2020年9月18日金曜日

ラム肉だいすき

「アンデルセン」の
 ミルクフランス
白桃のコンポート
アイスカフェオレ
今朝は、私とだんな2人分の朝食ならなんとかなるけど、息子の昼御飯が無いなあと、帰宅前のだんなに「パン買ってきてー」とお願いした結果の献立。
 
船橋でも買えるけど……と思ったのだけど、「アンデルセン寄ろうか?」と言って貰えて、ぜひぜひ!と。
 
青山店があった頃は、東京界隈では青山店がぶっちぎりで美味しいと思っていたアンデルセン。
船橋西武の店も千葉ペリエの店も無い今は、我が家的に買いやすい場所と言えば東京か品川か上野かといったあたりで、その中では一番美味しいのは東京駅構内のお店だと思っている。
 
久しぶりのミルクフランスはパンもしっかりサイズで(品川店のはなんか小さいんだよね……なんか……)、クリームはまだ夏仕様なのかな、若干あっさり味な感。でも美味しかった。
 
果物は昨日、黄金桃を買ってきてみていたところ、残念ながらまだまだ固かったので追熟させることにして。
で、コンポートにしてあった白桃の方を出してみた。
 
かなりしっかりめの甘さをつけたコンポートだったから、これはヨーグルトとか牛乳プリンとかに添えて食べると美味しいかな……。
アイスクリームと合わせて豪華白桃フラペチーノとかに加工しても良さそうかも。
 
一日のんびりの今日は、今シーズン最後の30℃超えの暑さだと天気予報で言っていた。
出かける事もせず、でも今日は細々調べ物とかしていたらあっという間に終わってしまった。
ラム厚切り肉と野菜のクミン炒め
モヒート
昨日、津田沼の「角上魚類」併設の肉処大久保で見切り品になっていたのは、ステーキカットの厚切りラムランプ肉。
 
当初は半端に残っていたマッシュルームを鶏と合わせてトマト煮込みかトマト炒めかくらいにするつもりだったのに、
「…………あ、羊、食べたい……」
と一度は手にした鶏肉を売り場に戻してまで、その羊を買ってきた。
 
羊肉、私は大好物。
でも鶏牛豚ほどには気安く買えないから、これぞというのを見つけた時には全力で買ってしまう。というか、買わねばならない。
 
で、手元にはピーマンもあるからピーマンと合わせて炒めたいなあと。
ジンギスカン味は気分じゃないし、シンプル塩味ともちょっと違うし。
 
「……クミンと合わせるとか、良いよね」
定番だしねでも手持ちのレシピは無いんだよねと、ネットで検索してみたらアサヒビール提供の「ラム肉のクミン炒め」というレシピを見つけた。
 
そうそうこういうのが食べたかった、と、これを参考にしつつ、具材にピーマンとマッシュルームも足す事にして、そして使ったラム肉は息子と2人のご飯なのにどーんと400g。
 
元レシピは2人分でラム肉200gとあったけど、絶対足りないし。
私は量控えめにしてはいるけど、それでも100gなんて全然足りないし(160gくらいは食べたわ今日)。
 
だから調味料も倍にして、炒めラムをどっさり作った。
肉も多いが野菜も多い。お供にモヒート。
 
この夏の間にホワイトラムを1瓶飲み切りつつあることにちょっとだけ驚きつつ、ライムとミントが常備されている状況を幸せだなあと思いつつ。
 
ラム肉炒めは期待以上に美味しくできた。
息子はご飯と味噌汁、昨夜の残りのマカロニサラダつき。私はおかずとモヒートのみで簡単に。
 
使うスパイスがクミンだけだと、異国の風味はするけれどカレーっぽくはならない。
「これにコリアンダーとターメリック入れると一気にカレーになるけどねー」
と息子に出したら「ほんとだ!カレーと違う!」と面白がっていた。
 
ちなみに今日の炒め物には隠し味に、宮崎が誇る調味料"マキシマム"もちょこっと入れてある。
美味しくなったのはきっとマキシマム効果もあると思う。

2020年9月17日木曜日

北海道土産の日

びえいのコーンぱん
「ラ・フーガス」のあんぱん
アイスカフェオレ
梨(千葉県産あきづき)
残念ながら、昨日の北海道出張では「びえいのコーンぱん」は既に終売だったとのこと。
 
でもまだ冷凍庫に数個残ってたしね、買える時で良いのよ全然……と、今朝はそのコーンパンを食卓に。
 
ついでに、これまた冷凍庫に入っていた「rebake」で買ったパン屋さんのあんぱんも出てきたから、これも一緒に出すことにした。
 
冷凍パンは一晩常温で解凍して、食べ際に電子レンジからのオーブン(うちは予熱した魚焼きグリルに放り込む)のが常だけど、あったかいあんぱんってどうなの……?と思ったから、あんぱんは朝食1時間くらい前にその行程を済ませておいて、すっかり冷めたところを食卓に。
 
これ、焼かないで解凍したまんまだと、微妙に冷凍臭い気がするのよね。一度手間をかけて"温めてから冷ます"とすると、冷凍パンもなかなか自然な風味で食べられると思う。
 
そして木曜は恒例のジムでBODYPUMP45からのBODYBALANCE45。
 
もうパンプではすっかり筋肉痛にならなくて、「まあ翌日に多少だるいけど……」くらいな感じになっていたから、これは追い込みが足りないのでは?とスクワットと背中の負荷を上げてみた。
今日は#83を混ぜつつの後半#114というミックス。
 
warmup中小/squats大中小/chest大小/back大中/lunges中プレート/shoulders中プレート2→中小/core無/cooldown無
 
スクワットが17kg→19kg、背中が14kg→17kg。案外へこたれずに最後まで動く事ができた。
これ、スクワット大2枚(22kg)も案外いけたりするのでは……と思いつつ、足はともかく腰に来そうなので躊躇中。
 
ともあれ今日の私もがんばった。
だだちゃ豆
きゅうりとしらすの胡麻和え
ツナマカロニサラダ(お肉屋総菜)
「かま栄」のかまぼこいろいろ
「佐藤水産」の珍味いろいろ
「角上魚類」の
 鯵の刺身&鯵のたたき
羽釜御飯
日本酒(長野 尾澤酒造場 十九 In bocca al lupo!)
今日は帰る!と頑張って帰ってきてくれただんな、日本酒の選択を頼んだら
「不純な動機で作にしようと思いましたが……」
だそうで、どんな動機を首を傾げれば、「あそこに貼られてない銘柄」と居間の棚で乾かし中の日本酒ラベルを示された。
 
これ、切っ掛けは"十九の宿題"だったと思う。
 
可愛いラベルを額装して並べたら可愛かったので、じゃあ他の日本酒もと、剥がせそうなラベルを剥がして保存し始めたのがほんの数ヶ月前の事。
 
何か飾る手段は無いかなとネットで調べたら「日本酒ラベル の コレクション !飲んだ日本酒のラベルを剥がして飾る方法」という素敵なブログ記事が見つかり、なるほどなあと私が買ってきたのはフライングタイガーのキャンバス。
 
いろんなサイズがあるところ、40×50cmサイズのにしてみた。お値段、500円だったか600円だったか、そんな感じ。
 
で、参考にした記事を参考に「確かに地の色が金色というのは良いな」と金色のリキテックスを大きな刷毛(100均で買った)でこてこて塗って、剥がしたラベルを次々バランス見つつ貼り付けた……ら、残念、2枚ほどキャンバス面積に足りない状態になってしまったのだった。
 
なるほど、確かにこのキャンバスには作が無い。
でもまだ七田とか雪の茅舎とか上喜元あたりも冷蔵庫に入ってるし、常温熟成庫には〆張鶴とか金陵とか黒帯とか神亀とか賀茂泉とか龍力とか出羽桜とか梅乃宿とかも、いっぱい。
 
で、結局、不純な動機は抜きで「飲みたいものを飲みましょう」で十九の「In bocca al lupo!」を飲んだ。
 
これは火入れのひやおろしの定番酒。狼が「火入れ」のシールを見上げるように吠えているラベルがとってもかっこいい。
 
毎度ドライなタイプで、十九らしい味わいではあるのだけれど、酒屋のおっちゃんが言ってたように「すっきり&きりっと」という感じ。でも例年よりはドライさが抜けた感じで、これまた美味しいお酒だった。
 
酸もあるので魚介に似合うし、何より、「佐藤水産」の珍味にたいそうお似合いだった。
 
そんな佐藤水産の珍味、奥から時計回りに「えび塩辛」、「石狩味」、「鮭ルイベ漬」。
 
えび塩辛は、塩辛と名はあるけれどとてもマイルドな味わいで、そして海老は甘海老使用というのも甘海老には嬉しいことで。
 
石狩味は、発売から60年以上の人気商品とのことで、「天然鮭の身を特製の糀にじっくり漬け込み、いくらを加えて仕上げたオリジナルの生珍味」ですって。えび塩辛も糀漬けなのだけど、この糀が美味しいのだろうな。旨味たっぷり。
 
で、ルイベ漬けも鮭といくらの組み合わせなのだけど、こちらは"鮭醤油"入りのたれに漬けてあるそう。ねっとり味で、これまた鮭に似合う濃厚さ。でも塩気はそれほどには強くなく。
 
だんなの知り合いの北海道出身の人も「佐藤水産は間違いなく美味しい」と太鼓判を押しているそうで、これだけ何買っても美味しいなら「たこ塩辛」「鰊切込」「いか塩辛」あたりも美味しかろうなあ。
 
そして期待のかまぼこ(さつまあげ)、季節の舞茸ゴボー揚の舞茸風味がとっても好み。
 
安定のチーズちくわもさることながら、期待の「クリーミーチーズ揚」が不思議な洋風味で、これも面白楽しい味わいだった。シチューみたいな洋風味なのに魚のすり身のさつま揚げ。なんとも不思議でなのに不自然ではなくて。
 
息子はこの献立だとちょっとつまらないかなと追加で買ってきた唐揚げも息子にはあげて、大人たちはかまぼこと鯵と珍味でお腹一杯。鯵がけっこうあったので、最後は炊きたてご飯に乗せて、塩と胡麻油をかけていただいた。

