2021年10月18日月曜日

ポークソテーと菜の花弁当

「木村屋總本店」の
 あんバターホイップ
ヨーグルト(朝食みかんヨーグルト)
カフェオレ
私の中での、あんバターパンの至高は「木村屋總本店」の「あんバターホイップ」。
 
もっと美味しいのも口にした記憶がほんのりあるけれど、購入のしやすさと値段の手頃さと、パンとあんことバターの分量、あんこの美味しさ等々、バランスが良いよなあとしみじみ思うのがこの品なのだった。
 
というわけで、久々に買ってきたこれで、今日は朝御飯。
寒い季節はホイップバターがいくらか固めになって、その食感もまた幸せ。けっこうがっつりな量のバターが入っているのよね。
「万葉軒」の菜の花弁当
なめこの味噌汁(インスタント)
麦茶
今日は鋭意、津田沼と千葉でお買い物。
 
先日母が新米やかりん糖を送ってくれたので、そのお返しにと、母お気に入りの津田沼の肉屋の叉焼はじめ、パンやらお菓子やらを買い込んできた。
 
今回は、千葉そごう内の「銀座に志かわ 」の食パンを初めて購入。母に送るついでに我が家用にも買ってきたのだけど、美味しいかな。美味しいと良いな。
 
んで、せっかく千葉まで行ったのだしと、息子の昼御飯ついでに自分の分も、「万葉軒」の菜の花弁当を買ってきた。
 
息子曰く、「黄色が菜の花で茶色が地面って事だったら、緑色も間に欲しい」とのことだけど、「いいじゃんあさり串が銚子電鉄ってことで、いいじゃん」と、私。
 
万葉軒は他にも美味しそうなお弁当が色々あるというのに、買ってしまうのは、ついつい毎度、この菜の花弁当。
 
適度に水分が残ったしっとり食感の鶏そぼろと、ふわっと甘い炒り卵が絶妙な、でも何てことのない二色弁当。でもとっても美味しいのよ。
豚ロースのポークソテー w/キャベ千
マカロニサラダ(デパ地下惣菜)
麦茶
コロナ禍が一段落して、俄然だんなの帰宅が遅くなるようになって、今日も息子と2人のご飯。
 
手元にあるソース類の消費をしなきゃなと、「すた丼」の系列のステーキソースの使いさしが手元にあったので、これを使ってポークソテー。刻み玉ねぎがどっさり入ったソースで、甘じょっぱい馴染みやすい味のこれを焼いた肉に絡めつつ、千切りキャベツも大量に支度して。
 
マカロニサラダは、出かけたついでにと、千葉そごう地下のカキヤスダイニングで買ってきたもの。ハムとツナとゆで卵が入った濃厚なマカロニサラダで、副菜には充分過ぎる食べ応え。これ、美味しかった。
 
ステーキソースは、悪くはないのだけれどものすごく良いというわけでもなく、ポークソテーだったらバター+ウィスキー+醤油で良いし、ビーフステーキだったらバター+醤油で良いわけだしと、バター醤油信者な我が家ではあんまり使い道が無いのが実際のところ。
 
まだ残るソースは、薄切り肉を炒めるのに使って焼肉サラダとかにしたら良いかもしれないなー。市販のこういうタレって、なかなか難しい……(これはすた丼の福袋についてきたものなのねー)。

2021年10月17日日曜日

今夜はモツ鍋!

「木村屋總本店」の
 マロンホイップ
ジンジャーホットミルク
日曜の朝は軽くて良いよねと、昨日、日本橋三越内の「木村屋總本店」で、これ美味しそうと買ってきたのは季節商品の「マロンホイップ」。
 
あんぱん生地とは違う(と思う)ふわふわ食感のブリオッシュ型のパンに栗ペーストとホイップクリームが2層になって詰まっている風なパンだった。栗味濃厚で良い感じ。
 
今日は朝から冷たい雨で、あったかいのが飲みたいなあとレンチンした牛乳に生姜茶を溶かして。
「ザ・ハンバーグ」のロコモコ風
オニオンスープ(インスタント)
アイス烏龍茶
今日のお昼はガストのハンバーグみたいなのが食べたいねという話になり、「ガストっていうか……びっくりドンキー?」などとハンバーグ心が高まったのだけど、雨は止みそうにないし寒いし遠出もしたくない気分。
 
だったらちょうど息子が食べたがっていたしアレ買ってみませんかと、夕飯の食材の買い出しに行きがてら、味の素の冷凍食品「ザ★ハンバーグ」を買ってきてみた。
 
このザ★シリーズは、炒飯とか焼売とか、確かに美味しいのだけれど味が濃いなあという印象で。
 
ハンバーグは1袋1食入り、1個につき6分チンしろという、なかなかなものだった。まあ食べてみましょうと、時間かけて家族分温めて、平皿に盛ったご飯の上にハンバーグ乗せて、目玉焼きもトッピング。スーパー惣菜のスパゲティサラダを脇に添えて、ロコモコ風でいただいた。
 
「牛100%・鉄板焼きで肉のうま味を堪能でき、黒胡椒を効かせた、にんにく醤油ベースのソースと、溶け出すバターのコクが絶妙に絡み合うことで、白メシが猛烈にすすむハンバーグです」だそうで、確かにがっつり濃厚めなにんにく醤油バター味。
たれもたっぷりで、諸共ご飯に乗せて食べてちょうど良くなるような味だった。
 
ただこれ、家族で食べようってなると、レンチンにかかる時間が難点で。
 
まとめて湯煎調理で食べられるセブンプレミアムの「金の直火焼ハンバーグ」の使い勝手の良さと味のバランスの方が勝利かなあと私は思ったのだった。
 
と言いつつ、ザ★シリーズの唐揚げはちょっと気になっているのだけれど。
もつ鍋
 (牛もつ・豚バラ・豆腐・ごぼう・キャベツ・にら)
 (ちゃんぽん麺)
日本酒(佐賀県. 天山酒造 七田 ひやおろし 愛山)
日本酒(佐賀県. 天山酒造 七田 ひやおろし 雄町)
今日はだんなとBODYPUMP45からのBODYCOMBAT60という地獄のプログラム。
パンプのランジが倒れそうになるくらいしんどくて、そして新曲コンバットも足と尻に来る内容だからこの上なく疲労する。ほんと、なんでお金払ってこんなしんどい思いしてるのかしらと自問自答したくなるくらいには。
 
今日もお酒が美味しく飲めそうだねと、よれよれになって帰宅して、今夜はもうこの気候なら鍋で良いでしょともつ鍋にした。
 
以前の楽天スーパーセールで、買い回りついでに買ってみた、「博多若杉 もつ鍋 お試しセット(2人前) 」という冷凍セット。通常価格は3218円のこれが送料込1584円で買えてしまってめちゃくちゃお得だったもの。
 
選べる濃縮スープ(今回は塩とんこつで)と薬味(胡麻、輪切り赤唐辛子、柚子胡椒)、牛もつ240g、ちゃんぽん麺2玉セットで、全部ちゃんと美味しかった。
 
添付のリーフレットに従って、他に用意した具材は豆腐とごぼうとニラとキャベツ。息子はモツがそれほど得意ではないので豚バラも。それに、もうちょっとモツも欲しいよねと、「ロピア」で冷凍の牛モツを買ってきて、これも足した。
 
お店で食べるモツ鍋って、なんとなくモツが物足りなかったりするのだけれど、案外、多かったら多かったで胃もたれするねと学びを得てしまった今日。
 
さすがに、500g足したのはやりすぎだったな。豚も余ったし。
 
お供のお酒は、飲み比べしてみようかと、七田のひやおろしを愛山、雄町両方並べてみて。
思ったよりもドライさがあったものの味わいもしっかりの愛山と、安定のどっしり感の雄町と。どちらも良い塩梅に美味しくて、そして最近は"開けたら急激に劣化するお酒"がやたら多い中、七田はのんびり飲んでも大丈夫そう(そも雄町は1ヶ月前に開けてた瓶みたいだし)。
 
「あれよね、七田って、重心低い感じがして良いよね」
とだんなに伝えたら、わかるわかると頷いてくれた。

2021年10月16日土曜日

久々飲み放題

今夜は久々、飲み放題
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「ピーターパン」の
 もちもちマスタードウインナー \230
 ミルキーフランス \200 1/2本
梨(新潟県産南水)
カフェオレ
船橋駅ビル内にある「ピーターパン」はいつも人気で、昼でも夕方でもレジ前に行列が出来ているのが当たり前。
 
だからお店に寄るのがちょっと億劫な時もあるのだけれど、やっぱり美味しいし、お値段も手頃だし、ピーターパンのパンは美味しいなあと改めて思った朝御飯。
 
もちもちマスタードウインナーは、その名の通りもちもち食感のフォカッチャ風のパン生地にチーズがトッピングされていて、中央にどーんとボリュームたっぷりのウインナーが。
 
千葉県産のウインナーだそうで、これが旨味たっぷりでとてもジューシー、たいそう美味しかった。
 
さて今日は夕方からお出かけで、久しぶりの飲み放題!
なので、せめて日中動いておくかなと、いつもは行かないジムの支店でBODYJAM60に参加してきた。
 
いつもは45分のプログラムしか出ていなかったので、60分コースは今日が初めて。15分違う分、ダンスも増えるのかなと思ったのだけどさしてそんな事はなく、ウォーミングアップとクールダウン、2つの大きな曲構成の合間のリカバリートラックが加わるだけで、むしろ"お休みパート"が増えた分、楽に感じてしまったくらい。
 
コロナ禍になってから密回避だなんだで60分プログラムが軒並消えて30~45分のプログラムばかりになってしまったスポーツジムだけど、そろそろ60分プログラムがもりもり増えてくれると嬉しいなあ。
日本橋「VINOSITY maxime」にて
 飲み放題付きスペシャルプラン
     \6220→\3500→\3150
で、夕方になってから日本橋に出かけて、酒屋寄ったりパン買ったりしつつ、コレド室町内の「VINOSITY maxime 日本橋」に。
 
