べたんかい」
 
などと、家族でそんな話をしながらもぐもぐもぐ。
京都のイノダコーヒーのプリンも、すっっっごく美味しかったんだよなあ。
おでん2種類
日本酒(栃木 虎屋本店 七水 純米吟醸55 Clear-YAMAHAI 雄町)
午前中から大根1本下茹でして、今日の夜はおでん。
良い具合に寒くなっておでん日和な今日、「雨だけどジムには行ってきます」と私はBODYPUMP60はしっかり出てきて、でも出かける前におでんは「あとははんぺん入れて温めるだけ」の状態にまで仕上げておいた。
 
今回、良いお値段だけど一回食べてみたかったのとお取り寄せしてみたのは、「鈴廣」の「おでん鍋セット」。
 
ちょうど「今なら"職人づくりおでん鍋"をご購入の方におでんに合う商品を1品プレゼント」というキャンペーン中で、ちくわをつけてもらい、あと単品の「ねぎまぐろ」も1袋購入して、お会計6000円超。
 
大きなサイズのセットは4~5人前ということで、小田原がんも(五目・穴子・ホタテ各1個)、ジャンボごぼう巻1個、信田巻1個、海老こがね2個、福袋2個、ばくだん1個、かにはんぺん1個、味しめじ1個、きんぴら揚げ1個、もろこし揚げ2個、れんこん揚げ1個、いかっ子1個、イワシつみれ1個、おでん汁1本のセットだったのだけど、「え?なんか少なくない?」というのが第一印象。
 
確かに4~5人で一度にほどよく食べきれるくらいの分量な感はあったものの、ほとんどの練り物が1個ずつしか入って無くて、4~5人どころか3人で食べても争奪戦が起きそうな。「ばくだん」なんか1人1個食べたいところだけれど、通販ではこのあたりの単品売りはしておらず。
 
微妙に足りないよなあ……と、昨日のお出かけ前に調べたら、市川の商店街に「大野蒲鉾店」という、とても良い感じの練り物屋さんがあるのを知って、追加の具材を買ってきたのだった。
 
ウィンナー巻き、チーズ巻き、もやし揚げを3個ずつと揚げボール(4個セット)、結び昆布(4個セット)、ちくわぶ2本、はんぺん1袋、顆粒おでんだし、粉辛子を買って2000円でおつりが来たというお手頃価格のお店。
 
あんまりいっぱい買ってもねと自重したけど、げそ巻き、シュウマイ巻、ギョウザ巻、ごぼう巻き、いか入り、枝豆入り、さつまいも入り、しょうが入り、しいたけ揚、なす揚、やさい揚、きんぴら揚、おさかなハンバーグなどなど、平台の販売ケースは大変に魅力的なものだらけだった。
 
隣の冷蔵庫にはちくわ、ちくわぶ、はんぺん、白滝、つみれ、餅巾着、生揚げ、がんも、結び昆布あたりがあったかな。
 
スーパーで買える大手メーカーの品ではまず見かけない「玉子入り」("ばくだん"だよね?)があったのも、とっても素敵。
 
1点100円以下のものがほとんどで、欲しいものをめちゃめちゃ買ったとしても1人分1500円で事足りそうな、素敵なお店だった。
 
「というわけで、本日は原価が倍以上違うおでんを2つの鍋で支度しましたよ」
 
と、それぞれの店で扱っているおでんだし(鈴廣は濃縮液体、大野さんは顆粒)を使って、大根やちくわぶ、結び昆布はそれぞれに入れて、残りの具材は各鍋に。
 
ちなみに右の写真が大野蒲鉾店さんので、今日の一番上の写真が鈴廣さんのお鍋。
 
だしの味が違うから、盛るのは同じ鍋からだけにすると良いよと、まずは鈴廣さんから、そしておかわりで大野さんのおでん種を各自ざくざくよそっていただいた。
 
鈴廣さんのはちまちま切って分け合いつつだったので、まあ食べづらいは食べづらかったのだけど、確かに味は素晴らしく美味しかった。手が込んでるタネばかり。
 
一見餅巾着な外見の「福袋」は、「油揚げの中に、お餅、しらたき、人参、昆布、グリーンピース、鶏肉、すり身を入れた美味しい袋」だそう。餅は中心に丁寧に小さく詰まっていて噛んだらふわっととろけ出た。
 
「ばくだん」は昆布と鶏肉、人参入りのすり身でゆで卵を丸ごと包んだ品、信田巻は、きくらげ、人参、ひじき、いんげん、黒胡麻入りの長い練り物。だんなは信田巻がすごく美味しいと気に入っていた。
 
はんぺんにはかにの身が入ってるし、本当、「恐れ入りました」という風な、高級感ある味わいで。
 
対して市川で買ってきた方は基本のタネは皆おんなじで、でもやっぱり「チーズ巻」「ウィンナー巻」あたりの浪漫みは代えがたいものがある。
 
「チーズうま!チーズ巻うま!」
「ウィンナーがさ、赤いウィンナーなのがたまらんよね」
言いつつ、結論としては「鈴廣はおいしい。すごく美味しいが、我が家のおでんは市川のやつで充分ではないか」という感じに落ち着いてしまったのだった。
 
何度か通販もしている「大阪屋」さんもすごく好きなんだけども、送料とか目の前で好きなように選べる楽しさを考えると市川ので良いかなあ……という。
 
おでんの季節なら、鈴廣さんは日本橋高島屋や新宿小田急の店舗で単品練り物もきっと買えるだろうし、そこで欲しいものだけお買い物するのも良いかもだね。
 
おでんの度、大根1本仕込む我が家は「おでんは数日かけて食べるもの」という感覚で。
なので明日の夜もおでんの続き~。

2021年1月22日金曜日

合鴨焼いて&ハム福袋

「リトルマーメイド」の
 ミルクフランス
自家製ヨーグルト w/いちじくジャム
カフェオレ
今朝は「リトルマーメイド」のミルクフランス。
 
乳製品尽くしになってしまったけど、今日の食後はフルーツではなく自家製ヨーグルト。
 
このレシピを参考に、1リットルの牛乳パックに飲むタイプのR-1ヨーグルトと砂糖を少し溶かして、低温調理器に突っ込んで43℃8時間。
 
思ったより酸味が強く出来上がったので、6時間くらいでも良かったかもしれない。
 
今日は地元のフレンチ「Le Cafe de Pomme(ル カフェ ドゥ ポム)」さんのいちじくジャムを入れてみた。ここのジャムは果実みがしっかり残っていて甘さも濃厚。お値段はなかなかだけど美味しいと思う。
 
なんでもここのジャム、船橋産の梨や人参を使ったものもあって、「ふなばしセレクションに認証されている品もあるのだとか。
 
そういえば人参ジャムも売ってたな……と思ったのだった。人参ジャムよりも梨ジャムの方が気になるけども。
 
んで、今日は冷蔵のお届け物が1つ。
 
ほぼ毎日、何回かに分けて発売される信州ハムの「 【食品ロス削減推進プロジェクト】訳ありお楽しみセット」という品。
 
SNSでの書き込みをちょいちょい目にして知ったこの品、とにかく大量のハムやソーセージが送られてくると聞いていて。
 
たまたま先日商品ページを開いたら購入できる状態だったものだから、ついつい秒でポチッてしまった。
購入は一昨日くらいで、そして昨日発送連絡があって、今日着の配送。
 
送料税込3980円、届いたのはこんな感じだった。
 
  • 爽やか信州軽井沢 粗挽きブラックペッパーポークフルト 275g
  • 爽やか信州軽井沢 熟成あらびきウインナー大袋 220g
  • 爽やか信州軽井沢 ハーブ&レモンポークウインナー大袋 220g
  • 爽やか信州軽井沢 熟成黒胡椒ソーセージ 140g
  • グリーンマーク ほうれん草入りソーセージ 73g
  • グリーンマーク ハンバーグ 90g
  • グリーンマーク 焼豚切り落とし 58g
  • 焼いておいしいボロニアソーセージブロックパック 400g
  • ブランドラベル無し 無塩せきウインナーソーセージ140g×2
  • ブランドラベル無し 熟成ロースハムスライス 68g×3
  • ブランドラベル無し 国産ホワイトももハム切落とし 300g
  • ブランドラベル無し ラックスハムスライス 30g
  • ブランドラベル無し スモークハム 200g
  • ブランドラベル無し 特級つるしベーコン端材 300g
 
計算してみたら、どーんと3kgも入っていた。すごい量だわ。
 
訳ありということで、ブランドラベルのついていない品も何点か。
直近の賞味期限は今月末のものが1つだけあったけど、多くは2月半ばくらいで、中には3月まで保つ品も入っていた。
 
「国産ホワイトももハム切落とし」とか「特級つるしベーコン端材」なんてどっさりパックになっていて、ロースハムは3パック入っていたり。
ソーセージも同じのが2つ入っていたりだったけど、全体的にはとってもウェルカムな内容だった。
 
だって全部で17点、1点換算で234円。9割方の品が1点234円以上は明らかにしそうなものばかりで、これで美味しければ文句なし。
 
とりあえず直近の賞味期限はほうれん草入りソーセージみたいだから、これから食べることにしよう。
「ニュークイックの」
 かぼちゃのサラダ
 生ハムのマリネサラダ
鴨肉の和風ロースト
チューハイ(寶 極上フルーツサワー 丸おろしみかん)
今日は息子と2人飯、メインは年末用に買ったは良いけど残っていた冷凍の合鴨肉を調理することにして、あとは手間なく午前中に買い物に行った先で買ってきたサラダを出して。
 
合鴨も1枚しかなかったので、出先のニュークイックで買い足した。
「こっちが古いの、こっちが新しいの、まあどっちもタイ産だったんだけど」
と、調理した合鴨はは半分こして各々の皿に盛りつけて。
 
参考にしたのは、坂田阿希子さんレシピの「鴨肉の和風ロースト」。
 
合鴨焼いて、染み出た脂で長ねぎもこんがり焼いて、クレソンのサラダを添えつつ(これもレシピ通り)、肉汁に赤ワインと醤油、味醂、砂糖を加え煮詰めてソースにする、というもの。
 
醤油味醂効果でほんのり和風味、おいしかった。
 
なんとなく素朴な感じのニュークイックのサラダ、けっこうお気に入りだったりして、かぼちゃがざくざく入ったかぼちゃのサラダと、容赦なく生ハムがどっさり入っている、レタスや玉ねぎとマリネされたサラダと。
 
お供に、だんなが「Pontaポイントで引き替えられたよー」と少し前にローソンで貰ってきた「寶 極上フルーツサワー<丸おろしみかん>」もありがたーくいただいた。
 
あんまり甘くなくて、過剰にアルコール分が高いでもなく、よい塩梅。

2021年1月21日木曜日

牛すね肉をスパゲッティに

「リトルマーメイド」の
  ボロネーゼ&ポテトのパン \240
 はじけるトマトチーズ \200
「原農園」の三宝柑
カフェオレ
昨日は本八幡にお花を買いに行ってきたので、ついでにお花屋さん隣の「リトルマーメイド」でお買い物。
 
いつものミルクフランスと、店頭で華々しく売られていた「はじけるトマトチーズ」なるものを1人1個と、あと「ボロネーゼ&ポテトのパン」も。
 
トマトチーズは、売り場のポップが、とろけたチーズが断面から零れてる写真(イラスト?)が素敵だったので買ってみたのだけれど、温めてみて「はじける」の理由がよーくわかった。これ、プチトマトが丸のまま2個も詰まっているパンで、しっかり温めるとトマトがさながら爆弾のような感じに……。
 
「あつい、たしかにあつい!」
と言いつつハフハフ食べて、味はとてもシンプルにトマトとチーズそれだけという風な、見た目小ぶりのカレーパン的なパンだった。何と言うか……独特だったな。
 
ボロネーゼは、「なめらかなマッシュポテトフィリングを包んだ生地に、ボロネーゼフィリングとチーズをのせて焼き上げました」だそうで、独特のぽくぽく感が悪くはなく。でも期待ほどにはボロネーゼが美味しくはなくて、ちょっと残念。
 
そして食後の柑橘は、かつては一般庶民の口には入らなかった「三宝柑」。
 
黄色い表皮に瑞々しい果肉。爽やかな酸味と香りが印象的な、確かに高級感溢れる柑橘だった。これはおいしいわー。
チーズ、トリュフポテトチップ、ニシンのマリネ
レッドオークやスプラウトのサラダ
とろける牛すね肉のスパゲッティ
ビール(ザ・プレミアム・モルツ ダイヤモンドの恵み)
そして今日はBODYBALANCE FXからのBODYPUMP45の日なので、夕食の支度を午前中のうちに、いくらか。
 
せんどば」でオージービーフのすね肉がお手頃価格だったので、1kgほどの塊をどーんと1つ買ってきて、圧力鍋で煮込んでおいた。
 
10年近く前の『dancyu』に掲載されていた、神谷町のイタリアン「ダ・オルモ」さんのレシピ、「とろける牛すね肉のスパゲッティ」が今日の献立。
 
一口大に切った牛すね肉をしっかり焼きつけて、みじん切りにした玉ねぎ、人参、セロリを加えて炒め合わせたら煮込んでいく……という下準備で、その煮込みの部分を圧力鍋まかせにした。
 
