2020年1月20日月曜日

牛すね肉で和風シチュー

「Hearth Brown」の塩バターパン \119
炙りパンチェッタ&目玉焼き
ヨーグルト(明治北海道十勝ヨーグルト)
カフェオレ
昨日に続き、今日も船橋のパン屋さん「Hearth Brown」のパンを。
 
たったの100円ちょっとの塩バターパンは、気に入りの「ピーターパン」のに比べるとちょっとふかふか感が過ぎて食べた気が薄いのだけど、でもバターの風味はしっかりあって悪くない。
 
月に一度の「角上の日」を数日後にしてソーセージは使い果たしてしまったので、冷凍してあった自家製パンチェッタを出して軽く炙り、目玉焼きに添えてみた。ほんとは細切りにして卵と一緒にスクランブルエッグにしようと思ったのだけど、炙ってもなかなか解凍できなくてそんな事に。
グリーンリーフとセロリのサラダ
トリュフサラミとパテ・ド・カンパーニュ
牛すね肉の和風シチュー
ビール(ヱビス プレミアムエール)
昨日、見切り品になっていた一口サイズのオージービーフのすね肉。
 
圧力鍋で煮ようかな、でも赤ワインとかビーフシチューとかいう感じじゃないのが良いなあと思いつつ買ってきて、自作レシピデータベースを検索したら「ゆで牛肉の和風シチュー」というレシピが見つかった。笠原将弘さんレシピ。
 
すね肉を圧力鍋で下茹でして、玉ねぎ、人参、椎茸と一緒に和風味で煮込んでいく。調味は水煮缶トマトと醤油、ウスターソース、砂糖、そして八丁味噌。
でも出来上がってみれば思った以上に普通にビーフシチューで、だんなも息子も「ビーフシチューだな」「うん、ビーフシチューだ」と。
 
買い置きのグリーンリーフは、セロリと人参足してサラダにして、おつまみにサラミとパテも。
 
そしてビールは週末に業務スーパーで買ってきた「ヱビス プレミアムエール」。
 
買うのは初めてだけど、昨年2月に発売したヱビスの新シリーズとのことで、「120年以上の歴史を誇るヱビスが満を持して発売する、本格エールタイプのビール」とのこと。
 
カラメルのような風味が濃厚で、好みな方向のこっくり味な、アンバーエール風のビールだった。冬に美味しく飲めるタイプで、今日のシチューにもとてもお似合い。
 
圧力鍋に20分かけた牛すね肉は若干煮崩れ気味になったけど、その分食感は上々。期待以上に御馳走だった。

2020年1月19日日曜日

肉肉麻婆豆腐

「Hearth Brown」の
 餡クロワッサン \140
ヨーグルト(ブルガリア 白桃)
カフェオレ
船橋駅の、京成線と連結したビル内にヤマザキパン経営のパン屋さん「Hearth Brown」がある。
 
さすが大手メーカーが母体だけあってお値段手頃、そして案外悪くない品質で、我が家はけっこう気に入っている。船橋界隈、お高いパンを買おうと思ったら駅ビルに「LE BIHAN」があるし東武デパートにはDONQがあったりするし、更に駅ビルには「ピーターパン」も入っているので、気分によって選択肢が様々あるのは良い感じ。
 
で、今日は「Hearth Brown」の餡クロワッサン。
 
チョコクロのチョコがあんこになった風な和風甘味パンで、表面にも甘い飴がかかっていて、大変に幸せだった。
 
多分、私、1日に1つは甘いもの口にしないと生きていけないんだわ。
ライザップでダイエットしてたら滅茶苦茶怒られる感じなんだわ(でも食べる)。
 
今日の午前中は、だんなは息子と2人用事を済ませにお出かけしていたので、「私は留守番してて良いかなあ。あ、昼御飯はお気遣いなく」と一人でのんびり。
 
午後に帰ってきただんなと2人、夕方にはスポーツジムに行ってきた。今日も楽しい楽しいBODYPUMP60を。
 
warmup中小/squats大中&大プレート1/chest大小(+プッシュアップ)/back大小/triceps大プレート1&中プレート1(+プッシュアップ)/biceps中/lunges中プレート1/shoulders中プレート2/core中プレート1/cooldown無
 
今日は気合いいれるぞと、背中でプレート軽くしなかったし、肩も最初から最後まで両手に2.5kg持ってやり通したし、私、頑張った。
 
そしてジム後の体重計はまた最低ラインを更新した。10月のダイエット開始から3ヶ月と1週間で8.5kg減。いぇーい。
スティックきゅうり w/マヨネーズ
だんな特製 麻婆豆腐
おでんの残り
沢庵
羽釜御飯
ビール(サッポロ黒ラベル)
 
「アンジェリーナ」のモンブラン
カフェオレ
「ビール、大いっとく?」
「いや……小で良いです……」
なんてやりとりをしつつ、夕飯は、息子のリクエストもあって麻婆豆腐。
 
テレビで麻婆豆腐の特集やってて、「あ、家の麻婆豆腐が食べたいな」と思ったんですって。家の麻婆豆腐は、すなわちだんなの麻婆豆腐。甜麺醤多めでとっても肉肉していて、辛さ控えめ。
 
「息子が食べるし、肉多めに買うね」
「あ、だったら豆腐も増量でお願いします!豆腐食べたい」
 
と、今日の麻婆豆腐は豆腐1.5丁に肉500g。あとは長ねぎ。
 
おでんの残りも椀に1杯ずつよそったら、なかなかボリュームのある夕飯になった。ビールが進む。私もロング缶にすれば良かったかなー。
 
この麻婆豆腐、米飯に乗せると最高に合うのだけれど、ほんのちょっとに自重しておいて、今日は食後も甘味を。
 
今月の地元エキナカの月替わりスイーツ店が「アンジェリーナ」だったので「あのモンブラン食べたい、久しぶりに食べたい」とだんなにねだって買ってきて貰った。
 
本家本元の"オリジナルサイズ"もエキナカ店にあったそうだけど、日本特有のデミサイズが私たちには丁度いい。
 
さくさくメレンゲに、ふわっと濃厚なホイップクリームと、その表面を覆い尽くすマロンクリーム。スポンジなしの、甘み濃厚な独特なモンブランは、久しぶりに口にしてもやっぱり美味しかった。
 
期間限定品の苺(白いモンブランだったのだそう)とか、ショコラ、オランジュキャラメルなんていうのもあったそうで気になるけれど、こういうのはえてしてオリジナルが一番美味しいものだしね。悔い無し。

2020年1月18日土曜日

雪の日おでん

葱抓餅(青葱入り)
普洱茶
雑誌のペラ見に便利な「dマガジン」、時々キャンペーンでムック系がごっそり出るのがなかなか楽しい。収納家具特集とか、冬の料理特集とか、家電、興味無い系では車とか男性向けの時計とかも。
 
先日見たのは、コストコカルディ業務スーパーの食材系ムックあれこれで、どうも最近業務スーパーが人気らしい。地元にもあるけど大体いつも混んでいる。食パンが1斤60円ほどと、おっそろしい価格だったりして、でもそれは意外にも"安かろう悪かろう"ではなく企業努力の結果での人気商品であるらしく。
 
で、そこに掲載されていたお勧め商品に「葱抓餅」があったのだった。台湾のお馴染み屋台料理で、冷凍で売られてるそう。
既に数年前に「業務スーパーの「薄焼き餅」にハマる人が続出してる」なんてネット記事になっているくらいには注目されていたそうで、「へえええ……知らなかった」と先日それを買ってきてみた。
 
で、今朝焼いてみた、「葱抓餅」。大きめフライパンを使わないといけないほどの大きめサイズで、油は引かずにこんがり焼き色がつくまで両面を焼くだけ。定番の青葱入りのと、ほんのり緑のほうれん草入りの2種類が売られていた。
 
生地にある程度油を塗ってあるから、ちょっとパイみたいにさくさくした感じもして、塩味は強くない。台湾直輸入で、業務スーパーオリジナルの開発品なんですって。
 
ムックを読み返せば「焼いた後、空気を入れるように箸などでほぐすと、サクサクの層ができあがる」そうで。箸はお行儀悪いけど両手に1本ずつ持って両サイドから中心に向かって左右から生地を挟むようにほぐすとサクサク感アップだとか。
 
なるほど、自然な風味で、簡単で、これは確かに美味しかった。薄焼き卵やチーズ挟んでも絶対良い感じだと思う。
「吉野家」の
 牛丼(頭の大盛 つゆだく)
抹茶入り玄米茶
午前中は用事を済ませに船橋に。
 
向かう途中で「角上魚類」から今日のおすすめのメールが入って、「節分いわしが1尾60円だって。なめろうかなー」なんて話しつつ、用事を済ませた後に色々お買い物をしてきた。船橋は色々と便利。
 
朝から小雨だった空は途中で雪になって、そのうちもつもつとベタ雪が本降りに。これは寒いこれはやばいと夕飯は、おでんも仕込むことにした。
 
で、お昼御飯はテイクアウト吉野家。
 
正月にレトルトのを食べた時、「レトルトの牛丼、若干つゆだく気味で美味しいよね」って事になって、今日のテイクアウトもつゆだくにして貰った。発泡スチロールの容器に貼られたシールにしっかり「つゆだく」の文字が。
 
今のトレンドはむしろ「ねぎだく牛丼」らしいのだけど(んで私はあの牛丼の玉ねぎも大好きだけど!)、まあ追加料金払ってまでは要らないかな、っていう。
 
年明けてからもう3回くらい牛丼食べてる気がするけれど、好物なのだから仕方がない。
 
「なんか頻度上がったよねここのところ」
とだんなに言ったら、
「うん、だから平日昼間に吉野家行かなくなったよねー」
ですって。
 
そうか、だんなは平日の昼に食べられるんだな……。
だんな特製 節分いわしのなめろう
たこの炙り
おでん
日本酒(茨城 浦里酒造 霧筑波 初搾り うすにごり 無濾過生)
今日のおでんはあまり大量にならないようにと、さらさらっと。
 
角上魚類」で折良くセットの種が特売価格になっていたのでそれを1つ買って(ちまちまとおでんだねが2個ずつ7種類くらい入ってた)、大根は1/2本。
 
追加で入れたのは、のどぐろの天ぷら(=さつまあげ)4枚パックと桜海老天4個パック、ちくわ3本、はんぺん1枚、ちくわぶは2本といったところ。あとゆで卵3個。
 
おろして貰ったいわしはたったの3尾ですごく量があって、だんなが叩いてくれたなめろうは、「これ、お店で頼んだら1/4くらいの分量だよね?」というくらいのボリュームになった。薬味もたっぷり。
 
好物の炙りたこも買ってきて、もうこれはどっから見ても日本酒をお供にいただかなければならないという献立に。
 
ささっと支度したおでんは、今日は牛すじも入れなかったけれどそれでもなかなか幸せだったし、案外、練り物数種類と大根と卵で幸せなんだなと改めて思ったり。美味しそうと買ってきたのどぐろのさつまあげも素晴らしく美味しかった。ちょっと奮発した飛び魚入りのちくわも。
 