今年の6月の終わりに買っていた、共同購入クーポン、「LUXA」の「【全時間帯利用可/120分飲み放題/コレド室町2内/テラス席あり】三浦半島直送野菜など素材にこだわるビストロ。こぼれスパークリングワインも好きなだけ《飲み放題付きスペシャルプラン》」というプランは、本来価格6220円のところ3500円というもので、サイトの割引も使ったら3350円あたりになったのかな?そんなお得な内容だった。
 
お久しぶりの飲み放題! さんざん飲んだし、料理も満足な味とボリューム、雰囲気も良くて、プランの2時間分、たっぷり楽しんできた。
 
ワインバーということで飲み放題対象に"こぼれスパークリング"や赤ワイン白ワイン(種類は選べない)、そしてクラフトビールも含まれていて。
 
ビールはサントリーの東京クラフト、ペールエールタイプ。だんなの好みど真ん中なビールで、これが飲み放題なのは嬉しいねと、でも私はスパークリングワイン飲んだり白ワイン赤ワインも続けて飲んだりと無節操に飲み放題を楽しんでしまってすっかり酔っ払い。
 
出てきた料理はこんな感じだった。
 
本日の前菜4種盛り
かぼちゃの冷製スープ
ラタトゥイユ
カレー風味のポテトサラダ&コールスロー
ピクルス
特製サラダ
三浦半島から直送される朝採れ野菜
VINOSITYフライドポテト
ホイップバターが乗った贅沢フライドポテト
温前菜
牛スジ肉の赤ワイン煮込みグラタン
肉料理
黒火乃牛サーロインステーキ
本日の〆
1人1種類
エビピラフ
or
ウニのクリームスパゲッティ
デザート
本日のスイーツ
チーズスフレw/ベリーソース
バニラアイスクリーム
 
揚げ芋に塩気のあるホイップクリームが添えられるという大変にギルティなおつまみ。 小さな皿がちまちま並ぶ前菜含め、全ての料理が個別盛りになっていて、お店の手間が大変だなこれはと思いつつ、まだ当面は、居酒屋で忘年会ができるようになってもこんな風になるのかな。
 
お酒、特に当然ながらワインに似合う料理が多くて、面白かったのは、ホイップクリームを添えたフライドポテト。
 
このお店の人気メニューの1つらしく、塩気のある固めのホイップクリームが添えられている。サワークリームは時々あるけど、ホイップクリームというのは初めてで、これが案外、お似合いで。
 
野菜もこだわっているようで、紅芯大根などが彩り鮮やかなサラダも、柑橘風味のドレッシングが美味しかった。
 
選べるパスタがウニクリームだったのも嬉しかったり シメもこんな感じにしっかりボリュームの、エビピラフとウニクリームのスパゲッティの2択だったのも嬉しいところ。
 
エビピラフは、大ぶりの海老がごろごろと入っていた。
 
今、日本橋ではSCRAPの謎解き街歩き「迷刀物語からの脱出 | 『現世遠征 都結び』刀剣乱舞-ONLINE-」が開催中で、それに取り組んでいるお嬢様たちが大勢歩いていて。
 
このお店でもコラボメニューのノンアルカクテルを提供中らしく、女性客で賑やかな店内だった。
 
そろそろリアル脱出ゲームにも行きたいねえ。

2021年10月15日金曜日

魯肉ビリヤニ

「maison-ichi」の
 チーズとトマト \388 1/2個
 栗のパン \270 1/2個
 ヴィエノワーズ・ショコラ \270 1/2個
ヨーグルト(チチヤス 無添加ハニー)
カフェオレ
昨日は滅多に買わないパン屋さんのパンを買ってみようと、うどん屋に向かう前に小田急ハルクに寄って、「maison-ichi(メゾン・イチ)」というお店のパンを買ってみた。
 
大田区の西馬込のパン屋さん、代官山や渋谷に続いての出店が小田急ハルク店なんですって。
 
液体天然酵母を使っているパンだそうで、どのパンもねっちもっちとした独特の粘り気のあるしっとり系のパン生地だった。3種類買ってみたのだけれど、この生地の感じだと、栗のパンが一番似合っていて美味しかったなあという感想。
 
"チーズとトマト"はネーミングからすると中にそういうフィリングが入ってるのかなと思ったものの、トマト風味のパン生地の表面にチーズがかかっているという風なものだった。
これはちょっと物足りない感じ。チョコチップがざくざくたっぷり入ったショコラは美味しかったな。
 
今日はジムのないのんびり一日、でもやることややりたいことは山盛りあって、まずは台所にテンポラリー食材置き場用の棚を増設。
 
画鋲で留められる棚パーツ(こういうの)買って、棚板はホームセンターでパイン材買ってきて、焦げ茶の板にしたかったのでラッカースプレーで着色して、組み立てて。
 
んで、週明けからいきなり寒くなるらしいので布団を冬用に入れ替えて、クローゼットも冬夏の収納場所を入れ替えて、ついでに千葉版Go To トラベルの「ディスカバー千葉」が復活(ただし期限は12/15までと大変短い)ということで慌てて「どっか行こう!どっか!」と行けそうな宿を探しまくり。
 
そんなのがひと通り終わったところで、「それじゃカラオケ行ってきます!」とヒトカラ2時間堪能してきた。我ながら元気だわ。頑張ったわ。
 
夕方には母からの荷物が届いた。
 
新米送ってあげるわねと言われていたやりとりの中で、「ねえ、あつみのかりん糖って知ってる?にかほ市のお店のなんだけど」と聞いてみたら、わざわざ色々なところで探してくれて。
 
超神ネイガーさんのこの発言で初めて存在を知って、なにそれ食べてみたい、となったのだけど、秋田県内だったら買えるというものでもないらしく、普段は使わない場所にあるスーパーで漸く見つけてくれたということだった。
 
で、そのかりん糖が5袋も!
母、ちょっと買いすぎ!と笑ってしまいつつ、新米あきたこまち10kgに、秋田と言えばのいぶりがっこ、その他諸々、瓶詰とかだし(なぜか大間の昆布だし……)のボトルとか、いぶりがっこのチーズおつまみなんかが段ボール箱にみっちり入っていたのだった。
 
早速にと味見してみたかりん糖、一口サイズの四角な薄焼きで、甘さ控えめ。
 
胡麻の風味が香ばしくて確かにこれは止まらなくなる味わいだなと。薄くてパリンパリン食感なのが独特で、なるほどこれは美味しいなと思ったのだった。
 
いやでもしかし5袋……だんなの職場の秋田県人さんとかにお裾分けしたら喜んで貰えるかなあ。
ライタ
魯肉ビリヤニ
自家製ソーセージのトマトミルクスープ
自家製レモンサワー&すだちサワー
ビリヤニビリヤニ、ビリヤニが食べたい、と、夕方からじっくり玉ねぎ炒めて作ったのは、「魯肉ビリヤニ」というちょっと(かなり?)ニッチなビリヤニで。
 
今年は随分色々なビリヤニレシピの本を図書館で借りて(新刊チェックからのリクエストで取り寄せてもらって)読んだけど、『本格カレーとビリヤニ最速レシピ』(香取薫 主婦と生活社 2021.05)は、自分でも持っていたいなと思ったうちの1冊。
 
事前に炒め玉ねぎと、あと自家製ギーを仕込んでおくと時短できるよというのが根底にあって、でもレシピはとても本格的なものばかり。作ってみたい品が色々あって、その中の1つが"魯肉ビリヤニ"なのだった。
 
ターメリックは入るけれど分量控えめで、スターアニスやシナモン、クローブあたりが多めに入るのがちょっと独特。
 
醤油やオイスターソースが入って、最後に米を炊く時の水分が烏龍茶なのも面白かった。
 
当然使う肉は豚バラで、ゆで卵が入るのも、「そうだよね、魯肉だもんね」と納得しかなく。
 
香菜入りのライタも作って添えて、そしてお供は自家製のレモンサワーとすだちサワー。
 
『料理通信』に掲載されていたレモンサワーの素は、作ってみたら好みよりも甘すぎたので、すだち版の方は砂糖を半量以下にしてみたら今度はちょっと酸っぱすぎて。
適度な塩梅難しいね……なんて言いつつ、レモンサワーの素とすだちサワーの素を混ぜたりしながらいただいた。
 
そして初めての魯肉ビリヤニは上々の出来映え。中華な味で、でもしっかりビリヤニ、家族以外にも御馳走できるなと思ったくらいには、ちゃんと美味しかった。
 
ビリヤニ道はまだまだ険しい道だけど、でも、作れば作るだけ上達する感じがして、これは楽しい探求道。

2021年10月14日木曜日

新宿猫とうどんと観劇

「DONQ」の
 イチジクとクリームチーズ \240
梨(新潟県産南水)
カフェオレ
今日は家族3人それぞれ時間の違う朝御飯で、だから簡単にパンを出すだけで済む献立が良いなと「DONQ」のパンを買ってきた。
 
私の分は、季節の品の「イチジクとクリームチーズ」。
 
"全粒粉のパンにくるみを合わせいちじくとクリームチーズを包みました。焼き上がりにメープルシロップをかけて風味豊かなパンに仕上げました"というもので、ほんのり甘いハードタイプの丸いパン。
 
私はいちじくが好きなのだけど、果実そのものというよりは肉料理や生ハムに添えてあったりジャムなどに加工されているものが好き。今日のパンもドライいちじくを使ったもので、それがまた甘さが凝縮された風でとても良かった。
 
そろそろ梨の季節も終盤戦、固めの梨が出回っているところで、今回買ってきたのは南水。
酸味をほとんど感じない、甘さしっかりめの濃厚な梨で、この品種もお気に入り。
新宿「東京麺通団」にて
 うどん(ひやかけ 小) \290
 昆布の天ぷら \100
 半熟卵天 \100
 かしわ天 \100
 茄子の揚げ浸し \200
 生ビール \480
今日の日中は、いつものズンバ(ダンス)からの、20年ぶりくらいのステップ(端的に言えば踏み台昇降しながらのエアロ)プログラムにも参加した。
昨日しっかりボディパンプに出ていた割には我ながら頑張れたわと自画自賛しつつ、ジム後に身支度整えて夜は新宿で観劇という予定。
 
