2022年8月13日土曜日

初めてのグアムに来ました

成田空港 サクララウンジにて
 JAL特製オリジナルビーフカレー
 チョップドサラダ w/グリーンゴッデスドレッシング
 冷製コーンスープ
 スパークリングワイン・オレンジジュース
今日からだんな、9日間の夏休み。
 
それだけ休みがあるなら海外行けるね!となったのだけど、"手持ちのJALマイル消費で行ける範囲にしよう"だとか、"隔離期間が要らない地域にしよう"だとか、そもそも海外路線は減便しまくりで、ほどよいスケジュールで飛んでいる便があんまり無いとか、色々悩んだ結果、初めてのグアムに行ってみることに。
 
サイパンは息子が小学生くらいの時に一度行ってるけど、グアムは行ったことがない。
もう特に予定は入れずのんびりすることにしようか、と、spg系のウェスティンに予約入れて(4泊すると5泊目無料というポイント消費のキャンペーン使った)。
 
朝7時過ぎ、数年ぶりの成田空港に到着してみれば、グローバルクラブ会員用のチェックインカウンターですら30分待ちの行列で、その後の手荷物検査も200m超えですかというレベルの大行列。
 
ラウンジでのんびりするつもりが、それほどの余裕はなくて、若干急ぎ気味に朝食をかっこむ事になった。
 
コロナ禍以来のサクララウンジは初めてで、以前はブッフェ式だった料理が今はカウンターでのオーダー制に。
 
それでも名物のJAL特製オリジナルビーフカレーは普通盛りと小盛りが選べるし、オーダー制な分、綺麗に盛られたチョップドサラダも堪能できて、まあまあ悪くない感じだった。
 
カレーとサラダとスープをいただいて、他のメニューは牛丼、アメリカンモーニングプレート、和御膳、ベジタブルペンネ、パスタプレート(サーモンのクリームフィジリ)、バターロール、たい焼き、杏仁豆腐、といった品揃え。
 
朝からビールはちょっとねと、スパークリングワイン少しとオレンジジュースも持ってきた。
 
JALのビーフカレーは美味しい。
洋風カレーでお肉ごろごろ、ほんとに美味しい。
 
これを食べるために海外に行くとかいうのは、さすがに言い過ぎだけど、でも成田空港のお楽しみの1つ。
(でもキャセイのラウンジも最高of最高なのでキャセイラウンジに行ける時はそっちに行きがち……)。
JAL機内食
 ハヤシライス
 チキントマト煮とラタトゥイユ
 フレッシュサラダ ドレッシング添え
 ストロベリームース
 スカイタイム(ももとぶどう)
 「亀田製菓」のあられミックス
空港はあれほど混んでいたのに、乗り込んだ飛行機はガラガラで。
 
「お客様の後ろは、おあと12名様がいらっしゃるだけです!」
こちらのブロックは後ろまでどなたもいらっしゃいません!と、客室乗務員さんにお笑い芸人の横澤夏子ばりの笑顔と口調で言われ、ならゆったり座っちゃおうかと、並び席での予約だったのを前後に移動させてもらって2人席をのんびり使った4時間弱のフライト。
 
お昼ご飯はハヤシライスがメインで、「いやでもカレー食べちゃったし」と思いつつちらりと食べたら、これが案外美味しかったものだからほぼほぼ完食してしまった。
 
いかにもな機内食の匂いではあったけど、その匂いの向こうにあのJALカレーの美味しさがちらりと垣間見える感じがして、そしてご飯もしっかりバターライスで。
 
客室乗務員さんもかなり暇なのか、頼んでないうちから「おかわりお持ちしました!」とジュースのおかわり持ってきてくれるし、とてもとても快適だった。
 
幸い、台風の雲で揺れることもそんなに無く、タブレットに保存してある漫画を読むのが捗った。スパイファミリーはやっぱり面白い。
 
予定通りに着陸後はさくさく空港出てタクシーで宿まで十数分、着陸からホテルのチェックインカウンターまで30分なのはお手軽でとても良かった。
 
The Westin Resort Guam」は客室数400超の大型ホテル。
 
ウェスティンって、どこに泊まってもちょいちょい嫌な思いをする不思議なホテルなのだけど、今回もライティングデスクの上の照明がチカチカ明滅する不具合があったり、バスタブに溜まるお湯はやたらぬるくて、シャワーブースの方はそこそこ熱いけど湯量が足りなかったり。
 