2020年9月16日水曜日

きのこどっさりロコモコ

ホットサンド(ハムたまチー)
ヨーグルト(チチヤスクラシック)
カフェオレ
そろそろ朝はアイスコーヒーじゃなくともホットで良いかなと思えるようになってきた気候。
昼はそれでも30℃超えがちょいちょいあるけどね……と思いつつ、それならそろそろ"これ"も良いのではないでしょうかとホットサンド用に10枚切り食パンを買ってきた。
 
ちょうど美味しいハムもあることだしと、大山ハムのカントリーロースハムを使って、ハムたまチー(ハム+卵+チーズ)。
 
一昨日買ってきた白桃も出そうと思ったのだけど、剥いてみたら色と香りは良かったのに固くてごりごり、甘さも控えめ。
なのでこれはもうコンポートにしてしまうことにして、ヨーグルトを出した。もう桃はおしまいかなー……和梨(超大好物)と並行して買うなら葡萄か洋梨あたりが良いのかな。
 
今日からのホットサンドは、ビタントニオの「スクエアホットサンドプレート」を使ってのもの。
我が家で長らく使っていたのはツインバードの三角ホットサンドが焼けるタイプのもの。四角いのの方が具がいっぱい詰められて良いんだよねえと、ずっと四角のが欲しかったのだった。
 
んでめでたくこの三角ホットサンドメーカーと、CLOER社のワッフルメーカーは貰ってくれる友人が現れたので、綺麗に掃除して送り出す予定。
 
これからはビタントニオのプレート入れ替えで色々作ってみる予定。
今日のホットサンドも期待通りに具沢山、美味しく焼けた。
きゅうりとしらすの胡麻和え
ロコモコ
豚汁(ラスト)
白桃シロップ入りラムトニック
今日はだんな、北海道に弾丸出張。帰宅は日付が変わる頃になるそうで、なので息子と2人の夕御飯。
 
ひき肉食べたい欲が未だ地味に継続中だったので&マッシュルームもお手頃価格だったので、今日はロコモコ。
 
しらすを食べきってしまいたかったのできゅうりと合わせて和風の胡麻和え(調味は塩と少しの醤油と胡麻油)の副菜も支度して、あとはちょうど2人分ほど残っていた豚汁と。
 
ロコモコはいつもの感じに、小麦粉とバターでブラウンルー作ってビーフコンソメ注いでバーボンで風味づけするタイプのもの。見た目デミグラスソースっぽいけど味はグレイビーソースっぽい、そうそうこれこれな味のソースが、すっかり我が家の味というくらいにお気に入り。忘れず目玉焼きも上に乗せて。
 
ブラウンルーをしっかりめに炒めて茶色みを濃くして、そしてマッシュルームも盛り盛りにしたら絵面がちょっとわけわかんない感じになってしまったのだけれど、味は上々。今日もとっても美味しくできた。
 
このソースが本当にハワイのそれっぽくて、「ハワイのお店にもこれは負けてないのでは」と自画自賛。海外のレシピサイトで知った作り方だけど、メモしてあった同じアドレスにアクセスしても、今はなんだか別のレシピが載っている。ブラウンルーを作る方法じゃなくなったし、ラム酒じゃなくバーボンだったり、ソースにクリームが入っていたり。
 
いやいや、そこはバーボンの方がそれっぽいしブラウンルーっていうのがいかにもアメリカンでしょ……と私は思うので、改訂版のじゃない方が"うちのロコモコ"の味で良いと思う。
 
そして日付が変わってから漸くにだんな、帰宅。
 
飛行機、けっこう混んでたそうで帰路にちょうど良い便が既に満席、次はもう9時過ぎに新千歳を出る便だったそうで。
 
幸いと言うか、その分お買い物する時間はたんまりあったそうで、それじゃあと、お菓子と酒の肴を色々頼み、今回のお土産、こんな感じ。
 
一番食べたかったのは、辻口博啓さんプロデュース「北海道牛乳カステラ」というショップの店名そのままの品「北海道牛乳カステラ」。
 
ROYCE'」の新千歳空港限定品も食べてみたかったのと、「牛乳トリュフ」(今はオンラインショップでも扱いがあるそう)と、だんなが「こんなのも出てたよ」と教えてくれ買ってきてくれた季節商品「栗のショコラ」。
 
そして北海道の海産と言ったらこれ、の「佐藤水産」は珍味3種類、「鮭ルイベ漬」と「石狩味」と「えび塩辛」。
 
もしかしたら新千歳空港で一番気に入ってるのはこれじゃないかしらというくらいにお気に入りの「かま栄」のかまぼこは、9月の季節商品の 「舞茸ゴボー揚」 (\216)と、あと適当にお願いしますと託したら、えび丸天(\216)、チーズちくわ(\162)、クリーミーチーズ揚(\194)を買ってきてくれた。
 
クリーミーチーズ揚は、ホワイトソース仕立てのチーズとベーコン、ブロッコリー、玉ねぎ入りだそう。これ、食べたいと思ってたやつだー……!
 
木曜は何かと帰宅が遅いだんなだけれど、明日は帰ってくるそうで、早速明日の夕飯にいただく予定。楽しみだなー♪これはもう日本酒だなー♪

2020年9月15日火曜日

スペアリブを煮てみたり

「ミスタードーナツ」の
 タマゴサラダ
梨(千葉県産あきづき)
アイスカフェオレ
船橋駅界隈にも数店舗あるけれど、ららぽーとTOKYO-BAY内のミスドがなんだかんだ品揃え豊富だと学んだ最近。
 
買い物ついでに寄れる場所でもあるので、昨日、一度食べて美味しかったリバイバルシリーズのタマゴサラダをまた買ってきてみた。
 
ちゃんと温めて表面サクカリ食感にしていただくのがとても素敵。パン系とはまた違った美味しさでほんと、幸せ。
 
だんなにはハロウィン商品の黒猫顔のエンゼルフレンチもつけてあげた。
 
そして今日は定例スポーツジム、BODYCOMBAT45からのBODYBALANCE45。
 
バランスはまだまだへっぽこだけど、多分、体幹の筋肉はそれなりについてきたのだと思う。思いたい。柔軟性も少しは増したと思う。思いたい。
 
ハーフスクワットからのエアプレインからのツリーポーズからの側屈という、ずっと片足上げっぱなしの動作をぐらつかずにやり遂げられたので満足。
だだちゃ豆
チーズいろいろ
しらすと海苔入り野菜サラダ
スペアリブの玉ねぎ煮
豚汁
羽釜御飯
ビール(サッポロクラシック)
えい、とテキトーに撮った1枚がなかなかの絵面になってしまった(あんまりなので銘々皿に取ってから撮り直そうと思いつつ、ふつーに食事を始めてしまった)けれど、今日の夕飯のメインは行正り香さんレシピの「スペアリブの玉ねぎ煮」。
 
昨日の「せんどば」で、国産豚のスペアリブがとってもお安かったので、「焼いて食べようかな煮てたべようかな」と考えた結果、圧力鍋で簡単にできそうなこのレシピにしてみたのだった。
 
圧かけて下煮してからこっくりめに醤油味醂砂糖で調味し、刻み玉ねぎたんまり入れて赤唐辛子も放り込んで、再び圧をかけること数分でできあがり。
 
玉ねぎざくざく、甘じょっぱく、とても美味しくできた。軟骨部分はそのまま食べられてしまうくらいで、この下処理の仕方ならこの肉で沖縄料理の"ソーキ"が簡単に作れそう。
 
そういばしらすが手元にあったのでしたと、しらすと韓国海苔をたっぷり混ぜたレタスには、トマトときゅうりも混ぜて、好みのドレッシングで。
 
今日はビールだなあと、だだちゃ豆とチーズも出して、悪くない献立のバランスだったのではないかな。
 
スペアリブ600g超も、骨付きとなるとあんまり食べる部分が無くて、私は控えめ分量にしておこうと思ったら、息子が案外多くは食べなかったので私もたんまりいただけた。
そうだ、息子は、骨付き肉は"めんどくさい"でそう多くは食べない子だったんだ……(代わりに豚汁と米飯をもりもり食べまくっていた)。

2020年9月14日月曜日

今年初の秋刀魚の塩焼き

「Johan」の
 コーンパン
 チョコブレッド
梨(千葉県産あきづき)
アイスカフェオレ
今朝は大好きなJohanのパン2種類の朝御飯。
 
だんなにはソーセージと卵もつけたけど、私は週末ちと食べ過ぎたなあとそのあたりは抜きにして。
 
そしていよいよ本格シーズンでせっせと買い始めている梨"あきづき"を美味しくいただいて、そして今日はジムは行かずのお買い物の日。
 
せんどば」の入荷情報で生秋刀魚がお安い(と言っても1尾300円だけど)とあったので、「え、じゃあ今日秋刀魚にしましょう」と朝8時過ぎに自転車を走らせた。
 
秋刀魚なら秋味を合わせたいなとOKにも梯子して箱でビールを購入し、そして10時になるのを待ってから今度は「ロピア」に。
 
色々安いけど何でも揃うわけではないせんどばと、酒と肉と卵に強くて野菜果物は弱いOKと、果物の美味しさと牛肉の品質は他の追随を許さないロピア。あとスーパーバリューは時々ヨーグルトやアイス系が滅茶苦茶安い。
 
今日は季節終盤の桃も買いたかったから、頑張って自転車こぎこぎ買いに行ったのだった。
だだちゃ豆
ポテトサラダ(スーパー総菜)
夏野菜の揚げ煮
水茄子の刺身
雲白肉 w/きゅうり (昨夜の残り)
秋刀魚の塩焼き w/大根おろし
豚汁
羽釜御飯
日本酒(秋田 栗林酒造店 春霞 純米大吟醸 雄町50)
息子、今日は友達と外食だそうで、だんなと2人の夕御飯。
 
秋刀魚だよーあと水茄子も買えたから水茄子も出すし、あとは昨日の雲白肉とだだちゃ豆、豚汁も作るよと報告したら「それなら日本酒かね?」と。
 
かくして秋のビール"キリン秋味"の出番は明日以降ということになったけれど、今日開けた春霞の雄町も素敵に美味しかった。雄町らしいどっしり感があって、でも後味はくどい余韻が残ることもなく。
 
秋刀魚買った時に、「良い値段ですよねえ」と売り場の兄さんに言ったら、「もはや高級魚ですよね」と。
 
北海道産ということだったけど、まだまだ小ぶり、果たしてこれ、来月になったらも少しマシな価格とサイズのが市場に出てくるのかしらと少し不安になるレベルだった。
 
それでも今シーズン初の焼き秋刀魚はしみじみ美味しかった。大根おろしもりもりで添えて、具沢山豚汁も添えたら幸せな秋の献立。
 
最近は必死に意図して野菜を食卓に出そうとしなくても、なんとなく自然に「野菜食べたいなー」と食卓に野菜が出るようになって、「これが寄る年波というものか」と思ってしまったりして。

2020年9月13日日曜日

雲白肉とかチーズとか

「セブンイレブン」のつぶつぶコーンマヨネーズ
「Johan」のチョコブレッド
アイスカフェオレ
昨夜は久しぶりに、ネット麻雀を友人と楽しんでいただんな。
 
じゃあ朝食は私一人だねと、昨夜コンビニに寄ったついでにコーンマヨパンを買ってきて、チョコブレッドと共に朝御飯。
 
秋の長雨で今日もあんまり天候は安定しないようだけど、今日はスポーツジム予定。自転車で行ける程度だと良いなあと思いつつ、「コンビニパンって、パン自体の味が物足りないよね……」と思いながらもぐもぐ。"金の食パン"はけっこう美味しいと思うのだけども。
佐野ラーメン(インスタント)
麦茶
そして午前中の私は、塩抜きしておいた塩漬けメンマをラーメン用に煮て、夕飯用の豚バラブロックも下茹でし。
 
そのメンマを早速乗せて、お昼はインスタントの佐野ラーメン!
 