最初は「そういうわけだから、とーちゃんも遅いし夕飯は一人でよろしく」と息子に伝えていたのだけれど、今日は息子、大学通学日だそうで。
 
なら新宿で待ち合わせて一緒に夕飯する?と伝えたら案外嬉しそうに乗ってきたのだった。
 
…………私が息子の年齢の頃って、別に親と待ち合わせて一緒に食事しないでもいいよ、って感覚だったんだけどなあ。謎。
(しかも食後に「私は南口に向かうから」とガード下近くで別れようとしたら「俺も南口行く」ってついてくるし。ますます謎。)
 
ともかくも、息子との夕飯だったらここでしょと、「東京麺通団」に行くことにしていたのだけれど、常通りにジムの日の日中は昼御飯抜きで活動していたものだから、滅茶苦茶空腹になってしまっていた私。
 
しまった出がけにプロテイン飲んでから来ようと思っていたのに忘れてしまったよと、「ごめん先に店入ってるから」とLINE入れて、私は先に一人で晩酌してた。
 
つい毎度これを貰ってしまう好物の天ぷら2種類(かしわと半熟ゆで卵)に、見慣れない昆布の天ぷらなるものもあったのでこれも皿に乗せ、茄子の揚げ浸しもビールのアテに。
 
「到着したら私の分のひやかけ小も一緒にオーダーしてきてねー」
と追加のLINE入れてビールうまいと堪能していたら、十数分後にうどんと共に息子が到着したのだった。
 
揚げ玉かけ放題なのが嬉しいこのお店。
 
揚げ玉用の器に具材の端っこが入っていることも多々で、今日はかき揚げ用の人参の端っこが入ってた。なんとなく色が悪いところがあるのは磯辺揚げの衣も混ざってるせい。
 
今日は若干麺が柔らかめな感があったものの、いりこだしは相変わらずの美味しさだったし、未だ客足が完璧には戻らないコロナ禍とはいえおつまみメニューもちょいちょいあったしで、変わらず満足なお店だった。
 
息子曰く、他のいろんなさぬきうどん屋に行ったけど、都内だったらここが一番お気に入りなんですって。
 
食後には私は南口に向かうよと一緒に歩き出したところで、「あ、そういえば私まだ猫見てないよ、大型ビジョンの猫」と思い出して、息子と一緒に東口の猫を見に行って。
 
この上映(放映?)が始まってからもう何度かは新宿に来ていたというのに、見るのは初めてだった新宿猫。
 
見たバージョンではなんだか色々にゃごにゃごと眼下に向かって話しかけている三毛猫さんだった。尻尾がしましまなのと顔の右半分が黒、左半分が茶色なあたり、うちのみーちゃんにちょっと似てる。
 
そしてちょっと待っていたら同じ箱っぽい背景を背負った小峠さんが出てきて「なんだよここは!なんなんだよ!」的な事を言い出すムービーも流れてきたものだから笑ってしまった。
 
東口の広場から見るとちゃんと立体に見えるのがすごいなと思う。
こういう技術の無駄使い、楽しいわあ。
 
そして夜7時からの観劇は『HELI-X II~アンモナイトシンドローム』を。
 
去年の12月に観劇した作品の続編で、今回も前回同様、チケット互助会的なところから手数料のみレベルの格安料金で見ることができたお芝居。
 
ラノベ的ストーリー、世界観は"(AKIRA+デビルメイクライ+刀剣乱舞)÷3"という風なもので、お客さんはほぼほぼ女性。客層を見てなるほど納得の、キャストは多くが2.5次元俳優さん。見目が良くて殺陣が派手で、でも前回のストーリーもちゃんと記憶に残っていたあたり、(大変に失礼ながら)案外ストーリーもしっかりしていて。
 
お話も、とってつけたような続編ではなくて、違和感のない繋がりで、しかも最後には「次に会う時は敵同士だ!」的な、え、まだこれ続くんですか?続くんですね?というラストシーン。こうなると、続きが滅茶苦茶気になってくるというもので。
 
そして前作には出ていなかった新キャラ"イモータル"を演じていた、杉江大志さんの存在感がすごかった。
 
終幕後の挨拶で「もう色々伝わっちゃってるかと思いますがー!めっちゃ楽しんでます!」と断言してらした通り、心底楽しそうに演技してらして、そして身のこなしがたいそう綺麗だし舞台映えするし、で、なんなんこの人??となっていた。
 
アドリブも相当繰り出していたようで、舞台上で困惑している共演者の方々が面白いというか気の毒というか……で、前作以上に笑いも多い舞台だった。
 
2時間超えの熱気溢れる舞台で、帰宅は10時半頃。こんな時間に外に出ていたのは本当に久しぶりで、漸くコロナ禍も一段落したのかしらと……言うのはまだ早いのかな。でも、めでたく千葉版Go To トラベルの「ディスカバー千葉」も県民利用に限って再開するそうで。

2021年10月13日水曜日

今シーズン初おでん

「大珍キッチン」の
 ふかひれまん 1/2個
 福耳まん 1/2個
 桃まん 1/2個
普洱茶
いよいよ秋らしい肌寒さが訪れつつある今日この頃。
 
最低気温が15℃切ったら、ベランダで育てているカレーリーフとかバイマックルーあたりを屋内に入れるべきかなと天気予報を眺めつつ、朝御飯は半端に1個ずつ手元にあった「大珍キッチン」の中華まんを蒸かすことに。
 
巨大サイズのふかひれまんと、小ぶりでピンク色をした豚耳つきの福耳まん、それと2口サイズほどの可愛い桃まんを2段重ねた蒸籠で蒸してだんなと半分こした。
 
大珍キッチン、点心はお手頃価格だし(福袋系セットのは特にお値打ち)、値段相応以上に美味しいと思うのだけれど、中華まんに関しては、全体的に薄味で物足りない印象。
 
今日のふかひれまんも、言われなかったらふかひれとは絶対気付かない感じだったのが残念だった。
 
でも桃まんはとっても美味しくて満足。
鶏鍋おでん&静岡おでん
卵雑炊
麦茶
今日も息子と2人の夕御飯、この気温ならこういう献立がちょうど良いのでは、と、買い置きの2人前おでんを温めてみることにした。
 
美味しそうだなと買ってきてみていたのは、チーかまなどが主力商品の「丸善」というメーカーの「鶏鍋おでん」。
 
「コトコト煮込んだ野菜種とサッと煮た練り種をあわせた"別鍋仕込"でおでん屋さんの味を再現しました」とのことで、袋の中には2つの真空パック。
 
1つは玉子・大根・昆布・こんにゃくの入った野菜種、もう1つはちくわ・ごぼう巻・鶏つくね・手羽元の入った練り種。手羽元だけが1本であとは全部2つ入り。
 
シメとして、"おでんの後は、鶏がらだしにごはんと卵を溶き入れて、雑炊も楽しめます"などと袋に記されていて、それは美味しそうだなと心惹かれたのも、買ってみた理由の1つだったりして。
 
でもこれだけでは若干物足りないかなと、駅ビルの自然食品ショップで半額見切りになっていた、静岡のメーカー「いちうろこ」の「静岡おでんセット」も足してみた。
 
こちらもちょうど2人分の、黒半4枚・小判2枚・ごぼう巻2本・うずら卵天2個・たこボール2個・ちくわ1本という内容で。
 
ちくわとかごぼう巻あたりが被ったけれど、まあいいやと全部鍋に入れて温めて、んで、息子と2人で食べきった。
 
簡単お手軽で良かったし、追加した静岡おでんの種は思った以上に美味しかったのだけれど、残念、肝心の鶏鍋おでんの練り物がいまいち物足りない味わいだった。
 
大根とか卵も、やっぱり自分で仕込んだ方が美味しいなあ、などと改めて思ったりして、でも最後の雑炊がとても美味しかったものだから、最終的には満足だったという感じ。
 
鍋に残ったスープに適当にご飯入れて煮立たせて、溶き卵を回してからすぐ火を止めて、仕上げに葱を散らすだけ。
 
塩を足すこともなく旨味たっぷりスープが良い塩梅で、これはほんとに美味しかった。
 
普段の家おでんだと、牛すじが入ったりしてもっとケモノ臭いスープになってしまうから雑炊はあまり似合わないかなと思うので、これは今日だけのお楽しみという風で。
 
何度か通販している荒川のおでん種屋さん「大阪屋」さんが通販サイトをオープンしてくれたので、格段に注文しやすくなった(これまではメールで頼んで代金は振り込みでお願いしていたと思う)。
 
次回はここからたんまり取り寄せて、鍋いっぱいのおでんを楽しむ予定。

2021年10月12日火曜日

和風夕食とすごい芋けんぴ

「カワシマパン」の
 メンチカツ&キャベツサンド \400 1/4個
 粒あん&マーガリンサンド 210 1/2個
 粒ピーナッツサンド \250 1/4個
マスカルポーネチーズ w/生姜ジャム
カフェオレ
 
「日本橋 芋屋金次郎」の揚げたて芋けんぴ
今日はだんな、日帰り出張とのことで朝6時前に家を出なきゃとのこと。
 
「それじゃあ空港のラウンジで食べられそうな朝御飯持たせてあげようか」と伝えたらぜひにということだったので、昨日市川に買い物ついでにカワシマパンのコッペパンサンドを買ってきた。
 
惣菜系、コロッケに焼きそばにハムカツと何種類もあったのだけれどこれが良いかなとメンチカツサンドを、甘味系は定番の粒ピーナッツと粒あん&マーガリン。
 
1本でけっこうなボリュームのあるサンドなので、適当にカットして、だんなにはメンチカツを1/2本、あとは1/4本サイズにしてワックスペーパーにくるんで持たせてあげた。
 
私の分は、粒あんを1/2本にして他は1/4本、残りは息子分ということで。
 
粒あんマーガリンは、マーガリンじゃなくバターの方が嬉しいのだけれど、残念ながらトッピングメニューにバターは存在していないのだった。残念。
 
そして食後のヨーグルト代わりに、半端に余ってたマスカルポーネチーズにセゾンファクトリー生姜茶を添えて。
 
生姜茶はつまり生姜ジャムみたいなもので、味見してみたら甘さも強く、普通にジャム代わりとして使えそう。マイルドな口当たりのマスカルポーネにもお似合いで、そして先の商品リンクに掲載されていた「生姜のチャイ」も美味しそう。今度はこれを試そうと思ったのだった。
 