グレードアップでクラブフロアの部屋にしてくれたのは嬉しいけれど、リーフレットに「クラブラウンジも使ってね」みたいな案内があって口頭でも「使えますよ」言われたのにラウンジは使えなかったり、などという、「ほんと、ウェスティンってそういうところ……」みたいなしょんぼりポイントがいくつかあったのはご愛敬と思うことにして。
 
バスルームはシャワーブースつき、ベッドはウェスティン定番ヘブンリーベッド、冷蔵庫(というか飲み物冷却用で冷蔵庫機能はありません的説明がついてた……けどまあちゃんと冷える)は空っぽで好きなもの入れ放題、外に出られるベランダかは湾向こうの日航ホテルが正面に見えて、エメラルドグリーンの海もばっちり。
 
とりあえず今日は、近くのショッピングモールまでてくてく歩いて(案外距離があって坂道も多くて大変だった……)グアムのローカルキャリアのトラベラーズ用SIMカードを買って。
 
モール内にはハーゲンダッツのショップがあったから、「あ、アイス食べたい」と思ったのだけど、1スクープのコーンが$7くらい?つまり1000円?ほどもしたのでさくっと諦めた。円高怖い(というかそも$7という価格が大変に贅沢だわ……)。
「Outback Steakhouse Guam」にて
 Aussie Cheese Fries %12.95
 Chargrilled Bone In Ribeye $48.95
 Buttercake $10.95
 Beer (Miller Lite) $6.25
 Beer (Corona Extra) 3×$5.75
んで、夕食はホテル正面にあった「Outback Steakhouse Guam」に。
なんだか、こういう、もういかにもなものが恋しかったので、日本でも幕張あたりに行けば食べられるこの店に、ついつい。
 
ビール貰いつつ、アペタイザーは日本でも定番のオージーチーズフライ。
 
ステーキは、
「Rich marbling in our 22oz. bone-in ribeye slowly melts on the fire grill to delivera mouthwatering steak.」
とあって美味しそうだった、22oz(600g超)の骨付きリブアイを、「シェアして食べていい?」と聞いて。
 
サイドディッシュに芋はどうだとテーブル担当のおばちゃんに言われたから、「いやチーズフライ取ったし要らないかな」と返したら、じゃあ野菜はと言われ、「野菜なら食べる」ということでつけてもらい。お供の選べるスープかサラダは、定番のシーザーサラダにしてもらった。
 
お馴染みの、ナイフがぶっささって出てくる黒パンにホイップバター、おかわりビールもしっかりいただいて、そしておばちゃん、テーブルに来るたびに「デザートにバターケーキを食べるべきよ!」と超絶に推してくる。カウントしてたら3回も推された。
 
私としても、メニューを見た時から気になっていた、「new !」マークのついた
「Sweet and rich butter cake topped with strawberries and house-made whipped cream.」
というケーキは気になって仕方なくて、でも肉は大きいわチーズフライは凶悪な分量だわ(全部食べた)、サラダもやっぱり肉のセットにしては相変わらずのボリュームだわで、相当に迷いつつも、食べて見ることにした。
 
説明からして、「余ったら持って帰れるかな?」と思っていたのだけど、おばちゃん曰く「ここで食べていかないとだめ!あそこのドアの向こうには持っていったらダメよ!」な勢いで、そういうものなのねと頼んでみたのが今日の一番上の写真の品。
 
添えられていたのはホイップクリームというより普通にバニラアイスクリーム。ごく軽く温めたスキレットの上にとろける食感のバター風味のしっとりケーキと別添にストロベリーソース、そしてそっと(?)添えられたバニラアイス。
 