どんぶりを王将のにしたらまんま王将ラーメン(醤油味の"東京ラーメン"?)ぽくなったけど、これは佐野ラーメンだから。
 
叉焼は「角上魚類」のの余り、あとは刻み葱とゆで卵。
 
あっさりシンプル醤油味の佐野ラーメン、これという強い特色は無いのだけれどじんわり美味しい。
 
佐野ラーメンが手軽に食べられる場所と言えば高速道路上のサービスエリアだけれど、あんまりにもスナネコが可愛いものだから、来月また那須まで遊びに行くことになった。今度は硫黄泉の温泉宿泊まって、行けなかったお蕎麦屋さんにも予約して行ってくるつもり。
だだちゃ豆
夏野菜の揚げ煮
無限もやし
チーズいろいろ
「Raible」の鶏とフォアグラ、いちじくのテリーヌ
雲白肉 w/薄切りきゅうり
大根とかぼちゃ入り豚スープ
羽釜御飯
日本酒(秋田 新政酒造 新政 ラピス 2018 グランスタ仕様 蔵内熟成酒)
日本酒(宮城 新澤醸造所 伯楽星 純米大吟醸 記念ボトル 180ml)
そして午後からはBODYPUMP45からのBODYCOMBAT45。
今日も楽しく動いてきた。
 
最近、筋肉痛とすっかりご無沙汰なので、もうちょっと負荷上げても良いということかなあ……と、背中を大小(14kg)から大中(17kg)にしてみたら、その3kgがけっこう重くて「ひぃ」となったけど、でもこれも多分きっと筋肉痛には至らないやつ。
 
長めにお風呂をゆるゆる入って、そして夕飯は簡単めに、先日の銀座で買ってきた、美味しそうな酒のアテを出す事にして。
 
1つは、鶏とフォアグラといちじくのテリーヌ。「Raible(レブレ)」というお店のもの。
 
同じようなものを「ケーファー」で以前買ってきて、それがおそろしく美味しかったからこれもどうかなと買ってきたのだけれど……残念、これは期待ほどには美味しくなかったけれど。
 
あとは、デンマークとイギリスのチーズ。
 
デンマークのは、同じ種類の熟成日数違い、「ティーセ農場 ライトハウス30週熟成」と「ティーセ農場 ライトハウス12ヶ月熟成」。
 
赤いのはその名も「レッドフォックス」だそうで、「レッドフォックス・ヴィンテージ」は、イギリスの伝統的なチーズ"レッドレスター"を長期熟成させたものだそう。
 
方向としてはチェダーに似てるとのことで、この3種類が、2個分の値段で3個買えるくらいの特売価格になっていたのだった。
 
この御時世、あらゆるお店で試食販売を取りやめてるから、お酒もチーズも味見なしに買わなきゃいけないのがなかなか厳しいのだけれど、美味しいチーズ食べたいなあと買って来てみて、日本酒飲み飲みの夕御飯。
 
チーズとテリーヌという組み合わせならと、先日買ってきた新政の熟成を出すことにして。
 
で、メインのおかずは雲白肉。
 
油淋鶏に添えるたれ風の甘酢っぱい醤油だれと刻み葱の生姜だれの2種類を用意して、別添で砕いた馬告も小皿に入れて。
 
肉は薄切り肉を茹でるのじゃなく、回鍋肉同様、豚バラブロックを茹でてからスライスするのがお約束。
 
ピーラーで薄切りにしたきゅうりと香菜を添えて、野菜もまりまりいただいた。
 
お酒、ここ数年の新政No.6はどうにもがっかりな味の事が多かったのだけど、2018年の熟成というのが良かったのか、ラピス自体がブレずに美味しいという事か、今日のラピスはとっても良い感じ。
 
新政らしい酸と旨味のバランスが良くて、チーズやテリーヌともお似合い。美味しかった。

2020年9月12日土曜日

カオマンガイと焼肉と

気になっていたお店をせっせと開拓、今日はカオマンガイのお店!
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「Johan」の
 コーンパン
 チョコブレッド
梨(千葉県産あきづき)
アイスカフェオレ
昨日は久しぶりに銀座三越の「Johan」でチョコブレッドとコーンパンを買ってきた。
並ぶのも整理券貰うのも面倒なので、銀座に行くことが決まって速攻、流れるように事前予約をしていた私。
 
コーンパン10個とチョコブレッド1本といういつもの組み合わせで、昨夜帰るなりコーンパン6個は真空パックからの冷凍処理にしておいた。
 
粉の風味が良くてコーンの存在感もほど良いコーンパンの美味しさは健在だし、なんでかどの支店よりも美味しく感じるチョコブレッドも変わらずの美味しさ。
 
そして今日の梨はそろそろ出回り始めた「あきづき」。豊水幸水ほどに水気は無いけれどしっかりめの甘さにちょっと独特な華やかな芳香、酸味は控えめで、大好きな味の梨。
 
新高と豊水を交配してできたものに幸水を掛けあわせて出来た赤梨だそうで、方向としては豊水幸水系なのだろうけど、はっきり味が違うんだわ。面白いなー。
西船橋「きんめだい」にて
 カオマンガイ \800
おつかいものに千葉が誇るお菓子屋さん「オランダ家」で買い物したいというだんな。
 
最寄りは西船方面の路面店だそうなので、「じゃあさじゃあさ、そこで買い物ついでにお昼ご飯しよう、カオマンガイ屋さん行こう」と雨にならないうちに早めにお出かけ……しようとしたら、車のバッテリーが上がっていた。もうこれで何度目かの事で、もちろん、電気を点けっぱなしにしていたなんてこともなく。
 
なんでだろね?バッテリーも交換したんだよね?と、JAFさんが来てくれるまでの間、ぽちぽちとネットで調べてみていたのだけれど、どうも我が家の車種、特定の条件下で発生する燃料タンクがらみのプログラムバグがあるらしい。
 
バッテリー上がりが頻発するようになったのは引っ越してからのことで、そして引っ越し後の今は、まさにその"特定の条件"が当てはまりやすい状況。
「これじゃない?原因……」と、もしそうなら解決できそうだから良かったねえとのんびり待つことにして。
 
そして結局外出は1時間半くらい遅れての事となったけど、無事おつかいものも買えたし、カオマンガイ屋さんにも行く事が出来た。予定より若干遅い夕飯になったけど、雨も予報ほど酷く降らなかったし、無問題。
 
この店構えで店名が「西船カオマンガイ」じゃないなんて……! 総武線の車窓から見て、「なんかすごいお店が出来たぞ……?」と気付いたのは1年以上前の事。
 
以前は確かたこ焼き屋さんだったと思われるその場所に、どーんと「西船カオマンガイ」という看板がかかっていて。
 
「あれはどう見てもカオマンガイ屋さんだなあ」と思っていたら、あれは店名ではなくて 「西船橋駅南口「西船カオマンガイ」の看板が出ている店、実は「きんめだい」という店名だった」事を最近知って、二度びっくり。
 
何度か自転車で店頭を通りかかったこともあり、いつか入ってみたいなと思っていたのだった。
 
ランチメニューはカオマンガイとガパオで、スープサラダつきでどちらも800円。
 
ガパオは唐辛子マーク2つ、カオマンガイは1つ。だんなが「辛さ控えめで」と言っていたから、多分私の分も辛さ無しにしてくれたのだと思う。
 
ちいちゃなテーブル席が2人がけと4人がけ、あとはカウンターが2席だけど、8人も入ったら息苦しくなっちゃいそうな小さなお店。
 
ぺらっぺらな赤いキッチュな椅子がいかにもタイっぽく、何より店に入った瞬間、「あ、異国の香りだ」という風な香りがぷわんと漂ってきて、かなり良い感じだった。
 
レタスが入った濃厚鶏スープに、和風ドレッシングがかかったレタスのサラダ、でもカオマンガイはしっかりと異国の味わい。
 
鶏スープで炊いたタイ米に、見た目よりもたっぷり量があった鶏肉が盛られ、あとはきゅうりと香菜と。
 
タイ風海南鶏飯はシンガポールスタイルと違ってタレは醤油風味の1種だけ。でも旨味があって案外飽きの来ない味わいだった。
 
壁にはスペアリブのガパオ炒めとか、レバーのタイ風炒めとか、気になる美味しそうなメニューが色々掲示されているのもとっても良い感じ。
 
気になっていた店、美味しいお店で良かった良かった。また来よう。
南船橋「熟成焼肉いちばん」にて
 五大名物コース \2980
 飲み放題 \1290
「今ね、いちばんで牛タン大総力祭っていうのやってるんです……焼肉、行きたい……」
とだんなに告げたら、じゃあ行きましょうかと。
 