そして今朝は、起きると居間のお菓子箱付近に見慣れない茶色い袋が。
 
貰ったのだとだんなが持ち帰ってきた「揚げたて芋けんぴ」は、「日本橋 芋屋金次郎」というお店のものだそうで。
 
この「揚げたてオリーブオイル芋けんぴ」は日本橋店限定品、揚げ工房を構えた直営店のみで販売されている揚げたて芋けんぴの、オリーブオイル版なのですって。
 
パッケージにつけられたペーパーに記された「揚げてより十二時間を過ぎしもの、揚げたてにあらず」の文字の圧がすごくて笑ってしまった。レトロな触感の油紙の袋に入っているのもなんだか素敵。
 
でも正直、芋けんぴは嫌いではないもののそれほどの好物ではなくて、「芋けんぴかぁ……」なんて思いつつ、ちらりと口にしてみたのだけれど、これがびっくりするほど美味しかった。
 
外側の飴がけがカリッととても心地良いし、芋自体の味もしっかり濃厚で。
 
かりん糖と大学芋とスイートポテトとフライドポテトの良いところを全部集めたみたいな味わいと食感で、え、なにこれ美味しい、すごく美味しい、と、ぱりぽりぱりぽり食べまくってしまった。
 
なんだこれ、悪魔の芋けんぴか。実に危険。
 
そして今日のジムは楽しいBODYCOMBAT45からのBODYBALANCE FX。
 
新曲シーズン中は同じ動きが1ヶ月続くから「あれ、ここってどうやるのが正しいんだろ」という疑問点も沸きがちで、そういう時はレッスン後のイントラさんに話しかけて教えていただいている。
 
今日解消できたのはこんな感じ。
 
「コンバット、エスキーバするときにグラつきがちで悔しいです」

「前側の足の爪先は正面に、後ろ側の足の爪先は前ではなく真横くらいに向けてしまって大丈夫」
「重心をしっかり後ろに乗せる。前足は支えくらいのつもりで重心は9割後ろ足」
「最後はね、ランジの姿勢に戻る時に飛び跳ねちゃえばグラつきは誤魔化せます!」
 
いや、飛び跳ねる方が難易度高いですよねと苦笑い。「こういう風に!飛び跳ねます!」とレッスン後にスタジオ前で飛び跳ねてくれたOさん……。
 
「バランス、今回フラワーポーズの維持が長くて、最後どこに集中すれば良いのかわからなくなって崩れそうになります」

「膝を上げる意識はそれほど持たなくて大丈夫」
「とにかく胸と腹と骨盤をしっかり横に向ける」
「上げた足と腕で出来るだけ大きな"輪"を作るイメージで。高さではなく大きさ」
 
どちらもわかりやすいアドバイスで、きっと次回は更にましに動けるはず。
ありがとうございました。
さやいんげん入り白和え
豚バラと白菜のうま煮
秋鮭の塩焼き 醤油麹添え
豚汁(ラスト)
麦茶
今日も息子と2人の夕御飯。
 
残っていた豚汁を片付けるつもりで、それと、これまた冷蔵庫に残っていた豚バラ肉と白菜を食べてしまいたいなと。
 
ただそれだけではおかずが足りなさそうで、秋鮭も買ってきた。これは普通に塩焼きして、自家製の醤油麹をちらりと添えて。白和えは、市川駅ビルの自然食品ショップで半額見切り品になっていたのを買ってきたものに、茹でたさやいんげんを足してみた。
 
ここまできたら炊きたて御飯も欲しくなるもので、息子用にと一応炊いてはいたものの、なんだかんだおかずのボリュームがあったので米はパス。
 
豚バラの煮物にはかぼすの皮を千切りにしたのを散らしたのだけど、それも爽やかな風味で良い感じだったなと。

2021年10月11日月曜日

かぼちゃと鴨肉でグラタン風

雪見だいふくみたいなパン
「ランチパック」のクアトロフォルマッジ
洋梨(山形県産マルゲリットマリーラ)
カフェオレ
この頃は何かとコラボ商品が流行っていて、先日ファミマから発売されたのは「雪見だいふくみたいなパン」。
 
パイの実みたいなパンも美味しかったけど、でもあれはチョコデニッシュ的なものだったし、アイスクリームのパン化ってどうなの……?と思いつつ、土曜に酔った勢いで買ってきたのだった。
 
「ロッテ雪見だいふくをイメージし、もっちり食感のパンにバニラ味のクリームとバニラホイップ、求肥をサンドしたコラボ商品です」だそうで、なかなかの重量感。
 
でも甘いパン1個というのもねと、スーパーでピザハット監修のランチパック、「クアトロフォルマッジ」も買ってきてみた。こちらは「ピザハットのとろける4種チーズのフォルマッジをイメージし、4種のチーズ入りクリームとメイプル入りシロップをサンドしました」だそうで。
 
クアトロフォルマッジの方は、あんまり"ピザのチーズ感"というものは無くて、「普通にチーズソースのランチパック」という感じではあったものの、悪くはなく。
 
そして思った以上に雪見だいふくは雪見だいふくだった。求肥の存在感がしっかりあって、あのねちもちした独特な食感がちゃんと再現されていたし、クリームの味もあのアイスクリームの味に近い感。
 
冷たくないのにアイスじゃないのに口の中は雪見だいふくのあの味という、脳がバグるような不思議な味のパンだった。
 
そして食後に山形の洋梨、ちょっと固めだったマルゲリットマリーラ。すごく香りの良い洋梨で、美味しかったな。
かぼちゃと鴨肉のグラタン
自家製ソーセージのトマトスープ
すもんサワー
今日は午前中にちらっと買い物行って、午後はお昼寝という幸せのんびりな一日。
 
だんな不在の夕飯は、残ってるトマトスープを食べきりたいなあと(無理だった……まだけっこういっぱいあった……)、洋風献立で、グラタンを。
 
昨日の「せんどば」で切り落とし鴨肉を買ってきたので、これを使って、と、ケンタロウさんレシピの「かぼちゃとチキンのグラタン」を鴨肉使って作ってみることにした。
 
鴨肉炒めて白ワインとカレー粉少量ふって生クリーム注ぎ、茹でたかぼちゃとついでにさやいんげんも入れて煮詰めてから耐熱皿に。シュレッドチーズふったら、オーブンの代わりに魚焼きグリルで表面炙ってできあがり。
 
ベシャメルソースを作ることもない簡単グラタン風おかずで、多分前にも作ったことがあったと思う。今日も美味しくできたし、鴨肉というのがまた一風変わって良かったな、と。
 
お供は、ジンを使った自家製レモンサワーにすだちも2個ぎゅうぎゅう絞ってミントの葉も入れた、モヒートっぽい"すもん"サワー。

2021年10月10日日曜日

月見バーガー、秋刀魚とたぬき

「ヤマザキ」の
 アメリカンアップルパイ
「牧歌」のマンゴーラッシー
ここ数年、すっかり高級魚扱いになってしまっている秋刀魚だけれど、「近年、不漁が続くサンマ漁、根室では「復活の兆し」がた」なんてニュースもあって、まあまあ魚屋で見かける状態。
 
食べられるうちに食べておこうと、今日は強い心で夕飯は秋刀魚の塩焼きにしようと決めていて、だんなが寝ている朝のうちに「せんどば」に行こうと支度しつつ、朝食は1個だけ余ってた小ぶりのアップルパイを温めて、濃厚なラッシー傍らにささっと食べた。
 
悪くはないのだけど、大手メーカー製のアップルパイだったらフジパンの「おうちで焼きたて」の方がちょっと好みな方向だななんて思ったりしつつもぐもぐ。
 
そしてめでたく秋刀魚は1尾200円で買うことができた。
豚薄切り肉や大根、ごぼうなんかも買ってきて、夕飯には豚汁も作ろうかなと。
ららぽーとTOKYO-BAY内「マクドナルド」にて
 チーズ月見 セット
     チーズ月見バーガー
     フライポテトM
     和三盆きなこ味の月見 マックシェイクS
お昼は、ららぽーと内のATMにだんなが行きたいそうなので、「じゃあららぽーと行っちゃおうか」と、家族でマクドナルドの月見バーガーを。
 
私は月見バーガーというより、「上品な優しい甘さの和三盆糖と香ばしいきなこの味わいを楽しめる、秋限定のシェイク」という月見マックシェイクが気になっていたので、セットの飲み物をそれにして貰って、チーズ月見バーガーを。
 
マクドのネットオーダーがそこそこ優秀なのは知っていたけど、あれ、テイクアウトだけじゃなくて「席まで料理を届けてもらう」というオプションがあるのを今日初めて知った。
 
入店して席について、席についてる固有ナンバーを注文時に記してネット決済すると、ほどなくお店の人が「おまたせしました」とテーブルまで品を届けてくれるというもので、これはたいそう便利。
 
息子が「良く使ってるよ」なんて言いながら教えてくれた。
 
んで、期待のチーズ月見バーガーは、「これつまりベーコンチーズエッグバーガーだよね」「最近そもそもファーストキッチン全然見なくなったけどね」なんて失礼な事を話しつつ、でも、なかなか美味しかった。卵が入ったハンバーガーは、なんだかんだ大正義。
 
月見が終わったら次はグラコロのシーズンね。またきっとマクドナルドへの対抗で「コメダ珈琲店」が同系の品を出してくれるはず(そちらのが密かに楽しみ)。
「佐藤水産」のえび塩辛
スティックきゅうり w/行者にんにく味噌
馬刺し
たぬき豆腐
秋刀魚の塩焼き w/大根おろし&すだち
漬物(ゆず大根)
豚汁
ビール(東京クラフト〈ペールエール〉)
日本酒(京都 松本酒造 澤屋まつもと 守破離 愛山)
今日も夕方はジムに行き、そして週一日曜夕方のパンプからのコンバットに参加して、週最高の肉体的疲労度を溜め込むのが習慣になってしまってるだんなと、「週5でジム行ってるといつも大体このくらい疲れてるし、慣れたし」という私(でも今日の私はコンバット1本のみ)。
 