夕方になってから、オリーブ油で刻みにんにく炒めて牛すね肉とソフリット状になった野菜を適当に入れて、トマト缶加えてさっと煮たらソースの完成。味付けは塩胡椒くらいで、おろしたペコリーノをソースに軽く混ぜて、食べ際にもばさばさかけて、黒胡椒も仕上げにがりごりと。
 
ミートソースとはまた違う肉肉しい感じと、すね肉特有のとろんとしたコラーゲンの口当たりが良い感じ。なかなか美味しくできたし、まだまだ残る肉は別の煮込み料理にしてみるかサラダの具材にでもするかの悩みも楽しいもので。
 
サムギョプサルの残りの葉野菜も適当にちぎってスプラウトやきゅうり、プチトマトと合わせてサラダにして、ちょこちょこと残りもののおつまみもテーブルに。
 
外食が難しい緊急事態宣言下、お取り寄せもいろいろしていて、この週末はおでん、来週末は高知のぶり料理(ぶりしゃぶかなーでもお刺身も堪能したい)予定。
 
ある程度献立が決まってると「明日の夜は○○だ、がんばるぞー」ってなるものだよね。明日は合鴨を食べるのよ。

2021年1月20日水曜日

今夜は北欧風

カレーパン風トースト w/目玉焼き
自家製ヨーグルト w/ブルーベリージャム
カフェオレ
先日、カルディに行ったら「ぬって焼いたらカレーパン」が普通に売られていた。
 
昨秋頃に「ぬって焼いたらカレーパン!? カルディの新作スプレッドで作るチーズカレートーストが激うま」という感じでSNS中心にバズっていて、ちょっと気になるなあと思っていた品。
 
最後に残った端っこの部分使って、「純生食パン工房HARE/PAN」の食パンにこれ塗って焼いてみた。
 
塗ったペースト面をちゃんと焼くのが肝要らしいのでチーズは抜きにして、代わりに焼き上がり後に目玉焼きをトッピング。
 
なるほど、さくさくと心地良い食感に焼き上がって、風味もしっかり"カレーパン"風。もちもちしたこの食パンとは食感がいまいち合わなかった感もあったから、ちょっとハードめの食パンか、いっそフランスパンに焼いて食べたりしても美味しいかもね?という感じだった。
 
なんでも、カルディ推奨の食べ方に、
「2枚のパンにチーズをサンドしてホットサンドを作り、中のチーズが溶けた頃合いでぬって焼いたらカレーパンをぬり、再度表面だけをトースターで焼きます」
というのもあるそうで、ああそれは絶対美味しいやつだなと頷いて。
 
……ってことは、つまり、チーズ系のランチパック買ってきて、このスプレッド塗って焼いたら良いのでは?
リッツのサラミ乗せ
セビッチェ添えサラダ
ニシンのマリネ ディルオニオン風味
北欧風ミートボール w/茹でじゃがいも
トマト味の鷄と野菜のスープ
白ワイン(長野 小布施ワイナリー ドメイヌソガ 飲マンデシ(白) 2019)
コロナ禍突入以来、IKEAに行く度に「ニシンのマリネが食べたい、ニシンのマリネが食べたい」と思い続けていた私。
 
瓶詰のニシンの酢漬け(これ)がいつでも手軽に買えるはずだったのに、リンゴンベリーのジャムと共に、店頭での扱いが無くなってしまい、聞いてみれば「次回入荷は未定です」という悲しい状況になっていた。
 
もういっそ、国内唯一、スモーガスボードがいただける赤坂見附の「レストラン ストックホルム」に行くしかないのではとまで思い詰めていたのだけれど、この状況下では当分行くのも難しそうで。
 
なので、通販できるお店を探して買ってみた。
北欧食品や雑貨を扱うショップ「アクアビットジャパン」で、トマトとディルオニオンの2種類の冷凍ニシンマリネを買って、ついでに「【わけあり大特価】北欧の家庭の味 ミートボール 300g(真空漏れ)」なんていうのもあったので、これも2パック買って。
 
冷凍庫にはIKEAのミートボールも若干残っていたので両方出すことにして、「じゃあサラミも出してみようかなー」なんて支度していたら、白ワインが似合う献立になった。
いただきものの小布施ワイナリーの、ソーヴィニヨンブランメインの白ワインを開けて。
 
ミートボールは、IKEAのものの方が知ってる味で食べやすい感はあった……かな。ニシンと共に届いた方のも製造は国内らしいけど、スパイスの塩梅がちょっと独特な感じがした。美味しかったけども。
 
マッシュポテトはバターが入ってカロリー高いのでシンプルな茹でじゃがいもにして、クリームソースはIKEA公式レシピを見ながら自作。そういえばIKEAのミートボールには枝豆も入っていたよね?と、ソースにグリーンピースも混ぜてみた。
 
ちなみにジャムはカルディでみつけたFELIXのリンゴンベリージャム。
 
スウェーデンのブランドらしいけど、このメーカーのジャムはIKEAのより渋さ苦さが強くて、ちょっといまいちだった。気のせいじゃなく、IKEAのは渋さが無くてもっと美味しかったと思う。
 
そしてミートボールの幸福もさることながら、やっぱり幸せだったのはお久しぶりのニシンの酢漬け。
 
甘さ強めで、酸味さっぱり、もうこれが私、大好きで、しかも期待通りの美味しさで。
 
図書館で借りてきたおつまみ本『アサヒビールのズバうま!おつまみ』(アサヒビール監修 株式会社池田書店 2020.12)に掲載されていた「サラミりんごカナッペ」を参考に、リッツにKäferのサラミ、カッテージチーズ、薄切りりんごを合わせるおつまみも出してみた。
 
りんごの甘さやチーズのもったり感が、サラミとクラッカーの塩気にお似合いで、これは良いねと皆でまりまりいただいて。
 
月曜からこっち、韓国料理だったりメキシコ&沖縄風だったり北欧だったり、節操のない献立が続いているのだった。
明日はイタリア風の牛すね煮込みスパですよー。

2021年1月19日火曜日

タコライスにラブパクを

バタートースト
ハムエッグ
「原農園」のぽんかん
カフェオレ
今朝は「純生食パン工房HARE/PAN」の食パンをバタートーストにしてみた。
 
水分多めのふかっとしたパンなので、焼いてもちょっとしっとりした感じは残ったものの、甘みが引き立ってこれはこれで悪くないかな?と。
 
確かにこのパンは焼かずに食べた方が美味しいかもだけど、焼くのもありという結論。すっごく簡単に買えたので(ららぽーとTOKYO-BAY内のお店、行列なんて見たことない)、食パンが食べたくなったら買うのはありだなあと思ったのだった。
 
んで今日はBODYCOMBAT45からのBODYBALANCE FX、元気に運動。
 
ボディバランスのイントラさんが、
「少しスピリチュアルな話になりますが、風が強い日は人間の身体の中もざわざわして、バランスが取りづらくなります」
だそうで。
 
確かに今日は"お星様のポーズ"でグラついたし、数週間前、めっちゃ風強かった日に「あれー、なんか今日は片足立ちが全くうまくできないなーなんでだー?」と思った記憶も。
 
レッスン後に「あのお話、マジですね、こないだの強風の日全然できませんでしたもん」なんて話しかけて「でしょ?でしょ?」なんて盛り上がったのだった。
 
なんでもヨガ系プログラムは、「地面から近いレッスンフロアかどうか(ビル内上階の店舗とか)」でも安定感が違うそうで。
他のプログラムはそういう感覚全然無いから、面白いなあと思う。
アボカドとトマトとサーモンのセビッチェ
タコライス
刻み野菜と鶏肉のスープ
ビール(Corona)
「そろそろタコライス食べたいな」と私が言ったのが週末頃のことで、「いいな」「それいいな」とだんなと息子も秒で賛同してくれて、なので今日はタコライス。
 
タコミートは市販のミックススパイスで炒めるだけ、あとはレタス刻んでトマト刻んでシュレッドチーズ用意して、トッピングに香菜と、サルサ代わりに「LOVE PAKU」ソース。
 
このパクチーソース、最初は青山のファーマーズマーケットで衝動買いした品だけど、今はDEAN&DELUCAあたりでも普通に買えるようになったこのソース。
 
数日前にはテレビでも紹介されていたし、じわじわ人気が出てるみたい。適度に辛くて適度にスパイシーで、麺料理のたれにそのまま使ったり、具材と一緒に米を炊いたらエスニック風のパエリアなんかになったりもするんですって。我が家は大体タコライスの時に出番が来るのだけど、今度はスティック野菜にも添えてみようかな。
 
半端に残っていた鶏肉やセロリ、玉ねぎ、人参あたりをざくざく入れたシンプルなスープを支度して、あとは私が食べたくて、セビッチェを。
 
今日のはアボカドとトマトときゅうり、玉ねぎ、パプリカなどをサーモンと合わせて、塩とライムと隠し味にナムプラー。香菜は混ぜてしまうと息子が嫌がるかなと、別添でもりもり添えられるようにして、私は結局、タコライスにもセビッチェにもスープにも香菜添えていただいた。
 
夏っぽい料理だよなあと思いつつ、寒い日に食べるタコライスも幸せ。

2021年1月18日月曜日

おうちサムギョプサル

「HARE/PAN」の純生食パン
目玉焼き&「Käfer」のロースハム
苺(福岡県産あまおう)
カフェオレ
昨日はミスドでピエール・エルメコラボのチョコドーナツを買いたかったのだけれど、人気がありすぎて製造が間に合わず、店頭に人だかりが出来ていたほどで。
 
ドーナツは平日に買わないとだねと、代わりに、ららぽーとTOKYO-BAYで昨年末あたりから販売が始まっていた、高級食パン「純生食パン工房HARE/PAN」を買ってきてみた。
 
2斤サイズで800円と、高級食パンにありがちなお値段で、本社は越谷市にあるみたい。北海道から九州まで広く店舗を持っているそうで、扱う品は食パン1つのみ。
 
「長年日本料理に精通した料理人、中川透氏監修の元、日本の食卓に合う純正食パンをひとつひとつ丁寧に焼き上げています。」なのだそうだ。
 
卵は不使用、こだわりの北海道産生ク リーム、吟味したバターやマーガリン、さらにはちみつを配合することで独自の美味し さと、焼かないでそのままお召し上がりいただくのが一番美味しい、柔らかな優しい食感を実現している、とのことで。
 
今日のところは焼かずにスライスして食べてみた。けっこう甘さが強くて、しっとりめのふわんとした食感の生地。
そのまま食べるのを推奨されていたけれど、でもこれ、トーストしても美味しいのではないかなあ、と。
 
実のところそれほどには期待していなかったのだけど、思った以上に美味しかった。少なくとも、変な名前のパン屋よりはこちらの方が好きな感じ。
 
美味しいパンに合わせるべく、美味しいロースハムとトリュフ塩添えた目玉焼き、苺もあまおう。
 
ちょっと御馳走な朝御飯。
厚切り牛タン
サムギョプサル
 デンマーク産豚三枚肉
 サンチュ・レッドオーク・えごま・青じそ
 スプラウト・香菜・きゅうり
 もやしのナムル・チキンム(大根の甘酢漬け)
 長ねぎサラダ
 焼き玉ねぎ・キムチ
 サムジャン(味噌タレ)・胡麻油&塩
 韓国海苔・米飯
ビール(サッポロ 銀座ライオンビヤホール スペシャル)
ビール(サッポロ サクラビール2020)
今日は午前中のうちに「せんどば」でがっつりお買い物して、午後はスポーツジムに。
 
ふるさと納税で貰った牛タンの残りを食べてしまいたくて、あと、サムギョプサルが恋しいなあとも思っていたところだったので、だんなが在宅勤務だった今日、サムギョプサルを決行してみることにした。
 
お店で食べた時の野菜を参考にしつつ、用意したのは、サンチュをメインに、えごま、青じそ、葉が赤紫色で綺麗だったフリルレタスのレッドオークなどなど。
 
家で食べるのは初めてだからたれのレシピもわからなくて、ネット検索して「サムギョプサルの意味と食べ方。韓国の簡単&本格レシピをお届け~!」の記事を参考にしてみた。
たれとか長ねぎのサラダあたりはこの記事の言う通りに作ってみて。
 
そして、もやしのナムルとチキンムは田中玉緒さんレシピ。
 
折しも玉緒さんも韓国食ブーム継続中のようで、今日拝見したまぐろのユッケも良いなあと思いつつ、本来サイコロ状にカットして作る大根の甘酢漬け"チキンム"は、サムギョプサルで巻きやすいように薄切り版も支度した。
 
食卓は普通の焼肉の時よりも野菜やら何やらでみちみちになって、そして前半は500gもの牛タンを焼いてはレモン+黒胡椒だれで食べまくって、後半戦にサムギョプサルを、という夕飯に。
 
「葉っぱ、1枚でも複数でも。んでナムルとかキムチとかそのへんの和え物も好みで巻いてね」
 
たれはそこのコチュジャンのか、胡麻油に塩混ぜたやつが定番みたい……と、息子はサムギョプサル初体験、だんなも職場の飲み会で出たことが一度だけある程度だったそうなので色々指南しつつ。
指南と言ったところで、私の側も一昨年の夏に一度、大久保のお店で食べた事があるだけだったりするけれど。
 