で、先週に買ってきた一升瓶のうすにごりは、実にあっさり空になった。いやむしろ足りないくらいだった。
一升瓶は2回で空けるものなんだな。仕方ない。

2020年1月17日金曜日

夜ジムに

バタートースト
炒めウィンナー&目玉焼き
ヨーグルト(明治北海道十勝ヨーグルト)
カフェオレ
今日は(来週の金曜も)だんなは飲み会で、
「あ、じゃあ夜にジム行ってきてもいい?金曜夜にパンプ60あるんだわ」
と息子に告げたら「全然良いよ」と。
 
今日はセンター試験の準備とやらで息子の大学はお休みだそうで、「なら一緒にジム行こうよ楽しくバーベル上げ下げしようよ」と誘ったのに「絶対嫌」なんですって。バーベル60分上げ下げするくらいなら自分のペースでマシンジムやるからと。
 
私の場合、自分に甘いから自分のペースでってしてしまうと手抜きになりがちで。だからスタジオプログラムが性に合ってるのよねー。そのあたりはほんと、人それぞれで。
 
で、それなら昼御飯夕御飯がきっとすごく軽くになるからと、朝御飯はしっかりめに、ウィンナーや目玉焼きも食べて。
 
最近、好物のチチヤスが全然特売価格になってくれないので、今朝は明治十勝ヨーグルト。可も無く不可も無い、ふつーのお味……。
きりたんぽ鍋の残り
麦茶
で、昼は昔々に買った太古のダイエットシェイク(当然消費期限過ぎてる……けどまあお腹壊さないので無問題……)の消費に励み、夕飯は鍋にちょこっと残っていたきりたんぽ鍋の残りに、1/2本残ってたきりたんぽを入れて、お椀に1杯、さらっと食べて。
 
健康系の雑誌やらwebサイトやらには「飢餓状態で運動する方が脂肪燃焼が捗る(朝起きて何も食べずに軽く運動するとか)」とか、「多少は炭水化物を口に入れてから動く方が良い」とか諸説あるけど、私としては、60分プログラムなら別に食べなくてもそこそこ動けるけど、45分2本となると、直前に餅半切れくらいは食べておかないとスタミナ切れおこすなという感じ。逆に食べ過ぎると動いていて気持ち悪くなってくるし。
 
ゆえに1/2本のきりたんぽはすごくちょうど良かったりした。おかげさまでプログラム後の水泳もざくざく泳げた。
 
warmup中小/squats大中&大プレート1/chest大小(+プッシュアップ)/back大小/triceps大プレート1&中プレート1(+プッシュアップ)/biceps中/lunges中プレート1/shoulders中プレート2&小プレート2/core中プレート1/cooldown無
 
というわけで、今日の写真はどせいさんの前でキリッとしているりゃんりゃんさん近影。もうすっかりおじさん猫だけど相変わらず美人です(しかも若干悪魔なみーちゃんと比べると天使のように穏やか……ほんといけめん……)。

2020年1月16日木曜日

鱈のプッタネスカ風

IKEA風ホットドッグ
ヨーグルト(ブルガリアヨーグルト 白桃)
カフェオレ
まだ2本だけ余ってたわと、今朝はIKEA風ホットドッグ。
 
キャベツ炒めて正調ホットドッグにしようかなとも思ったのだけど、つい手が勝手にいつものホットドッグセットを支度していた。まあ、らくちんだし。美味しいし。
 
我が家、ここ1年ほどのちょっとおかしな習慣で、「チチヤスヨーグルトの4個パックは、"チー坊"の顔をついてるのをだんなにあげる」という事をしている。
 
何かの時に、「"顔つき"のを用意しましたからね」と言いながら食卓に出したら「なんで顔!?」と笑って貰えたのでその後も「今日は残念ながら"顔"を切らしていて……」とか「今回は季節ものでクリスマスの"顔"でした」などと言いつつだんなの分はとにかく"顔"を出していて。
 
あいにく今日のブルガリアヨーグルトには、顔のイラストはついていなかった。"ブルガリア"の大きなロゴが2つのカップに跨がっていた。
「ねえ、"ブル"と"ガリア"ならどっちが上と思う?私、ブルと思うの」
「……"ガリア"じゃない?」
「確かに強そうな響きだしね……じゃあ"ガリア"の方をあげるね」
 
謎な習慣。
トリュフサラミ&パテ・ド・カンパーニュ
鱈のプッタネスカ風スパゲティ
クラムチャウダー
ビール(サントリー ザ・プレミアム・モルツ)
自家製クラムチャウダーが残っていたので、今日はそれに合わせた夕飯にしようかなと。
 
「トマトソースのスパゲティが食べたい気分だわ」と思い至って、具材は魚にしようかなと、お手頃価格の鱈を買ってきた。
 
鱈は両面香ばしく焼いて、にんにくと赤唐辛子とケッパーと水煮缶のトマト。プッタネスカ風に、ちょっとしっかり辛みをつけた。つい私はパスタを茹ですぎる(量的にね)傾向があるので、「そも私、70gくらいで良いんだわ」と今日は400g弱くらいの分量にしておいて(だって息子とだんなは150gくらいは食べるかなぁと)。
 
結果、鱈を3切れも入れてるのだからなかなか具沢山なソースで、今日も想定よりちょっと多めに出来上がってしまったのだった。まあ、今週はすとんすとん体重が落ちてる(水曜に2プログラム出るのがものすごく効く……あと金曜夜に行くのも効く……)からまあ良いやともりもり食べて、ビールも飲んで。
 
クラムチャウダーは、市販の"チャウダーの素"が半端に半箱手元にあったので使い切って作ったのだけど、クリームシチューはともかく、クラムチャウダーはゼロから作る方が好みな味になりそう。ちょっとわざとらしい貝の風味がこれじゃないんだよなあという感じなのだった。

2020年1月15日水曜日

きりたんぽー!

バタートースト
ヨーグルト(カップdeヤクルト)
今朝はシンプルバタートースト(だんなと息子はソーセージと卵つき)の朝御飯。
 
スーパーで試食販売していた期間限定品の「カップ de ヤクルト」なる、"食べるヤクルト"も食後用に出してみた。
 
これ、ヤクルトっぽくもありちゃんとヨーグルトっぽくもある、なんとも面白いもの。ヤクルトのヨーグルトと言えば「ソフール」が有名だけど、あれとは違う明らかにヤクルト味のヨーグルトなのだった。ちょっと面白くて、なんだかにやにやしながら食べてしまった。
 
そして毎週水曜は頑張ろうの日で、午後はジムでBODYCOMBAT45からのBODYPUMP45。
 
15年ぶりの再開のBODYCOMBATはまだまだまだまだ無様な動きしか出来てない気がするけれど、それでもスタミナは幾分かはついたかな。PUMPもおおむねいつも通りに最後まで頑張れたし。
 
warmup中小/squats大中&大プレート1/chest大小(+プッシュアップ)/back大→大小/lunges中プレート1/shoulders中プレート2&小プレート2/core中プレート1/cooldown無
 
それにしても新曲が楽しい。新曲のランジと肩が楽しい。
きりたんぽ鍋
 (きりたんぽ・鶏もも・芹・ごぼう・舞茸・長ねぎ・春雨)
日本酒(茨城 浦里酒造 霧筑波 初搾り うすにごり 無濾過生)
で、今日の夕飯の支度は相当にへろへろになっていると予想して、そしてそれなりに寒いという予報も出ていたこともあって、きりたんぽ鍋。
 
年末にスーパーで濃縮スープと常温保存可能なきりたんぽを買ってきてあったので、鶏肉(ほんとは比内地鶏だけど通販でもしないと到底買えないしそもそもお高い……)、ごぼう、舞茸、芹、長ねぎを支度して。
 
本当は白滝も入れるところ、まあ良いかなとスルーして「もし入れたかったら春雨入れてもいいよ」と卓上で告げたら、息子がいそいそ春雨を投入していた。
 
芹と舞茸という、香りが良いものをどっさり入れる幸せな北の鍋。
合わせたお酒は、一升瓶で買ってきた、筑波のお酒「霧筑波」。このうすにごりが美味しいよと「LITTLE SAKE SQUARE」の店長さんに教わって扱う酒屋に連休行ってきたわけだけど、一升瓶で2500円以下という価格のお手頃さで、とっても美味しいお酒だった。
 
なんというか、乳酸菌飲料。第一印象は水のような抵抗の無さで、でも後から口の中にふわっと香りや微妙な酸味が広がる感じ。これがベタッと甘かったらただのつまらないお酒になるところ、良い具合の切れ味があるものだから…………これは一升瓶、飲めてしまう危険なお酒。
 
四合瓶の扱いが無いからと一升瓶を買ってきたのだけど、あっさり5合以上飲めてしまった。だんなが止めてくれなかったら多分7合くらいは軽率に飲みまくっていた。
 
いかんなあ。美味しいなあ。また築地に買いに行かなくちゃ。

2020年1月14日火曜日

ポロ葱と豚フィレと

「ピーターパン」の
 コッペパンサンド(あんバター) \216
カフェオレ
連休最終日の昼下がりの「ピーターパン」は、それはそれは大混雑だった。
 
私が一人買い物に行く時は平日午前中が多くて、そのタイミングなら混んでいると言ってもたかが知れてるのだけど、週末は本当にすごい。駐車場も満車で、ナンバープレートはやけに遠方の地名が記されているのも多々あったりして。
 
店内ぎゅうぎゅう、4つあるレジでもさばき切れなくて屋外にまでレジが2台追加で設置されてるくらいの有様で、だからパンを選ぶ余裕もなく、
「あんバターにしようか」
「頼めば終わるしね」
ということで、なし崩し的に家族皆あんバターということに。
 
サンドイッチコーナーのカウンターに向かって、「コッペパンサンド、ダブルで」とお願いして、あとは「粒あんとバターで」とお願いすればあとは待つだけ。
 
レジの行列を待っている間にサンドもめでたく仕上がって、ちょっと久しぶりなコッペパンあんバターを堪能する週明けの朝だった。
 
バターの分量とか、絶妙に良いあんばいで美味しいのよね。パンはふかふかやわらかで。
ロメインレタスのサラダ
スペックを巻いた豚フィレのグリリア ポロ葱のソースで
具沢山クラムチャウダー
ビール(サントリー ザ・プレミアム・モルツ)
 
「足立音衛門」の栗のガレット・デ・ロワ
カフェオレ
今日は、先日の料理教室の復習を。
 
日本橋高島屋の八百屋さんでそこそこお手頃価格だった(1本500円弱)ポロ葱使って、じゃがいもと共に柔らかく炒め煮してブレンダーにかけ、その上には美味しい豚ヒレ肉を生ハムで巻いてソテーしたものを。
 
生ハムをうっかり週末の間に買い忘れて、今日になって気付いたものだから、
「ごっめーん息子!生ハム買ってきて、帰り途中のカルディに寄ってくれたら絶対あるから!
」とお願いしたら、切り落とししか無かったそうで。
 