帰宅してから羽釜をコンロにかけ、副菜の仕上げをしつつ秋刀魚を魚焼きグリルに入れてささっと夕飯の支度を終わらせた。豚汁はもう午後のうちに作ってあったし。
 
今日の副菜は、初めて作ってみた「たぬき豆腐」(今日の一番上の写真)。1年ほど前の女性ファッション誌に掲載されていたレシピで、吉祥寺の居酒屋「火弖ル」というお店の人気メニューの1つみたい。
 
醤油味醂味で豆腐を炊いて、汁ごと器によそってから天かすをたっぷり散らして、刻み葱と三つ葉(は今日は買わなかったので抜き)とすだちの薄切り添えたらできあがり、というもの。
 
夏は冷やしても美味しいんですって。
 
これが簡単なのに美味しくて、最高の酒のアテ。
 
お酒は澤屋まつもとの守破離の愛山、コクもあるけどキレもある、バランスの良いお酒だった。
 
秋刀魚より、むしろ、朝の買い物で「せんどば」で見つけた、フランス産の馬刺し肉(定番のおろしにんにく+九州醤油で)の方にお似合いだったかな。
 
フランス産の馬刺し、居酒屋で1000円くらいで出てくるボリュームのものが600円ほどで売られていたのでこれはなかなか便利かも。ちゃんと美味しかったし、赤身以外にもウネの部位なども売られていた。
 
あとはスティックきゅうりに岩手アンテナショップで買ってきた行者にんにく味噌つけて食べたり、京都土産のゆず大根、北海道「佐藤水産」のえび塩辛と、地方の美味しいものずらりと並べたらけっこうな御馳走で。
 
根室の秋刀魚は鬼おろしでおろした大根おろしどっさり添えて、すだちもたっぷり絞りつついただいた。
 
私は大根おろしが大好物で、なんなら秋刀魚:大根=1:1くらいの分量で食べても幸せなくらいに大根おろしもりもりが好き。

2021年10月9日土曜日

串カツ田中!

「パイクイーン」の
 道産牛ミートパイ \540
カフェオレ
昨日、船橋駅の東武デパート前のコンコースがなんだか賑やかで、何かと思えば上階で開催中の北海道物産展の出張ブースがお店を広げていたのだった。お馴染みの六花亭とかロイズだとかのお菓子が並ぶ中、札幌の「パイクイーン」というお店のパイがあって、あらこれ美味しそう、と。
 
朝食用にと買ってみたのは、北海道産の牛肉をデミグラスソースと煮込んだ、チーズも入ったミートパイ。紙製の器の上に成形されたパイで、しっかり温めてから食べてみた。
 
ちょっとフィリングが水気が多いようで、底側のパイがしんなり食感になっていたのはちょっと残念だったけれど、トマト味や塩味とはまた違った風味のフィリングの味は悪くなく。牛肉ざくざくのリッチな味のパイだった。
 
メインはアップルパイのお店みたいだから、甘系の品はもっと美味しいのかな。気になる。
「豆狸」の
 鶏ごぼういなり \183
 わさびいなり \194
 栗いなり \194
麦茶
今日の午前中は、だんなは用事を済ませにちらりとお出かけ。
 
だったらお昼はいなり寿司が食べたいですいなり寿司を買ってきてください、と、船橋駅ビル内の「豆狸」でいなり寿司を買ってきてもらった。
 
ちょっと小ぶりで値段も良いけど、味は間違いない美味しさの、このお店のいなり寿司。
 
季節の品の鶏ごぼうと、大好物のわさびいなりをお願いしていたら、季節の品に栗もあったと、栗も買ってきてくれて歓喜の私。
 
だんなと息子はいなり寿司だけでは物足りないと、カップ麺を添えて食べていて、なるほどなと思ったのだった(私はいなり寿司だけで充分だけども)。

ほの甘い、栗ご飯の入ったいなり寿司、油揚げの甘じょっぱさと絶妙に似合ってとても美味しかった。
船橋「串カツ田中」にて
 お通し(食べ放題キャベツ) 3×\280
 ポテトサラダ
 串カツ牛 8×\110
 串カツ豚 6×\110
 串カツ豚ヒレ \110
 串カツポールウィンナー 5×\110
 ハムカツ 2×\110
 串カツ豚しそ 2×\110
 串カツうなぎ 5×\110
 串カツサーモン 2×\110
 串カツキス 2×\110
 串カツエビ \110
 串カツはんぺん 2×\110
 串カツたらこ 3×\110
 串カツチーズ 6×\110
 串カツうずら 5×\110
 串カツ紅しょうが 2×\110
 串カツアスパラ \110
 串カツにんにく \110
 串カツなすび 2×\110
 串カツ玉ネギ 2×\110
 串カツクッキー&クリーム \110
 串カツバナナ \110
 田中のおにぎり \540
 生ビール 4×\250
 チンチロサワー奇数 3×\500
 ラムネ 5×\250
 アンケート特典雪見だいふく 3×\0
家族3人でよく食べました……。
8月の末に、ムック本『串カツ田中 FAN BOOK【SPECIALパスポートつき】』が発売になって、緊急事態宣言が明けるのをそわそわと待ち続けていた我が家。
 
最近、様々な飲食店バージョンがあるこの系統のムック本。
来年8月末まで有効の、「120円~240円の串カツ全品110円or会計から11%オフ」が何度でも使えるというパスポートがオマケについてくるというものだった。
 
ムック本価格は1111円、大体家族で行くと1回1万円くらいはするのが常だから、11%オフを2回使えばもう元が取れるという算段で、これはとってもお得な内容。
しかもしかも、「再開店舗は2週間限定の研修センター店に!?」だそうで、首都圏を中心にあちこちの店舗が「不慣れな働きをあたたかく見守ってくださるお客様へ 450円以下のドリンク全品を研修センター店価格(250円)にてご提供します」というキャンペーン中。
 
これは行かねば絶対行かねばということで、「串カツ田中」に行ってきた。
 
思うさまお酒は飲めるようになったけど、でも家族であってもテーブルの真ん中に邪魔くさいパーテーションは置かれてしまうし、ソースも専用器にどっぷり浸せずディスペンサーから垂らすようにかける方式に変わってしまって、微妙に様変わりはしてしまったけれど、でも美味しくて幸せで、えらいこと沢山飲み食いしてきてしまった。お会計、すごく割引されていたはずなのに1万2千円弱になってしまったという。
 
計算したところ、今回、串が110円になるパスポート特典を使ったのだけど、その恩恵が3630円、ドリンク割引の恩恵が2700円だったみたい。
ということは、普通に食べていたら1人6000円コースだったのね。おそろしや&ありがたや。
 
私は直前までスポーツジム(BODYJAM45からのBODYPUMP60のヘビーコース)で、「予約時間の5分後には着くから、ビール入れておいて!あと牛と豚とうずらとサーモン!」とお願いしておいて、着くなり乾杯からの、19時45分ドリンクラストオーダー、20時15分フードラストオーダーのぎりぎりまで楽しみまくってきた。
 
私が食べたのは、
牛・豚・うずら・サーモン
紅生姜・チーズ・アスパラ・ポールウィンナー・うなぎ
豚しそ・なす・玉ネギ・きす・たらこ
牛・豚・うなぎ・うずら
の18串。
 
最後には息子が「田中のおにぎりも食べたい」言い出して、「あんたが握るなら頼んでいいよー」と返し。
 
私もこのおにぎりが大好きなのだけど、毎度だんなが握ってくれていて、今日は息子が息子が握ってくれ、私はと言えば、これまでの串カツ田中人生、まだせいぜい二度くらいしか握ったことがない気がする。
 
息子が握ったのは若干小ぶりなサイズで4個。「わーい息子が握ってくれたよー」と思わず撮影。私も1個いただいた。

2021年10月8日金曜日

うちのサラダスパゲティ

ホットサンド(はむぽてちー)
カフェオレ
昨夜、午後11時ちょっと前にけっこう大きな地震があった。
 
もう既に布団に入ってたのだけど、ゆっさゆっさと揺れ始めたところで緊急地震速報がスマホから鳴り響き、十数秒ばかり、これは遊園地のアトラクションですかって感じに揺れて。
 
でも体感的には震度4くらいで、特段ものが落ちる音とかもしなかったから、まあいいやとそのまま寝てしまった。
 
朝起きてみれば首都圏の電車は運行停止しまくってるし、震源は千葉市あたりの海沿いという超ご近所、そして船橋市も震度5弱を記録していたとか、なんとか。
 
呑気に寝ていたけどスマホには母からの安否を気遣うLINEも届いていて、いやいや全然大丈夫だったよと返事をしながら早め出勤予定のだんなの朝食の支度をした。……でもこれ、早めに出たところで、都内まで無事に辿り着けるのかな……(案の定、快速が全然動いてなくて遠回りして大変だった模様)。
 
改めて家の中を確認したところ、ミニチュア雑貨の1つも倒れておらず、洗面所にホテルのアメニティのミニボトルが1個棚から落ちていたくらい。ガス水道電気も全く問題なしという、我が家的にはありがたい状況だった。海のそばではあるけれどこのあたりは地盤がそこそこ丈夫なようで。
 
そんなこんなで朝食は、サンドイッチ用のパンを使ってのホットサンド。
 
なんとなく、「こういうのが食べたいのよね」という気分で、スーパーのポテサラ買ってきて、美味しいハムとシュレッドチーズと共に挟んでみた。
 
そのまま食べて美味しいポテサラも、ホットサンドにするとちょっと薄味に感じられたから、これは"追いマヨ"が必要だったかもしれない。
 
でも大体思った通りに美味しかったので満足。
ホットサンドにはじゃがいもやキャベツも良く似合う。あと最近はトマトを入れても美味しいかななんて思ったりしている。
サラダスパゲッティ
自家製ソーセージのトマトスープ
麦茶
だんな不在の夕飯&日中はジム無しのカラオケ2時間堪能だった今日、夕食は鍋いっぱい作ったものでまだまだ残ってるトマトのスープと、先日仕込んだ低温調理鶏むね肉が残っていたのでそれを使ってサラダスパゲッティ。
 