そんなだったから、家族全員不慣れな感じで、長い厚切り豚バラ肉を焼いてはハサミでちょんぎって、好きな感じに巻き巻きして。
 
でもこれ、思った以上に幸せだった。サンチュの他に色々野菜を用意するのもやっぱり大事ね。えごま、クセが強いけど私は大好き。
 
そしてなんと言ってもコチュジャンだれの美味しさ。
我が家のコチュジャンは、山形駅前の「冷麺さくら」のご主人お手製のもので、コチュジャン自体が優しい辛みで旨味が濃厚、とっても美味しいのだった。
 
手元にはコチュジャンを使うレシピもそこそこけっこうあるので(それこそユッケ風○○みたいなのも)、チキンムが残っているうちにまた何か韓国料理を作ってみる予定。
 
甘辛だれを絡める揚げ鶏、"コリアンチキン"が目下一番気になっているのだけど、揚げ物……揚げ物……揚げ物はハードルが高いのよ……とお悩み中。
チーズダッカルビもチーズが……チーズ……と、これまたお悩み中。
 
食べたい韓国料理って大体カロリーが高いんだわ。

2021年1月17日日曜日

日曜夜はたらちりを

「NoPell」のミルクスコーン
クロテッドクリーム・ブルーベリージャム
ミルクティー
 
IKEA風ホットドッグ
カフェオレ
昨夜はだんな、恒例のネット麻雀の日で、それなら今日の朝食は私一人だなあ……と、年末に届いた「rebake」のパンから、厚木 NoPellのミルクスコーンを温めて。
 
これ用に買ってきてあったタカナシのミニサイズクロテッドクリームと、セゾンファクトリーのブルーベリージャムをこてこてつけつついただいた。
 
見た目は三角形の、英国スコーンらしからぬ形状のスコーンだったけれど、良い感じにぽそもそ崩れて粉の香りがふあんと漂う、良い感じのスコーン。
 
ミルクティーちびちび飲みつつのんびり午前中を過ごしていたら、10時前にだんなと息子が起きてきて、朝食にホットドッグをということになって、残りがちょうど3セット分で。
 
結局私も一緒にホットドッグ、食べてしまった。うっかり二度目の朝御飯……。
南船橋「はま寿司」にて
 広島県産牡蠣握り ぽん酢ジュレのせ
 ゆず塩炙りまだい握り
 活〆寒ぶり握り
 炙りのどぐろ握り
 金目鯛炙り握り
 本まぐろ中トロ握り
 炙り上穴子握り
 真鱈白子軍艦
 富士山盛りまかない軍艦
 コク旨あんきも茶碗蒸し
 お茶
などなど
「で、遅め朝食でホットドッグだったわけですが、夜の外食が難しい今、お昼に美味しいものを食べに行きたいわけです」
と朝食後に家族会議。
 
気になってたインド料理屋は?ファミレスとか?お寿司は?なんて選択肢を挙げたところ、息子は「マクドナルドがいい」だそうで。
マクドナルドだったらまだクアアイナの方が良いなあ、いやでもお寿司も良い……なんて相談の結果、息子の分はテイクアウトで買ってきてあげることにして私とだんなは買い物がてらお寿司に行こうということになった。
 
そして向かったのが、久しぶりの「はま寿司」。
 
回転寿司だけどなんにもレーンに回ってなくて、注文しては目の前にやってくるのを待つだけという形で、そして店内にはめっちゃ炭治郎の声が流れていた。
 
鬼滅の刃コラボというわけじゃなく、「声優ナレーションシリーズ 第7弾」というキャンペーンであるらしく、炭治郎ボイスが「注文ボタンを押してください」「ご注文ありがとうございました」「まもなく到着します」などと注文タブレットから喋る喋る。ちょっと面白かった。
 
今のキャンペーンは「特ねた100円三番勝負」とのことで、美味しそうだった活〆寒ぶりや牡蠣、炙り上穴子あたり、気になるものをぜーんぶ食べてきて、そして左の壮絶な見た目の軍艦は「富士山盛りまかない軍艦」。
 
もうほぼお寿司の体を成していない外見になっていたけど、ブリ系の切り落としがたんまりで、これはこれで美味しかった。
 
はま寿司は、銚子丸より安く、くら寿司、スシローよりはお高いという印象。
魚がそれなりにちゃんと美味しくて回転寿司らしいイロモノメニューも多くて、けっこう気に入っている。
 
これは季節メニューの「コク旨あんきも茶碗蒸し」。
 
鼈甲あんがかかったちょっと甘めの茶碗蒸しで、想像以上に中にはあんきもがごろんごろん入っていて、とても良かった。
 
2貫盛りの皿はだんなと分けて食べつつ、そこそこしっかり食べたのにお会計は3000円ちょい。やっすいなー。
「マクドナルド」の
 クリームブリュレパイ
カフェオレ
で、夕飯の食材買うついでにマクドナルドで息子の昼食を調達して。
 
息子リクエストの期間限定デザート「クリームブリュレパイ」は私たちも気になるよねえと、これは家族分買って帰ってきた。
 
三角チョコパイシリーズの一貫かと思いきや、アップルパイの系統の四角いパイで、カスタードクリームとカラメルソースが詰まっているという大変にギルティな品だった。
 
揚げパイなのでなかなかにオイリーだし、しかもがっつり甘くて、ゆえに美味しい、という。
「やばい、油と砂糖の悪魔の味がする。やばい」
と言いつつ、美味しくいただいてしまった。
 
カスタードクリーム詰まった揚げパイなんて、美味しくないわけないでしょう、っていう……。
鯛の醤油焼き
ほうれん草の胡麻和え
たらちり
日本酒(長野 尾澤酒造場 十九 Snowflake)
日本酒(茨城 浦里酒造 霧筑波 初搾り うすにごり 無濾過生)
そして夕方の私はジムでBODYCOMBAT60に出て、今日もせっせとジャンプキックしたりスプロールしたり頑張って、夕飯は鍋の残りの鱈使って、たらちり。
 
我が家のたらちりは、寄せ鍋風に色々具材を用意するものではなくて、たっぷりの豆腐と鱈だけを昆布だしで煮て、湯豆腐風に温めたおかか醤油でいただくというもの。
たらちりと言うより、"鱈入り湯豆腐"と表現した方が正しいかも。
 
息子には豆腐と鱈の献立は可哀想かなと、スーパーで買ってきた鶏の唐揚げも出してやって、あとは青菜が食べたいなあとほうれん草の胡麻和えも支度して。
 
酒の肴にこっくり味の乾き物も欲しいなと、だんなが職場の人からのお祝い返しで貰ったのだという鯛の醤油焼きも出して、「あらこれ美味しい」言いながら、適当に一升瓶のにごり酒をくいくい飲んでの夕御飯。
 
米飯スルーで、代わりに豆腐は2人で2丁。シンプル味だけれど案外と食べ飽きないもので、お酒と一緒に満喫しまくってしまった。
木綿と絹と両方食べたけど、湯豆腐には絹の歯触りの方が好みかなー。

2021年1月16日土曜日

中華うま煮とかプリンとか

チリドッグ(風)
苺(福岡県産あまおう)
カフェオレ
IKEAのホットドッグ後半戦、そろそろこれを作りましょうかと、いくらか残してあったミートソースにチリパウダー混ぜて、それをホットドッグの上にかけつつチーズもかけつつ魚焼きグリルで炙ってー、の、チリドッグ風。
 
いつかはちゃんと、チリコンカンなりチリビーンズなり、それらしい"チリ"を作ってみようと思ってはいるのだけれど、「チリコンカンって、いまいち夕食のメインディッシュって感じしないよね……?(せいぜい副菜だよね?)」という印象がぬぐえない上に、だんなも息子もそれほどには「お豆大好き!」という人たちではないゆえに、作る機会を見いだせずにいる。
 
スペアリブあたりと合わせたらけっこう幸せなおかずになったりするかなーどうかなー。
ラーメン(うまかっちゃん 濃厚新味)
麦茶
だんなが「気になる、食べたい」と言っていた、新商品なのであるらしい「うまかっちゃん<濃厚新味>」。
 
大手メーカー、ハウス食品の袋麺だけど、基本的には九州限定のブランドだから、千葉のスーパーではあんまり見かけることがなくて。
 
でもららぽーとTOKYO-BAY内には九州沖縄の食材を扱う「これっと九州・沖縄」なる、とても素敵なスポットがあるのだった。案の定、うまかっちゃんはここで平積みにされていて、めでたくあっさり買って来られたという次第。
 
「"うまかっちゃん濃厚新味"とは、基本の味である"うまかっちゃん"とはひと味違うおいしさを持った濃厚なとんこつスープを、細くてかたい麺で味わうラーメンです」だそうで、今日のお昼はこれを試してみた。
 
いかにもな袋麺のインスタント麺っぽさはあったけど、確かに細くてかための博多ラーメン風な麺で、スープも思った以上にしっかりとんこつ。
すごく久しぶりに食べたけど、美味しかったわ。うまかっちゃん。
「Le Cafe de Pomme」の
 プリン \250
カフェオレ
昼食後、だんながちらりと用事を済ませに出かけていって、「あの、前に君がジャムとかパンとか買ってた店のプリン、買ってったら食べる?」と。
 
Le Cafe de Pomme(ル カフェ ドゥ ポム)」という、元々はフレンチレストラン(?)であるらしい、国道沿いの小さなお店、コロナ禍以来ジャムやパンを店内で販売するだけになってしまっていたのだけれど、二度目の緊急事態宣言で、扱う品が増えたみたい。
 
プリンは1個250円とお手頃価格だったそうで、小さめのプラカップに入った状態で売られていた。
 
プリン、とってもクラシックな風合いで、とても良い感じ。
 
とろけるプリン全盛期でも、私とだんなは「固いプリンの方が美味しいよねえー」と言っていて、そして今の時代は懐古主義だか「固いプリンこそ正義」みたいな風潮になっているのが密かにすごく嬉しくて。
 
あと5年くらいしたらまたとろける全盛になるのかしらなんて思いつつ、最近はとみに我が家の中ではプリンブームで、美味しそうなプリンを見るたびに買い求めてしまっている。
 
プリンなんて、どこが作っても大抵美味しいでしょうと思いきや、案外と「甘さたりない」「なんかうっすい味」「カラメル甘すぎ」とか、色々方向はあるのがまた面白い。
 
ここのお店のはカラメルも良い塩梅のほろ苦感で良かったな。もうちょーっと大きかったらなお嬉しかったな。
ポテトサラダ(スーパー総菜)
「揚立屋」のさつまあげ色々
だんな特製中華うま煮
青梗菜と豆腐の中華スープ
羽釜御飯
ビール(サッポロラガー)
成城石井で、揚立屋さんのさつま揚げが20%オフだったから買ってきてあるよ、あとポテサラ残ってるし、中華スープも残ってる……ということで、夕飯は中華おかずをだんなが作ってくれ、私はその間、スポーツジムに。
 
楽しい楽しいBODYPUMP60、9ヶ月ぶり2回目の腕のトレーニングは無茶は禁物、と、今日も粛々とトライセプスとバイセプスは軽め重量でやってきた。
 
warmup中小/squats大2/chest大小/back大中/triceps中小/biceps中/lunges中小/shoulders中プレート2/core無/cooldown無
 
新曲はトライセプス大でも多分いけると思う(プッシュアップパートが多いし)……けど、バイセプスは中小にしたらきっと筋肉痛になる、という感じ。
 
土曜夕方遅めのプログラムは男性多めのガチ勢だらけで、否応無しに「私もがんばるー!」となってしまうだけに、もうちょっと頑張りたいところ。
でも明日もジムだし明後日もジムだしなんなら明明後日もジム予定なので、無理はしない方向で。
 
で、今日もまた、帰宅したらほかほかのご飯が出来ているという幸福。
 
「うま煮、冷凍庫にシーフードミックスが残ってるよ。あと、ヤングコーンとうずら卵も入れて欲しいです」
とお願いしたら、良い感じの八宝菜っぽいうま煮になっていた。きくらげや人参も入って、とろけた白菜もざくざくで。
 
最後は米飯にかけて中華丼みたいにして、そしてちょっと久しぶりだった「揚立屋」のさつまあげも変わらずの美味しさだった。
 
九州旅行で知ったこのお店、成城石井で手軽に買えるのが有り難い。でもチーズ入りだけのパック(これ)が買えたらもっと最高に嬉しい。成城石井では、チーズ入りのが欲しかったら盛り合わせパックを買うという選択肢しか無くて。
 
我慢できなくなったら通販するつもり。
でもチーズさつまあげ通販の前に、あんまん恋しさに「551蓬莱」の通販を先にしてしまいそうな予感。

2021年1月15日金曜日

今夜は鷄ちゃんこ

IKEA風ホットドッグ
「Johan」の和やかチョコブレッド
「原農園」の甘夏(多分)
カフェオレ
今朝の柑橘は、伊予柑のつもりで手にしたものがどうやら甘夏で。
 
しっかり酸味のある目が覚めるような柑橘をまりまりと食後に食べた朝食は、ホットドッグとチョコブレッド。
 
いつもの息子はホットドッグにピクルスやフライドオニオンは乗せずに食べるのだけど、今日は食卓に出すまでに余裕があったから、私の方でピクルスとオニオンもりもりで盛り付けてやってから食卓に出した。ついでにこれも息子は普段つけないマスタードも少しばかり絞って。
 