というわけで、夕飯は地元の「熟成焼肉いちばん」に行ってきた。
 
はま寿司だとかすき家、COCOSあたりを擁するゼンショー系列のお店で、数ヶ月前にはまだまだガラガラで、ボックス席も1つ置きくらいにお客を入れている感じだったのだけど、もう今はかなりの混雑。
 
6時半になる少し前に訪れた私たちはすんなり座れたけれど、帰る頃には店頭に待ち客が列を作っているくらいの混雑ぶりだった。
 
オーダーが通ってるのか通ってないのかわからないカオスっぷりだったけど、でも食べるー! 注文は全て手元の端末から……なんだけど、出てくる順序が注文順とはばらばらだったり、なかなか最初の飲み物が来なかったりでなかなかカオス。
 
でもまあ食べ放題でこの価格だしねえ、と、最終的には時間内でしっかりお腹一杯になれたしで、結局満足してお店を出てきたのだった。
 
レシートには何をどれだけ注文したかの成績表が記されているわけだけど、タン10皿に肉もの17皿。最初の羽釜御飯(2合くらい入ってる)もしっかり貰ったうえに息子はぶっかけ素麺を追加注文などと、今日もおおいに食べてきた。
 
本当の本当に美味しい焼肉屋さんに比べると当然物足りなさはあるものの、でもこの価格で食べ放題対象に超厚切りのサガリやミスジが入っていてそれがそこそこ美味しいのはすごいと思う。
 
この皿だけで家族で8皿(16枚)以上食べた模様です。 今日のヒットは「炙り上ロース」。
 
しゃぶしゃぶ肉ほどの薄さのロースをさっと炙って、卵黄だれを絡めて、ご飯に乗せていただくというすき焼き風。
 
これがやたらと美味しくて、「私あと2皿は食べるわ」「俺も」と追加注文しまくって、ご飯や韓国海苔と一緒にサンチュに巻いたり、好き放題に楽しんだ。
 
デザートにはしっかり白玉あずき添えソフトクリームやミニサイズワッフルもいただいて、ダイエットをすっかり忘れた土曜日ディナー。満足でございました。

2020年9月11日金曜日

がっかり日本酒飲み放題

宗教観の違うお店の日本酒飲み放題……そんな事もあるよね。
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「大珍キッチン」の
 豚まん(しょうゆ味)
アイスウーロン茶
まだ中華まん系だけあれこれ残ってる「大珍キッチン」の福袋セット、今朝はしょうゆ味の"豚まん"を蒸して食べてみた。
 
塩味の"肉まん"は、むしろこっちの方が551の豚まんに近い味。
しょうゆ味のは、「長ネギ、ニラ等の香り野菜を使用し、野菜の持つ甘さや香りを十分に楽しめる一品」とのことで、でも見た目よりはあっさり味。
 
かと言って物足りないわけでもなくて、私は塩味肉まんよりしょうゆ味豚まんの方が好みだわと思った。香味野菜の香りが良い塩梅で。
 
でも懐かしくなってしまうのは「551蓬莱」の豚まんの味だったりして、再来月あたりどうやらちらっと関西に行く事になりそうなのでごっさり買って来る予定。冷凍庫空けておかなきゃだわ。
銀座「ぬる燗佐藤」にて
 佐藤の宴 w/2時間飲み放題
     \10800→\4000→\3600
今日はだんなと銀座で飲み……で、ならばと最初は上野に出て「酒のサンワ」さんで七田 ひやおろし 純米 7割5分磨き 雄町&愛山19 In bocca al lupo!を買い、銀座に出てJohanで予約したパンを受け取って、ついでにちらちらデパ地下散策。
 
銀座三越地下3階の日本酒売り場もしっかり眺め、そして並びのチーズ屋さんがお得なチーズセットをあれこれ売っていたので思わずデンマークチーズとイギリスのレッドチェダーのセットをお買い上げ。ついでに上階で鶏とフォアグラといちじくのテリーヌもお買い上げ。
これは週末の酒のアテねー。
 
んでまだ時間あるなあとGINZA SIXの「いまでや」さんにも足を向けてしまい、でもここでお酒を買うのはぎりぎり踏みとどまったのだった。
 
ゆきの美人のひやおろしが愛山(麹米だけど)だったり、以前飲んで美味しかった土田の寝かせがあったりで、いまでやさんも相変わらず大変に良い酒屋さん。
 
ここで日本酒買い足したら完全にアウト(冷蔵庫的に)だしなあと、結局、4合瓶3本担いだ状態で「ぬる燗 佐藤 銀座」 という日本酒居酒屋に向かったのだった。
 
店名からして日本酒に力を入れてるという風なこのお店、都内に数軒展開している。
 
ずっと気になっていたところ、たまたま「LUXA」で「【日本酒30種含む120分飲み放題/9月末まで利用可】日本酒が魅せる11変化がここに。温度の妙がつくる繊細な味わい・香りに惚れる。創作和食との絶妙なマッチングを満喫《佐藤の宴全7品+お食事券3,000円分》」というクーポンが出ていて、これはお得じゃないかしらと買ってみた次第。
 
通常7800円の飲み放題つきコース料理に、後日使える食事券3000円分(有効期限は入店から3ヶ月、3000円の支払い毎に1000円券1枚が使える……と、若干使い勝手は悪そうなものだったけれど)がついて、計10800円が4000円。
更にクーポンサイトの値引きも使って3600円と、まあまあお得な内容で。
 
うーん……日本酒がウリのお店として、この酒リストの書き方はどうなの……? 料理は全体的に美味しかった。
 
お酒も、美味しいものは美味しかった……けど、なんだろうなあ、このお店の日本酒に対する姿勢?考え?が、もう"宗教観の違い"というレベルで私とだんなとは相容れない感じで、「自腹切って飲みに来ることは無いかなあ」というのが結論だったりして。
 
そもそも、飲み放題の酒のリストが上の写真のような感じ。
 
「この温度で飲むのがお勧め(強制ではない)ですよ」という区分けは面白いと思う。
 
でも、日本酒の説明自体が、県と銘柄とあと「純米・吟醸・本醸造」だけって、どうやって選べと??という感じ。
 
紙での説明を省いて、あとはお店の人との会話で好みな酒と出会ってくださいね、という趣向というわけでもない。
「このお酒、お米は何ですか?」と店員さんに問うても、めんどくさそーに「……瓶お持ちしますね」と、どーんと目の前に一升瓶を置かれるだけ。
 
その手間を惜しむなら、リストに記す文字を"来福 純米吟醸"から"来福 純米吟醸 愛山"という風に数文字足してくれさえすれば良いのに、それをしない。米を書かずとも"ひやおろし""無濾過生原酒"なんてのが添えられてるだけでも「あ、それは飲みたい」と思う切っ掛けになるだろうに。
 
銘柄だけを掲載して飲む酒を選べとという、その姿勢を"店側が取っている"ということが大変に闇深くて、なんだか一周回って面白くなってしまった。
温度を変えて飲む日本酒の楽しさを伝えようとしている、意識高い系の日本酒居酒屋がこれで良いのかと。
 
飲み放題メニューだからこうなのかとグランドメニューを見てみれば、そっちにも"楯野川 純米大吟醸"なんて記載尽くし。
「いやいや、楯野川って全量純米大吟醸じゃん……何の情報も載せてないのと同義じゃん……」とだんなと苦笑い。
 
楯野川は出羽燦々中取りが最高だけど山田錦も美山錦も雄町も醸してるし出羽燦々でも本流辛口になるといきなりドライになるしで、ほんと、全く違うお酒なのにそれを「純米大吟醸」ひとくくりでの記載だなんて、本当に乱暴すぎ。説明する気なさすぎ。
 
  • 先付け 鮭の白子
  • お造り 三種盛り合わせ(かんぱち・本鮪・真鯛)
  • 焼き物 大山鶏炭火焼
  • 温物 秋刀魚と秋野菜の炊き合わせ
  • 揚げ物 海老と季節野菜の天婦羅(海老・ししとう・南瓜・蓮根)
  • 食事 茶蕎麦
  • 甘味 洋梨のジェラート

 
料理は日本酒に合って、どれも美味しかったのですけどね……天ぷらさくさくー。 ともかくも、出てきた料理はこんな感じで、お酒に合うものが多く、肉や魚もまんべんなく。
 
揚げたさんまと里芋、舞茸が入った炊き合わせとか、すごく美味しかった。天ぷらも揚げたてさくさくで。
 
で、飲んだお酒は、加賀鳶、雨後の月、来福(愛山)、天狗舞、大七、上喜元あたり。
 
最初は瓶を見せてもらったりしていたけれど、フロアのお姉さんは忙しそうだしで最後は「大七は生酛だよねあれ」「上喜元ならまあまあ外れないでしょ」などと、席から見える棚から拾える情報とか己の経験則から酒を選ぶという、よくわからない事になっていた。
 
そうそう、そして注文のスタイルも、1人ずつ別のお酒というのは駄目で、「お2人様で1種類、2合まで入るちろりに1~2合単位での注文をお願いします」というスタイルで。
 
まあ良いけどね……と、2人で7合飲んできたけど、これもなんだか、量飲めない人とか、色々試したい人にとって高い敷居じゃなかろうかという。
 
つまるところ、日本酒の初心者にも飲み慣れてる人にも店の提供スタイルが寄り添っていない、どこを目指して走っているのかさっぱり意味不明な、実に実に気持ち悪い店なのでした……という結論。
 
近々久しぶりに錦糸町のリトサケに行くから、ここの報告話で盛り上がれそうな気がするわー。店長、このがっかりさをわかって下さい……(きっと秒でわかってくれる)。

2020年9月10日木曜日

肉と野菜どーんな夕飯

フレンチトースト w/ベーコン
「ピーターパン」の焼き栗ラウンド
梨(新潟県産豊水)
アイスカフェオレ
半端に残ったバゲットがパン袋に入っていたので、今朝はこれだなとフレンチトースト。早起きしたタイミングで卵液入れたビニールにスライスしたパンを漬け込んでおいた。
 
美味しいベーコンもこれが最後の2枚を炙り、フレンチトーストに添えて、それだけじゃ物足りないかしらと甘さこっくりの"焼き栗ラウンド"パンも。
 
しっかりめに食べたところで、今日は午前中に用事済ませつつ午後にはジムにと、外出の一日。
 
BODYPUMP45(今日は#114と#83のミックス)からのBODYBALANCE45(いろいろミックス)で、今日もバランスにはヨガの"バードポーズ"が出てきた。
その体勢は無理……無理なのよ……(まあヨガ系ポーズは色々無理)。
ミックスリーフのサラダ
マカロニサラダ(お肉屋総菜)
ガーリックステーキ
麦茶
今日はだんな不在の夜。
 