そうだねカルディのお安い生ハムって切り落としだったよねと、それを巻こうとしたのだけれど、切り落とし生ハムはやっぱり切り落としなのだった。
 
ぽそぽそぽろぽろ、全然綺麗に巻けなくて、だったらレッスンで「塊のままでも調理できます」と教わった通りに、アルミホイルに生ハム並べて、肉を巻いてオーブン焼きに。
 
でも多分、生ハムがまだ冷たかったからだと思う。だんなが帰宅する頃合いになってもいまいち中まで火が通ってくれなかったので、最後は無理矢理輪切りにしてソテーした。
 
そんな感じに若干グダグダになったものの、肉そのものは文句なしに美味しかったし、ちゃんと手間かけて作ったポロ葱のピュレも美味しくできた。ちょっと黄色くなってしまったのは、使ったじゃがいもが黄色み濃厚なものだったせい(あと葱の中心もちょっと緑色になっていたから多分そのせい……)。
 
まだセロリが手元にあるしとクラムチャウダーを作りたい気分だったので、買い置きのあさりの水煮缶と殻つきあさりの両方を使って人参、ベーコン、きのこなども使いつつ具沢山クラムチャウダーを。
 
サラダも添えて、なかなかに野菜たっぷり夕御飯。そっと米飯は抜きにしておいた(でも食後にガレット・デ・ロワは食べたけどね!)。

2020年1月13日月曜日

おうち手巻き寿司

カレーうどん
麦茶
三連休最終日の今日は、予定も無くて一日のんびり予定。
 
ほんの少しだけ残っていたポークカレー、食べちゃいましょうとだんながカレーうどんに加工してくれた。カレーうどんは大抵私が作っていたから、なんだか新鮮。
 
だし味濃厚で、嬉しいことに肉も多少残っていたからちょっとリッチなカレーうどん。
 
私はつい、カレーうどんは蕎麦屋さんの味を目指してしまって醤油と味醂をけっこう入れてしまうのだけど、だんなの作ったカレーうどんはそれよりはカレー味濃いめの味わい。
 
おいしかったー。
津田沼「モスバーガー」にて
 モス野菜バーガー
 モスチキン・ドリンクセット(シャインマスカットソーダ)
で、お昼は「買い物がてら駅前のバーキンとかどうですか?」とだんなに提案したら「……バーキンより、モスバーガー?」と。
 
モスバーガー、あるにはあるけど駅前の買い物エリアからは若干遠く、ちょっと行くのが面倒で。
でもモスバーガーに足を伸ばしついでに同じ方向にあるピーターパンでパンも買えば宜しいのではと、てくてく歩いて行ってきた。
 
モスバーガー、とってもとっても久しぶり。
 
大学時代に散々食べたテリヤキチキンバーガーも良いなと心揺れたけど、今日はモスチキンも食べたかったので、これまた好物のモス野菜バーガーにしておいた。
 
レタスたっぷりトマト厚切り、良い感じ。
 
期間限定商品のマスカットソーダを飲み飲み、これもお久しぶりのモスチキンにも齧り付いて。
 
でも、モスチキン、ちょっと味が変わった?前ほどの生姜醤油味が薄くなって、衣の感じもなんだか少し変わったような。
 
「……モスチキン、昔の方が美味しかった気がする」
と呟いたら、だんなも激しく頷いていた。
おうち手巻き寿司
 本まぐろ盛り・ぶり・サーモン・帆立・イカ・海老
 自家製いくら・玉子焼き・でんぶ
 アボカド・きゅうり・スプラウト・揚げ玉
あん肝のみそ漬
日本酒(岐阜 高木酒造 初緑 純米山廃 無濾過生原酒 限定30BY)
連休中に家で手巻き寿司をやろう、という話になって、なら最終日ですかねと。
 
角上魚類」で手巻き寿司用のネタセットと本まぐろの盛り合わせを買ってきて、あとは家手巻き寿司ならではのものをあれこれ支度。
 
アボカド、きゅうり、揚げ玉は必須。自家製いくらも冷凍庫にまだもりもり入っているのでそれも出して。
 
海老と玉子ときゅうり、揚げ玉、アボカド、マヨネーズあたりを一緒に巻けば、アメリカ人が好きな"crunchy shrimp roll"っぽくなって、それがまた美味しくて。
 
日本酒飲み飲みこれもつまみに出そうと開けてみたのは、一昨日、千駄木の酒屋さんで見つけて買ってきた「あん肝のみそ漬」。
 
同じシリーズで「クリームチーズのみそ漬」「燻鴨(かおりがも)のみそ漬」などもあって、全部が美味しそうだった。パッケージもお洒落で。
 
これが期待以上に素晴らしき酒の肴で、上品かつ濃厚な味噌の風味がしっかり染みたあん肝は、とろけるような口当たりで。
 
容器に残った味噌はパスタソースなどにどうぞとパッケージに記されていて、ざく切りきゅうりをつけつつ食べた。最後まで美味しかったわ……幸せ。

2020年1月12日日曜日

かた焼きそば夕御飯

「オリミネベーカーズ」の
 ミルキーフランス \198
カフェオレ
昨日築地(聖路加病院近く)を歩いていたら、とても可愛いパン屋さんを見つけた。
 
「美味しそう……あ、けっこう安いかも」
と、寄ってみたのは「オリミネベーカーズ」というお店。あの界隈に3店舗ほど展開しているらしい。
 
あーこれ食べるー絶対これ食べるーと私が選んだのは「ミルキーフランス」。バターと練乳で作った濃厚なミルクバターをバゲットにサンドした品だそうで、私が好きな要素しか詰まっていない幸せなパンだった。
 
バターがしこたまサンドされてるのにお値段200円しなかった。練乳風味もたっぷりで、とても幸せなパンだった。
普段は歩かない街を歩くのって楽しいわ。
磯辺焼き
煎茶
そして外出しなかった午前中、どうしよう適当にありもので昼御飯にしましょうかと、だんなが年明けに友人から貰ってきた手作り餅を焼いてみることにした。
 
なんでも茨城のお人だそうで、普通の角餅と、もう一つ、緑っぽい角餅が。
「たがね餅」と言うそうで、青海苔が入ってて、うるち米も加えて作る、ちょっと粒々した餅なんですって。
 
普通に磯辺にしちゃって良いのかなーと思いつつ、こんがり焼いて醤油つけて海苔巻いて。
ちゃんと青海苔の風味が漂う、ちょっと独特な食感の美味しいお餅だった。
 
で、午後にはなんと私、今週4回目(月水金日)のジム。だんなと一緒にBODYPUMP60に出てきた。
 
今月は新曲シーズンで、どのクラスに出てもBODYPUMPは同じ曲セットが流れるのだけど、全体的に楽しい内容なので行くのが全然苦にならない。
 
だんなは30分クラスでしか新曲をやってなかったので、
「えっとねーランジも肩もプレートだけ。アームカール長くてきついよ、パルス地獄だよ。あとトライセプスは腕立て伏せから足バタバタさせる動きがある」
などと指南しつつ。
 
warmup中小/squats大中&大プレート/chest大小+プッシュアップ/back大小/triceps大プレート&中プレート+プッシュアップ/biceps中/lunges中プレート/shoulders中プレート2&小プレート2/core中プレート/cooldown無
 
「通常のアームカールは4分くらいですが、今回、5分39秒あります!なぜ1分39秒長いのか!僕にも解りません!」
などとイントラ氏がおっしゃる中、今日も頑張ってきた。
たたききゅうり w/食べるオリーブ油&マヨネーズ
だんな特製 あんかけ焼きそば
わかめと卵の中華スープ(インスタント)
ビール(キリン クラシックラガー)
 
「足立音衛門」の栗のガレット・デ・ロワ
カフェオレ
そして夕飯は、「なんかこう……かた焼きそばっぽいものが食べたい」という私のリクエストで、だんながあんかけ焼きそばを作ってくれた。
 
手持ちのキャベツと人参に、スナップえんどう、豚肉、シーフードミックスを足す形で、麺はスーパーに売っていた良い感じの太麺のかた焼きそば麺。
 
ジム後でお腹が空きまくっちゃって、でも焼きそばを大量には食べたくなかったものだから、きゅうりもたっぷり買ってきた。3本を塩揉みからの乱切りにして、「食べるオリーブ油」とマヨネーズを好みで添える感じにして。
 
うっかりうずらの卵を買ってくるのを忘れてしまったから、せめてもと、だんなの名古屋出張土産の「みそたま」をおつまみに出して、スープは簡単インスタント。
 
私はほとんど手を動かすことなく、美味しい夕飯がいただけてしまった。ああ幸せ。焼きそばおいしい。
 
そして食後、「足立音衛門」のちょっと和風なガレット・デ・ロワ、栗入りのものをデザートに。
 
別添のフェーヴは、紙袋に入ったフランスパンっぽいもの。
 
中にたっぷりの栗が入っているからか、アーモンドが仕込まれているということもなく、これも先日買ったものと同じく「フェーヴは自分でパイに埋めてね!」というスタイルだった。
 
まあ、エピファニーも過ぎてしまったし、わざわざ埋めたらパイが崩れそうだしねとそのまま均等に分けて1/6切れずつもぐもぐと。
 
”栗入りのガレット・デ・ロワ"どころか、"栗の隙間にアーモンドクリーム"ってくらいに本当に栗がたっぷり。
 
砂糖は和三盆を使ったりもしているそうで、でもパイのさくさく加減とか塩気、アーモンドクリームの味わいだとかはちゃんとしっかりガレット・デ・ロワ。
 
今年は2種類買えたこの新年のお菓子、どちらも美味しくて何よりだった。

2020年1月11日土曜日

焼肉、ビール、酒屋さん

今日はドイツビールの飲み放題!
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「365日と日本橋」の
 あんブルサン \260
 クロックムッシュ \480 1/3切れ
 ハムエッグ\230 1/3切れ
カフェオレ
昨日は日本橋高島屋の「365日と日本橋」で朝食のお買い物。
 
一時期は夕方には完売御礼だったこのお店も、やっと落ち着いたのか、午後4時頃に着いてもしっかり商品がショーケースに残っていた。
 
パンは自分でトレイに乗せるのではなく店員さんに取ってもらうのだけど、ゆえに奥の冷蔵ケースい入っているパンなんかは見ることができない(というか存在にも気付かない)まま注文しなきゃいけないのが難易度高い。
 
今回はちゃんと覚えていたので、「あの冷蔵ケースの中にあるあんバター系のパン、まだありますか?」と尋ねて、ございますよの声に「じゃあそれ3つと」とお願いして買ってきたのだった。
 
美味しいですよ、365日の「アンプルサン」。 正式名称「アンプルサン」。
 
ソンプルサンというパンに自家製粒あんとバターをサンドしているので「アンプルサン」。
 
バターがたっぷり層になり、しっかり粒の残った、いくらかさっぱり味のあんこがとても良い感じ。パンはもちっと独特食感で。
 
やや小ぶりのパンなので、しょっぱい系もと、ハムエッグとクロックムッシュも買ってきて、3等分して家族で分けつつ。
 
ハムエッグは、このお店の小ぶりの食パンをスライスしたものに、たまごサラダと自家製ハムとグリュイエールチーズ。クロックムッシュは自家製ハムとベシャメルソースとグリュイエールチーズ。
 