この組み合わせ(ピクルス&オニオン)、鉄板な感じで美味しいと思うのよね。コストコホットドッグのザワークラウト&玉ねぎも美味しいと思うけども。
鷄ちゃんこ
 (鶏もも・豚バラ・鱈・帆立・赤海老・油揚げ)
 (大根・白菜・水菜・椎茸・えのきだけ・長ねぎ)
 (うどん)
日本酒(秋田 齋彌酒造 雪の茅舎 純米吟醸 ひやおろし)
日本酒(奈良 梅乃宿酒造 アンフィルタード・サケ 高島雄町 純米大吟醸 無濾過袋しぼり生原酒)
今日はほどよく寒いので、お鍋にしようと、セゾンファクトリーの福袋に入っていた鍋つゆ、「鶏チャンコ鍋」を使って鷄ちゃんこ。
 
パッケージにはやたらと多種類の具材が記されていて、「そっか、ちゃんこだから、"鷄と野菜"って感じじゃなしに魚介も入れても良いのか」と、メモ持ってロピアでお買い物。
 
鶏ももに豚バラ、鱈、帆立、赤海老と色々買い込み、野菜も記載通りに大根、水菜、きのこ類などを。
うっかり今日も勢いで芹と舞茸を籠に入れそうになったけど、つゆの味の方向が芹は違うかなあと思ったから自重した。
 
なんでも、「鶏の旨味に黒酢が香る、すっきりおいしいストレート鍋つゆです」だそうで。
黒酢なの?酸っぱいの?と若干不安だったものの、実際の味はとてもまろやかで、嫌味のない味。ちゃんと美味しい鍋スープだった。
 
豚バラと油揚げでしっかりコクも出て、「だしが出るかなー」と殻ごと入れた立派な海老も悪くなく。
 
いただきものの秋田のお酒、雪の茅舎のひやおろしは期待よりは淡麗な味わいだったけど、今日の鍋にはけっこう似合っていたと思う(と言いつつ、なんとなく物足りなくて、どっしり味の梅乃宿を続きで飲んでしまうというあれそれ)。
 
シメは雑炊推奨だったけど、冷凍庫に残ってるしねとうどんを入れて、これも美味しかったなー。
 
冬はもう、らくちんだし野菜大量に食べられるしで、一週間に2度は鍋でも良いよと思っている私……。

2021年1月14日木曜日

ミラノ風ドリア風

豚味噌うどん
「原農園」の九年母(多分)・たまみ(多分)
麦茶
同じ種類かなと思って手にとった柑橘が別の種類なの、あるある……と思いつつ、今朝も「原農園」から届いたみかん箱をがさがさと探って。
 
同じくらいのサイズのをと手にした柑橘は、よくよく見れば表皮の質感が違っていて、1つは"九年母"、もう1つは"たまみ"だったらしい。
せっかくだからと半分に割ってだんなと分け合うことにして、そしてメインは豚味噌うどんの朝御飯。
 
煮詰まってこってりめの味になった豚味噌鍋の残りスープでのうどん、刻み万能ねぎと黒胡椒をたんまりかけて。
 
九年母は、表皮に独特の松脂臭があるそうで、実際ちょっと独特な香りがある。爽やかな酸味もあるけど甘さもちゃんとあって、果汁もあって。
 
たまみは、温州みかんに似たこってりめの甘さとジューシーさがあって、とても食べやすい柑橘だった。
 
毎日美味しい柑橘が食べられるの、嬉しいなー。
 
そして今日はBODYBALANCE FXからのBODYPUMP45。
 
スポーツクラブも時短営業で20時閉館になったせいでか、昼のレッスンが混雑するようになってきた。
今日はまさかの定員オーバーでのキャンセル待ち枠になってしまって、"予約したけど結局来なかった人"の分になんとか滑り込んで参加できたというレベル。
 
これ、三密回避には時短営業はむしろ悪影響なんじゃ……?と思いつつ、私も含めて、巷の人は"昼間の外出自粛"なんてもう全然意識してないんだなあ、っていう。
 
まあ飲食店もショッピングモールも映画館もスポーツジムも、こうして営業しているからには「行って良いんだな」って思ってしまうのは当然で。
 
この調子で緊急事態宣言が解かれる予定の2月上旬の感染者数はどうなっているのか、想像も付かないわあと思う今日この頃……。
チーズ
レタスのサラダ
ポテトサラダ(スーパー総菜)
「Ristorante Due by 2Leoni」の
 トリッパの煮込み
ミラノ風ドリア(風)
ビール(ザ・プレミアム・モルツ ダイヤモンドの恵み)
今日は比較的暖かだった1日、残してあるミートソースとベシャメルソースを使ってサイゼリヤの定番メニュー、ミラノ風ドリア風なドリアが今夜の献立。
 
本当はターメリックライス(かサフランライスか)が土台なのだけど、手抜きして普通の白飯を耐熱容器の底に敷いて、上にベシャメルソース、ミートソース、そして中央に生卵を落とし入れて、パラッとグラナパダーノのすりおろしを散らしてからオーブンへ。
卵に火が通り過ぎないくらいに焼いたらできあがり。
 
あとは玉ねぎときゅうりもざくざく入れたレタスのサラダと、この献立には合うかなと昨日買ってきてあった「Ristorante Due by 2Leoni」のトリッパの煮込み(600円)も食卓に。
 
それほどこってりではない、千切り野菜もどっさり入ったトマト味のトリッパ煮込みはいつも通りに優しい味でとっても良い感じ。
 
そしてミラノ風ドリア(風)はとても美味しかった。
ラザニアも勿論良いものだけど、タコスよりはタコライスの方を好みがちな我が家では、ミラノ風ドリアの愛されっぷりは群を抜いていたようで。

2021年1月13日水曜日

今日はお店の味を

「Johan」の
 ベーコンエッグバジルパン(正式名称失念)
 和やかチョコブレッド
「原農園」の安藤みかん
カフェオレ
このパン美味しそうだなあと「Johan」で買ってきたのが、円盤形の総菜パン。
 
うっかり名前を控えてくるのを忘れてしまった(そしてこのお店のレシートには、ただ「パン」としか記載がないという……)のだけど、ゆで卵とベーコン、チーズ、あとドライバジルがトッピングされている風なパン。
 
ふかもちっとした食感のパンで、期待以上に美味しかった。まだまだあるチョコブレッドと共に。
 
お供は、原農園の安藤みかん。
柑橘セットの箱に1個だけ入っていたもので、南方熊楠ゆかりの品種。
 
黄色みが強くてサイズは小ぶりのグレープフルーツくらい。
表皮が厚くてパキッとした酸味と柔らかな甘さ。果汁たっぷりで美味しかったなー。
「Ristorante Due by 2Leoni」の
 お魚弁当 \800
麦茶
今日のだんなは在宅勤務で、私は水曜恒例、「ハナノヒ」のお花を貰いに出かけ、ついでに昼食と夕食の算段も。
 
緊急事態宣言下、春の前回同様色々なお店が再びテイクアウトメニューを復活してくれていて、今日はお店の味に頼ることにしてみた。
船橋のお気に入りのイタリアンとお気に入りの中華料理店はほんの10mほどの距離のところにあるので、両方寄って買い物してきた。
 
というわけでお昼は「Ristorante Due by 2Leoni」のイタリアン弁当。
 
私は「お魚弁当」、800円。
 
茄子とししとうのマリネにポテトサラダ、ソーセージとレタス、リングイネあたりは3種類あるお弁当に共通のおかず類。
 
そしてこのお魚弁当は葱ソースをかけた鯖のグリルとハンバーグ、カポナータ、ゆで卵というおかずの組み合わせが詰められていた。
 
だんなと息子の分は、豚ロースきのこクリーム弁当を。こちらも800円。
 
米飯たっぷりで、パッと見は普通のお弁当のようにも見えるけど、そこここがちゃんとイタリアンな感じがとても素敵。
 
私の方のお魚も良かったけど、だんなと息子もきのこクリーム豚ソテーを美味しいと言っていた。
 
でもやっぱり「Ristorante Due by 2Leoni」さんは、店内で食べるのが幸せなお店。特にディナータイムにのんびり行きたい方向のお店で。
 
コロナ禍をなんとか乗り切って欲しいなと、大好物のトリッパも買ってきた。これは明日食べるつもり。
もやしのナムル
「旬輝」の
 よだれ鷄 \680
 春巻 \600
 黒酢酢豚 \600
 豚の角煮 \700→\350
「大珍キッチン」の
 点心いろいろ
豆腐と青梗菜のスープ
羽釜御飯
日本酒(長野 尾澤酒造場 十九 Tamandua tetradactyla)
で、夜も簡単、手持ちの「大珍キッチン」の点心を蒸かしつつ、船橋駅近「旬輝」さんの中華総菜をテーブルに並べた。
 
店頭にメニューが置かれ、店内で販売されている中華総菜は、とても種類豊富で600円ほどから。
なんでも11時から16時までの購入は4パックめが半額になるとのことで、「え、じゃあ4パック買っちゃうなあ……」とまんまと4つ選んできてしまった。
 
大好物のよだれ鷄は、でもちょっと辛いので、刻んだりんごを添えることにして、あとは私の好みで春巻、黒酢酢豚、豚の角煮を。
 
揚げ物はやっぱり温め直しても若干微妙な(というかお店で食べた方が絶対絶対美味しいわ、という)感じになったものの、角煮といつものよだれ鷄は安定の美味しさ。
 
備忘録がてら、他のテイクアウトメニューを記しておくと、肉まん、飲茶三種、前菜盛り合わせ、クラゲと棒棒鶏、ナスのピリ辛炒め、エビチリ、ローストビーフ、鶏のピリ辛炒め、麻婆豆腐、ピータン豆腐と湯葉巻き焼き、チンジャオロース、杏仁豆腐があった。
 
ここは海老蒸し餃子や大根餅も美味しかったから、点心セットの飲茶三種も絶対おいしいだろうなと思う。
今度はシンプルにチンジャオロースあたりをいただいてみるのも良いかも。
 
私が支度したのは、ラードで炒めて作る青梗菜と豆腐のスープ、それと昨日田中玉緒さんにLINEで教えてもらったもやしのナムルくらいのもの。
 
ナムルは本当は豆もやしを使うレシピだったのだけど、あいにく寄った八百屋には普通のもやししかなくて、「次は豆もやし買ってきますので……!」と心の中で弁解しながら普通もやしのナムルにした。
 
和える前のテクニック、そしてちょっとした調味料、いつも私が作っているのとはひと味違って、シャキシャキで優しい味に仕上がった。なるほどこの手間でこれだけ美味しく……!とコツが掴めたので、次から我が家のナムル、レベルアップしてくれそう。

2021年1月12日火曜日

冬の日グラタン

「Johan」の
 和やかチョコブレッド
 チーズパン
ヨーグルト(よつ葉 北海道濃厚ヨーグルト 国産みかん&ゆず)
カフェオレ
今朝は、日本橋三越で買ってきた「Johan」のパンを。
 
"銀座のチョコブレッド"よりはなぜか若干味が落ちる"和やかチョコブレッド"をスライスして、ごろりと大きなチーズパンは4等分して軽くトースト。
 
近所では買えないから見つけるとつい買ってしまう「よつ葉北海道濃厚ヨーグルト国産みかん&ゆず」は、西馬込のスーパーで見つけたもの。
 
このヨーグルト、こっくり濃厚で甘さ控えめ、とても好みな味でお気に入り。
 
今日のお昼はスポーツジム、BODYCOMBAT45からのBODYBALANCE FXで、今回もバーピージャンプ(正式なコリオ名はスプロールからのバーティカルジャンプ、らしい)、頑張った。
 
去年の今頃はまだ出来なかった動作が、まだへっぽこながら出来るようになってきているのは素直に嬉しい。
ほうれん草とベーコンの温製サラダ
チキンマカロニグラタン
ミネストローネ
ビール(サッポロクラシック)
 
「LA TERRE」の
 バターチーズサンド あまおう
カフェオレ
今日はとーっても寒くて、「あったかいものを、とにかくあったかいものが食べたい」と、チキンマカロニグラタンを。
 
ズボラな私だけれど、ベシャメルソースは市販のを使わずに自分で炊くと決めている。その方が絶対絶対美味しいし、そうそう失敗もしないし。
 
今日は1リットルの牛乳で大量に作っておいて、いくらか残しておくことにした。ミートソースも余ってるから、ラザニアかミラノ風ドリアかのどちらかにする予定。
 
鶏肉2枚、玉ねぎ半個、マッシュルーム1パック、マカロニは150gくらいで親子3人分、手持ちの最大サイズの耐熱容器に山盛りになるくらい作れば、そこそこちょうど良い分量になる。
 
半端に残っていたミネストローネも飲みきって、あとはサラダもあったかいのが良いなあとサラダほうれん草買ってきて、ベーコン炒めて作る温製サラダにした。
 
サラダほうれん草と玉ねぎ、トマトをサラダ器に盛って、炒めたベーコンに酢と砂糖と醤油を加えて温めたドレッシングをかけるというほうれん草サラダは、鉄板の美味しさ。結婚してすぐの頃に知ったレシピで、以来何度も作っている。栗原はるみさんレシピ……だったかな(違うかも)。
 