こういう日くらいヘルシーに攻めようと、夕飯は”肉と野菜"のプレート……なんだけど、うっかりマカロニサラダとか添えちゃうところが私の限界という。
 
お気に入りの「角上魚類」に寄ってきて、ミックスリーフとプチトマトの簡単サラダ(ドレッシングはピエトロの低カロリー版)、味付け済みのガーリックサイコロステーキに、ちょっと物足りないかなと200gほどのステーキ肉1枚足してそれも一緒に焼くことにして。
 
見た目雑だけど、これはこれでなかなか幸せな夕御飯。
赤身肉ステーキは幸せの味。

2020年9月9日水曜日

収穫バジルで

「ピーターパン」の
 塩バターロール
ベーコンエッグ
ヨーグルト(チチヤス 瀬戸内レモン)
アイスカフェオレ
ちょっと久しぶりに買ってきたけれど、やっぱり「ピーターパン」のパンは美味しいなあと思った今日の朝。
 
ベーコンも、大山ハムの美味しいもの。
炙ると脂がじゅわじゅわ染み出てきてカリッと焼ける最高なもので、美味しいベーコンって1枚でもすごい御馳走になるよねと思ったり、そんなベーコンが食べられる高級ホテルの朝食ブッフェが懐かしいわあと思ったり。
 
都内ホテルの朝食ブッフェって、今どのくらい復活してるんだろうね……?(ちらちらとランチブッフェスイーツブッフェあたりは復活している風だけれども)
 
今日はジムにも行かず買い物も行かずのんびり……かと思いきや、地味にやることがたんまりあってなんとなーく慌ただしかった一日。
カプレーゼ
たことじゃがいも、さやいんげんのジェノヴァ風スパゲッティ
ビール(サッポロ 北海道 奇跡の麦 きたのほし)
ベランダで育て始めると、雑草並にもりもりと元気に伸びていくのがシソ科の植物。
 
ミントにバジルに青じそ、オレガノあたりが顕著だけれど、見た目違えどローズマリーやラベンダー、セージ、タイムあたりもシソ科なんですって。ああなるほど……と納得しかない、このあたりの植物のお頑健さ。
 
ちなみに、いまいち根付きが良く無い香菜やセルフィーユはセリ科で、パセリなんかもこの仲間だそう。パセリは比較的育てやすいけども。
 
ともかくも、今日はもりもり育ったバジルをなんとかしましょうと、ジェノバペーストを作ることにした。
ソースだけのシンプルパスタじゃ少しつまらないなと、組み合わせたのは茹でダコとじゃがいも、さやいんげん。
 
じゃがいもとさやいんげんはパスタと一緒に茹でてしまい、事前に作っておいたジェノバペーストとタコはボウルに入れておいて待機。茹で上げたものを合わせて、グラナパダーノもたっぷり混ぜて、皿に盛りつけた。塩加減がなかなか難しくて。
 
で、パスタがジェノベーゼだしこっちはバジル抜きでも良いかなと、ささっとカプレーゼも大皿盛りで。
 
輪切りのトマトより、ぶつ切りトマトに塩とオリーブ油とおろしにんにくでしっかり下味をつけてしまうのが私の好み。スーパーでお手頃価格だった花畑牧場のモッツァレラチーズをちぎって混ぜて、バジル風味が欲しい人は自分のパスタ皿から持って行ってねということに。
 
このところさっぱり体重が減らない私なので、せめてもと今日の夕飯は分量控えめにしておいた。
 
週末土日にちょっと食べるくらいなら良いけど、平日にまで飲み会や外食が入るとどうにも駄目だわ。きっとお酒飲む量があかんのだわ。そして金曜日も飲み放題なのだわ(駄目じゃん)。
 
ジェノベーゼは私が知る中では一番簡単にバジルを大量消費できるレシピ。しかも美味しい。
 
ちゃんと炒った松の実とにんにく、美味しいオリーブ油で作ったジェノバペーストは今日もちゃんと美味しかった。

2020年9月8日火曜日

肉団子の夕御飯

「ピーターパン」の
 バゲット w/山北みかんバター
 焼き栗ラウンド
ベーコンエッグ
梨(新潟県産豊水)
友人お泊まりの朝、その友人は起きてこない。
 
「次の予定合わせなら11時半に家を出れば良いから……まあ10時までは寝かせておくか」
と、いつも通りに5時台に起きた私は、家の事をせっせと片付けて、だんなの朝食を出して送り出して、私の朝食は友人と一緒で良いかなとのんびり構え。
 
結局10時になって「朝ですよーご飯ですよー」と声をかけ、そこで朝食となったのだった。
 
ベーコンエッグと梨と、あと友人にこれを食べさせたかったのよと、「山北みかんバター」をバゲットと共に食卓に。
 
一緒に「ピーターパン」で買ってきた焼き栗パンも出したら、これもそれも「おいしーい」ともりもり食べてくれて、何より。
 
月に1回くらい泊まりにくればいーじゃない、んでもって今度は一緒に火曜のジムに行こうよ、と友人を見送って、そして私は恒例のBODYCOMBAT45からのBODYBALANCE45。
 
動いてみたら、「あ、これ筋肉痛残ってるわ……」という自覚があって、どうにも足が重かったので水泳は抜き。お風呂でだらだらのんびりしてから帰宅した。
 
ところで今日のバランスは「久しぶりにバードポーズをします」とこれが出てきたんだけど、無理だから!こんな、片岡鶴太郎ばりのヨガは無理だから!と私は床で足も上げられずにぷるぷるしていた数十秒。
 
それでも周囲には出来ている人が案外とちらちらといて(出来ない人が8割強)、いやあ、ヨガは奥が深い……深いというか、大体無理だなあと今日も思い知ったのだった。そもそも私、前屈もろくに出来ないレベルの身体の固さなものだから。
ポテトサラダ(昨日の残り)
天狗の枝豆(昨日の残り)
夏野菜の揚げ煮(昨日の残り)
煮込み肉団子
ビール(Corona)
今日は朝の番組で美味しそうな煮込みハンバーグを作っていて、「あ、いいなあハンバーグ」と。
 
でも洋風味は気分ではなくて、そもハンバーグじゃなく"ひき肉料理"が恋しいんだわと思い至って、ジム後にOKでお買い物してきた。
 
お肉が大概安いこのスーパー、ひき肉は粗挽きがあるのがちょっと嬉しい。
 
だから粗挽きと普通のひき肉を両方買ってきて(そう、あとこのスーパー、種類によるけれど肉がビニール袋に入れて売ってるのもポイント高いの!トレイのごみ嵩張るから嫌いだし)混ぜることにして。
 
レシピは笠原将弘さん、白菜を使うからちょっと冬っぽい料理だけれど、白菜普通に売られていたしなんならキャベツより安いくらいだったから「うん、白菜で決行しよう」と。
 
刻んだ玉ねぎは片栗粉で和えておいて、ひき肉と卵と醤油や塩。それを薄口醤油と味醂を入れただしで団子にして煮込み、あとは白菜、春雨も。
 
優しい味でお気に入りのこの料理、確かもう何度かは作っていたはず。今日もとても美味しくできた。
 
他はありものが色々と残っていたので出すだけ出して、とても簡単夕御飯。
 
肉団子の御馳走感ってすごいわーと改めて思う夕飯だった。この煮込み、冬には柚子風味も良いかもだわ。

2020年9月7日月曜日

友人来たりてペコちゃん焼

ピザトースト
ヨーグルト(チチヤス クラシック)
アイスカフェオレ
有酸素運動系のプログラムを2本やった昨日、さすがに今日は微妙に筋肉痛で(筋肉痛、久しぶり……!)、ジムに行く予定は取りやめて、そして午後には友人が遊びに来て一晩泊まっていく予定。
 
引っ越し直後から新型コロナ感染が本格的になってしまったものだから、この家にお客さんがやってくるのは初めてのこと。
 
数日前からちまちま掃除しつつ夕食の献立を考えつつ、楽しみにしていたのだった。だんなもそういうことなら在宅勤務にするよと、夕方早めから家飯を堪能する流れに。
 
朝食は、だんなリクエストで厚切りパンのピザトースト。
 
私のピザトーストは、ベーコンと玉ねぎ、ピーマンが必須。
 
業務用スーパーで大きめのボトルのを買ってきたピザソースはちょっとわざとらしい味ではあるけど、これがあれば簡単に作って食べることができる。チーズも多めで具沢山に。
「豆狸」の
 松茸いなり
 わさびいなり
「ニュークイック」の
 鶏の唐揚げ
麦茶
そして午前中のうちに夕飯の食材の買い出しに出かけて、昼御飯はさらっといなり寿司はどうですかねと船橋駅ビルで「豆狸」のいなり寿司を買って帰宅。
 
季節のいなり寿司は「松茸いなり」だそうで、お値段良いめのそれを1人1個、あとは私の分はわさびいなり、だんなと息子にはもう2つずつ色々勝ってきて、ついでにお肉屋の唐揚げも少しだけ。
 
残念ながら、期待の松茸いなりはあんまり松茸感が感じられなくて、単に「きのこのいなり寿司」みたいな感じだったのがしょんぼりだったけど、わさびいなりは安定の美味しさ。
 
甘じょっぱい油揚げにわさびのピリ辛がとてもお似合いで、私はこのわさびいなりが大好物なのだった。
 
そして午後、だんなが上階で在宅のお仕事を始める中、私は台所で色々お料理。
 
まずはカスタードクリームを炊いて、枝豆茹でて、夏野菜の揚げ煮作って、なめろうも仕込んで。
そこまでやったら、あとはお客さんを待つだけー。
自家製ペコちゃん焼き
 つぶあん
 カスタード
ちょうどおやつ時に友人が到着したので、じゃあ手作りおやつを出しましょうと、ペコちゃん焼きでおもてなし。
 
少し前にネットオークションで入手した"ペコちゃんパンケーキメーカー"(こういうの)は、不二家の買い物ポイントを溜めることで交換できたビタントニオ製の不二家オリジナル品。
 