まあなかなか良いお値段だったけれど、良いお値段だけある美味しさでもあった。クロックムッシュのたっぷりかかったベシャメルソースが良い感じ。週末の朝だし、ちょっと贅沢しても良いよね。
秋葉原「焼肉の牛太 本陣」にて
 和牛ロースセット \1100
 タン塩 \520
 ランチビール \200
そして今日は息子も外出だそうなので、「じゃあ共同購入クーポン使っちゃおうか」「ついでに行きたかった酒屋巡りもしよう」と私とだんなも昼からお出かけ。
 
秋葉原のヨドバシカメラにも用事があった(11月に買った耐水ウォークマンが充電できなくなったので修理依頼に……)ので、そのあたりで昼御飯にしましょうかと、お気に入りの「焼肉の牛太 本陣 ヨドバシアキバ店」で焼き肉ランチにした。
 
秋葉原の「焼肉の牛太 本陣」、ランチはこれがぜーんぶ食べ放題! 何が素晴らしいってこのお店、ランチタイムはナムルとキムチがセルフサービスで食べ放題。
 
しかもライスとスープのお代わりも無料とあって、ビビンバがしこたま堪能できるのだった。
 
写真手前、左からニラキムチ、白菜キムチ、カクテキ、オイキムチ。
奥がナムルで小松菜、ぜんまい、豆もやし、そして大根と人参の甘酢漬け。
 
デザートとサラダもついていますよ。 胡麻油の風味のいかにもなサラダとブルーベリーソースを添えたミニ杏仁豆腐もついてきて、私の頼んだ和牛ロースセットはたったの1100円。
 
御飯と同じくらいの野菜を乗せてまりまりとビビンバを堪能したらさすがに満腹になりそうで、だんなに御飯の消費を手伝って貰ったくらいだった。キムチ類もちゃんと美味しいし。
 
ロースはこんな感じ。このお店はカルビの方が満足度高いかなー。 地元の気に入りの焼き肉屋さんはロースでも充分脂が乗ってるから「カルビじゃなくロースで良いね」という印象だけれど、この店はやや赤身肉寄り。
 
ランチにさらっと食べる分にはカルビの方が満足感は高いかも?
 
で、食後はまずは築地に移動して、「勝鬨酒販」に。ここではお目当てだった「霧筑波」の初搾りうすにごりを買って、うっかり見つけてしまった「雪の茅舎」の"美酒の設計"を買い。
 
そして千駄木の「伊勢五本店」を目指し、「多賀治」の雄町純米と「七賢」の空ノ彩を買ってきた。
 
どちらも初めて訪れた酒屋さんなのだけど、どちらも良い雰囲気の良い酒屋さんだった。もっとご近所にあったら足繁く通うのは必至という感じ。
 
秋田のどっかの、新政の空瓶ばっかり自慢たらしく並べていた酒屋さんとは大違い(←割と根に持ってるし、ほんとああいう嫌らしい酒屋は滅びてしまえと心底思う)。
赤坂見附「SCHMATZ 赤坂」にて
 シュマッツコース w/プレミアム飲み放題
     \7150→\4000→\3500
新しいスニーカー(ジム用)も買ったし、明日のパンも買ったしで、大荷物で夕飯は赤坂見附。
 
共同購入クーポンサイト「LUXA」で昨秋に買ってあった「【2店舗利用可/ドイツクラフトビール全8種ほか/180分飲み放題】ビアテンダーが注ぐ本格ビールで乾杯を。本場ドイツ料理、グリルソーセージなど全7品《180分プレミアム飲み放題付シュマッツコース》」というクーポン使って、3500円で3時間、ドイツビール8種類が飲み放題にドイツ料理の充実コースという素敵な内容を楽しんできた。本来価格は7150円もするものだったみたいで、たいそうお得。
 
お店は「SCHMATZ 赤坂」、渋谷などにも店舗があるのだそう。オリジナルビールを日本国内で醸造していて、そのオリジナルビール含むドイツビールが多種類いただけるという、ビール好きにはとても嬉しい選択肢の多さだった。
 
出てきた料理はこんな感じ(説明文はクーポン説明に添えられていたもの)。
 
  • ドイツ風シャルキュトリボード
    木づちでクラッカーを割って楽しく召し上がれ。
    生ハム・サラミとザワークラウト、ピクルスのボードです。
  • 名物ザワークラウトサラダ
    ザワークラウトの酸味がサラダにぴったりの人気料理です。
  • グリルソーセージ盛り合わせ
    肉厚、ジューシーな本格ドイツソーセージの贅沢な盛り合わせです。
    チーズ、ハーブ、スモーク。
  • トマトのマリネ
    さっぱりトマトでお口直し。
  • 大人気シュニッツェルパルミジャーナ
    サックリ揚がったカツレツにトマトソース、濃厚チーズをたっぷりトッピング。
    食べごたえある自慢の一品です。
  • シェフのおすすめピザまたはパスタ
    きのことベーコンのピザ
  • 本日のデザート
    ブラックビアソースのバニラアイス
 
お店の方曰く、3~4人で食べるくらいの分量の量があるそうで、同じプランで食べていたらしい他テーブルのお客さんはピザをパスして帰っていったのだそう。
 
私たちは全部食べきったし(あ、ザワークラウトだけは食べきれなかった……最初の3皿全部にもりもり盛られてでてきたものだから……)、私はビールを6杯飲んだ。ダイエットはこの数時間はおもいっっきり、忘れました。
 
木製ハンマーがついてくる、楽しい前菜。 面白かったのは、木槌が添えられて出てきた前菜、シャルキュトリボード。
 
生ハムやサラミの下にはドーム型に揚げられたクラッカー(これ、ピザ生地を使ったものだと思う。
 
食感とか塩気とか)が隠されていて、それを木槌でぱこぱこ叩いて割りながらいただくという趣向。
 
自家製のザワークラウトは酸味が控えめで良い感じだし、隣にはピクルスも。
 
このザワークラウトをたっぷり乗せたサラダに、トマト丸々1個使ったマリネにと野菜もたんまりいただけて、幸せだったのはシュニッツェルもさることながら、今日の一番上の写真のソーセージ。
 
おまかせ盛りで出てきたのは、左からチーズ、スモーク、ハーブのフレーバーで、他にはにんにく&ナツメグのシポラタ、サルシッチャバジル、ハバネロ、ピザ風味、ヴァイスヴルストがあるそう。ソーセージ3種盛りの通常価格は1650円。
ドイツと言えばこれ、のカリーヴルストもちゃんとメニューに載っていた。
 
薄焼きぱりぱりピッツァ。きのことベーコン、ビールに合います。 ビールにすこぶる似合う薄焼きピッツァは、きのことベーコン。
 
お店のオリジナルグラス(容量は360mlとうかがった)でくいくい飲んだビールは、大好きなヴァイツェンスタート、ヴァイツェンシメで。
 
エルディンガー(ヴァイツェン)、ビットブルガー(ピルスナー)、ヴァルドリング(エクスポート)、ヘルツ(デュンケル)、フェルンヴェー(ペールエール)、エルディンガー(ヴァイツェン)
 
といただいて、結局のところ一番好みだったのはヴァイツェンだったわけだけど、ペールエールもすごく良かった。もうちょっと苦みが控えめだったら好みど真ん中。
 
このペールエールのヘルンヴェーはこの店オリジナルのものだそうで、そういうのがいただけるのは嬉しいね。
 
ビール風味のアイスクリーム!しょっぱいプレッツェルも添えて。 デザートも素敵で、なんと黒ビールを煮詰めたほろ苦カラメルみたいなソースをかけたバニラアイス。
 
小さなプレッツェルも添えられていて、最後までしっかりドイツだった。
 
このお店、とってもお得なハッピーアワーもあるそうで、夕方早めにちらっと飲みに来るのにとても良さそう。
良いお店でした……♪

2020年1月10日金曜日

新春料理教室

とっても可愛い手打ちパスタを教わってきましたよ。
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
IKEA風ホットドッグ
ヨーグルト(チチヤス クラシック)
カフェオレ
10本あるとなかなか減らないなあ……なんて思いつつの、今朝はIKEA風ホットドッグ3回目。でもまだ2本残っているという(息子が寝ていて食べない日があったからね)。
 
開けたばかりのイケアのフライドオニオンが何故か今回は湿気たような食感で(使い切る前の数ヶ月使っていたものの方がむしろカリカリだった)、でも高いものじゃないし返品とかクレームとかはめんどくさく、珪藻土のタブレットあたり埋めておけばカリカリになったり……しないかな。諦めてもう一回買って来ようかしら。揚げ玉ねぎがカリカリじゃないのはちょっと悲しい。
田中玉緒さんのお料理教室
 長谷川農園のマッシュルームをのせた
     アボカドとゴルゴンゾーラのクリームのブルスケッタ
 自家製コンソメ
 マッロレッドゥス 鶏とイタリア栗のクリームソース
 マッロレッドゥス ツナとアーティチョークのトマトソース
 スペックを巻いた豚フィレのグリリア ポロ葱のソースで
 抹茶のアッフォガート
 アーモンドショコラ
 中国茶
 白ワイン(Terre Bianche Alghero Torbato 2018)
 赤ワイン(Cannonau di Sardegna Riserva 2016)
今日は田中玉緒さんのお料理教室。
 
昨日、若干急ぎで↑のwebサイトの表紙写真の並べ替えとかキャプチャー入れだとかのお手伝いをしていたから、「ああ、こんな料理がいただけるのね」と楽しみにしていたのだった。あ、写真にはタコが入ってるけど、これは11月のお料理で(今月の豚とどっちが良いでしょうねとテストした結果タコですね!と)。
 
こんなスープ、おうちで作れたらきっと幸せ。 スターターは、見た目シンプルながら奥深い濃厚な美味しさの、自家製コンソメ
 
野菜たっぷり牛すね肉たっぷりで、多めの材料で短めの分数炊いて仕上げていく作り方を教えていただいた。
 
……けど、4人分ほどのスープを取るのに、時間はともかくとして材料費が1000円以上。美味しいけど、素晴らしく贅沢で、他の生徒さんらとわいわい、
 
「そのお肉って捨てるんですよね……?」
「ひい……贅沢……」
「何かに使えませんかね」
「ミートソースとか」
 
と、思わず語ってしまったり。確かに"だしがら"なわけだから、旨味はどこかに消えてるのだろうけど(あと、卵白でアクもたんまり吸い込んでるわけで)……でも、ドライカレーくらいにはならないかしら。どうかしら。
 
そしてお隣の可愛いブルスケッタは、アボカドとゴルゴンゾーラという素敵な組み合わせのクリームに、これまた美味しいマッシュルームをトッピングしたもの。
 
いかにも郷土料理という風合いの可愛いパスタ、マッロレッドゥス。 そして、11月のクルル・ジョネスに続いて、これもサルデーニャの手打ちパスタ、「マッロレッドゥス」。
 