今日の夕食も美味しくできて、全部綺麗になくなったところで、食後に甘味を。
 
月末あたりまで船橋の駅ビルに出店している、美瑛のLA TERRE(ラ・テール)というお店の「バターチーズサンド」。
 
見た目がいかにも美味しそうで、気になる気になると、昨日、買ってきてみて。
 
定番のフレーバーはダブルチーズ、抹茶と黒千石、アカシア蜂蜜とりんご、ハスカップとホワイトチョコ、ルバーブと木苺、生チョコとチョコチップという、北海道色が強いもの。
 
季節限定あまおうがあったので、3人分、あまおうを買ってきたのだった。
 
見た目、「BonbonROCKett(ボンボンロケット)」のバターサンドに似ているのだけど、こちらはとってもチーズ味。チーズ風味のバターサンドと言うよりはバター風味のチーズサンドという風で、爽やかな風味が良い感じ。
 
苺味のクリームにはカリカリと食感のあるピスタチオも入っていて(これは正直、不要だったかなー……)、ビスケット生地はしっとりめの優しい食感。
 
バターサンドほどのこってりさが無くて、美味しいスイーツだった。
 
もう1個食べるなら、息子はりんごが良いと。私とだんなはダブルチーズかなあ、なんて言っているところ。

2021年1月11日月曜日

日本橋で、穴子

お昼に穴子。
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
IKEA風ホットドッグ
伊予柑
カフェオレ
昨日はIKEAでホットドッグセットが特売中。
10本分のドッグパンとソーセージのセットが599円(通常価格は699円?だったかな?)とのことで、それじゃあと買ってきてみて、今朝はIKEA風ホットドッグ。
 
チーズを乗せてトーストするし、マスタードもイギリスメーカーの風味の良いものだから、IKEAで食べるのより美味しいんじゃないかな、などと思っている。
 
紀州、原農園の伊予柑もだんなと半分こして、今日はちらっと日本橋にお出かけ。
日本橋「玉ゐ 室町店」にて
 参のせ \3000
 特製お出汁 \200
 瓶ビール
連休最終日ながら、緊急事態宣言下、行きも帰りも電車はけっこう空いていて。
 
日本橋三越の上階で用事を済ませた後に、ついでにと地下食料品売り場も少し見て歩き、「Johan」のパンと、今日明日の限定出店だという「もり家」の半生うどんも買って、そして通りかかった「Käfer」で、冷蔵ケースに1つだけ残っていた"お楽しみ袋"なるものも買ってみた。2160円。
 
ケーファーのお楽しみ袋。これは幸せ……♪ もう「福袋」と言うには遅い時期かもしれないし、多分ギフト解体品なのだろうけど、充分に福袋的な嬉しい内容。
 
使い勝手が良いボンレスハムが3パックも入っていたし、ソーセージは私の好きな白系のものだしで、使いように困る品が何一つなかったのが嬉しかった。
 
入っていたのは、こんな感じ。
 
  • ローストボンレス280g
  • ブラートヴルスト80g
  • ボンレスハム80g×3
  • サラミ ミラノ 45g
  • イタリアンプロシュート 25g
 
カンパーニュに美味しいジャムとバター添えてハムエッグの朝食とか良さそう。せっせと食べなきゃ。
 
お昼は、一度食べてみたかった穴子専門店、「玉ゐ」の"箱めし"を。
 
日本橋高島屋の近くにある本店は、ちらりと見るたびに行列が出来ていて、「気になるよねー」「いつか食べようね」なんて言っていて、今、こういうタイミングならお店は空いているのではと調べたら、神田寄りの室町店では限定で「参のせ」なるメニューがあるそうで。
 
参のせ食べたい!参のせがいい!と、"初玉ゐ"は室町店でということになったのだった。
 
「中ぶりの脂ののりも良く小骨も少なめなあなごを使用した、煮上げ、焼き上げ、蒲焼きで仕上げた三種盛りです」という参のせ、薬味(刻み長ねぎ、わさび、炒り胡麻、柚子皮おろし)と漬物、あおさの味噌汁付きで3000円。
 
更に、穴子の骨でとった特製だしはオプションでプラス200円。
 
今日の一番上の写真、穴子は手前から煮上げ、蒲焼き、焼き上げ。
 
とろけるような口当たりの煮上げに、山椒の香りが漂い、むっちりとした歯ごたえのある蒲焼き、そして適度に歯ごたえがあって香ばしい焼き上げ。三者三様にそれぞれ美味しくて、ああ、無料で大盛にして貰えたご飯を大盛りにすべきだったかなあ、なんて思いつつ。
 
最後はお茶漬け。穴子茶漬け。幸せ……♪♪ 薬味乗せも美味しいし、柚子皮の風味もよく似合う。
 
でもなんといっても、最後のお茶漬けが格別だった。
 
ノリはほぼほぼひつまぶし。
でも穴子は決して"鰻の下位互換"などではなくて、穴子自体の美味しさというのがしっかりあって。
 
そも私はお寿司屋で毎回穴子を頼むくらいには穴子が大好物なので、ほんとに幸せだった。
 
お店の人が電話対応していた会話から漏れ聞こえたところによると、明日から緊急事態宣言終了の2月7日まで、この室町店は休業するのだそう。
 
飲食は本当に大変なこの時期、なんとか頑張って欲しいなあと思う。
南船橋「熟成焼肉いちばん」にて
 プレミアム食べ放題 \3980
 ドリンクバー \290
肉が、肉が食べたいんです、噛み締めのある肉を……と、数日来言い続けていた私。
 
だったらもう焼肉食べ放題に行ってしまえば良いのでは?ということになり、夕飯は、予約のうえで「熟成焼肉いちばん」に行ってきた。
 
20時閉店は仕方ないとしても、悲しいことにこの連休は終日アルコール提供停止とのことで、「ビール飲みたいのにねえ」言いつつ、今日はソフトドリンク傍らに。
結果的には、たらふく肉が食えたし、肉のかたわら、土鍋ご飯も進んだしでかなり満足できてしまった。
 
狂乱の混雑だった「熟成焼肉いちばん」に。いっぱい食べたー。 んで、お酒飲まないしその分、料理をグレードアップ……というわけでもないけれど、牛タンや黒毛和牛が食べ放題になるプレミアムプランを注文。
 
ここぞとばかりにプレミアムなお肉を食べまくってきた。
 
たれに「卵黄だれ」なるものがあるのが素晴らしく、すき焼き風に卵を絡めて、米飯に乗せて食べるのが悪魔的においしくて。
 
シャトーブリアンも食べ放題。見た目はまあまあ筋っぽいけど悪くなかった。 シャトーブリアンも食べ放題。
 
薄めのステーキ肉ほどの厚切りカットの大判のお肉に、アルミケース入りのにんにくだれもついてきて、たれは温めてどうぞ、だそう。
 
このたれが甘めで、これを絡めた後にまた卵黄だれを絡めたり、サンチュに巻いたり。
 
焼きしゃぶ肉みたいなのもおおいに頼み、結果として親子3人でお肉だけで25皿食べたらしい。他にキムチやナムル、コーンバター、サンチュと韓国海苔は2皿ずつ。
 
お店は狂乱の大混雑で、店頭には待ち客が10人以上、ソフトドリンクコーナーのグラスも足りないほどで、店員さんはてんてこまい。
 
少し前に、テレビで焼肉屋さんが大混雑という話題が上ってたけど、実際そんな風だったのを目の当たりにして、かなり驚いたのだった。
前回の緊急事態宣言下ではあんまりそんな事、なかった気がするんだけど、不思議ね。

2021年1月10日日曜日

肉肉ミートソース

磯辺焼き
緑茶
連休中日、私は朝6時に起きて、2ヶ月近く飾っていたクリスマスツリーの片付けを。
 
飾りを取って、枝は買ったときのように上に畳んで紐で縛って、最後にゴミ袋に包んで葉っぱが落ちないようにして、IKEAに返却に行けるようにしておいた。
 
朝食は、若干残っていたお餅を磯辺焼きに。
年末に1kg袋を買ってきたお餅、結局、あべかわとかお汁粉とかで食べないままに残り1個になってしまったので、もう1袋買って来ようかどうか悩みどころ……。
「IKEA」にて
 正月ソフト \150→\100
で、だんなと2人、開店直後のIKEAに向かってささっとツリーを返却し、返却で入手した1500円クーポンでフリーザーバッグとかバスマットとか、細々欲しかったものをお買い上げ。
 
レジを済ませたところのビストロコーナーで、「正月ソフト」なる可愛いものが割引販売になっていたので、思わず寄って食べてしまった。
 
いつものミルク味ソフトクリームに、金柑のシロップ煮とミントの葉がトッピングされていて、なんとなく鏡餅っぽい外見?金柑好きなので嬉しいスイーツだった。
 
この冬は14~17時限定で「まるごとチョコバナナパンケーキ」なんていうのも販売らしく。
 
私はそれよりも、ニシンの酢漬けが食べたいのに、フードコーナーに全然売られていないのが、とっても悲しい。
リンゴンベリーのジャムもそうだけど、本国からの流通が止まってるのかな……残念。
「OK」の
 チキンジャンバラヤ弁当 \399
麦茶
そしてIKEAからの足でOKでお買い物。夕飯の食材を買って、
「あー、お昼、こういうので良くない?」
とお惣菜コーナーで、だんなと息子はカツ丼を、私はチキンジャンバラヤ弁当を。たった399円という、ワンコインにも満たない格安弁当は、でも案外美味しいんだな……。
 
南船橋界隈、美味しくて手軽なスーパーの弁当はロピアとOKが二大巨頭という感じ。
船橋駅前界隈にレストランのお弁当を買いに行くこともちらっと考えたのだけれど、あまりの寒さに断念した。
 
ピリ辛味のチキンソテーに、しっかりスパイシーなピラフにはパプリカやズッキーニもトッピングされていて、なかなか良い感じ。
 
午後には今日もスポーツジム、昨日に続き9ヶ月ぶりの復活となるBODYCOMBATマスタークラスに参加してきた。
 
9ヶ月ぶりのムエタイトラックは、残念ながら新曲はあんまり楽しいものではなかったけど、それでも45分より60分の方が圧倒的充実感。
 
でも休憩しながらなので、本来の10曲ではなくて「7曲目(ムエタイ)8曲目(パワー3)はどちらかの選択で」との本部からのお達しで1曲少ない構成だった。
 
今日はムエタイ採用、来週はパワー3採用の予定なんですってー。
 
60分クラスは最後に腹筋があるのかなかなかしんどい。昨日も腹筋頑張ってまだちょっと痛いんだけどなーと思いつつ、ふんすふんす頑張って来た。
ミックスサラダ
トリッパビーンズ(缶つま)
だんな特製 ミートソーススパゲッティ
ビール(ザ・プレミアム・モルツ ダイヤモンドの恵み)
夕飯は、だんな特製ミートソーススパゲッティ。
 
数日前、テレビで"伝説の家政婦志麻さん"を家族で見て、
「……うん。それほどには不思議な事をしているわけでもないんだけどね、美味しそうだよね」
「おそろしく手際が良いよね……」
なんて話しつつ、でも彼女が作ったミートソースにケチャップが入るのを見て「ケチャップはいかん、ケチャップは」などと文句を垂れる私たち。
 
林望先生も、著書の中で「ミートソースにケチャップ大さじ1以上加える事は悪魔の所業と思い知れ」的な事をおっしゃったし、実際、食べやすくはなるけど子供っぽい味になるから、私もだんなもミートソースにケチャップは入れない。
 
なんて語らいながら番組を見ていたら、ミートソースが食べたくなった。
うちのミートソース(だんなが作るのでも、私が作るのでも)だって、きっと、負けないくらいに美味しいし!
 