つまりは鯛焼きみたいなものだよね?と鯛焼きレシピを調べて、ホットケーキミックスにはちみつを混ぜた生地を用意して作ってみた。
 
中身は成城石井で買ってきた粒あんと、自家製カスタードクリーム。卵黄に砂糖、小麦粉、牛乳でしっかり練ったちょっと甘めのクリームをたっぷり詰めてやいてみた。
 
御覧の感じにとても綺麗に焼け、そして皆に大好評。300gのホットケーキミックスで12個のペコちゃん焼を作ることができた。
 
なんとなくコツが掴めたので、今度はペコちゃん焼ならではのミルキークリームとかチーズクリーム、いちごクリームなんかを今度は作ってみようかな。案外、ツナマヨやカレーなんてメニューも美味しいのを、私は実体験で知っている。
天狗の枝豆
しらすレタスの馬告ドレッシング
ポテトサラダ(お肉屋総菜)
夏野菜の揚げ煮
チーズ(テット・ド・モワンヌ) w/バゲット
生ハムいちじく
「角上魚類」の
 のどぐろ入刺身盛・中とろ・炙り鯖
自家製なめろう
「銀座若菜」のざくざく醤油漬
だんな特製炒飯
日本酒(山梨 山梨銘醸 七賢 空ノ彩 貴醸酒スパークリング)
日本酒(秋田 新政酒造 新政 陽乃鳥 なかどり 純米仕込 2019)
コロナ禍の引きこもりでなかなかにストレスが溜まってるらしい友人を、美味しい日本酒でおもてなしするよの夕御飯。
 
日本酒ならやっぱりねえ、で、「角上魚類」で色々お刺身買って来て、立派な鯵を3枚におろしてもらってそれは自作のなめろうに。
 
胡麻油と味醂が入る、笠原将弘さんレシピのなめろうと仕込んでみた。薬味たっぷり。
 
たまたま売ってて「これだ」と買ってきた天狗の枝豆と、いつもは茄子だけで作る揚げ煮は今日はかぼちゃとピーマンも入れて。
 
今日のお酒は七賢の貴醸酒スパークリングと新政の貴醸酒という組み合わせで、ちょっと白ワインにも似たこっくり系ということで、肉やチーズも似合うでしょと、テット・ド・モワンヌと生ハムいちじくも出すことにして。
 
お肉屋で「この生ハムは美味しいのでは?」と買ってきてみた平田牧場の生ハムが素晴らしく美味しかった。
 
献立もカオスなら食卓の盛り上がりもなかなかカオスで、「べろんべろんにならなかったら炒飯作るよ」とだんなが言っていたから、私は一応、美味しいチャーシューも買ってきていた。
 
そうしたら息子が食べたいと言い、友人も食べたいと言い、結局けっこうな量の炒飯をだんなは作ることになって、最後にはお土産炒飯まで作って「明日持って帰りなさいね」と冷蔵庫に。
 
いーい感じに酔っ払った私たちは11時過ぎに寝たのだけれど、友人は楽しくなってきてしまったらしく、「息子君の部屋に突撃してくるー」と息子部屋に遊びに行き、日付が変わる頃までVRで遊んだりしていたらしい。……良いお年(私の1学年下)なのに、元気だね、相変わらず……。

2020年9月6日日曜日

味の素の焼売とか

「麻布十番モンタボー」の
 ミルクとたまごのクリームパン \170
 ぎっしりコーン \160 1/2個
ヨーグルト(チチヤス 瀬戸内レモン)
アイスカフェオレ
明日のパンはここのにしましょう、と昨日、買ってきたのは「麻布十番モンタボー」のクリームパン。
 
ちょっと小ぶりな「ミルクとたまごのクリームパン」はちょうど今、クリームパンキャンペーンで推しの品なのであるらしい。あとは「ぎっしりコーン」という平べったいコーンパンもだんなと半分こすることにして。
 
九州沖縄に台風接近の今日は、やっぱりこちらにも雨雲がどんどこ来ているようで、朝から断続的な雷雨があって、お出かけには向かない天気。
午後のジムは自転車で行けるかなあと曇り空を見上げつつ、午前中はのんびりしていた。
「吉野家」の牛丼
アイスウーロン茶
で、のんびりの流れで昼御飯も冷凍牛丼を温めて食べる簡単なものに。
 
先日、「フランス人マダムに教えてもらった、世界一おいしいアイスティーの作り方」の作り方のお茶がほんとに美味しいを聞いて、「紅茶じゃなくて中国茶でも原理は同じよね……?」とこの作り方でウーロン茶を淹れてみた。
 
大やっとこが3リットルのサイズだったので、じゃあ3リットル作ってしまえと方法は同じ(勿論茶葉は若干多め)に。我が家にはティーバッグは貰い物以外はほとんど無いので、三角コーナー用の不織布に茶葉入れて凧糸で縛って代用にした。
 
……うん、確かに、渋みが無くて美味しいアイスティーが出来たような……?
元々美味しい茶葉だし、元々アイスティーは"湯で淹れて自然に冷ます"方法にしているから、それほど大差は無かったりするのだけれど、どちらが美味しいかと問われればこちらが美味しい、かもしれない。鍋出して蓋も出して、ってするのが若干面倒だけれども。
 
そして午後はBODYPUMP45からのBODYCOMBAT45という長丁場ワークアウト。
今月はバックナンバー月間で、どちらも古いナンバー尽くし、大変に大変に楽しかった。
 
マスクつけて有酸素系プログラム2本は久しぶりすぎるから大丈夫かしらと若干心配だったものの、案外なんとかなったし最後までスタミナが切れることもなくて何より。コンバットはコロナ禍以前より曲数が少ない(インターバル多めにして水休憩ちゃんと取れって感じになってる)から、それもあるのだけどもね。
無限レタス
「味の素」の焼売
「大珍キッチン」の焼き餃子
冷凍自家製餃子
肉豆腐
ビール(サッポロラガー)
今夜は昨夜の肉豆腐が残っているし、あとは冷凍庫の中をちょっと整理したいしで、冷凍焼売や冷凍餃子を食べてしまうことに。
 
これ美味しそうじゃない?ずっと気になってたんだよねとだんなが言い、一緒に買い物した以前に買ってきていたのは、味の素の冷凍焼売、「豚のあふれる肉汁にXO醤と葱油が香るザ・シュウマイ」。
 
このシリーズ、パッケージのインパクトもさることながら、炒飯あたり、なかなか美味しくて。
 
「この組み合わせで、うちの餃子が一番美味しく無かったとかだったら泣けるんだけど……」
なんて言ってたのだけど、蓋を開けてみたら、うちの餃子、全然美味しかった。他のも勿論美味しかったけど、うちの餃子、負けてなかった。
 
「あー、なるほど、肉の粒が大きくてごろごろしてるのね、んで下味強め、と」
確かにこういう焼売美味しいよねと参考にしつつ、でもやっぱり大手メーカーの味ってわかりやすくわざとらしい感じもあるんだよねえ、と。
 
「大珍キッチン」の餃子は、これ、スパイシー餃子だったみたい。あんが赤みがかっていて、クミンと唐辛子入りなんですって。カレーのような独特な風味。
 
「うちの餃子、肉汁すごいよねえ。うん、すごく美味しいよ」
と、我が家の餃子の面目躍如で、そしてビールが進む進む。
 
手持ちのレタスで無限レタスも支度して、あまり手間のない日曜夕飯は、運動後ということもあって染み入る美味しさだった。

2020年9月5日土曜日

地元のベトナム料理屋さん

ずーっと気になってた地元のベトナム料理屋さん。ブンチャー、初めて食べました。
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「ミスタードーナツ」の
 タマゴサラダ
 さつまいもド 大学いも 1/2個
千葉県産豊水
アイスカフェオレ
すごく食べたかったのになかなか売ってるところに出くわさなかった、ミスドのリバイバルシリーズの1つ、タマゴサラダ。
 
昨日、ららぽーと内のショップを昼前に覗きに行ったら、実にあっさり買うことができた。これ、このリバイバルシリーズで一番食べたかったのよね。
 
んで、始まったばかりの季節商品さつまいもドから大学芋版のも買って、土曜の朝食はこれだなとわくわくしていたら、昨日の夜になって息子が「9時頃家を出て1日遊んでくるから」と。早く言えよ、そしたら息子の分のドーナツも買ってきたのに……と思いつつ、彼には1個残っていたチーズパンを食べさせることにして、あとはさつまいもドをお裾分け(タマゴはあげない)。
 
タマゴサラダ、さくさくのカレーパン風生地にシンプルな卵フィリングがたっぷりで、想像通りの品だったけど想像以上に美味しくて、これは幸せ。
 
安納芋パウダーと紅はるかパウダーを生地に練り込んであるのだというさつまいもドーナツは、確かに芋っぽいぽくぽく感があって、ちょっと面白いドーナツだった。
 
でも、秋の味って、私的にはさつまいもよりも栗なのよね……。モンブラン系の味が恋しい気持ち。
 
そして今日も朝から仕事の対応の続きをしていて、そして動かないcgiは"perlのパスにハイフン2個追加する"という謎記述でおおむね解決したのだった。やれやれー。
船橋「マンダリンカフェ」にて
 生春巻き
 ブン・チャー \950
 ビール(333)
息子不在の昼御飯は、それじゃあ息子が行きたがらないお店にでも行きましょうかと、ずーっと気になっていた地元のベトナム料理屋さん「マンダリンカフェ」に。
 
昼頃はお客さんがけっこう入ってるし、どんなお店なのかしらとググッてみたら「おふくろの味は万国共通! 「ベトナム家庭料理マンダリンカフェ」のブン・ボー・フエに小躍り」なんて記事が見つかって魅力的だったし。
 
んで、11時からやっているらしいから12時に訪れてみたら、シャッターが閉まってた。前にも土曜日、こんな事あったなあと思い出しつつ、店頭にあった電話番号に電話して「今日のランチはお休みですか?」と聞いてみたら「あ、あと3分、ううん、あと4分で行きマスー」と、ちょっと拙い日本語が返ってきて。
 
んでシャッター前で待つこと10分くらい、ぷいーんとスクーターに乗ったおばちゃんがやってきたのだった。
「平日はネ、11時から。でも土曜日はちょっとのんびりー」
などとおっしゃっていて、なんというか、とても、ゆるい。そしてなんとも屈託のないおばちゃんで、腹も立たない。ゆるいゆるい南国の雰囲気。
 