クルルジョネスは語感が可愛いからすぐ覚えたけど、このマッロレッドゥスは舌噛みそうで、多分私は覚えては居られない。
一般的には「ニョケッティ・サルディ(=サルデーニャの小さなニョッキ)」と呼ばれているんですって。
 
大根おろしみたいなサイズの筋状の凹凸が入った板の上に押しつけて作る、もちっとした巻き貝みたいな可愛いパスタ。わざわざ専用の器具を買わずとも、日本の"巻きす"を使えば(若干の凹凸の差こそあれ)作れるそうで、実際、実習させて貰ったら案外と簡単に出来るものだった。
 
ソースは定番の「ツナとアーティチョークのトマトソース」に加え、こちらはきっと日本人好みな「鶏とイタリア栗のクリームソース」の2種類で。
 
合わせた白ワインもサルデーニャのもので、良い意味での固さを感じる、硬質なキリリとしたワインだった。ほんのり苦さもある白ワインで、温度を上げるとまたふわっと良い香りが広がっていくのが良い感じ。
 
同じ蔵の赤ワインは、セコンドの豚に合わせて。確かに豚やポロ葱のソースに合っていたものの、こちらはベリー系の香りや酸味のあるタイプ。私はベリー系の風味はあんまり得意ではないので、今月は白ワインの方が数段好みだなと思ったのだった。
 
贅沢にスペックを巻いてソテーした豚フィレにはポロ葱たっぷりソースで。 調理法の言い回しとして最近流行っているのだという、"Vellutata(ヴェッルタータ=ビロードのような)"をポロ葱とじゃがいもで作った、昔ながらの言い方で言えば、ピュレを添えた、豚フィレのグリリア。
 
私は、台湾の素食の、肉魚はおろか「葱やにんにくも使いません」のコンセプトには「あ、駄目ですそれは駄目、葱は食べます食べられないなら死を選びます」ってくらいには、葱系の野菜が大好き。
勿論、ポロ葱も大好き。
 
(余談だけど、同様に、ダイエットで"乳製品は硬質系チーズ以外は全て駄目"なんて言われるのもその瞬間に発狂する私……)
 
柔らかく甘く炊かれた葱のソースに、スペック(トレンティーノアルトアディジェの燻製香のある生ハム)を巻いた松坂ポークのフィレ肉は、柔らかでジューシーで風味も良くて。最近はフィレも美味しいなと思えるようになったお年頃……。
 
ちょっと和の雰囲気なドルチェでおしまい。 そしてドルチェはほんのり和風に、抹茶のアッフォガート。
 
最後の中国茶と一緒に供されたのは、ほろ苦カリカリなアーモンドショコラ。
 
ナターレ(クリスマス)に続いて今月も黒のシックなテーブルクロスだったけれど、お花が変われば随分印象が違うもので、今日はとても新春らしい華やいだテーブルになっていた。
 
今月は紅白のめでたいカラーなダリアがとても印象的 今日もちらっと居残りしていたので、他の生徒さんたちが帰られた後のテーブルを撮影。
 
シダの白がテーブルクロスによく映えて、大輪のダリアがとても良くアクセント。
 
私も、年末にスーパーで買った正月花を別のにしようかなーと考えながら帰宅した。でも我が家界隈は、ちょっとお洒落な花屋というと某アオヤマしか無くて、そして私はアオヤマがあんまり好きではないという……(だって花保ち悪いんだもの)。
「キュルノンチュエ デリ スギモト」の
 きのこと生ハムのキッシュ
アイスコーヒー
美味しいパンと、あと適当に夕飯買って帰ろうと、今日は日本橋経由で帰宅した。
 
高島屋で「365日と日本橋」のパンを買い、そして地下食料品売り場をぷらぷら歩いて、夕方の見切り品タイミングになっていた「キュルノンチュエ デリ スギモト」で和牛使用の牛丼(300円引き!)ときのこと生ハムのキッシュ(50%OFF!)を買ってきた。
 
白飯はもう食べなくて良いし、おつまみくらいで良いかなーと、牛丼は息子に食べさせるつもりでそんな感じの買い物をしたところで、「あれ、今日、帰宅したら私はジムに行けるのでは?」と。
 
だんなは飲み会で不在だし、息子の分の弁当も買ってしまったしで、帰宅した息子に「おかーさん、これからジム行ってくるね!」と宣言して、出かける支度をした。
 
キッシュは90度分もあってお値段350円ほどと嬉しい感じになっていたので、半分は息子に押しつけようと、残り半分を軽く魚焼きグリルで温めて。
さすがお肉屋さんの惣菜屋さん、ハムの旨味が濃厚で塩気もしっかりめ。濃いめの味の美味しいキッシュだった。
 
ジムはBODYPUMP60、教え方の上手いKさんがイントラで入ってる枠だし、45分しかしてなかった新曲の60分コースだしで、一昨日の筋肉痛もあらかた消えていたのを幸い、でもちょっとは残っていたので無理はしない方向で。
 
78 warmup中小/squats大中&大プレート/chest大(+プッシュアップ)/back大→大小/triceps大プレート&中プレート(+プッシュアップ)/biceps中/lunges中プレート/shoulders中プレート2&小プレート2/core無/cooldown無
 
初めてやった新曲のトライセプスは腕立て伏せの体勢で足を動かす動作(ジャックと言うらしい?)があったり、バイセプスは地味ながらパルスが多くてぷるぷるしたり、そんな感じ。
 
「長くBODYPUMPをご参加いただいている方にはお解りかと思いますが、オペラ座に次ぐ、ちょっと不思議~な曲です」
というバイセプスの曲(Apashe - Dies Irae feat. Black Prez)が、ああ、なるほど……と。個人的には、今回の新曲は肩が良いな。とっても良いな。曲も好きだしコリオも良い。
 
予定外だったジムで途中でスマートウォッチが電池切れになって力尽きてしまう中、しっかり泳いでしっかり入浴して、2時間ほどのワークアウト。週2プランではなく行き放題プランに変えた途端に週3回行くようになった私はなかなかえらい。

2020年1月9日木曜日

ごろごろトッピングカレー

豚味噌うどん
麦茶
朝御飯は、冬にはとても嬉しい豚味噌うどん。
 
最近は夜に食べるうちに肉を食べきれないことがままあって(私が若干控えているせいなのかなこれは……)、だから今朝のうどんも肉がごろごろ。
 
麺もひっそり息子に多めに押しつけながら、葱たっぷり粗挽き黒胡椒たっぷりで美味しくいただいた。
「RF1」の京野菜入り緑の30品目サラダ
生ハム w/缶詰桃
ポークカレー w/チキンカツ
刻み野菜たっぷりスープ
ビール(サッポロ黒ラベル)
今日はカレーの残りがあるし、スープもあるしで簡単夕御飯。
 
ロメインレタスのサラダは作れるけれど、なんだか別のものが食べたいなあと、「カレーに合わせるサラダを買ってきてくださーい」と帰宅途中のだんなにお願いして、「RF1」のサラダを買ってきてもらった。
 
おまかせで選んで貰ったのは、「京野菜入り緑の30品目サラダ」、ドレッシングは「青柚子香る 塩麹と千鳥酢のドレッシング」だそうで、とっても和風味。サラダ自体にも柚子が入っていて、ほろ苦酸っぱい美味しいサラダだった。ここのサラダ、お高いなあと思うけど、自分でこの量この種類の野菜を支度するのはやっぱり大変なので、有り難いと言えば有り難い……。
 
で、カレーにはほうれん草を入れたいなとちぢみほうれん草を茹でて加え、昼に出かけた覗いたお肉屋でわらじサイズのチキンカツがお値打ち価格だったので、ついそれも買い。
 
ざくざくカットして家族3人5切れずつ乗せてもなお余るくらいのボリュームのカツで、私もしっかり食べてしまった。あ、揚げ物美味しい。揚げ物ポイズン。

2020年1月8日水曜日

いくらローストビーフ丼

IKEA風ホットドッグ
ヨーグルト(チチヤス クラシック)
カフェオレ
今朝は、10本セットなのでまだまだあるよのIKEA風ホットドッグ。
 
揚げ玉ねぎも刻みピクルスもホットドッグ以外に使うシーンがあるので着々と減る中、私とだんなは勿論、ホットドッグにもしっかり乗せる。
 
息子は乗せない方が好みらしく、いつもプレーンなチーズドッグ。マスタードも使わない。
 
色々入れた方が美味しいのになーと、私は思うのだけどもね。
 
そして今日はジムに行こうと、BODYCOMBAT45からのBODYPUMP45をハシゴして。水泳も入れたら、消費カロリー(スマートウォッチの計算値で)700kcal。
 
クリスマスでの"15年ぶりのコンバット"はろくに動けなかった挙げ句にその後数日激しい筋肉痛になったけど、やっと身体が思い出してくれたのか今日はそれほどにはしんどくなく。新曲(82)も割と好きな感じだった。
 
で、調子が良かったものだから、続くパンプも負荷を落とさずに
 
warmup中小/squats大中&大プレート1/chest大小+プッシュアップ/back大小/lunges中プレート/shoulders小プレート2/core無/cooldown無
 
こんな感じで。肩だけはコンバットで疲れて腕が上がらなくなりつつあったので無理をするのは止めておいた。
 
ふと思って、「ジム再開する前、最後に行った時はどうだったのかな」と日記ひっくり返したら、2016年9月の絶賛四十肩状況下では
 
warmup小/squats中/chest中/back中/triceps小/biceps小/lunges小/shoulders小(小)/core無/cooldown無
 
という感じだったみたいで。
 
その時より今の私は頑張ってるわ、と、ちょっと嬉しくなったのだった。四十肩もどっか遠くに行ってくれたみたいだし。
二度と帰ってきてくれなくて結構だよ、四十肩。
ローストビーフ丼
刻み野菜たっぷりスープ
「角上魚類」の
 銀鮭マリネ
 ポテトサラダ
麦茶
今日は息子と2人の夕御飯。
スープは鍋にたっぷりあるし、副菜も昨日のうちに色々買ってきたし、そして今日は元々ジム2プログラムハシゴするつもりで居たしと、できるだけ手間なく食事の支度ができるようにと、ローストビーフ丼。
 
仔牛ヒレ肉の低温調理がまだ残っていたので、それを薄く薄く切って、卵黄と市販のローストビーフソース、あとは手製のヨーグルトソース(ヨーグルト+マヨネーズ+レモン汁+塩+おろしにんにく)でそれっぽく。
 
「なんかさ、ローストビーフにいくら乗ってる料理あったよね。なんか一時期ブームだったよね?」
「うん、悪くないと思う」
 
と息子に承諾貰ったので、仕上げに卵黄落とすところでいくらも一緒に乗せてみたりして。
 
かいわれ大根と、炒り胡麻を散らすのは、どっかのそれっぽい店の盛りつけを参考にして、そして小どんぶり入りの私の分、大どんぶり入りの息子の分、器も変えて2つ支度した。
 