というわけでミートソース。
だんながスパゲッティの支度はしてくれたので、私は脇でサラダの支度。レタスどっさり、赤玉ねぎときゅうり、りんご、プチトマトを混ぜてココナッツ製の大きな器にどっさり、おかわり分も盛りつけた。
 
ビールのアテにと手持ちのトリッパ缶詰も開けて、そんな感じの夕御飯。
 
とっても肉肉しいミートソースは、今日もしっかり美味しかった。若干残ったミートソースは、後日にミラノ風ドリアに加工するとか、どうかなー。

2021年1月9日土曜日

柑橘、届きぬ。

「サンジェルマン」の
 塩バター \160
「メゾン・ド・プティ・フール」の
 パン・オ・ショコラ \324
ヨーグルト(チチヤス 瀬戸内みかん)
カフェオレ
今日から三連休。
「焼肉食べ放題行きたいー」と言っている私だけれど、緊急事態宣言下では酒類提供は7時まで、閉店は8時となかなか夕食に赴くにはシビアな制限で、早めの時間に予約して行こうにも、既に予約枠がほとんど埋まっていて……という残念な感じに。
 
しょんもりしつつ、今日の朝御飯は昨日買ってきた「メゾン・ド・プティ・フール」のパン・オ・ショコラと、「サンジェルマン」の塩バターパンと。
 
パン・オ・ショコラは、さすが洋菓子屋さんのデニッシュという風な、バターの良い香りがする、チョコも上質な美味しいものだった。値段もそれなりになかなかなものだったけど、悔い無し。
 
そして今日は午前中に、原農園さんの「旬の食べごろ柑橘セット 5kg」が届いた。
 
温州みかんを何度も買っているこの農園、他にも40種類以上の柑橘類と梅も栽培しているとのことで、温州みかんは買えなかった今年、せめてもとこのセットを通販してみた次第。
 
1品種につき1つ、名前のシールが貼られていて、貼られてないのは見比べて判断してねという風になっていたけど、これがなかなか難易度高め。サイズと表皮の色と質感で判断しつつ、まあ美味しければなんでも良いのだ。
 
添付のリーフレットによると、入っていたのはこんな感じ。
 
はっさく
旧暦8/1(八朔)から食べられるとして、江戸末期原木が発見された因島の浄土寺で命名されました。ナイフ等で切れ目をいれてむき、内皮をむいてお召し上がりください。
ポンカン
インド原産といわれ、名前は地名プーナ(Poona)に由来するとされています。東南アジアや台湾・中国を中心に多く栽培されています。甘みと香りが特徴で、当園でも人気品種です。
安藤みかん
田辺市で後世を過ごした世界的な博物学者の南方熊楠が、この地で栽培を推奨した品種。江戸時代田辺を治めた安藤家の名前を冠する古くからの品種です。
たまみ
清見にウィルキングという柑橘を掛け合わせた新品種。温州みかんのように皮がむきやすく甘みもあって期待の品種です。
三宝柑
江戸時代、和歌山藩士の邸内にたった一本生えていたものを、藩主の徳川治宝公に献上したところ、「三宝柑」の名前を付け、藩外移出禁止を命じて一般人の栽培も許可しなかったといわれています。三方に載せて献上したから、転じて三宝柑になったとも言われています。
伊予柑
もともとは山口県で発見された品種ですが、愛媛県が大産地となり「伊予」の名を冠した名前になったようです。近年は新しい品種の登場もあって主産量が減っています。
早香(はやか)
温州みかんにポンカンを掛け合わせてできた品種。甘みが強いのですが、中の袋が固いのが残念な品種。木にはトゲが多く、栽培はほとんどされていません。
九年母(くねんぼ)
東南アジア原産で、日本には室町時代から存在し江戸時代前期までは日本のメイン品種だったといわれています。皮の匂いが「松脂臭」という独特な匂いが特徴です。近年のゲノム解析で温州みかんやはっさくの親だとわかりました。
はるみ
清見にポンカンを掛け合わせた品種です。皮がむきやすく甘みもあるのですが、栽培が難しく生産が広がらない品種でもあります。
シークヮーサー
沖縄の方言で、シーは「すっぱい」クワスは「食わし」から名付けられています。沖縄ではレモンの代わりに、料理やお酒などに搾って活用されています。
 
原農園のシークヮーサーなんて、ちょっと面白いな。
軽率にジムドリンクに絞って持って行くのはちょっと勿体ないかなー。せっかくの低農薬なのだし、シークヮーサー版モヒートとか、カイピリーニャあたり、幸せかもしれない。
だんな特製牛すじねぎスパ
麦茶
食べよう食べようと思いつつ日延べしていた牛すじを、今日こそスパゲッティで。
 
支度してくれただんなが「ちょっと甘くなっちゃった」と言っていたけど、私はこのくらい甘くても全然良いし、なんならもっと甘くても良いなあと思ったのだった。
 
肉じゃがとかのレシピって、お店の分量だと相当に甘味が強めだったりして驚くことが多々あるし。
 
肉が甘い分、上から「七味家本舗」の七味と、「原了郭」の黒七味をばっさばさかけつつ。
「メゾン・ド・プティ・フール」の
 ガレット・デ・ロワ マロン
カフェオレ
そしておやつに、これが多分今シーズン最後のガレット・デ・ロワを。
 
けしの実とココナッツで飾られた、ちょっと独特な外見のガレット・デ・ロワは、1台3240円。
 
珍しくも、フェーヴが中に埋まっているタイプで、「この、けしの実の円を崩さないようにナイフ入れれば大丈夫かな……」なんて言いつつ、各自好きなのを取りましょうということにしたら、またもや息子が当たりを引き当てたのだった。
 
というわけで、今年のフェーヴ、3種類。
 
赤い帽子は地元の「ル・パティシエ ヨコヤマ」さんの、左のボタンっぽいのはタカナシ製、そして今日のが右側の、"Club Galette des Rois"のロゴ入りのもの。
 
このお店のは、パイ生地の塩気控えめ、アーモンドクリームが栗入りのと2層になっている風だった。刻んだ栗も入っていて、こないだのも良かったけどこちらもとっても良い感じ。甲乙付けがたいくらいに、美味しかった。いや、甘さの塩梅とかはむしろこちらの方が好きだったかも。
 
「メゾン・ド・プティ・フール」さんはお店自体を気に入ったのでまた是非買いに行きたいなと思ったのだった。
 
そして今月から、コロナ禍以来45分に短縮されてたプログラムがついに60分復活ということで、「ごめん帰宅7時過ぎちゃうけど!」と家族に言い置いてスポーツジムに。
 
久しぶりのBODYPUMPマスタークラス、全力で楽しんできた。何しろ9ヶ月ぶりの二の腕と上腕二頭筋の運動、無理せずということで、4月時点の重量と同じくらいにして。
 
warmup中小/squats大2/chest大小/back大中/triceps中小/biceps中/lunges中小/shoulders中プレート2/core無/cooldown無
 
連休初日の夕飯時に筋トレ系プログラムに来ようなんて輩はまあ大体がガチ勢で、スクワットで大3枚(32kg)担ぐ兄さんたちが山盛りいらっしゃった。
「ここは鬼殺隊の選別試験会場ですか?」というくらいにこってり濃厚な空間で、そんな中、ぬるい動きはしていられないわと負けじと頑張った、つもり。
 
しかし新曲、チェストとトライセプスと肩に腕立て伏せパートがあって、しかもトライセプスはサイドプランクローテーション、肩はマウンテンクライマーのおまけつき、とどめに腹筋で腕立て伏せの体勢で片手交互上げからの足動かし……みたいなのがあって、なんというか「己の体重に責任を持ちましょう」的コリオ。
 
それでも割と好きな曲が多いから頑張れそう、と思うのだった。頑張れ私。
豚味噌鍋(豚バラ・豚ロース・白菜・長ねぎ・うどん)
日本酒(長野 尾澤酒造場 十九 Silberner Bar)
日本酒(長野 尾澤酒造場 十九 Snowflake)
……で、よろよろと帰ってきたら、家に入る前から豚味噌鍋のいーい匂いがしている、という。なんという幸せ。
 
「ちょうど良いパックが無くて、お肉1kg買っちゃいました」
とだんなに言われたけど、でも100gくらい残したくらいでほぼ無くなってしまった。白菜は3/4玉、長ねぎ2本、うどんは5玉。
 
空きっ腹に肉も酒も滅茶苦茶染みて、でも残念ながら、瓶に半端に残っていた"銀熊(Silberner Bar)は風味が飛んで可哀想な味になってしまっていた。同じ十九でも寝かせに向いていたり、飲み残しをちょっと置いておいたらまた美味しくなっていたりというのもあるので、このへんは本当に難しい。銀熊は、多分、そもそもが早飲み向けのお酒だったのだろうなあ。
 
そして期待の冬の定番にごり酒のSnowflakeは今年はいくらかすっきりタイプ。でも旨味もしっかりで、数年前のこっくりタイプと比べてしまうと若干のつまらなさもあるものの、食中酒としてはこのくらいがちょうど良いかもと思える美味しさ。
 
今シーズンは黒牛のにごりとか川亀のにごりとか、美味しいのをいくつも口にしたけど、十九もやっぱり美味しいなー……とついつい飲み過ぎてしまったのだった。Snowflakeは危険。一升瓶は実に危険。

2021年1月8日金曜日

西馬込のケーキ屋さん

「サンジェルマン」の
 とろっとチーズ \200
 ヴィエノワ \150 1/2本
苺(福岡県産あまおう)
カフェオレ
懐かしいパン屋をみつけた……!と、以前は津田沼のイオンモール内の店舗でちょいちょい買い物していた「サンジェルマン」のパンを、市川の駅ビルで買ってきた。
 
お手頃価格で重宝していたのに、津田沼からは撤退してしまって、それ以来すっかりご無沙汰だったパン屋さん。
 
北海道産練乳クリームをサンドしたヴィエノワと、あと「今月の逸品」の札がついていた、「とろっとチーズ」なるパンを買ってきてみた。
「カマンベール入りチーズクリームを包み、とろっとしたチーズソースで焼き上げました」ですって。
 
この手のチーズパンはなんだかベタッとした食感のあんまり風味のよくないチーズクリームが使われていることがままあるけれど、このパンのチーズは自然な味で美味しかった。名前通りに「とろっと」で。
 
今日は、「予約の電話入れちゃったしなー」と、西馬込のケーキ屋さんに行ってきた。
道中、銀座や新橋も通過するから途中下車してパンを買ったりしようかなとも考えたのだけど、緊急事態宣言下、寄り道は一応、自粛することにして。
 
地下鉄駅の出口からほんの10mほどのところにあった「メゾン・ド・プティ・フール」は、洋菓子にお店だけれど美麗な生ケーキや焼き菓子の他に、ショコラティエの品のようなチョコレートやパート・ド・フリュイ、それにパンやキッシュなども少量ながら扱っていた。なんだかホテルのペストリーブティックのような感じ。
 
このお店では、去年にマロン味のガレット・デ・ロワを販売していて、今年も売るのかなと思っていたところ、プレーンの他に、マロンと、今年はアブリコ(杏)も販売とのこと。
 
杏もとても気になったけれど、でもでも食べてみたいのはやっぱりマロンよねと、予約のうえ、買い求めに行ってみたのだった。
 
気になっていたプリンとか、ついでにパン・オ・ショコラやキッシュも買ってみて、美味しいと良いないやこれ絶対美味しいやつだ、と、駅前スーパーでついでに夕食の買い物も済ませてから帰宅。
 
西馬込、生活しやすそうなエリアだったなあ。
チーズ・トリュフポテトチップ
「メゾン・ド・プティ・フール」の
 キッシュ・ソーモン \410
 キッシュ・ロレーヌ \410
じゃがバターコーン(スーパー総菜)
スペアリブと大根の煮物
メカジキのバター照り焼き w/ちぢみほうれん草
ミネストローネ
羽釜御飯
ビール(ザ・プレミアム・モルツ ダイヤモンドの恵み)
 
「メゾン・ド・プティ・フール」の
 プディング・ノスタルジック \486
カフェオレ
夕飯は、ミネストローネがあるしキッシュも買ったから洋風かなあ、でもスペアリブの煮物も若干残ってる……などと思いつつ、買ってきたのはメカジキの切り身。
 
2切れで1000円となかなかのお値段だった肉厚の切り身が、嬉しいことに西馬込のスーパーで見切り品半額になっていたのだった。それを2パック、4切れ購入してバター風味の照り焼きにすることに。
 
半分にカットしたメカジキに塩胡椒して小麦粉ふって、両面焼きつけた後に味醂と醤油で煮絡めていく。
 
最後にバター落としてテラッとさせたら、茹でたちぢみほうれん草の上にたれごと盛りつけてできあがり。
 
美味しかったけど、メカジキ自体にすごく脂が乗っていたから、バターは要らなかったかもしれないなー。
 
期待のキッシュも濃厚リッチな味ですごく美味しかったし、魚と一緒にスーパーで買ってきたじゃがバターコーンはコーン入りのジャーマンポテトみたいな感じで息子が「これ旨い」とたいそう喜んでいた。
 
そしてデザートに、今日のところはガレット・デ・ロワではなく、プリンを。
 
お店のインスタのこの動画を見て、「やばい、このプリン美味しそう……」と思っていて、ショーケースにあったら絶対買おうと思っていたこの品、家族3人分買ってきて。
 
プラスチック製のココットケースにおさまったプリンにはバニラ風味のクリームが乗っていて、そしてカラメルソースの詰まったスポイトが刺さっているという面白い仕立て。
 
皿に移したかったけれど難易度高いなと諦めて、ココットケースのままいただいた。
 
ねっちり濃厚な固めのプリンなのがとっても素敵。上に乗ってるクリームがなんとも言えない美味しさで、カラメルは絶妙なほろ苦さ。
 
「あ……やばい、すごく美味しいこのプリン……」
「これは美味しい、すごく美味しい」
 
と、家族全員から「これはすごく美味しいプリンです」認定が出て、ああこれは普通のショートケーキとかも買いに行ってみたいなあとしみじみ思ったのだった。
でも、電車一本とは言え、片道1時間かかるのよね……千葉の民にとっては、大田区、わりかし遠い。

2021年1月7日木曜日

いつもの七草粥

七草粥
苺(福岡県産あまおう)
麦茶
もう10年、いや15年くらいは、我が家の七草粥はずーっと中華風。
 
前夜のうちに胡麻油をまぶした米と干し貝柱をたっぷりの水に漬けておき、当日朝に火にかける。沸騰したら1時間、"水面が笑ってるような"火加減でことこと炊いて、最後に刻んだ七草混ぜたらできあがり。調味は好みで塩だけを。
 