確かにこれ、すごくすごく美味しかった。ケーキにほんの少しの塩気があって(多分バターの塩気)、甘さと塩気、冷たさと温かさのバランスが絶妙で、とろける美味しさ。
 
「どうだった?」と尋ねてきたおばちゃんに、空になった器示しつつ「最高だった……」と答えたら、「I told you」ですって。おそれいりました……。
 
今回の旅行、実に良いものを持ってきたわと思ったのが、水に溶ける顆粒のほうじ茶と、缶入りの濃縮麦茶。
 
絶対そういうのが飲みたくなるし、多分お店でペットボトル買うとめちゃめちゃ高いよということで日本から持っていって、1リットル水のペットボトルをお茶にして冷蔵庫に入れてある。
 
これがもう、有能すぎて、「喉渇いたら冷蔵庫にお茶がある」という自宅と同じ感じで口にできるのがもうもう最高なのだった。

2022年8月12日金曜日

本日は桃パフェ活!

今月のパフェ活は、この華やかな桃パフェを!
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「三宮一貫樓」の
 豚まん
沖縄県産マンゴー
アイス烏龍茶
旅行前日、だんなは在宅勤務の一日。私は半ば無理矢理、「ジムの予定は無いし、今のうちに!」と、田中玉緒さんとの恒例月イチパフェ活の予定を入れていて(でも先月はバタバタでいつのまにか7月が終わってしまっていて行けなかった……残念!)。
 
朝食は、冷凍してあった「三宮一貫樓」の豚まんと、1個残っていたふるさと納税返礼品の沖縄県産マンゴーを。
 
神戸の美味と沖縄の美味の幸せな組み合わせ。
今日もそこそこ暑くなりそうねと、気合いを入れてお出かけした。
 
御茶ノ水に着いた途端、歓迎のシャワーですかってくらいな猛烈なスコールに見舞われたわけだけど。
御茶ノ水「山の上ホテル」内「コーヒーパーラーヒルトップ」にて
 白桃パフェ \2200
今月の頭頃、日テレの夕方の番組every.で紹介されていて、「え、なにこれすごい、綺麗、美味しそう」と目が釘付けになったのが、「山の上ホテル」の「山の上 夏のパフェ」。
 
白桃丸ごとが乗ったような外見のそのパフェは、繊細な飴細工で桃を表現していて、色付けも、表面に産毛がうっすら生えているような細工(コーンスターチを薄くまぶしているとかだった)も素晴らしく。
 
白桃の生の果肉ではなくコンポートを使っているそう(確かに白桃は剥くなり色が悪くなる果物だし……)だそうで、どんな感じなのか気になるし、しかもホテルでいただくにしては値段も案外お手頃?と、放映するなり玉緒さんに「これ!食べに行きませんか!」と声をかけたのだった。
 
事前にお店に聞いた(玉緒さんが聞いてくださった……ありがとう……!)ところ、パーラーの開店は11時半だけれどその時点でほぼ満席になってしまい、11時頃から並ぶお客さんもいるそうで。
 
お盆期間でも桃パフェの提供はあるけれど個数は限定ということで、食事の流れ的にはどうなのと思わなくもなかったものの、"11時半に何をおいてもパフェ!その後にお昼ご飯!"ということにしたのだった。
 
トロピカルパフェもめちゃめちゃ気になったんですが……初志貫徹! というわけで、めでたく開店早々入店できて、2人で白桃パフェを注文。
 
下から、クッキー生地、カスタードクリーム、ラズベリーソース、生クリーム、白桃ジュレ、白桃のコンポート、バニラアイス、白桃のシャーベット、飴細工
 
という構成なんですって。
 
テーブルには薔薇のレースのランチョンマットが敷かれて、お皿が2つ、パフェスプーンの他に普通のスプーンとフォークも。
 
そしてドライアイス入りのドーム型が被せられて恭しく登場したパフェは、圧巻の美しさだった。
パフェグラスの上に桃!見事に桃!繊細な葉や茎を表現した緑の部分も飴細工。
 
桃の帽子の中はこんな感じだったのでした。 当然、この桃飴細工も美味しくいただいた(パリパリカリカリ食感で美味しかった)わけだけど、別皿に一旦そっと外しておくと、中身はこんな感じ。
 