それに具沢山スープとポテサラと鮭のマリネを添えたから、なかなかのボリューム。
御飯を小盛りにしても思った以上に食べ応えがあった夕飯で、たいそう満足。
 
そして今日のジム後の体重計はまた最低ラインを更新したのでますます満足。
派手なリバウンドもなく、無事に年末年始を乗り切れました。

2020年1月7日火曜日

いつもの七草粥

中華風七草粥 w/皮蛋・油条・香菜
麦茶
今日は七草粥の日。
 
あいにくだんなは朝ジムの曜日なので、「夕飯にちょっと食べるから残しておいて!」と言い置いて出かけていった。
 
今日から通学の息子は8時半に朝御飯なので、それに合わせて7時過ぎから鍋を火にかけて。
 
我が家のは毎年毎年中華風と決めていて、前日のうちに米にごま油を絡め、干し貝柱を合わせたところに水をたっぷり注いでおいておく。それを火にかけ、かき混ぜずに1時間ほど炊いていき、最後に蕪と大根、それ以外の葉ものを時間差で加えてできあがり。
 
添えるのは、これまたいつもの、皮蛋と油条(横浜中華街で買ってきたのを冷凍常備してあるもの)、そして香菜。
 
もはや七草粥とは若干別物だけれど(香菜入って八草だし)、これが美味しく思うし、あと、油条が入る分、若干は腹持ちが良くなるかなというのもあり。
 
「それでも10時頃にはお腹空くんだよなぁ」
「まあ、そういうもんだよお粥だもの」
 
と息子と話しつつ、さぱさぱと平らげた。
ロメインレタスのサラダ
豚バラカレー
刻み野菜たっぷりスープ
ビール(サッポロ黒ラベル)
 
「ル・パティシエ ヨコヤマ」の
 ガレット・デ・ロワ
カフェオレ
おせちに飽きたら……って、おせち食べてないけど、年が明けたやる気のない平日を頑張るためにもカレーかなと。
 
豚バラブロック買ってきて、今回は圧力鍋は使わずに。
 
一口大に切った豚肉にはカレー粉と塩胡椒を揉み込んでからしっかり全面を焼いて、玉ねぎ(第一陣)と人参加えて炒めたら分量の水を加えて煮込むこと1時間。
 
玉ねぎ(第二陣)とじゃがいもを入れて10分煮たら、市販のルウを溶かしてできあがり。今日は買い置きの熟カレー中辛を使った。
 
肉を煮込んでいる間に、具沢山のスープが欲しいなと野菜を刻み。
昨日のインスタントガーリックスープがまだ残っていたのでそれも使うことにして、加えたのは玉ねぎ、人参、セロリ、ピーマン、エリンギ、かぼちゃ、プチトマト、自家製パンチェッタ。トマトもどっさり入れたから、ノリはトマトクリームスープ、かな。
 
ロメインレタスのサラダもたんまり用意したから、カレーを食べる罪悪感を若干消しつつ、でもこの具材は妥協しなかった豚バラカレー。
 
家カレーは今日も幸せに美味しくて、食後には今日もガレット・デ・ロワを。

2020年1月6日月曜日

クリームパスタとエピファニー

「ベーカリー&レストラン沢村」の
 ミルクスティック \260
小岩井ヨーグルト w/パイナップルジャム
カフェオレ
今日の朝御飯は、「アンデルセン」のミルクフランスと並ぶくらいに好きかもしれないってくらいにお気に入りの、「ベーカリー&レストラン沢村」のミルクスティック。
 
この店、全体的に値段は良い(良いどころか、すっごく良い)のだけど、その値段がするだけの美味しさがある。ミートパイあたり、本当に美味しくて。
 
もっちりした食感のパン生地に、バターの風味が濃厚なミルククリーム。少しジャリッとした食感があるのは、洗双糖が入っているからなんですって。そのジャリジャリ感がなんとも幸せで。
 
あー、甘いー、あーポイズンー、でも悔いは無し!と朝から美味しくいただいた。
 
そして今日から日常のジム再開。
年明け早々に日本国内でリリースされた新曲セット、BODYPUMP112の45分版をやってきた。
 
warmup中小/squats大中&大プレート/chest大小&プッシュアップ/back大小/lunges中プレート/shoulders中プレート2→小プレート2/core中プレート/cooldown無
 
スクワットに踵上げが入ったり、背中がクリーン&プレス地獄だったり、「なんで私、パンプでこんなに息切れしてるのかしら」ってくらいに細かな動きが背中とランジあたりに多かったりして(わざとそういう内容にしてあるらしい、心拍数を上げるために)、でも総じて爽快感もあるし悪くは無かった……かな。肩が楽しい。
 
水泳もがっつりめにしてきたし、そしてぎりぎり増えはしなかったものの減ることは全くなかった体重も、そろそろまた減らしていかねば。(と言いつつガレット・デ・ロワが家に2台もあるっていう)
生ハム桃&チーズ色々
鶏肉と舞茸のクリームパスタ
スープ(Knoblauchcreme Suppe)
ビール(サントリー ザ・プレミアム・モルツ)
 
「ル・パティシエ ヨコヤマ」のガレット・デ・ロワ
カフェオレ
クリスマスが過ぎると、クリスマス需要用に大量入荷した生クリームがたいてい投げ売りされることになる。それをいくらか買って置いたので、それを使って今夜はクリームスパゲティ。
 
「鶏と舞茸のクリームパスタ、美味しいよねー。あ、ごぼう入れると似合うかも!」
「おゆきさん、それは雑煮の具材とまんま同じ……」
「…………!そうだね!」
 
などというまじボケな会話をしつつ、ごぼうを入れるのは止めておいた。でも舞茸は好物なので入れてみた。
 
時短もあって、鶏と舞茸はパスタ鍋でパスタを茹でる前にさっと湯通ししてしまい、オリーブ油でにんにく炒めたところに湯通しした具材を入れて軽く炒めてから生クリームで煮込んでいく。あとは茹でたパスタ(マ・マーの5分茹でフェットチーネ)と合わせたらできあがり。
 
スープはオーストリアクノールの「Knoblauchcreme Suppe」。何も考えずに「おいしそー」と選んでしまったのだけど、これ、「ガーリッククリームスープ ガーリックチップ付」というものだった。見た目以上にしっかりガーリック、そしてクリームスープなのがパスタと重なって、「よく考えろ、私」という風になってしまい、ちょっと反省……(ジムで疲れて判断力曖昧だったということで……)。
 
そろそろ食べなきゃと出した、肉福袋の生ハムは、どうしても果物と合わせたかったけれど今のシーズン、メロンや無花果、桃の類は見つからなくて(ぎりぎり洋梨……?でも追熟させるのに時間かかりそうで)、缶詰の国産桃の缶詰を使うことに。
 
これが思った以上に良い感じで、生ハムメロンのあの甘じょっぱさが全くその通りに再現できた。
 
そして今日はエピファニーということで、、ガレット・デ・ロワを。
 
これは「ル・パティシエ ヨコヤマ」のもので、別添のフェーヴはロバ?かな?(キリスト教的アイテムと考えると馬よりロバだよねと)
 
このお店のは中にアーモンドを仕込んでいるということもなくて、フェーヴは自分で埋めましょうという感じだったので、「じゃ、今年は皆が王様ってことで……?」ということで、もぐもぐ。
 
層になったパイ生地は適度な塩気でさくさく食感、しっとりめなアーモンドの生地も申し分なく美味しくて、すごくすごくちゃんとしたガレット・デ・ロワ。
 
webサイトの案内で掲載されたのは今年からだから(多分)、今年からの新商品なのかな。地元の個人店で、そこそこのお安さで、この美味しさ。素晴らしい。

2020年1月5日日曜日

新宿でお買い物

お出かけランチは「つばめグリル」で。
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
IKEA風ホットドッグ
ヨーグルト(チチヤスクラシック)
カフェオレ
昨日はIKEAに行ったしねといつものホットドッグセットを買ってきた。
 
IKEAのパンにIKEAのソーセージ挟んで、IKEAの刻みピクルスとIKEAの揚げ玉ねぎ。
ケチャップはカゴメだしマスタードはコールマンだけれども、そこまではさすがにね(やろうと思えばケチャップもマスタードもIKEAに売ってる)。
 
ヨーグルトまで食べると、いよいよ正月休みも終わりだなという感傷が少しばかり。
 
今日は新宿でお買い物~。
新宿ルミネ「つばめグリル」にて
 つばめ風ハンブルグステーキ \1390
 トマトのファルシ-サラダ \380
 ビール(トゥーハー・ヘーフェ・ヴァイツェン) \940
今日の買い物、だんなの目的は仕事用の鞄。
私の目的は、ブルーレイドライブとブルーレイディスク(←外付けHDDのバックアップ要員という非常に地味な役どころ)。
 
幸いにも、ヨドバシカメラでブルーレイディスクがまとめ買い割引(5パック以上の購入で20%OFFになった)をしていたので、がっさーと大量のメディアごと買い込んで、「体脂肪計が欲しいです!ダイエットのモチベーションアップのために体脂肪計を!」とおねだりして、エレコムの筑波大学共同開発体積推定方式の体組成計を買って貰い。
 
昼は、ルミネの商品券を使いましょうと、ルミネ内のレストランの中から、「つばめグリル」に行くことにした。
昔、銀座のお店はかなり頻繁に行っていた洋食屋さん。名物は、ビーフシチューと共にホイル焼きにした"つばめ風ハンブルグステーキ"。
 
これもお久しぶりの、トマトのファルシーサラダ。 そして以前はセットメニューに含まれていた「トマトのファルシ-サラダ」もいただいた。
 
湯むきしたトマト丸ごとの中にチキンサラダを詰めてサウザンアイランドドレッシングをかけた風な、昭和の頃からの定番サラダ。
 
トマトが苦手だった時代には食べられなかったけど、生のトマトが美味しいと思えるようになってからは、これも美味しいなと思うようになった。トマトが青臭くないのがとても嬉しい。
 
大好きなドイツのヴァイツェンまでメニューにあったものだから、
「私、スープもパンも要らないから、ハンバーグ単品にしてサラダつけてビール飲むでも良いかな?」
と、ビール飲み飲みの低糖質(いやビール飲んでる時点で全然低糖質じゃないし、ハンバーグにじゃがいもも1個まるっと付いてくるし)ランチセット。
 
昔から変わらない味のハンバーグにビーフシチュー、美味しいビールにボリュームたっぷりトマトサラダ。
 
幸せな昼御飯でございました。
 
そして食後はめでたく好みな鞄をだんなは見つけることができて、そして伊勢丹にも寄ったので、欲しかった「UZU BY FLOWFUSHI」のアイライナーを買い、「足立音衛門」の栗のガレット・デ・ロワ(2376円)を買い。
 
ガレット・デ・ロワ、本命は「noix de beurre」のもので、10人ほどの行列についた時にはまだショーケースに3つばかり残っていたのが、私の直前の人が2つ買ってしまって、完売に……。どうもこのお店とは相性が悪くて、なかなかお買い物が出来ないんだなあ。一度フィナンシェとかマドレーヌあたり、買ってみたいのだけど。
 
そして最後に日本酒がっつり見に行っちゃって、直前に買ったドイツの白ワイン(『エリア88』に出てくるシュタインベルガーがあったものだから、つい……)と共に配送してもらう手筈で、一升瓶の出羽桜十年熟成枯山水に土田のはつしぼりを買い、更に仙禽雪だるま(これは微発泡酒なので配送不可なので手持ちで)と、柄が可愛かった神亀のワンカップ酒も買い。
 