「サラダスパゲッティ」を画像検索すると、マカロニサラダのスパゲティ版のような、ハムや薄切りきゅうり、トマトなどと共にマヨネーズで和えた風な画像の方が多く出てくる感じがあるけれど、私が思うサラダスパゲティは今日の写真のようなもの。
 
この印象の源泉はピエトロのせいだなと、ピエトロのサラダスパゲティレシピを見て確信した。そうそう私の中のサラダスパゲティってまさにこれ。そもそもかけるドレッシングも大抵ピエトロだし(今日は息子、トリュフドレッシングをかけていたけども)。
 
今日のトッピングは、鶏むね肉とゆで卵、ボッコンチーニ、コーン、トマト、きゅうり、ロメインレタス。麺はごく少なめにしたけれど、充分食べ応えがあって満足だった。
 
そういえば、youtubeでの某ラジオ番組聞いていたら、セブンイレブンなどで買える糖質ゼロの"ぷるんちゃん麺"が素麺のようで違和感なく美味しいのだとか。
 
ちょっと気にはなったのだけど、わざわざそれを買って食べるくらいなら自家製サラダチキンをまりまり食べるかプロテイン飲むかする方が栄養的にも満足度的にも好ましいかなという自分なりの結論。

2021年10月7日木曜日

ラム照り焼きと豆鼓牛肚

「サンマルクカフェ」の
 ミルクロ
 フレンチトースト 1/2個
 じゃがバターデニッシュ 1/2個
ヨーグルト(バニラヨーグルトあまおう)
カフェオレ
サンマルクカフェ」は株主優待が期限1年の回数制限無しの20%オフ券で、だからせっせと恩恵を受けましょうということで、昨日、だんなに朝用のパンを買ってきてもらった。
 
チョコクロにカスタードクリームを合わせた「ミルクロ」が1人1個、それと、店頭で見切り品のお得用惣菜パン袋があったからそれも買ってきてみたよと、3個入って300円だったというパン袋。
 
中はフレンチトースト、じゃがバターデニッシュ、ハムチーズクロワッサンで、通常価格610円の内容だったようで、これはかなりお得だったかも。
 
嫌いなものも特になく、ハムチーズは息子に譲ることにして残りを半分こしてだんなと食べることにした。フレンチトーストは、ぱっと見「クロックムッシュかな?」と思っていたものだから、温めて囓った時の甘さに軽く驚いて、「ああ、フレンチトーストだったか」ってなったわけだけど。
豆鼓牛肚
仔羊のクミン照り焼き
茹でわんたん
ビール(キリン秋味)
緊急事態宣言も終わって、そうなると木曜は慣習的にだんなの職場では飲み会があるらしく。
 
そのつもりで献立をうっすら考えていたのだけれど、「飲み会出ないで帰るわー」と昨日告げられ、そういうことならとラムチョップ4本買ってあったところにラム厚切り肉を買い足して(残念ながら今日はラムチョップが売られてなかった)、ハチノスの蒸し物を増やすことにして。
 
作り置きの海老入りワンタンは、今日は前回と別のタレを添えて出し、見切り品のを買ってきてあったラムチョップは、これまた見切り品の厚切り肉と合わせて久保香菜子さんレシピの「仔羊のクミン照り焼き」にしてみた。
 
醤油味醂ベースだから馴染みのある味、でもクミンの風味が濃厚に漂うエスニック料理のようでもあり案外中華っぽくも思える面白い味の羊肉料理が出来た。クミンの風味、けっこう好きだからこれはなかなか美味しいかも。
 
そして「確か中華料理店で食べたことあったよね」と記憶を掘り起こしつつハチノスは豆鼓蒸しに。調味料の配合は、手持ちの豆鼓排骨のものを参考にしてみた。湯で戻した豆鼓にオイスターソース、中国醤油の老抽、砂糖、胡麻油などを合わせてハチノスを漬け込んでから蒸籠で蒸すこと数十分。香草を乗せたらいかにもそれっぽい見た目になった。
 
そんな感じの献立で、ビールをぺろっと飲んでしまった後は、「紹興酒っぽいものが似合うのでは」と飲みかけだった日本酒の古酒飲んで、最後は泡盛の古酒まで飲んでしまって良い気分。
 
ヘルシーめな献立じゃない方向にしようと思うと、ついつい酒の肴的献立になってしまうのが私の嗜好のあかんところだよなあとしみじみ思ったのだった。ああお酒が美味しい。

2021年10月6日水曜日

ガイヤーンと復活レトロプリン

ホットサンド(ソーセージ&卵&チーズ)
洋梨(秋田県産レッドバートレット)
ぶどう(山梨県産シャインマスカット)
カフェオレ
先日作った自家製ソーセージのタネ、焼くだけ焼いて冷蔵してあったのを使って、そろそろこれが美味しい季節かなあとホットサンドを。
 
"こんたまちー"(コンビーフ+卵+チーズ)の要領で、ゆで卵のマヨ和え支度して、多めのチーズと共にサンド。独特の塩気とハーブ感があるものの、コンビーフに負けず劣らず自家製ソーセージのホットサンドも美味しかった。
 
食後は、秋田でも洋梨を栽培してるのだなあと思いながら買ってきた、オレンジ色の表皮のレッドバートレットという品種の洋梨を。
 
香りが良くて甘さもしっかり。美味しかった。
 
今日の日中は、ダンス45分からのBODYPUMPマスタークラス(60分)。
 
新曲がエグいパンプ、今日は初めて腕のトラックもやったのだけど、トライセプスはオーバヘッドエクステンション→ディップス→オーバヘッドエクステンション→ディップス→オーバヘッドエクステンションと、ディップス嫌い(いやこれ好きな人いたら相当なマゾじゃないかと思う……)な私には泣きたくなるコリオ。
 
アームカールはプレート→バーベル→プレート→バーベルで、テンポ早めのパルスコンボが嫌がらせのように襲い来る内容だった。
 
総じて新曲は全編エグいという結論。
 
ランジは脛とふくらはぎが焦げるんじゃないかってくらい痛くなるし、ショルダーはローテーターレイズがもういいよってくらい出てくるし、チェストも腕立て伏せがお腹一杯になるし、ハイプルがいまいち苦手な私は背中の最後の追い込みが地獄だし……などと言いつつ一ヶ月頑張るわけだけど。
コブサラダ(スーパー惣菜)
ガイ・ヤーン w/ナム・チム
自家製ソーセージのトマトスープ
ビール(ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール サファイアホップの恵み)
今日はだんなも一緒の夕御飯は、具沢山トマトスープに合わせて洋風おかずかなあと思いつつ、なんとなく気分だったのでタイのローストチキン、「ガイ・ヤーン」を作ることに。
 
香菜の根と白胡椒とにんにくのペーストも手元にあることだし、と、夕方、ココナッツミルクやシーユーカオなどと共に合わせたたれに漬け込んで。
 
あとはオーブン焼きにして香菜添えるだけで出来上がる、割と簡単な鶏肉料理。
今回はタイ宮廷料理研究家の鈴木都さんのレシピ本を参考にしつつ、ナム・チムも手作りした。
 
タマリンド汁にパームシュガー、ナムプラー、ライム果汁などを混ぜ込んだ甘辛酸っぱいいかにもなタイの調味料で、水に浸したタイ米を炒ってから粉状に砕いた"カオクア"も仕上げに混ぜて。
 
タイ食材が充実しまくりの「せんどば」のおかげもあって、我が家のタイ料理は今日も本格味に美味しくできた。
 
サラダは手抜きして、「ロピア」の惣菜コーナーから気に入りのコブサラダを買ってきて、野菜たっぷりスープを添えたらそれなりに健康的な献立に。
 
そして食後に、数日前に販売開始したばかりのファミマ限定「喫茶店のレトロプリン」を。
 
5~6月頃に、ファミマの他ローソンなどでも販売されていた同名のプリン(これ)が、ファミマ専売で復活ということみたい。製造者が愛知の栄屋乳業なのも変わらずで。
 
レトロプリンがファミマから出るらしいよ?とだんなに伝えたら、昨日みつけて買ってきてくれたのだった。
 
ちょっと小ぶりで、お値段150円というお手頃さ。
 
しっかり固めでカラメルたっぷり、変わらずの美味しさだったように思うのだけど、息子曰く、「前より甘くなった気がする」だそうで。
 
専売ということで暫く売ってくれるのかな。前回はいつの間にか売り場から消えてしまったので、売っているうちにせっせと買って食べたい所存。

2021年10月5日火曜日

ヘルシー夕飯

「フジパン」の
 おうちで焼きたて カリッとあつあつカレーパン
「ヤマザキ」の
 アメリカンアップルパイ
カフェオレ
今日はだんな、早め出勤だそうで、だったらあんまり手間なく支度出来る朝御飯が良いなあと、昨日、スーパーのパン売り場を物色。
 
そうしたら、気に入りのフジパン「おうちで焼きたて」のシリーズに新しいパンが出ていた。「おうちで焼きたて カリッとあつあつカレーパン」ですって。
 
これは是非食べたいと籠に入れ、もう1つ何か欲しいなと、ヤマザキの小ぶりのアップルパイ4個入りの袋も一緒に買ってきた。
 
魚焼きグリルを予熱して、時間差でカレーパンとアップルパイを入れ、絶妙な感じに温めてみた。カレーパンはこんがり焼けて良い感じに。
 
カレーパンは週末に「木村屋總本店」の美味しいのを食べてしまったばかりだったので、「まあ、こんなものかな……」という印象だったものの、でも表面がサクッと焼けた感じは好ましかったし、値段を思えば充分美味しいカレーパンだったかも。
 