いつも通りに、油条と皮蛋、香菜添えて、もうこの段階で"八草粥"だけど仕方ないね、美味しいからね。
 
というわけで、今年もさぱさぱいただいた。
七草を口にしたら、正月の飽食も終わりかなーという感じ。とてもわかりやすく体重が増えたので、めげずに頑張らねば。
 
で、そんな中、絶妙なタイミングで届いたのが「ビーレジェンド」のプロテイン福袋。
 
元はと言えば、この会社のミルキー味プロテインを試しに買ってみたら、これがやたらと美味しくて、「プロテインって粉っぽくてバリウムみたいな感じなんじゃないの?」と思っていた私の先入観を一掃してくれたのが切っ掛けで。
 
バリウムは言い過ぎだとしても、友人から「美味しいよ」と味見させてもらった大豆プロテインドリンクがあんまり口に合わなくて、「これ飲むなら豆乳飲むなあ普通に……」なんて思っていたところだったこともあり、牛乳由来のカゼイプロテインは乳製品好きな私の心を鷲掴みにしたのだった。
 
運動後ってお腹空くし甘いものが恋しくなったりもするし、脂肪は落としたいけど筋肉は落としたくない(むしろつけたい)しで、試しに他の味も飲んでみたいなあと、買ってみたのが「ビーレジェンド プロテイン お試しお年玉2019円セット」(お試しサイズ10食セット、通常価格は単品230円)と、「何が届くかヒミツ!シークレットプロテイン福袋 総量3kg超え」という福袋。
 
パッケージが相当アレな感じで「どこがプロテイン?」という風なのが多いけど、届いたのは総量3.26kg、販売価格8334円に対して10500円以上相当分、という感じ。
 
  • WPCプロテイン ベリベリベリー風味【1kg】 \3100
  • WPCプロテイン 北斗の拳 ケンシロウ 明日への種モミ風味【1kg】(玄米茶ラテ味) \3200
  • WPCプロテイン ワンピース 悪魔の実風味【420g】(カシスオレンジ風味) \1980
  • WPCプロテイン ワンピース チョッパーのわたあめ風味【420g】 \1980
  • WPCプロテイン ハローキティ ママの作ったアップルパイ風味【420g】 \1980
  • フレグランスソープ ベリベリベリーの香り(非売品)
  • 大スプーン 漆黒×3
 
願わくば、一番飲んでみたかった「くまモンバージョン みかん風味」が欲しかったけど、「これだけは要らない、絶対要らない」と思っていた「NARUTO-ナルト- 疾風伝 一楽の味噌豚骨風味」とか抹茶味とかは入っていなかったので、良し。
 
酸味のある系が飲んでみたかったから、ベリー味とかカシスオレンジ味とかは嬉しいな。アップルパイ味は……どうなんだろうね……?
 
そして今日の私はBODYBALANCE FXからのBODYPUMP45。
新曲もいくらか慣れてきて、バランスは前回グラついた片足立ちも頑張れるようになった。股関節固すぎて以前はできなかったヒンドゥースクワットの体勢も「できるようになりましたね!」とイントラさんに褒められたくらい。
 
パンプのスクワットは昨年から変わらず大2枚(22kg)、背中大中(17kg)で頑張って、ランジもここ最近はあんまり「もう無理!倒れる!」というほどのしんどさも無くなりつつあって。
 
……と、20代の頃よりも余程に頑張っている今日この頃で、実際筋肉はついてきたという自覚はあるけど、案外そうそうマッチョ体型にはならないものなのだった。
レタスとりんご、赤玉ねぎのサラダ
ありもの野菜のミネストローネ
玉ねぎソースのハンバーグ w/人参のグラッセ&さやいんげん
ビール(ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール 初摘みホップヌーヴォー)
今日から2月7日まで一都三県緊急事態宣言だそうで、感染者は東京過去最多2447人、千葉も過去最多450人。
もう、なんというか、「ふーん」としか思わなくなってきた。
 
夕食は、先日低温調理肉に添えて食べた「St.Cousair (サンクゼール)」の玉ねぎドレッシングが美味しかったのでこれをハンバーグで食べたいなという趣向。
 
銀座「マルディグラ」の和知徹さんのハンバーグレシピは複数あって、ほとんど練らずに焼く牛ひき肉のハンバーグなんていうのもあるけど、今日は合いびき肉を使って若干柔らかめのタネになる方のハンバーグを作ってみることにした。
 
そう不思議な作り方ではなくて、ひき肉に混ぜるのは生の刻み玉ねぎ、パン粉、卵、塩胡椒、オールスパイス、多めの牛乳……といったあたり。
 
片面を蒸し焼きにした後にひっくり返してバターを入れて、"アロゼ"してからまた蒸し焼き。だんなの分と息子の分のハンバーグを大きくしたら、若干火の通しが甘くなって最後に電子レンジの力を借りることになってしまったのだけど(不覚……)おおむね美味しくできたと思う。
 
あとはありものの野菜の大整理を。
 
ロメインレタスとリーフレタスのサラダには、赤玉ねぎとりんごを混ぜて、ありったけの野菜を使ったミネストローネを。
 
玉ねぎ、人参、ピーマン、セロリ、茄子、かぼちゃ、さつまいも、プチトマト、キャベツ、ベーコンをざくざく入れたスープを支度して、今日のところはトマト感控えめに。
 
たんまり作ったので、トマトピュレ入れたりスパイス足したりして、"味変"しながら食べるつもり。ダイエット的にはかぼちゃやさつまいもは使わない方が良いのだろうけど、ちょっと甘くて美味しくなるので入れてしまうことにした。
 
ハンバーグ、美味しくできたし、温めてから出した玉ねぎドレッシングも期待通りに美味しかった。
サンクゼールと言えば名物は人参ドレッシングだけど、全体的に味は良いのよね、このお店(平常時は高くて手が出せないだけでね……)。
 
福袋にはジャムの大瓶も入ってたから、免疫力アップも兼ねてR1ヨーグルトの量産も復活させようかな。牛乳パックで作って低温調理器にかけたら簡単かつ衛生的に作れるみたい。
 
夜のニュースによると「感染者数減少に向けて"より強いメッセージが必要"」と総理が会見でおっしゃってたみたいだけど、メッセージも何も、「ビジネス関係者の入国、一転継続」とか「国会議員の会食 ルール化せず」などという報道も合わせて見ちゃうと、「……そんなんなら、国民やお店や企業が政府の要請に従う必要、あんまり無くない?」などと思ってしまう。
 
昭和の世代のおじさま(おじいさま)世代は"会食"だとか"飲み会"だとかが仕事の一環だというのはある程度理解はしているけれど、でもそんなダブスタを見てしまうと、やる気はすんごく削がれちゃうわよねえ。我慢の意味is何処。自粛意識がばがば寄りの私ですらこうなのだから、ほんとに真面目に節制している人たちは、本当にやってられない状況だろうなと思う。
 
勿論注意はこれまで同然に変わらず払うけど、私は買い物も外食もジムも特段大きく自粛せずに普段通りにするつもり。

2021年1月6日水曜日

寿司はじめ!

今日は寿司始め!
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
磯辺焼き
みかん
抹茶入り玄米茶
コロナ感染拡大&在宅勤務推奨の流れを受けて、今日のだんなはテレワーク。
 
「朝食はパンがいい?それともお餅?」
と昨夜のうちに問うてみたら、「磯辺焼き」とピンポイントな返事が返ってきた。というわけで、今朝は磯辺焼き。
 
絶賛冬休み中の息子は今日も昼まで寝てるでしょうと、2人分の餅を焼いた。
 
今年の冬は、年末の肉福袋が無かったこともさることながら、いつも買ってる原農園さんのみかんが無いのも寂しさの1つ。今日のみかんはスーパーで買ってきたもの。
 
例年扱ってくれている「三浦半島まるかじりクック&ダイン」さんの販売が無かったのは、きっと収穫がすごく少なかったせいかなと思う。
で、オンラインで原農園さんのみかんを購入できるサイトがもう1つ、それがエスプレッソマシンやコーヒー豆の販売をしているサイト「ダイイチ F&L」で。
 
こちらでも今シーズンは温州みかんの扱いが無く、せめてもと代わりに内容おまかせの「旬の食べごろ柑橘セット」を昨年の間に注文しておいてみた。
 
その収穫がそろそろ始まったらしく、何が届くのがとても楽しみ。美味しい柑橘に飢えてます。
ららぽーとTOKYO-BAY内「日本橋天丼金子屋」にて
 天丼(松)穴子 \1080
だんなが家で仕事してるしと、私は午前中のうちに、定例のお花を買いにささっと市川を往復して、「お昼は牛すじ残ってるからスパゲティにでもしようかな」と食材は何も買わずに帰宅して。
 
そうしたら話の流れで「天丼食べに行こうか」ということになった。
 
一度食べに行ってみたいと思っている、日本橋の老舗「金子半之助」、その姉妹店?が「日本橋天丼金子屋」だそうで、それがららぽーとTOKYO-BAYのフードコートに入っていて。
 
「……やっぱり穴子が食べたいよね」
「穴子は外せない」
ということで、私もだんなも穴子入りの「天丼(松)穴子」を。味噌椀セットやそばセットもあったけれど、私は単品、ご飯軽めにしてもらった。
 
「日本橋天丼金子屋」の天丼。胡麻油の香りがさすが江戸前? 胡麻油の香りが漂う、江戸前の天丼。
 
どーんと丼を横切って横たわっている穴子1本の存在感がすごいけど、それ以外にも、海老が2本、かぼちゃと蓮根、海苔、ししとうが盛りに盛られ、そして温泉卵の天ぷらもひっそり下に潜んでいた。
 
ややこってりめのたれで、衣はふわふわとさくさくの中間くらい。
私はもう少しさくさくしている方が好きだなあと思ったけど、だんなは直近に東京駅近くで食べた天丼が"さくさくどころかガリガリ"だったそうで、このくらいが丁度良いと言っていた。
 
うん、でも、悪くなかったな。美味しかった。
野菜にも絶妙に良い感じに火が通っていて。
 
すた丼福袋。まあまあお得?有効活用しましょう。 んで留守番の息子には、「伝説のすた丼屋」ですた丼でも買って帰ろうと食後に寄り道していたら、店頭でひっそりと福袋を販売していた。
 
内容は記されていなかったけど、その場で検索して「値段そのまんまの商品券入ってるらしいよ?」とだんなに囁き、1つ購入。
 
帰宅して開いた紙袋の中身はこんな感じ。
 
  • 500円お食事券×4 (有効期限6月末)
  • 名物すた丼屋 味噌すたみな焼きのタレ
  • デンバープレミアム ステーキソース
  • 勝豚丼屋 久好の豚丼のタレ
 
販売価格は2000円、内容はネットによると3200円相当みたい。
 
食事券はテイクアウトには使えるけどデリバリーでの支払いには使えないそう。すた丼のたれの他、系列店の豚丼とステーキのソースがついてきて、このくらいの分量ならささっと使えてしまえると思う。美味しいと良いな。
南船橋「すし銚子丸」にて
 なめろう(つまみ)
 紅組3カン
 炭焼きさわら握り
 活〆はまち握り
 極3カン
 いわし炙りおろしぽん酢握り
 金華しめさば炙り握り
 のどぐろ炙り握り
 オーロラサーモン西京炙り握り
 づけかき握り
 銚子丸オリジナル特製プリン
 生ビール×2
 冷酒
などなど
 
自宅で
 「パティシエ・シマ」の
     ガレット・デ・ロワ マロン
 カフェオレ
いよいよ明日にも緊急事態宣言再発令だそうで、東京は過去最多の感染者数1591人、千葉も最多更新311人。
 
明日からは飲食店で夜の酒類提供が夜7時までになって、営業も夜8時までになる……のかな?これはほぼほぼ「夜は外食するな」と言われているようなもので。
 
「で、銚子丸の食事券がまだあるのです7000円分、期限まであと1週間ほどのが」
ということで、行きづらくなる前にと、今夜は家族で銚子丸。
 
こんな感じだと週末の昼間なんかは混むことになりそうだしと、今日平日の早め夕飯。半端な時間帯に行けば空いてるかなと思ったわけだけれど、銚子丸とは思えないほどにお店はガラガラ、レーンも全く動いておらず、そして今日は魚の美味しさもいまいちだった……かな。
もう魚市場は始まっているはずなのだけどね。
 
寒い日にはついつい炙りものばっかり頼んでしまう気が。 寒いとついそういう嗜好になってしまうのか、今日は炙りものをよく食べた。
 
炭焼きさわら握りに、いわし炙りおろしぽん酢握り、金華しめさば炙り握り、のどぐろ炙り握り、オーロラサーモン西京炙り握り……羅列すると本当に炙り祭りだった今日の選択。
 
写真は手前が鰯で奥が鯖。このあたりは美味しかった。でもなめろうは、なんだか身がぱっさぱさでかつてないほどにいまいちだった。
 
安定して美味しかったのは相変わらずのまぐろで、今日の一番上の写真は大トロ・上赤身・中落ち軍艦の「紅組3カン」。
 
シャリも大きめネタも大きめの銚子丸は、やっぱり不動の美味しさ。
寿司始めだし!と、いくら・うに・中落ち軍艦という幸せな組み合わせの「極3カン」もいただいて、そして最後にこれも大好物なプリンも。珍しくも、だんなもプリンを1個抱えて食べていた。
 