パンだケーキだ電子機器だ酒だ鞄だと、たいそうな大荷物で帰宅したのだった。今年はほとんど全く福袋を買わなかった分、欲しいものを欲しい感じに買ってきたわ。
「角上魚類」の
 刺身盛り
 カキフライ w/自家製タルタルソース
仔牛フィレ肉の低温調理
     w/トリュフ醤油・トリュフマヨネーズ
野菜色々(ロメインレタス・スプラウト・人参)
ほうれん草のおひたし
鶏と舞茸、ごぼうの吸い物
自家製いくら丼(ミニ)
ビール(ブルームーン)
日本酒(埼玉 神亀酒造 神亀 純米酒 ワンカップ)
夕飯は、「低温調理の牛ヒレ肉がまだあるよ?」と話しつつも、ビール飲みたいね魚の惣菜とか?といつもの「角上魚類」に最後寄り。
 
バットにたんまり積まれていたカキフライと4種の刺身盛り(中とろ、ぶり、かつお、甘海老)を買って帰ってきた。牛肉はサラダ風でいただけるようにロメインレタスや人参、スプラウトなどを添えて、カキフライには自家製タルタルソース。
 
冷凍のいくらあるならそれも食べたいとだんなが言うので、いくらも出したら最後にいくら丼(と、すごく微妙に余っていた雑煮用の吸い物も)食べられた。たいした支度はしていないのに割と豪華な食卓。
 
ビールは、最後の最後、ルミネのレシート引き替えの抽選会で500円の期間限定商品券を貰えたので「じゃあエキナカの成城石井あたりで何か買えば良いんじゃ?」と各々好みのビールを買ってきたという嬉しいおまけ。昼御飯に続いて小麦系ビールのブルームーン。今日はお昼も夜も私好みの嬉しいビール。

2020年1月4日土曜日

カレーとケーキ。

「ランチパック」の
 ハンバーグ(デミグラスソース)
 チャーハン風
 ナポリタン(千葉県産トマト)
 福岡県産あまおう苺ジャム&ホイップ
カフェオレ
昨日、イオンを覗いたら「ランチパック」の特設コーナーが出来ていて、ご当地ものだの新商品だの色々なものが積まれていた。どうしようかなと一瞬スルーしかけて、でもだんなと2人、足を止めてしまったのが、チコちゃんパッケージの「チャーハン風」。
 
パッケージには「チコちゃんの大好物にどこまでこたえられるか!?」なんて記されていて、
「あー、チコちゃん、チャーハン大好きだもんね」
「"チコちゃんは焼売の上に何を乗せたいかな"の問いに"チャーハン!"って言ってたもんね」
などとだんなと話しつつ、1袋籠に入れ。
 
ついでにと、がさがさ複数、買ってきた。全部を1切れ半分にして、だんなと1切れずつ。まるっと半分残ったものは息子がブランチに食べれば良いでしょう。
 
件の「チャーハン風」は、チャーハン風フィリングをサンドしましたとのことで、"風"というのがなんとも胡散臭く。
なんでも「たまご、ベーコン、玉ねぎ、にんじんを入れ、しょうゆベースにごま油を効かせた香ばしいチャーハン風フィリングをふんわりとしたパンでサンドしました」というものだそうで。
 
あとは今年1/1に販売開始の新商品「ハンバーグ(デミグラスソース)」、関東ご当地ものの「ナポリタン(千葉県産トマト)」(千葉県産トマトのピューレ入りナポリタンをサンドですって)。
 
甘いものも1個欲しいよと私が選んだのは、九州ご当地の「福岡県産あまおう苺ジャム&ホイップ」。
 
まあ大体思った通りの味だったけど、チャーハンは……これ、ほんとにチャーハンかなぁ?と若干、首を捻る味。
御飯の粒は感じられず、謎肉のペーストが詰まってる感じ……?
ハンバーグともまた違う、ねちょっとした感じで、これはチコちゃん、怒るのではないかしら。
チャンピオンカレー w/チキンカツ&千切りキャベツ
りんごジュース(秋映)
今日は谷津のケーキ屋さんに予約しておいたガレット・デ・ロワを受け取りついでに、IKEAにもみの木を返却しに。
 
お昼に何を食べようかという話で「ゴーゴーカレーが食べたいです!」と宣言して、ロースカツよりはお値打ちだったチキンカツをスーパーで買ってきた。
 
手持ちのストックを見たら、賞味期限が過ぎてたのが、ゴーゴーカレー同じく金沢カレーの「チャンピオンカレー」(通称"チャンカレ")だったので、私はこのインスタントルーを使いつつ。
 
山盛りの千切りキャベツ(今日の一番上の写真、私はこの後、2回キャベツをお代わりして食べた)と温めたカツにはウスターソース、福神漬け、あとは御飯とカレールー。
 
私は御飯をごくごく軽めにしておいて、代わりに"カレーキャベツ"を思う存分食べたのだった。
他のカレーでは千切りキャベツを添えたいとは思わないけれど、金沢カレーには、本当に本当に千切りキャベツがお似合い。濃いめでどろっととろみがあり、具材が入らないカレーソースが千切りキャベツにめちゃめちゃ似合う。
 
ああ、チャンカレも美味しいなあ。
「ル・パティシエ ヨコヤマ」の
 苺のミルフィーユ \463
カフェオレ
そして今日は豪華におやつも!今年初の生ケーキ。
 
買ってきたガレット・デ・ロワはクリスマスケーキと同じく「ル・パティシエ ヨコヤマ」のもので、せっかく店に行ったのだからと久しぶりにケーキも買ってきたのだった。
 
私の分は、苺のミルフィーユ。
 
ショートケーキが食べたいというだんなには苺ショート(338円)、息子にはレアチーズ(389円)。
 
そしてショーケースを見て美味しそうで美味しそうで「た、食べたい……」と思わずもう1個追加で買ってきたのが苺とバニラのクレームブリュレ(403円)。
 
ちなみに15cmサイズのガレット・デ・ロワは1834円。
 
この御時世、ケーキが300円台とかほんとに素晴らしくて、今日もお店は店頭に小さな行列ができるほどに混雑していたのだった。
 
ぱりぱりさくさく、文句なしの美味しさのパイ生地にカスタードクリームがたっぷり挟まったミルフィーユは、一番上のパイにうっすら苺ソースのコーティングがされていて。
 
クレームブリュレはブリュレ生地の上にホイップクリームと少しのカステラと苺ソースなどが飾られていて、パフェのようなリッチな味わい。
 
我が家からはなかなか近いとは言えないけれど、自転車で行けない距離でもないので(距離云々じゃなく、通行量の多い国道を行かなきゃいけないのが何より大変)、ケーキが食べたくなったらこのお店を目指すのが、この界隈の住人のジャスティスだと思う。
豚味噌鍋
 (豚バラ肉・白菜・長ねぎ・うどん)
日本酒(岡山 利守酒造 酒一筋 赤磐雄町 純米大吟醸)
で、夕飯は、昨日も鍋だった気がするけれど、今日も土鍋を出して豚味噌鍋を。
 
明日のつもりで材料を買ってきたところ、息子が明日は昼も夜も不在だと言うので、ならば今日だなと今年初の豚味噌鍋を決行したのだった。
 
大容量パック(1kg!)の豚薄切り肉はさすがに食べきれず、でも白菜半玉はほぼほぼ無くなった。うどんは3玉。
 
いかにも雄町!な旨味どっしり系の酒一筋をいただきつつ、今日は甘いものもカレーも鍋もしっかり食べてしまったわ。

2020年1月3日金曜日

キャビアな夕飯

磯辺焼き・きなこ餅
鶏と舞茸、ごぼうの吸い物
煎茶
三が日くらいは朝はお餅にしましょうということで、でも雑煮は少し飽きたので、今朝は雑煮のつゆを汁物としていただきつつ、磯辺焼き。
 
今朝はお餅2つ食べちゃおうかな昼前にジムだしな!と、2個焼いた餅の1つは好物のきなこ餅にした。きなこ餅大好き。
 
磯辺はごくごく普通に、焼いた餅に醤油絡めて海苔巻いただけのもの。
母の郷里の秋田では、この醤油が砂糖醤油になって、甘じょっぱい磯辺焼きが定番らしく、それもまあ悪くないのだけど、私はふつーの醤油味の方が好き。
 
餅、昨日1kgパックを買って来ちゃったから、今月は餅強化月間でせっせと食べることにしよう。お汁粉とかダイエットの大敵と知りつつ、美味しいのよね……ときどーきの頻度で、美味しく食べる予定。
津田沼「サブウェイ」にて
 チーズローストチキンサンド \450
 ドリンクセットS(烏龍茶) \150
で、今日はジム始め。
 
よほどにBODYPUMPは人気らしく、昨年末の最終営業日の最終プログラムがBODYPUMP60なら、今日初営業日の最初のプログラムもBODYPUMP60。
 
この支店にしては相当な混みようの中、だんなと2人、5日ぶりの運動を全力でやってきた。
 
教え方が上手で今年年女なインストラクターKさんは選曲も素敵で、今日は30番台から100番台までの幅広いミックス。
次に行くのは月曜予定だし、ちょっとくらい筋肉痛になっても良いよね……?と常より重め重めに頑張った(なんならアームカールは途中の休憩で重りを足した)ら、清々しく筋肉痛になれました。やったね!
 
warmup中/squats大中/chest大小/back大小/triceps中小(+プッシュアップ)/biceps中→中小/lunges大プレート1/shoulders中&中プレート2(+プッシュアップ)/core無/cooldown無
 
最後は空いてるプールでちらっと泳いでから、スーパーのフードコートでお昼御飯。
 
「最近パンを食べてなかったので、サブウェイか、あるいはいきなりステーキで肉だけを!食べたいです!」
 
とリクエストした結果、お久しぶりの「SUBWAY」に。
チーズローストチキンサンド、パンはウィート、そして忘れちゃいけないオーダーが「野菜全部マシで」。
 
デフォルトの野菜のレタス・トマト・ピーマン・レッドオニオンに加え、アクセント野菜としてオーダーで追加して貰えるのがオリーブ・ピクルス・ホットペッパー・ニンジン(昔は人参もデフォルト野菜だったよね?)。これを無料で増減して貰える(勿論これだけ多めとかこれは抜いてとかも応えてくれる)のが、サブウェイの素敵なところ。
 
「野菜全部多め、人参とオリーブもお願いしまーす」
と作ってもらい、野菜どっさりサンドイッチに大満足。話によれは、「野菜多め」の更に上の「野菜上限」ってオーダーもあるそうだけど、もはやそれ、"ほぼ野菜"という食べ物になりそうな。
 
今年の私はBODYPUMPに加えてBODYCOMBATも再開して頑張る予定。
 
そして12/25のジム後(このときダイエット開始以来の最低体重をマークした)と今日のジム後の体重差が400gしか無かったから、年末年始で太ったということもどうやら無さそうで。
 