このシリーズパン、人気があるようで公式サイトには「おうちで焼きたて明太フランス」という品まで増えていた。明太フランスは息子が好きそうだし、見かけたらこれも買ってみようかなと。
ピーナッツソース棒棒鶏
自家製ソーセージのトマトスープ
麦茶
今日のジムはBODYCOMBAT45からのBODYBALANCE FX、どちらも新曲で、でもコンバットは二度目なので曲の流れもなんとなく把握済。それほどには疲れずにやりきれた……と思う。プランクの左右ステップ&肩タッチも途中で止まらずやりきれたし。
 
パンプとコンバットが共にエグい新曲だからバランスもエグいのかしらと戦々恐々と臨んだら、バランスはむしろ"基本に立ち返りました"的にゆったりしたストレッチメインの内容だった。
 
それでもやたらランジの体勢が多かった(あと英雄のポーズもやたら出てきた)のは、"新曲では尻を鍛えよ"というLESMILLSの仰せなのかな……。
 
んで夕飯は、だんな不在ということで低カロリー食を心がけて、野菜スープ&鶏むね肉の献立を。
 
緊急事態宣言が明けてだんな不在の平日が多くなりそうなのだけど、関西旅行&このところの外食頻度増加で体重が一向に下降傾向になってくれず。
せめてだんな不在時くらいはお酒抜きで低カロリー食を心がけたい次第なのだった。息子もコロナ禍でわかりやすくぷりぷり体重が増えてしまっているし。
 
で、スープは"デトックススープ""脂肪燃焼スープ"といった名前で知られているトマトスープを。
 
玉ねぎ、人参、セロリ、キャベツ、トマトあたりが必須なスープ、本当は肉は入れないのだけれど、旨味足しに自家製ソーセージを適当にちぎって炒めたのを少しだけ足した。あとは残っていたきのこ炒めも入れてしまって。
 
棒棒鶏は、図書館で借りたかdマガジンで読めたかした『読者が選んだ“くり返し作りたい” 史上最高レシピ!がギュッと一冊に!(レタスクラブムック)』(KADOKAWA 2019.10)で見た、砕いたピーナッツが入るタレを参考に、鶏むね肉は低温調理で。
 
ピーナッツに刻んだ長ねぎ合わせて、酢と醤油とマヨネーズとラー油、といった配合のタレだったのだけど、味見してみたらなんとなく物足りなくて、市販の胡麻だれも加え、更に少し甘味も足してみた。
 
肉の下に刻んだきゅうりと茗荷を混ぜたのを敷くというのはレシピ通り。これはさっぱりとして美味しくて、茗荷好きの私は茗荷もりもりにしておいた。
 
パサパサしているしなあと、長年倦厭していた鶏むね肉だけれど、低温調理器のおかげで一気に扱いやすい食材になったし、国産のそれなりの銘柄鶏でもお手頃価格なのがありがたいしで、今はすっかり身近な食材。今日も美味しくいただきました。

2021年10月4日月曜日

ねぎエビワンタン!

びえいのコーンぱん
炒めウィンナー&目玉焼き
梨(長野県産二十世紀)
ぶどう(山梨県産シャインマスカット)
「牧歌」の冬みかんラッシー
カフェオレ
今朝は、毎度とっとと冷凍してしまう「びえいのコーンぱん」を、2日ならギリいけるのではと冷凍しないでおいて食べてみた……のだけど、冷凍してもさほど風味が損なわれるとかは無かったな?などと学びを得た朝御飯。
 
塩気が淡いので若干物足りない感じはあるけれど、たまらなくコーンごろごろのコーンパンは、温めてからバター落として食べたり、なんなら追い塩胡椒とかしても美味しいかもしれない。今日思ったけど、メープルシロップかけたりするのも案外似合うかも?
 
そして昨夜の予告通り、
「これが本当のラッシーですよ」
言いながら息子に「牧家」のラッシー飲ませたら「なんぞこれ美味しい!」とめちゃめちゃ感動していた。
 
うん、ラッシーとして正しいかどうかはともかく(私の中ではやっぱり「ものすごく飲みにくい飲むヨーグルト」……)、なまらうまいよね。滋養の塊みたいな味がする、牧歌のラッシー。
ハム入りポテトサラダ(お肉屋総菜)
ハチノスの中華風冷菜
滷味(豚バラ・ハチノス・厚揚げ) w/茹でれん草
ねぎエビワンタン
「551蓬莱」の焼売
「かま栄」の
 えび丸天・チーズちくわ
ビール(キリン 一番絞り)
 
「井筒八ッ橋本舗」の鴨サブレ
ほうじ茶
今日は、滷味が残ってるし、「551蓬莱」の焼売も食べてしまいたいし、そういえば玉緒さんからパスタと一緒にいただいた「浅草開化楼」のワンタン皮も冷凍庫に入っていたのでした……ということで、中華的献立に。
 
かま栄」のかまぼこ含め、ありもの色々並べたら他の料理はほとんど必要無い感じで、唯一、えびネギワンタンだけ支度した。笠原将弘さんレシピで、ワンタンに詰めるあんは、豚ひき肉と叩いた剥き海老、海老に調味料を加えたもの。
 
茹でたワンタンに醤油と味醂と黒胡椒合わせたものをかけ、白髪葱乗せたら上から熱したサラダ油をジュッとかけるというもので、材料の並び見ただけで美味しいのは間違いなしという風なレシピだった。
 
今日の一番上の写真、若干醤油だれが多い風にも見えるけど特段しょっぱくもなく、ちょうど良い塩梅で大満足な出来映えに。
ほんのり黄色みがかった浅草開化楼の皮は、やっぱり素敵に美味しかった。
 
滷味は味が染み染みだし、「かま栄」の定番かまぼこのチーズちくわやえび丸天も安定の美味しさだしで幸せだった夕御飯。もちろん551の焼売もしみじみ美味しいし。
 
で、食後には京都で買った「鴨サブレ」。
 
こんな風に見た目は鳩サブレーによく似ていて、鳩サブレーに比べると軽い食感、味も若干あっさりめ。
 
でも食後に食べるにはこのくらいの軽さがちょうど良いかもとも思った。
 
「Sable du canard(サブレ・ド・カナール)」って、記されてるのがマグレ・ド・カナールをもじった風で可愛いんだわ。

2021年10月3日日曜日

まめぱんと焼肉と

びえいのまめぱん
「牧歌」の冬みかんラッシー
カフェオレ
購入の翌日が賞味期限の、びえいのコーンぱん&まめぱん、今朝、さっそくまめぱんをいただいてみることに。
 
1日に1回限り、朝8時の販売で事前配布の整理券で即売するという、1日何度かは売られるコーンぱんよりも更に"幻の品"感じがあるこのまめぱん。
 
「美瑛産の5種類の豆を、表面だけでなく中にもぎっしり入れた今までにないまめぱんです」ですって。
 
見た目は今日の一番上の写真みたいに、ツブツブ恐怖症の人(私は若干それがある)には若干厳しい外見で。
 
中にもみっしり……というほどではないけど、けっこうな量が入っていて、もうどこを食べても問答無用に豆!容赦なしに豆!という感じだった。
 
味の想像がつくような、いまいちつかないような……と思っていたのだけれど、つまりはこれ、"あんぱん"で。
 
豆全部が甘く煮られていて、全く潰してない粒あん(というか煮豆?)な感じ。だから思ったよりパン生地にお似合いだったし、何より、思っていたより数段美味しかった。なるほど人気なわけだ……と。
 
ちなみに5種類の豆は、小豆・黒豆・手亡・金時豆・青えんどうだそうで、乾燥豆のパックが同じ売り場で売られているみたい。
 
そう、更にちなみに、このまめぱんとコーンパンは、渋谷の超有名ブーランジェリー、VIRONとのコラボ商品なんですって。なるほど人気なわけ以下略。
 
そしてお供にカフェオレと、これも北海道土産の「牧家」の冬みかんラッシーも。
 
本当に濃厚すぎるラッシー……超特濃飲むヨーグルト的なこのラッシー、でも味は一品。他のフルーツ系ラッシーも美味しいけど、これもすごく美味しい。
肉うどん
麦茶
今日の夕飯は焼肉に行こうと話していて、だから昼は軽くて良いよねと、冷凍うどんを茹でて、冷凍の吉野家の牛丼の具をトッピングすることにして。
 
ちょうど昨日、発売して間もない「吉野家 ミニチュア コレクション」のガチャガチャをみつけて回し、我が家のミニチュアコーナーをこんな感じに飾り立てていたところ。
 
ミニチュア、吉野家好きも納得の精巧さで、素晴らしい。店内で食べる用のとテイクアウト用のでお箸もちゃんと違う。生卵と容器は別々になっていて、牛丼の上に生卵乗せたりできるようになってるあたり、すごく細かい。
 
そんな感じで、ちょうど吉野家食べたいなあと思っていたところだから、すごく良い昼御飯だった。
 
そして夕方からのBODYCOMBAT60、新曲#88はパンプ同様、なかなかえぐい内容。
 
ダブルスクワットからのカーフレイズが何度も出てきて、「まってまってスクワットはパンプでやってお腹一杯だから待って」だし、ゆったりめのリカバリートラック(カポエラ)はランジからのフロントキックからのエスキーバからのスクワットで足を殺しに来て全然リカバリーになってくれないし(これも「まってまってパンプでランジもお腹一杯だから」ってなる)。
 
パワー2はプランク姿勢で足左右ステップに肩タッチつき&鬼腕立て伏せつき。その前の曲は、確かジャンプキック盛り盛りの曲で、上がった心拍数が一向に下がらない鬼仕様。
 
でも全体的に良い曲ばかりで、きっついけど楽しい内容だった気がする。真面目にやったら、相当体幹が鍛えられるのではないかなー。1ヶ月がんばろ。
南船橋「熟成焼肉いちばん」にて
 牛タン大人 \3370
 オールフリー&ソフトドリンク飲み放題 \490
緊急事態宣言終わった!お酒飲める!夜もちょっと遅くまで店やってる!焼肉だー!というわけで、夜は事前に予約を入れていた地元の「熟成焼肉いちばん」に。
 
なんでも、五大名物コースに390円プラスで普段はそのプランでは食べ放題対象にならない牛タンも食べ放題になるそうで、それがお目当てだった。
 
もちろん飲み放題もね!というつもりだったのだけど、席についてびっくり、このお店は(というかこのチェーン全店)まだアルコール提供に戻ってなかった。お酒っぽいのはオールフリーのビール的ノンアルドリンクのみ。
 