店頭メニューがこんな感じ。ゆるい……(たのしい……) 店頭のメニューがこんな感じで、これを見てずーっと気になっていた私。
 
先週は日替わりメニューが「鶏飯」だった気がする。今日もあったらそれが良いなあと思っていたのだけれど、残念「イナダとパイナップル煮る」というちょっと不思議なものになっていた。
 
もう料理名ですらないけど、なんだかとっても美味しそう。
 
そしてランチメニューの案内もあるけど、週末はランチセットは無くて単品注文になるんですって。
堂々貼られてるチェーも、コロナ禍でお客さん少なくて材料痛んじゃうから今はちょっと作れないんですって。
 
具沢山生春巻き。青じそ入ってます。 じゃあ私は、気になっていたベトナム風つけめん「ブン・チャー」を、だんなは牛肉フォーの「フォー・ボー」にすることにして、そして「生春巻も美味しいヨー」言われて、生春巻とビールも。
 
ブン・チャーとお揃いの米麺も巻かれた生春巻はとっても具沢山。
 
スイートチリソース風味のたれは、でもヌクマムと、あと砂糖あたりも入ってるのかな、ちゃんと調味されていて食べやすい味に。
 
そして期待のブン・チャー、とっても美味しかった。
 
なんでも、ベトナム料理と言えばフォーと生春巻くらいしか日本の人は知らなかったけど、オバマ大統領がハノイでブン・チャーを食べてから、日本人もブン・チャーを知るようになって、
「だから私たち、"オバマ・ブンチャー"って言うネー」
とおばちゃんが笑っている。
 
茹でて汁気を切った米麺にたっぷり野菜、例のベトナムと言えばこれのナマスっぽいのも盛られてて、あとは豚肉とつくねの炒め物。たれの見た目は生春巻のと似てるけど、でもずっと薄味で違う味。
 
肉がとっても異国な味で、「あー知ってるこの味知ってる、日本にない味」と、猛烈に海外旅行に行きたくなった。
 
こちらはフォー・ボー。優しい味の白濁スープ。 だんなのフォー・ボーの麺は平べったくて、別の形状。
 
アメリカに居た時、野菜ががっつり食べたくなると韓国料理屋(突き出しのナムルがアホほど食べられる……)かベトナム料理屋に行っていたのを思い出す。
 
その店では料理と別盛りでもやしだのミントだのバジルだの香菜だのの"野菜盛り"が添えられていたのがすごく嬉しかったのだけど、なかなか日本じゃそういうお店は無いよねー(ハーブ、お安くないしね)なんて懐かしく思い出しながらもぐもぐ。
 
なんというか、すごく、異国の味で良いぞ良いぞという感じだった。
 
夜に来るのも美味しそうで、メニューに無い品も色々作ってくれるみたい。
 
サービスでデザートいただいちゃいました。芋羊羹みたいな感じの。 で、チェーも食べたかったのだけど、残念、食べられないのかーと話していたら、サービスでプチデザートも出してくれた。
 
「羊羹ヨー」とおっしゃってたそれ、ココナッツフレークと黒蜜をかけた芋羊羹?みたいな感じ?歯触りはまんま、羊羹。
 
ベトナムも、ずーっと行ってみたいと思っていて、コロナ禍じゃなかったら今年の夏に行っていたかもしれない国。
 
いつか現地に行ける日まで、このお店で本場のメニューを教えてもらっておこうかな。
キャベツと鶏ささみの馬告ドレッシングサラダ
冷やしおでん
肉豆腐
鯖の塩焼き
日本酒(栃木 杉田酒造 雄東正宗 生酛造り 純米吟醸生原酒 雄町)
九州沖縄に、大型台風が迫ってきているこの週末。
 
関東も不安定な天気で、夕方から夜には雨になるらしいし、出かけるのは止めておこうかと、適当にスーパーでお買い物して帰ってきた。
 
秋刀魚のあまりの高さに絶望して、見切り品だった真さばの半身を買ってきてシンプルに塩焼きに。
 
豆腐が食べたいと、ささっと肉豆腐の支度もして、昨日の続きで、美味しかった馬告のサラダの残りも出して。
 
それと「鈴廣」の冷やしおでんの鯛だし味も出して、まあまあ楽な感じの食卓にした。
 
今日のお酒は那須で買ってきた栃木のお酒、雄東正宗の雄町の生酛生原酒。
 
お酒は、ちょっと残念ながら独特の酸味というか、ひね香じゃないけどひね香に近いクセがあるもので、だんなと私の好みとはちょっと違っていたけれど、鯖は脂のりのり、肉豆腐もいつも通りに美味しく出来て何より。
 
今日のんびりした分、明日は運動しなくちゃだわ。

2020年9月4日金曜日

ふつーのカレーと馬告サラダ

津田沼「CRACCa Bread」の
 まんまるクリームパン(白桃)
 ハムチーズ 1/2個
千葉県産豊水
アイスカフェオレ
昨日は津田沼行ったついでに、すごく久しぶり(コロナ禍以来……?)に「CRACCa Bread」に寄ってきた。
 
母体がイタリアンレストランのパン屋さんで、以前はレストランでも出してる風なちょっとお洒落なミニパンなんかを作っていてとても気に入っていたのだけれど、どうも最近、迷走中?
 
同じ店舗内で唐揚げ弁当を売り出した時になんかちょっと違ってきたなという雰囲気だったのだけど、6月あたりにまた改装が入って、お弁当屋半分とパン屋半分という感じになっていた。
 
パンはサンドイッチと、イチオシらしい「まんまるクリームパン」がメインになって、これまであったお惣菜パンやプレーンなパンはちっちゃな棚に少しだけ。
 
うーん、サンドイッチって翌日まで保たせるようなものじゃないし買いづらいんだよなあ……と思いつつ、冷やして食べて美味しいらしい、そのクリームパンを買ってきた。味が色々ある中、季節限定の桃味を。
 
クリームたっぷりで、そのクリームは割と美味しかったのだけど、残念ながら皮がぺったりしている系の(八天堂系の)もの。
私、あの食感はあまり好きな方向ではなくて、「あー、あっちに行っちゃったかー、あー」とちょっと悲しくなった。
 
私、前のお店の方が好きだったなあ……ミニサイズのフォカッチャとかクロワッサンとか、すごく良い感じだったのになー。
生ハムいちじく
キャベツと鶏ささみの馬告ドレッシングサラダ
ふつうのポークカレー
鶏ささみと野菜のスープ
ビール(Corona)
今日は珍しくも(?)ずーっとお仕事の一日。
 
写真加工とかは好きだし得意だから良いのだけれど、"旧サーバーがもう古くてサポート対象外になっちゃうから新サーバーにお引っ越ししてよ"というレンタルサーバー会社からの連絡に則ってお引っ越し作業をしていたらcgiがまるっと動かないという事態になって、夕方からてんやわんやしていた。こっち系はそれほど得意じゃないうえに、トラブルの原因究明とか、実に実に苦手な分野。
 
「perlのパス合ってるし、.htaccess書き換えたし、パーミッションもちゃんと見たし。なんでよー……」
文字コードがあかんとか?などと色々しつつで、解決できないまま支度して……だったから、ちょっと気もそぞろな夕飯になってしまった。ほんとはカレーに茄子とかぼちゃも添える予定だったのに忘れてしまうし。
 
先週のクリームカレーもまあまあ美味しかったけど、「なんか、ふつーの家カレーが恋しくなってきたね」ということで、今日はごくごくふつーな家カレー。「こくまろ」使用。
 
豚バラブロックとじゃがいも玉ねぎ人参使って、肉を炒める前に塩胡椒とカレー粉を揉み込んでおくということくらいが工夫の余地で。
 
八百屋で「とよみつひめ」という品種のすごく美味しそうないちじくを買ってきたので、ついでに生ハムも買ってきて、生ハムメロン。
 
更に今日、玉緒さんとやりとりしていて「馬告買ったんですよー」なんて話をしたら素敵なレシピを貰ったので、早速、材料を揃えて作ってみた。
 
茹でたキャベツと蒸した鶏ささみ、玉ねぎ、香菜を合わせて、調味料も醤油ベースでとってもシンプル。砕いた馬告が良いアクセントになる、箸休めにはぴったりな副菜が出来上がり、ああこれは幸せだわと。
 
馬告のサラダ以外はこれといった創意工夫はない夕飯だったのに、だんなと息子には「今日の夕飯、すっげー幸せ」と言われて、これは喜んで良いのかなと思う私だった。でもこういう献立って安心するのよねわかるー。

2020年9月3日木曜日

初めての馬告

「スナックサンド」の
 タコスチーズ味
 モンブラン
アイスカフェオレ
今朝は久しぶりの二日酔い。
 
だんなの朝食も不要だそうで、とりあえず「いってらっしゃーい」と見送った後、居間で動けなくなったからもう一度寝室に戻って二度寝した。
 
それでも午後のジムには行く気満々で、昼前にもそもそ起きて朝食予定だったものをもぐもぐ。
 
たまにはこっちも良いよねとフジパンの「スナックサンド」を買ってきて、息子と分けるつもりで「タコスチーズ味」と「モンブラン」を1切れずつ。
 
モンブランはまあまあモンブランだったけど、タコスはタコスと言われなきゃわからない感じ……だった気がする。スパイシーミートとレタスとトマトとチーズの味が全部してこそタコスよね。
 
ああ、また沖縄で本場のタコライスを食べたいなあ……と思いつつ。
 
そして今日はBODYPUMP45からのBODYBALANCE45。
 
面白いことに、最大17kgかついで動くパンプではもはや筋肉痛にならないのに、ゆったりした動きしかしないバランスで筋肉痛になるという……。
 
身体の固い私には「無理!無理だから!」みたいなヨガポーズも頻出するのだけど、でも週2でやってたら少しは柔軟性が上がると良いなあと思って頑張っている今日この頃。ダンス系もやってみたいけど、今風のでもフラダンスでもない、バリ舞踏みたいなの無いですかね……。
ツナと枝豆、アンチョビ、トマトのサラダ
皮蛋豆腐のにんにくトマトラー油がけ
牛すじのねぎぽん
鶏肉の塩胡椒焼き&馬告焼き
「角上魚類」の本まぐろねぎとろ
羽釜御飯
ビール(Corona)
数日前、Amazonでお買い物するついでに、送料調整で気になっていたものを買ってみた。
 