あんなに毎晩お酒飲んでたのに、フォアグラとかも食べてたのに、これは基礎代謝が増えた恩恵なのかしら。何より。
常夜鍋(豚バラ肉・ほうれん草・うどん)
フォアグラ大根
キャビアチーズカナッペ
錦玉子・黒豆・栗きんとん
日本酒(長野 尾澤酒造場 十九 poco a poco)
で、今日の夕飯もお酒飲みつつ。
 
「フォアグラ大根出すよ。んで三が日のうちにキャビアも食べちゃおう」
あとはさらっと軽めの鍋でも支度する?という事になり、さらっと常夜鍋。
 
昆布だしで豚とほうれん草を煮て、ミツカンごましゃぶで食べるだけの、我が家の常夜鍋。
簡単だし不思議といくらでも食べられる。
 
ほうれん草は定価はなかなかお高かったけど年末年始に見込みよりも売れなかったのか見切り品の半額品もけっこうあったので「今日食べるやつだしね」とそれを買い。
豚も見切り品があったので首尾良くそれを買ってきて、想定以上のお値打ち鍋になった。
 
肉福袋に入っていたキャビアはリッツの上にkiriのクリームチーズ塗って、そこにミニスプーンでこんもり盛った。
これがなかなか美味しくて、息子は何回もおかわりした挙げ句、多分1瓶2000円くらいはするだろうキャビアはあっという間に無くなったのだった。
 
でも、久しぶりに食べたけど、私にとってはキャビアよりはいくらの方が美味しいなあと、改めて。
 
フォアグラ大根は、市販の(というか「原価ビストロBAN!」の)トリュフ醤油をかけてだとちょっと味が薄かったので、醤油と味醂と酒でみたらし風のたれを作ってかけることに。
 
残ったフォアグラは長期間保存可能な方向にもう加工しなきゃいけない頃合いなので、フレッシュなのを焼いて食べるのはこれが最後とばかりに厚切りに。
 
正月もののあれこれも食卓に並べて、三が日最後の夕食もなんとなくちょっと華やかだった。
 
テレビでは、年始番組の楽しみの1つだった「プレバト!!」の3時間スペシャルを。
芸能人が詠んだ俳句を、俳人の夏井いつき先生がばっさばっさ評価していくのが実に痛快で、しかも「俳句ってすごい」「日本語って美しい……」となかなかためになる楽しい番組。
 
すごいねえ俳句は奥深いねえなどと話しつつ、小さめな袋だったほうれん草は3袋(でも小さめのが12株くらい?)、豚肉は600gくらい。あっという間に無くなった。

2020年1月2日木曜日

軽率にトリキ

お雑煮
ほうじ茶
今朝も昨日に引き続き、お雑煮を。
 
一応、地味な努力だけれど、大きな外出の予定もない正月休暇、ここで体重をあんまり戻してしまってもねえと(多少は覚悟の上だけど)、餅はいつもだったら2個食べていたところ、今日も1個にしてみたり。
 
好物を"全然食べなくする"のは精神負荷が多大だけれど、"ちょっと減らす""半分にする"のは、ちょっと頑張ればできること。
 
……と言いつつ、「年が明けたらガレット・デ・ロワよねー」と、それに対する欲望はセーブするつもりのない私だった。正月休み中に都心に行って、チェックしてたお店のを買ってくるんだー。
だんな特製 チャーシュー炒飯
だんな特製 中華スープ
麦茶
「明日の昼御飯は炒飯でも作りましょうか」と、だんなが昨日のうちに角上の併設お肉屋のチャーシューを買ってきていてくれた。
 
で、今日も予定は無い中、ごろごろと午前中過ごした後に、だんな特製お昼御飯。
 
チャーシューごろごろ、卵と葱のシンプル炒飯。
 
簡単なスープも用意してくれ、そしてこの日の私は何をやっていたかというと、ハードディスク破損の危機感に、1997年(結婚式!)以来のデジタル画像データをいそいそgoogleフォトにコピーしていたのだった。
 
圧縮はされてしまうけど、容量無制限で保存できるのが素晴らしい。 旅行写真や猫写真は「フォト蔵」にも入れていたけど、こちらはプライベート写真は全部外していたから、災害や何かでハードディスクが壊れてしまったら悲しい事になるところだった。
 
昔の息子は可愛かったなあ、などと思いつつ、箱根駅伝を見ながら箱根旅行の写真を整理してみたり。
津田沼「鳥貴族」にて
 中キャベツ盛 \327
 ポテトサラダ \327
 親鶏炙り焼 \327
 串焼き(もも貴族焼たれ) 2×\327
 串焼き(ちからこぶ塩) \327
 串焼き(ハート塩) \327
 串焼き(むね肉明太マヨネーズ) \327
 串焼き(ピーマン肉詰) \327
 粗挽きポークソーセージ \327
 骨付まつばのスパイス焼き \327
 鉄板チキンカツ黒ソース \327
 チキン南蛮 \327
 とり釜飯 \327
 とり白湯めん \327
 生ビール 5×\327
 みかんチューハイ \327
 コーラ 2×\327
 ミックスジュース \327
家族で堪能。すごい食べたわー。
「食べるものはありますが、軽率にトリキに行ったりするのはどうでしょう」
だって明日のお餅がもう無いし、買って来なきゃいけないし……どうせ出るなら、夜、外食?と提案したら、だんなも息子も「いいよー」と。
 
で、飲み物も食べ物も全てが1品298円(税込で327円)の「鳥貴族」に行ってきた。
 
この店、2時間食べ飲み放題で2980円なんてやってるけど、ぶっちゃけ、1人10品オーダーするのはなかなか大変。今日も親子3人でもりもり食べて23品だったし。
 
これは以前来た時には無かった、「鉄板チキンカツ 黒ソース」。
 
秋冬の限定メニューであるらしく、鉄板の上に玉子焼き、その上にチキンカツが3切れ、マヨネーズと胡麻風味の黒ソース。
 
このボリュームで327円はすごい。胸肉だけど美味しかったし。
 
串ものもせっせと頼みつつ、揚げ物も食べたいよねと、これはリニューアルしたらしいチキン南蛮。
 
とり天っぽいふわふわの揚げ鶏に玉ねぎと青葱とタルタルソース。甘酢の感じは控えめ。
 
あ、ちなみにここのキャベツは327円で1回注文すればお代わり無料。このあたりも素晴らしい(そして当然のように突き出しなども出て来ない)。
 
お店曰くの"あんまり頼まれたらお店的には嬉しくない原価率高めメニュー"(前にテレビでやってた)は、生ビールととり釜飯と、もも貴族焼であるらしいけど、でも、来たなら色々頼んでしまう。まつばとか、ちからこぶとか、他では見ないものもちゃんと美味しかった。
 
しかし我が町、トリキが3店舗もあるんだけど、多すぎやしないか……?(それを言うなら日高屋も鎌倉パスタもスタバも3軒、マクドナルドは4軒あるけども)。

2020年1月1日水曜日

いつものお正月

お雑煮
錦玉子・黒豆・栗きんとん
抹茶入り玄米茶
あけましておめでとうございます。
 
……と、たとえ昨夜に寝たのが1時近くでも、やっぱり朝5時台に一人起きている私。
 
早く起きてしまったから、昨年分の電子データのバックアップでも取ろうと外付けHDDを数ヶ月ぶりに動かしたら、何やら異音がして電源は入るけどPCに認識はされなくて、「あ、これ、壊れてますね、壊れてますわ」という状態に。……これは修理案件かな?(HDDのバックアップまでは取ってなかったうえ、消えるのは困るデータもそこそこ入ってる)
 
そんなこんなで一人地味に困りつつ奮闘していたところでだんなが起きてきたので、先に2人で朝食にした。どうせ息子は昼まで寝ているだろうし。
 
いつものお雑煮と、今年はおせちを買わなかったのでせめてもとこれだけ買ってきた錦玉子と黒豆ときんとんをちょこちょこ出して。
 
雑煮は我が家では定番の、鶏とごぼうと舞茸と芹の組み合わせ。きりたんぽ鍋そのまんまな組み合わせで、だから餅が似合わないはずもなく、後に起きてきた息子も「うちの雑煮、旨いよね」言いつつ食べてくれたのだった。
 
正月仕様の見た目重視で、鶏も舞茸も一度湯通ししてからだしで炊いたんですよ、ええ。(鶏は湯通ししないと脂浮きがちだし、生の舞茸を汁に入れると汁がどす黒くなるしで)
「角上魚類」の鉄火丼(中とろ) \700
抹茶入り玄米茶
今日は一日外に出ることもなくぐだぐだと家でのんびり過ごし、そして「お昼、どうする?」とだんなに言われ。
 
あー、いつもだったら夕方早めくらいからおせち開いちゃって飲み始めちゃうところだけど、今年はそうする感じでもない夕飯の献立だしね……と、困る私。
 
今日こそヨコイだったかな、レトルトカレー?うーん……と悩んでいたら、「角上はやってるよね?じゃあちらし寿司か何か見てくる!」とフットワーク軽く、魚屋さんを見に行ってくれた。ああ、ありがたや。
 
で、ちらし寿司は無かったけど、こんな美味しそうなものがたったの700円だったんですって。
 
中とろの鉄火丼。
多分、普段は見たことがないやつ。
 
年末年始需要でまぐろが大量に売られたゆえの切り落とし部分ばかりが大量にみっちり詰められていて中とろ通り越してなんなら大とろみたいな部位も少し。
 
いや、これ、外食で食べたら普通に1300円、もしかしたら1800円くらいしてもおかしくない素敵なボリューム。
 
さすが角上、元日からやってくれました。良い店だ……。
錦玉子・黒豆・栗きんとん・板わさ
チーズ色々・サラミ・パテドカンパーニュ
牛ヒレ肉のロッシーニ風&フォアグラ大根
東坡肉 w/茹でほうれん草
日本酒(秋田 新政酒造 新政 アッシュ 別誂 亀の尾 2016)
そして夕方からは、これも毎年の恒例の「芸能人格付けチェック!」を見ながら、こたつで御飯。
 
こたつで場所が狭いからと大皿が使えずに、こんなしょんもりな盛りつけになってしまったけれど、仔牛ヒレ肉とフォアグラと大根で、ロッシーニ風&フォアグラ大根というリッチなおかず。
 
肉福袋にフレッシュフォアグラが入ってくる、恒例の年末年始だけのお楽しみ。
 
低温調理してから表面を軽く炙った肉は他にスライスしただけのもと、昨夜の東坡肉も出して、あとはパテとかサラミとかチーズとかも色々と。
 
お酒は、たまたまいまでや墨田店で買うことができた、新政アッシュの亀の尾別誂。不思議に透明感のある、でも酸のキレが良い素敵なお酒だった。これは、美味しいわ。今年も3日に店頭に並ぶだろう元旦初搾り、買えると良いなーと話しながら、しっかり格付けチェックも眺めつつ。
 
楽器(四重奏)も吹奏楽も社交ダンスもちゃんと正解を当てられた私、大満足。でも生け花、盆栽は苦手です(今回はお題に無かった)。