上の白桃シャーベットが桃の風味濃厚でとてもとても美味しかった。
 
コンポートも生の果肉の瑞々しい風味を殺さない優しい感じのもので、とても素敵。
 
我々が思う、「やっぱりパフェにはいくらかカリカリ食感の小麦粉を焼いた系が必要だと思うんですよ」の方向にそぐわず、器の下部分にクッキー生地が潜んでいるのも良かったし、味や食感の構成として"上は冷たくさっぱり系、下に行くほど冷たさはやわらいで甘さ強め"はとても良く計算されたものだなあと思った。
 
もうちょっと、最下層あたりに桃味の何かが潜んでいたらもっと良かったかもしれないけれど。
 
でも和光のものほど尖りすぎていない(←あの突き抜け具合はそれはそれとしてすごいし感動するものの)、どこかレトロな、安心する雰囲気を纏っているのが、幸福感を加速させてくれる感じ。
 
ちょうどランチタイムということで店内は食事をする人も多かったけれど、私たち同様、パフェを頼んでいる人も多かった。
 
他のテーブルで見た「水出しコーヒーゼリー アイスクリーム添え」もすごく良い感じだったし、何より気になるのは「山の上ホテルの プリンアラモード」だったりして(←だんながすごく食べたかっていた)。
 
予約はディナータイムしか受けてないそうだから、ふらりと行ってすんなり入れるかは運次第なのだけど、プリンアラモードもいつか食べに来てみたいわあ。
神保町「三燈舎」にて
 Bセット(本日のカレー3つ全部) \1000
 フレッシュフルーツラッシー \300
……で、さてお昼ご飯はどうしましょうということになって、
「私、神保町に気になるカレー屋さんがあるんですが」
と「三燈舎 SANTOSHAM」の名前を挙げたところ、玉緒さんも「あ、そこ、H君が良く行ってたお店で気になってました」と。
 
え、じゃあ行ってみます?私もずっと気にはなってて行ったことがなくて……ということで、てくてく歩いて神保町の淡路町寄りエリアへ。
 
細い階段を上って2階にあるお店、前にお客が2組ばかり並んでいたけれど、5分ほど待ったらすんなり入店することができた。カウンター席の他、テーブル席が5~6個くらい?
 
入口近くには、カレーリーフの鉢がもさもさと育っていた。
 
で、ランチの選択肢は3種類。
 
「本日の日替りカレー」として、辛口 ブラックペッパー・チキン、中辛 えびカレー ケララ風、マイルド いろいろ野菜カレー(ブロッコリー・カリフラワーetc)があって、カレー1種なら800円(税込)、3種なら1000円、3種カレーにサンバル、ラッサム、パパドもついてくると1200円。
 
せっかくだからと玉緒さんと2人、3種カレーにしてみた。おかわり無料のライスと、バトゥーラ(揚げパン)かドーサ(クレープ)もついてくる。私はバトゥーラ、玉緒さんはドーサにして、少し分けつつ。
 
初めての「三燈舎」さん。癖になる味わいでした。 ネットで、フルールラッシーも欠かせない美味しさという口コミを見ていたので、「モモとスモモと青リンゴフルーツラッシー」(300円)思わず注文。
 
スモモ色のとても綺麗な色合いのラッシーで、フルーツの味も濃厚、案外とカレーがしっかり辛かったからこの甘さが実に有り難かったりした。
 
カレーは左からベジタブル、海老、チキン。
 
チキンはクローブやカルダモンが入る、比較的見知った感じの味わいで。ココナッツミルクベースのようだけれどなんだか知らない方向のケララ風海老カレーが不思議な美味しさだった。スパイシーというよりは"しょっぱい"方向ではあるのだけれど、でもなんだか癖になる味。
 
「ああ、これ、3種カレーで良かったですね……」
「野菜カレーの存在がマイルドで嬉しい……」
なんて言ってしまうくらいにはチキンがまあまあしっかり辛くて、だから当然、ご飯も進んでしまう、という。
 