もうずっと変わらない美味しさの銚子丸プリン。すんごく美味しい♪ 四角く大きく作ったプリンを切り出した風なこのシンプルデザート、てっぺんのクリームが植物性油脂もりもりな風味がするのだけが残念だけれど、プリン自体はとっても美味しい。
 
卵たっぷりという風なねっちりした歯触りで、甘さもほどよく、ゼラチンで固めたのではない正しいプリンの舌触りがとっても素敵。
 
新しもの好きな息子はいちごゼリーを頼んでいたけど、こちらも自然な味で美味しかった。ゼリー類も美味しいのよね、銚子丸。
 
そしてネット割引やら商品券やらを適用の結果、支払いは2000円弱。御馳走様でした。早くGo To Eatが復活できる世の中に戻ると良いな。
 
今年2個目のガレット・デ・ロワはマロン味! んで、プリン食べておいて何だけど、今日はエピファニー、ガレット・デ・ロワを食べる日。
 
シュトーレンのマロン祭りに続いて、今年はガレット・デ・ロワも「マロンが食べたいマロン味のが食べたい」とそわそわしていた私、楽天で見つけた「パティシエ・シマ ガレット・デ・ロワ 【マロン】 6号」なるものを購入してみた。
 
6号サイズで送料税込4630円となかなかのお値段だったけれど、麹町の「パティシエ・シマ(PATISSIER SHIMA)」のオーナー島田進氏は、「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」なる組織の会長なのだそう。
それはもう、ガレット・デ・ロワのエライ人(←頭悪い説明……)。マキシム・ド・パリ銀座店のシェフパティシエやA.ルコントの総製菓長をしてらした方なのだそうで。
 
なので以前から一度お店に買いに行ってみたいと思いつつ、でもこの状況下、お出かけはなるべく少なくしたい……ということで、お高いけど通販してみたのだった。
 
楽天のタカナシサイトからの申込みだったので、フェーヴはタカナシ製のもの。
「タカナシミルク2021年オリジナルフェーヴ」は、ガレット・デ・ロワの上で寛ぐホルスタインの絵柄のボタン型の陶器製、フランスのフェーヴ製造所Royal Ceramの手によるものなんですって。
 
残念ながら配送中に端っこが少しだけ欠けてしまったものの、でもおおむね綺麗に届いたパイをざくざく6等分して「お好きな1切れをどうぞ」としたら、息子が見事、1/6のアーモンド入りを引き当てて、今年の王様は息子ということに。
 
アーモンドクリームはほんのり褐色で、クリーム自体からも栗の風味が濃厚に漂い、栗の粒も中にほどよく混ぜられていた。
パイ生地の塩気は淡く、優しい味でさっくさく。これも美味しいガレット・デ・ロワだったな。栗味というのも新鮮で。
 
いやでも値段を思ったら「ル・パティシエ ヨコヤマ」さんので充分な気も、若干。

2021年1月5日火曜日

スペアリブを煮る

「ミスタードーナツの
 もっちりフルーツスティック ハニー
 クリームイン・マフィン 塩バター
ヨーグルト(バニラヨーグルト 温州みかん)
カフェオレ
ミスドの福袋に入っていたドーナツカードは、税抜160円までのドーナツが交換できるというもので。
 
福袋の値段的には、100円以上のドーナツを選べば普通に元が取れるのだけど、そこはなるべくお高いものを選んでしまうのが人情なのだった。
 
で、昨日、だんなや息子にはなるべくお高めのエンゼルフレンチとか、息子には好物のストロベリー系の中で一番お高いものとか、でもだんなはパイが好きだからと、ソーセージ入りのパイは別途購入することにして。
 
で、自分の分にと選んだのが、初めて食べてみた「もっちりフルーツスティック ハニー」。カロリー低めシリーズで、マンゴー、クランベリー、オレンジのドライフルーツ入り、グレーズは蜂蜜味。揚げドーナツじゃなく焼きドーナツという感じ?なのかな?
 
ミスドのドーナツらしい味はしたけど、なんとなーく味気ないような、「カロリー低いからってわざわざこれ頼むことはないかなー」という味がした。これは……もう一度買うことはないかな……。
 
一緒に買ってきたのは、「マフィンは美味しかった気がする」と、これはお年玉適用外の「クリームイン・マフィン」の塩バター。
 
塩バターと言いつつ、それほどには塩気がなくて、中に塩バター風味のクリームが詰まっている。表面にはクランブルとグラニュー糖。
 
こちらはしっかり甘くてしっとり風味、ドーナツは甘いのが正義よねとしみじみ思ったのだった。
 
んで今日はBODYCOMBAT45からのBODYBALANCE FX。
 
コンバットは5曲目バーピージャンプもりもり、6曲目エグめ(ランジスクワットだらけキックつき)のカポエラ、3曲目だか4曲目だかもジャンプキック地獄というなかなかハードな新曲で、おかげさまで最大心拍数156をマークした。私の平常時の心拍数は50前半とかなり少なくてあんまり150越えることはないから、それだけきつかったということで。
 
バランスもバランスで、「こんなにサンサルテーションで汗かいたの初めてです」ってくらいに動きが多く、バランスもシンプルながら身体から変な汁が出てくるくらいキープ時間が長かったりで、こちらもなかなかなもの。
 
でも新曲、どれも全体的に好きな方向の曲が多くて良かったなー。
緊急事態宣言中、常以上に感染対策には気を付けるから、どうかクラスター発生などということになりませんように。
蕪と蟹肉の卵白とじ
スペアリブと大根の煮物
ビール(ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール 初摘みホップヌーヴォー)
ジムから帰ってみれば、東京は大晦日以来の1000人越え感染者、1278人。千葉も過去最多更新の261人。神奈川も622人と、こちらも過去最多。
7日から緊急事態宣言発令になりそうなんですって。
 
夕飯は、だんながプリンを作ってくれた余りの卵白があったから「卵白と言えば蟹とか帆立と合わせるのが定番だよね?」と、蟹缶と合わせて「蕪と蟹肉の卵白とじ」に。
 
それは汁物代わりにして、それじゃあメインは肉かな、スペアリブとか食べたいなと、手持ちの大根と合わせて圧力鍋で煮る簡単和風煮にすることにした。こちらは笠原将弘さんレシピ。卵白とじは、中華の文琳のレシピ本に載っていたもの、だったかな。
 
スペアリブと大根は10分ほど下茹でするものの、加圧時間は15分と案外短くて、「ちゃんと味染みたのかな?」と思ったものの、これが案外染み染みで。大根もほどよく柔らかく煮えていてなかなか美味しかった。
 
圧力鍋で煮た肉はちょっと独特の食感になるけれど、本当に便利だしさほど煮崩れもしないし、こと牛すじとかスペアリブあたりの固めの肉にお似合いで。
 
年末の飽食もあって、私は米飯も抜きにして軽め軽めに済ませておいた。

2021年1月4日月曜日

牛の低温調理とガレットデロワ

カンパーニュのチーズトースト
「ecru」のクロワッサンダマンド
ヨーグルト(チチヤス 瀬戸内みかん)
カフェオレ
今日から平日、久しぶりに朝起きてコーヒーを淹れて。
 
PUBLIC」のレーズン酵母のカンパーニュはチーズトーストにしてだんなの分には目玉焼きをトッピング。あとは西麻布「ecru」のクロワッサンダマンドも。
 
アーモンドペーストが包まれた、表面にもアーモンドどっさりのクロワッサンダマンド、自ら買うことはあまり無いパンだけど美味しかった。
 
今日の夕飯にはまた別のカンパーニュを食卓に出してみる予定。案外とそれぞれの店で違いがあって面白いなあと思っている。
 
正月から連日なかなかの冬らしい寒さで、「一軒家ってこんなに寒いものなのだなー」と長らく集合住宅住まいだった私はしみじみ思い知っているところなのだけど、猫も同様みたい。
 
今朝は明け方にみーちゃんが右脇腹、りゃんりゃんが左脇腹に布団に潜り込み貼り付いてきて。
温度的には温かくて幸せだったけど身動きしづらくて難儀した。同じ方向に寄ってくれれば良いのに、何故そんな位置取りを……。
チーズいろいろ w/カンパーニュ
オージーもも肉のローストビーフ
リーフレタス・人参・セロリ・きゅうり・かいわれ大根・香菜
マヨネーズ・トリュフ塩・トリュフ醤油・玉ねぎドレッシング
ビール(サッポロ生ビール黒ラベル エクストラモルト)
 
「ル・パティシエ ヨコヤマ」の
 ガレット・デ・ロワ
カフェオレ
どうやら今週中には一都三県に緊急事態宣言が出されるらしいのだけれど、内容はと言えば飲食店の制限が主になるとか何とか、まだ方向は定まっていないみたい。
 
「まあ……やってくれるなら私はジムには行くけどね」
と、今日から今年の営業開始のジムに行って新曲のBODYPUMP45を楽しくやってきた。6日間、さらっとリングフィットしたくらいだったからどうなることかと思ったけど、案外ちゃんと動くことができて何より。
 
トリプルパルス地獄のスクワット、オペラ座の怪人系の怪しい曲のチェスト、クリーン&プレス・デッドローコンボが連続の背中、ランジはスクワット込みで難易度低め、ショルダーはみんな大好き(?)マウンテンクライマーつき……と、そんな感じ。
 
夕食は、年末に「2日か3日に食べよう」と思って買ってきたは良いものの食べる機会を逃していたオージー牛のもも肉を低温調理して、いつもの感じで。
 
生野菜に飢えていたのでリーフレタスどっさりの他、千切りにしたセロリ、人参、紫玉ねぎ、きゅうり、あとは香菜とかいわれ大根も。
調味料はマヨネーズにトリュフ系、あと、先日福袋で届いたセゾンファクトリーの玉ねぎドレッシングも。
 
このドレッシングがすごく美味しくて、パッケージには「玉子焼きや和風ハンバーグに」という風な記載があった通りに、いかにも肉に似合う甘じょっぱい玉ねぎの粒が残る自然な味なもの。
 
「お、これ美味しい」「うん、美味しい」と、野菜で肉を巻いてはドレッシングをかけてまりまりと食べまくった。
 
わずか残っていたモンドールとか、モンドールと一緒に「ハイ食材室PARIS」で購入したフランスの「Cantal jeune(カンタル ジューン)というチーズも食卓に。
 
コンテに似た系統の、ミルクの味が濃厚な食べやすいこのチーズ、息子はいたくお気に入りで、このチーズすごく美味しい大好きな味と言っていたけど、あんまり聞き慣れないこのチーズ、さて簡単に買えるものなのかどうなのか(そしてだんなのヨーロッパ出張はいつ復活するのかどうか……?)。
 
ちらりと調べたら、「紀元前に作られ始めたといわれるフランス最古のチーズ」だそうで、このチーズをルーツとしているのが、これまた息子好物のチェダーなのだそう。そりゃ息子が好きな系統のはずだわ、っていう。
 
「カンタルは日本では比較的マイナーなチーズです。輸入量も少なく、デパートや専門店にでもおいていないところがあります。でも、一度食べると病み付きになることが多いようです」とも先のサイトに書いてあって、それなら尚のこと、だんなの出張復活(≒コロナ禍終了)が待ち望まれるところなのだった。
 
お供のカンパーニュは、鹿児島「TAK BAGERI CAFE」の霧島カンパーニュ。レーズンや輪切りのたんかんがざくざく入った、ちょっと大人な味のパンだった。このパンの風味だったらビールよりかはワインだったなあと思いつつ。
 
そして食後に、今シーズン1個目のガレット・デ・ロワを。
 
ル・パティシエ ヨコヤマ」のプレーンなタイプのガレット・デ・ロワは15cmサイズで1834円。
 
別添のフェーヴ(赤いつば付き帽子だった)がある他は、特に説明書きなどはなく、紙製の王冠はついてきたけどアーモンドが埋まっているということも無さそうで、どうやら自分でフェーヴを埋めないといけないみたい。
 
パイがあまりにパリパリで、裏に返すのも難易度が高そうだったのでフェーヴを埋めるのは諦めて、そのままいただくことにした。
 
ちょっと塩気のあるパイ生地はさくさくパリッパリで、厚みしっかり。詰まったアーモンドクリームもたっぷり量で、こちらは濃厚な甘さがあった。
 
全く過不足無く美味しいガレット・デ・ロワで、「あれ?毎年ここのを買っていれば我が家幸せなのでは?」と思いつつ、今年は栗味ガレット・デ・ロワをあと2個買うつもりなんだわー。
 
そして夕方から夜のニュースによると、どうやら緊急事態宣言の自粛対象となるのは飲食店のみになりそうで、そして"緊急事態行動"なるおかしな造語も飛び出して。
 
いや、嬉しいけども、ジムや映画館、デパート、ショッピングモールあたりが引き続き営業を続けるのは正直なところ嬉しいけど、でも飲食店ばかりがこうも狙い撃ちされるのは理屈は解れど本当に心が痛むし、そして多分、政府が期待するほどには人の心に"緊急事態"な感じは届かないんじゃないかなあ……などと。
 
それでもどうか、ワクチン接種が始まるまでにいくらかは落ち着いた状況になりますように。