馬告(マーガオ)」という胡椒に似た外見のスパイスで、去年の夏、玉緒さんが紹介してらしてずーっと気になっていたのだった。
 
外見はサイズも色も本当に胡椒のようで、でも鮮烈な柑橘(レモングラスの香りが一番近いそう)の香り。後を引く風味はちょっと山椒っぽくもあって、これはなかなか面白い。ちょっとかけるだけで異国の香りになりそうな。
 
で、当初は三杯鶏にするつもりで買ってあった鶏もも肉を、半分は普通に塩胡椒で、もう半分は塩と馬告で魚焼きグリルでこんがりと。
 
枝豆サラダの残りと、そしてにんにくトマトラー油を使いたくて、皮蛋豆腐に添えることに。ジムの帰りに寄った「角上魚類」でうっかり美味しそうな本まぐろのねぎとろも見つけてしまったのでそれも追加して、でも今日は、昨日深酒しすぎたのでさらっとビール、お供はコロナ1本で済ませることに。
 
初めて口にした馬告、これはなかなか素敵な風味。何にふっても楽しめそうで、実際、パイナップルケーキに使うレシピも見かけた。夏にとっても似合う香りだわ。

2020年9月2日水曜日

久しぶりの宴席

イングリッシュマフィンのスクランブルエッグチーズサンド
ヨーグルト(チチヤス クラシック)
アイスカフェオレ
面白い調味料買ったんだよ試してみる?と、今日の朝御飯にも、昨日届いた「にんにくトマトラー油」を使ってみる私。
 
イングリッシュマフィンは半割にしてチーズ乗せてトースト。美味しいハムとささっと作ったスクランブルエッグも挟んで、そして真ん中に小さじ1ほどのにんにくトマトラー油を。
 
旨味たっぷりで美味しかったのだけど、でも、だんな曰く「通勤中のマスクん中がにんにく臭くて凄かった」そうで……これは朝御飯には使わない方が良かったのかもしれない。
 
にんにく、火を通してはあるそうだけど、それなりには匂いがあるよねー。反省。これは夕御飯に食べるべき調味料……。
御茶ノ水「和食バル 音音」にて
 和食のコースと飲み放題
「隊長から飲まないかって誘われたけど、おゆきさんも行く?」
「え、なにそれ行きたい行く」
 
ということで、数日前になぜか急遽決まった、某切込隊長との飲み。なんと会うのは20年ぶり以上。場所は御茶ノ水駅前の「和食バル 音音」というお店になった。
 
じゃあKさんあたりも誘ってみる?と、これまた懐かしい名前の人にも声かけて、今日は4人で飲み会に。
 
私、なんだかんだ外食はしているけれどコロナ禍以来友人とは全く会っていなかったから、これがだんな以外との半年ぶりくらいの会食で。いやー楽しかった楽しかった。
 
名目としてはこれ、NIFTY-Serveのビジネスマンフォーラム(FBMAN)飲み会って事になるのかな。ここでKさんと会って、その繋がりでだんなを紹介して貰って、その頃隊長も入会してきて、んでいずれ結婚して……という感じだったから、フォーラム仲間内で結婚祝いもして貰ったという懐かしい思い出。
 
「……すっかり身体も中身も丸くなっちゃって、ねえ」
実業家だか文化人なんだか、すっかり有名になっちゃってかつ羽振りが良くなった(出会った時は親の借金抱えてひーひー言ってたのに……)彼だけど、変わったようで変わっておらず。
 
「この年になって、礼節というものを覚えたよ」
「え、まじでか、隊長が礼節とか!」
「つか隊長、頭髪やばいよね、Kさんもやっばいねえ!」
などとセンシティブな話題も遠慮会釈なく口にして、げらげら笑って。
 
「……これ、録音して後で文字起こししたらとんでもない内容なんじゃないのかなー」みたいな話も出てたりしたけど、男連中の結論としては「利害関係のない飲み会って最高だね!」なんて事になったらしく。
 
そんな隊長の人徳?もあってか、最初はプレミアムだった飲み放題メニューが、"普段はお出ししていない"プラチナプランになったものだから、「え、鍋島あるの」「飲む、全部飲む」と、すっかりテーブルは日本酒祭り。
 
  • 黒龍 いっちょらい
  • 手取川 吉田蔵
  • 鍋島 純米吟醸 五百万石
  • 作 玄乃智
  • 寫樂 純愛仕込 純米酒
  • 鳳凰美田 純米吟醸
  • 而今 純米吟醸 八反錦 無濾過生
 
地ビールの他に、こんな日本酒が飲み放題で、そして意外にも(と言っては失礼だけども)八反錦の而今が実に実に美味しかった。而今って言うほど美味しくないよねーという印象だったのだけど、これは美味しくて、最後は「瓶が空になりました」というところまで飲んでしまった記憶。
 
このお店、土風炉と同じ系列のチェーンであるらしく、なるほど、お酒の品揃えも料理の美味しさも納得という感じ。
 
肉も魚もバランス良く出てきたコース、最後のお肉がとーっても美味しかった。
 
シメがいくらご飯というのも、幸せで。
 
  • 胡麻豆腐雲丹ソースかけ いくら染めおろし
  • ふかひれ椀
  • 生本マグロの刺身と鮮魚のお造り
  • ローストビーフ山椒タプナード
  • あわびの酢の物
  • 天ぷら盛り
  • 国産牛サーロインのグリル
  • いくらごはん・赤だし・お漬物
  • パンナコッタ
 
出されたのは、多分こんな感じだった……と思う(終盤は酔っ払ってうろ覚え)。
 
6時過ぎからの宴席でお店が閉まる10時まで飲み続けた挙げ句、物足りないとビル地下の吹き抜けテーブル席で最後にコンビニビール買ってまだだらだら飲んで。
 
コロナ禍の引きこもりでもまあまあストレスなくまあまあ楽しくやってけてるわと思ってたけど、いざ人と会うとやっぱり楽しいもので。
 
週明けには私の友人(いやもはや家族ぐるみの友人……)も遊びに来てくれるし、ぼちぼち、社交も解除して良いのかなあと思い始めた秋なのだった。

2020年9月1日火曜日

にんにくトマトラー油!

「大珍キッチン」の
 エビマヨまん
アイス普洱茶
今日の朝食は「大珍キッチン」の「エビマヨまん」。
 
通常時の買い物でだったら多分好んで買うことは無いだろうエビマヨまん、、"一品料理としても人気の「エビのマヨネーズ和え」を包みこんだエビマヨまん"なのだそうで、ラードや鶏エキスは入ってるそうだけれど、ひき肉などの混ぜ物はなく、海老と葱が主体のあんがたっぷりと。思ったほどにはマヨ感は強くなかったけれど、優しい味で海老風味濃厚で、なかなか楽しく美味しい中華まんだった。
 
大珍キッチンさん、また9月から新しいセットを販売するそうで、楽しみーと思いつつ、でももうそろそろ、軽率に橫浜中華街などに行っても良いのでは……?などとも思ったり。
 
首都圏の新型コロナ感染者数、なんだかんだけっこう落ち着いているしねえ……。
 
そして今日はちゃんとジムに行き、BODYCOMBAT45からのBODYBALANCE45。
 
9月に入って新曲固定だったプログラムもイントラ選曲のMIXになり、ぬるめぬるめな感じだったここ2ヶ月もようやっと普段の感じに戻ってきた……のかな?それでもマスクは必須だし60分プログラムも復活しないし、ほんと、早く新型コロナ≒インフルエンザくらいの存在になってくれれば良いのにねえ。
ツナと枝豆、アンチョビ、トマトのサラダ
牛すじねぎスパ
じゃがいもと油揚げ、わかめの味噌汁
麦茶
今日は息子と2人の夕御飯……で、ジムから帰るとお届け物が来ていた。
 
朝の日テレの1コーナー、「いただきます! 日本全国うまいもんジャーニー」で数日前に去年の再放送分で紹介されていた山梨の「にんにくトマトラー油」、昨日は折良く「マーティンが挑戦!にんにくトマトらー油のトースト」なんてのも紹介していて。
 
そもそもこの品、もう何年も前に「嵐にしやがれ」で紹介されたりもしていたみたいだけど、「あらーおいしそー」と思って思わず通販してしまったのだった。
 
購入したのは、「にんにくトマトラー油」の他に、ブランド豚肉の富士ヶ嶺産丸一ポークを入れたリッチ版のポーク。
 
早速、今日のパスタに乗せてみることにした。
 
なんでもこの味噌、「豆腐やパスタ、ホットドッグソースなど、和洋中どんな料理にもアレンジでき、かけるだけで旨みアップ!のお手軽惣菜」なのだそうで。
 
支度したのは、みんな大好き牛すじねぎスパ。
 
薄切りにんにくをオリーブ油で炒めて、下茹でした牛すじ入れたら酒、醤油、砂糖、味醂でこっくりめに調味。パスタと和えたら刻み万能葱と好みで七味唐辛子。
 
今日は余りもののかいわれ大根も乗せて、七味の代わりににんにくトマトラー油を。
 
それと、まだまだある枝豆をサラダっぽく食べたいなと、レシピ検索して「ツナと枝豆、アンチョビ、トマトのサラダ」を作ってみた。
 
ツナとアンチョビを刻んで和えて、剥いた枝豆、刻んだトマト、バジル、それとレシピになかったけど使いさしの玉ねぎもあったから刻んで混ぜて、ライム汁(ほんとはレモン汁)絞って塩胡椒。
 
ちょっとお洒落な外見のいい感じのサラダになった。
 
「う、わー……めっちゃにんにくでトマトでラー油ですわ……」
「うん、これは正しくにんにくでトマトでラー油だね……?」
 
もう商品名そのまんまな風味で笑ってしまったのだけど、なるほど、にんにく好きならこれはけっこうクセになる風味だし、使い勝手は良さそうな。
 
思ったよりは洋風な味だったので(ワインなんかも入ってるらしい)、これ、ポーク入りの方が豆腐やきゅうりやご飯、色々似合って良いかもしれない。
 
なかなか旅行にも行けないから、こんな感じのお取り寄せが捗って仕方がないね……。