かなり頻繁にバスマティライスを抱えた店員さんがテーブルを回ってきてくれて、こちらが頼まずとも「ご飯いかがですか?」と言ってくれるのが、内気なお客さんには嬉しいサービス?(私はてらいなく「おかわりくださーい」言えちゃうけども)。
パフェがなかったら余裕でおかわり貰ってたな……という。
 
今日も都心は33℃くらいはあったのかな。猛暑の中でも割と元気な私たち、「あ、そこの担々麺も美味しそうですね」「パフェが無かったらカレーのあと行けたかも」「え、無理ですよ無理」言いつつ、こちら側まで来たならと、「近江屋洋菓子店」にも寄ってきた。
 
あいにく明日から旅行だし今日の夕飯は串カツ(我ながらほんと元気……)だしと、自重してプリンと焼き菓子だけ買ってきたけど、名物のレモンパイも、素朴な風合いのアップルパイも美味しそうだった。玉緒さんは、このお店の、"ちょっと食感が不思議な感じなんですよ"という、アイスクリームを買っていて。
 
本日のお酒戦利品。夏に愛山って向かない気がしつつ、お店に推されて んで、せっかく都心まで出たのだからと、私の最後の目的地は上野。
 
酒のサンワ」さんに、発売されたばかりの「19 Grotta Azzurra」を目当てに出向いて、で、衝動的に「川亀 愛山 2022」も買ってしまった。
 
川亀で、愛山で、そして「食中酒にぴったり」と紹介されていたサンワさんのブログを見て、「愛山で……食中酒向きなんですか?」と尋ねてみたら、お店のご主人曰く、
「案外爽やかというか、すっきりした飲み口で、海鮮居酒屋さんなんかが一度仕入れるとリピートしてくださいますよー」
とのこと。
 
え、じゃあ買う、それは美味しい気がする!といただいてきたわけだけど、さて、どんな感じかなー。刺身と合わせて夏の間に飲んでみようかしら。
船橋「串カツ田中」にて
 お通し 3×\280
 オニオンスライス \390
 串カツ(パスポート) 54×\110
 レモンサワー(ハッピーアワー) 5×\99
 チンチロ田中の素サワー 偶数 \225
 チンチロ田中の素サワー 偶数 \900
 ラムネ \390
 
自宅にて
 「近江屋洋菓子店」のプリン \220
アイスカフェオレ
手元に、せっかく「串カツ田中」のパスポート(ムック本についてきたやつ)があるのに、有効期限8月末までそう何度もは来ていなくて。
 
今日はだんな、在宅勤務だったということもあって、少し早くにお店に行けるねと、"6時までの注文はハッピーアワーでサワーハイボールが99円"の特典も狙いつつ、家族で田中に行ってきた。串カツ総数54本。今日もたいそうよく食べた。
 
田中の串カツー!おいしいです。全部おいしい。 流れるように、最初の注文は牛、豚、うずら、チーズ、とうもろこしを全員同じ組み合わせで3本ずつ。
 
その後は、「牛食べる人ー」「玉ねぎは?」と挙手してカウントしながら、好きなものを好きなように食べてきた。
 
残したメモによると、私はこんな感じで食べたようで↓
 
・牛、豚、うずら、チーズ、とうもろこし
・ささみ梅大葉、玉ネギ、なすび、イカ、キス
・サーモン、たらこ、紅しょうが、牛、豚
・チーズ
 
ハッピーアワーのラストオーダーの声かけが若干遅くて、おかげで2杯飲めてしまったし、チンチロサワーはめでたく半額を引くことができたし(だんなはめでたくメガジョッキを引き当てた)、で、お会計これだけ食べて9000円くらい。
 
お通しキャベツもおかわりしながらまりまり食べました。
 
夜のおやつの近江屋洋菓子店のプリン。 もう明日の朝は体重計乗りません……というか旅行から帰るまで乗りません、という強い決意を胸にしつつ、帰宅してからプリンのデザート。
 
奥の1個は、箱の中で転がってしまっていて、カラメルがなんとなく混ざった感じになってしまったもの。
 
細長いプラ容器に固められて、蓋もしっかりとは閉まっていない風な、なんともゆるい見た目のプリンなのだけど、お値段もゆるい感じに1個たったの220円。
 
スプーンを刺すと適度に固く、カラメルは好みよりもごく若干甘めではあったけれど、
「ん!……これは、美味しい……!美味しいプリン……!」
「あ、これは相当に理想に近いのでは」
「俺の中では"0.97イノダ"だな」
と、騒然とする私たち。
 
そう、求めているのはこの方向の固めどっしり系の卵たっぷりプリン(生クリームは不要)な私たち。
 
期待以上にプリンが美味しくて幸せだったから、次回はしっかりケーキも買って来ようと思う。(でも小川町って、他に何か用事がある場所では無いのよね……)

2022年8月11日木曜日

うずら卵のクリーム煮など

「OK」の
 チーズたっぷりブレッド \120
 ミニパンオショコラ \150/5個 1個
白桃(山梨県産なつっこ)
アイスカフェオレ
安くてまあまあ美味しい、店内焼きのOKのパン。
 
他の店に買い物に行くのがめんどくさかった昨日、久々にチーズたっぷりブレッドと5個入りのミニパンオショコラを買ってきた。後者は5個入りで150円という、さすがOKのパンだわというお安さで。
 
今日は海の日の祝日、祝日と言えばスポーツジムはお祭り的に特別プログラムが開催されるもので、今日は仲良しイントラSさんのZUMBA60からのBODYBALANCE60があるらしいということで、私はこれに参加しに。
 
ダンスよりはLESMILLS系をやりたいというだんなは、夕方他支店のBODYATTACKに行くことにしたそうで、今日は別行動で動いてきた。
 
いつもは45分のダンス、60分となるとそれなりに内容も濃くなるわけで、しかもその後のバランスはいつものFXではやらない腹筋背筋つき。
割としっかり燃え尽きた。月~水の蓄積疲労もあって良い感じにめでたく全身筋肉痛。
 
お盆旅行の都合上、次のジムは来週土曜になる予定。
 
……旅行先のホテルに、マシンジムはあるらしいんだけど……うーん……さすがにそこまではしないかな……(マシンジムは行かないから使い方忘れちゃってるしね……)。
「菊水堂」の
 できたてポテトチップ
うずら卵のクリーム煮
「かま栄」の
 たこ丸(今月のかまぼこ) \248
 じゃがコーン \237
 きんぴら \183
 豆腐けんちん \205
ビール(キリン SPRING VALLEY 豊潤<496>)
かくして休日ではあるけれどお昼に飽食ということもなく、夕飯も"いつも通り"という感じ。我慢できなくてビールだけはしっかりたっぷりいただいた。
 
先日の北海道出張でだんなが買ってきてくれた、お馴染み「かま栄」の、8月限定品「たこ丸」を中心に何点か。
 
私は手持ちのエバミルクを使ってしまいたいなと、うずら卵、鶏肉、青梗菜、缶詰マッシュルームを使った周富徳さんレシピ「うずら卵のクリーム煮」を支度した。
 
青梗菜炒めて、鶏肉も加え炒めて、鶏ガラスープで軽く煮込みつつマッシュルームとうずら卵の水煮も加え、調味は塩胡椒くらい。とろみをつけてできあがり。
 
いかにもあるあるなクリーム煮ができて満足だったけど、これ、刻み生姜たっぷりめに入れても美味しかったかも?
 
「かま栄」のかまぼこ、月限定品はそろそろ一巡全部食べたような気がしていたけれど、どうやら8月限定の"たこ丸"はこれが初めてだったみたい?(日記探したけど出て来なかった)
 
長ねぎと紅生姜入りで、なんでも通算12回目の8月定番品なのだそう。ビールのアテにぴったりで、そして公式サイト曰く「たこ焼風にソース・マヨネーズに花かつおや青のりをトッピングしてもヨシ」「おでんのタネにしても美味しい」だそう。なるほどー。
 
真夏の冷やしおでんというのも美味しいものだし、今月もう1回北海道出張があるらしいだんなに今一度買ってきてもらって冷やしおでんにしてみるかなー。