そんなあ、そうと知ってたら別の焼肉屋行ったのに……と思ってしまいつつ、でも腹ぺこだし今から別のお店行くのもねと、焼肉を存分に楽しんで帰ることにした。
 
お酒無いと、その分、この店名物の羽釜御飯が捗ってしまうもので、私もまりまりと米飯食べつつ。
 
タンは厚切り薄切り合わせて8皿、炙り上ロースは6皿、ミスジにサガリに厚切りハラミにと諸々7皿、肉皿だけで21皿。
 
チョレギサラダやナムル、キムチや韓国海苔ももりもり食べた。
 
大体全部美味しかったけれど、アジアンフェアの1メニューだった、1人1杯のみ注文可能なラッシーだけは今一つ。マンゴーピューレがどうにもわざとらしい風味だし、ラッシー自体もちょっと首を傾げたくなる風味(ヨーグルト+牛乳という感じじゃない微妙にケミカルな味わい)。
 
「うーん、いまいち」
と息子が苦笑いしていたので、
「 明日の朝まで待っていてください。本当のラッシーを飲ませてあげますよ」
と返しておいた。
 
あのラッシーが本当かどうかはひとまず置いておいて、でも美味しいのは間違いないもんね。

2021年10月2日土曜日

滷味煮ました&北海道土産

「木村屋總本店」の
 大阪マドラスカレーパン \410
 酒種あんぱん マロン \260
カフェオレ
昨日は新宿の小田急デパートを歩いて、私一人分の朝ごパンでもと、「木村屋總本店」で買い物してきた。
何しろ季節のあんぱんが「マロン」だったものだから。
 
マロンあんぱんは、「バター、生クリーム、ブランデーを合わせた栗餡」が入ってるそう。
 
あと1つ惣菜パンでもと思ったら、値段は良かったものの「大阪マドラスカレーパン」がどうにも派手な商品札つきで気になってしまったのでこれを買ってきてみた。
 
マドラスカレーとのコラボ商品で、「たまごと福神漬け入り」だそう。
 
「とろっとろの甘辛いカレールーと福神漬けの甘さ、やわらかい卵のまろやかな味わいは、ふっくらした生地と相性の良い仕立てです。」ですって。
 
このカレーパン、半熟ゆで卵がまんま1個入ってて、説明通りに詰まったカレーはとろとろの柔らか系。甘さは確かに果物や玉ねぎではなくわかりやすい福神漬け味で、スパイシーさはそれほどない食べやすい味わいだった。
 
囓るとルーが零れてくるからとてつもなく食べづらかったけれど、さすが木村屋、パンの味や食感は文句無しの美味しさだし、ルーだってちゃんと美味しくて大満足。
 
カレーパン後のマロンあんぱんも、期待通りの濃厚栗味で安定の美味しさ。
 
んで今日の私は昼ジムなので、出かける前に夕飯のおかずの仕込みをしてみた。
 
ロピア」で先日試しにと買ってきてみたのは、冷凍の牛ハチノス。
 
オーストラリア産で、胃袋2個分+切れ端1かけら入って1600円はなかなか安かったと思う。
 
解凍してみたら綺麗に白くて臭みの元になる黒ずみも残っておらず、とりあえず一度ゆでこぼしてから焼酎と葱の青いところ、生姜と共に圧力鍋で20分。
 
圧力鍋を開けても臭みが全然なかったから、これは便利に使えそうだなと嬉しくなった。
 
肉の日特売だった豚バラ肉は下茹で数十分。
ここまで仕込みしてから、10月からの新曲のBODYPUMP45からのBODYJAM45に参加してきた。
 
ジャムは相変わらず慣れてないので新曲でも新曲じゃなくても上手いこと動けないのは同じなのだけど、今作は"ドラゴンボールジャンプ"なる回転の動きがあってなかなか大変だった。目が回る。足縺れる。死ぬ。
 
でももっと危険だったのはパンプで、クールダウン以外の全てが人を殺しにかかってるコリオだった。これで、今日はやらなかった腕2種目もしんどかったら、本当に大変な事になりそう。
これ1ヶ月続けないといけないんだな……がんばる……。
 
warmup→バーを前に抱えての"フロントスクワット"なるものが登場。え、これ軽めのバーでもきっついよ?
squats→スローテンポでのパルス地獄&2/2フリーズスクワット地獄。そしてオプションでフロントスクワットも選択可能(無理)。
chest→バーからの腕立てからのバーからの腕立てからのバー。休む暇無し。
back→これは楽勝かなと思ったら最後にワイドグリップでのハイプル地獄。やばい。
lunges→バーじゃなくプレートor自重指定だというのに長い。終わらない。すごく長い。
shoulders→リバースフライからのサイドレイズ&ローテーターレイズ。バーで終わるかと思ったらもう1セットあるという。
core→サイドプランクはただでさえ厳しいのにプレート持ち上げろとか鬼か。
 
と、そんな感じの#118だった。
 
よれよれになって帰宅したらだんなも出張から帰ってきていて、テンション上がるお土産が待っていてくれて。
 
初めて買えた!と、毎日朝8時に一回だけ販売されるという、「びえいのまめぱん」を、こちらはお馴染みの「びえいのコーンぱん」と一緒に1箱ずつ。
 
10月から毎年恒例の『冬みかんラッシー』が始まりました!」のアナウンスを見て気になっていた、「牧家」の冬みかんラッシーに、マンゴーラッシー。
 
これも馴染みの「佐藤水産」のえび塩辛に、ひめほっけ(写真には無いけど)。
 
今日の夕飯に早速いただく「かま栄」のかまぼこに、それと、今回はイオンに行けた!と、「ソラチ」のしゃぶしゃぶのたれも買ってきてくれた。
 
でも、北海道のスーパーでも、このしゃぶしゃぶのたれシリーズの味噌味胡麻味はなかなか見つからないようで。
 
「プロテイン代わりに早速飲む~」とコップ一杯飲んだ冬みかんラッシー、めちゃくちゃ美味しかった。
ここのラッシーって、ラッシーと言うより「飲めそうで飲めないくらいの濃度の飲むヨーグルト」という感じでとっても濃厚。
ハム入りポテトサラダ(お肉屋総菜)
「かま栄」の
 じゃがコーン・舞茸ゴボー・ごまおさつ
「佐藤水産」の
 えび塩辛
滷味(豚バラ・ハチノス・厚揚げ・卵) w/茹でれん草
ハチノスの中華風冷菜
本まぐろ刺身・ねぎとろ
羽釜御飯
日本酒(長野 尾澤酒造場 十九 )
というわけで夕飯は、北の大地の味を色々出しつつ、無節操に滷味出したり、ジム帰りに「角上魚類」で買ってきたまぐろも並べてみたりして。
 
お酒は先日買ってきたばかりの十九の今年版ハリネズミ、「19 Riccio ubriaco」。
 
今年版は酔っぱらったハリネズミだそうで、酒瓶抱えたハリネズミが御機嫌になってる超絶可愛いラベル。毛並みのところがモッフモフ仕様なのもこれ日本酒なのか?と思いたくなるキュートさで。
 
味はパッケージほどポップな感じではなくてちゃんと重量感のある好みな方向の味だった。今年のリッチョもちゃんと美味しくて大満足。
 
夕方から煮込んだ滷味は、神農生活で買ったスパイスミックスを使って。
 
1パッケージに3袋入っていて、1袋につき水1.5リットルと砂糖と醤油で好みの具材を煮込んでねというもの。
 
定番はこんな感じかなあと、下茹でした一口大に切った豚バラ、細切りにしたハチノス、サイコロ状の厚揚げ、そしてゆで卵。煮ている間に家中が台湾の夜市みたいな香りが広がって、かなり幸せだった。
 
豆腐とか筍とかその他諸々の野菜とか、よくわからない系練り物(魚団子とか牛肉団子とか)なんかも台湾屋台ではよく見かける感。これは楽しいし、美味しいな。
 
んでハチノスは大量にあるもんで、きゅうりと合わせて中華っぽい冷製にもしてみた。
 
醤油と砂糖と酢が同量、胡麻油とオイスターソースあたりを混ぜたら、とてもそれっぽい味になってこれもまた幸せで。
 
んで嬉しかったのは、「かま栄」のかまぼこ、9月の限定味と10月の限定味が食べられたこと。
 
公式アナウンスされる「今月のかまぼこ」で今月がごまおさつなのは把握していてこれも当然楽しみだったのだけど、どちらかというと9月の「舞茸ゴボー揚」が食べたかったなあと思っていて。
 
緊急事態宣言発出ということで、複数予定されてたはずのだんなの北海道出張が軒並中止になって、9月のかまぼこ、食べたかったけど残念だったねえなんて話していたけど、10月も超初旬ということで普通にまだ売られていたらしく。
 
ぽくぽくした食感のお芋入りかまぼこも良いけど、しゃきしゃき食感が楽しい舞茸ゴボーもとても美味しかった。ちなみにお気に入りのじゃがコーンも、新千歳空港限定の品なのだそうで、今日食卓に出したのは全部たまたま限定商品だったらしい(他にチーズちくわとえび丸天も買ってきてくれていた)。
 
下ごしらえに時間がかかった以外はこれといった手間のない夕飯だったというのに、きゅうりを切っている間に久しぶりに包丁滑らせて左手の小指をスパーンを切ってしまい、準備の途中からと片付け等々はだんなに手伝ってもらうことに。
 
……ジム、パンプは今日やっておいて良かったなあ(バーベル持ちにくくなるから)……などと。
明日は外食焼肉予定なので包丁握る必要もないし。

2021年10月1日金曜日

きのこ映画と

「551蓬莱」の
 豚まん
烏龍茶
今日は大型台風接近の日で、だんなはそんな日に緊急事態宣言明けた初日早々、日帰り北海道出張で。
 
幸い往路はなんとかなりそうだけど、帰路は危ないのでは(離陸できても羽田に着陸できないなんて事態が最悪)ということで、一泊して土曜に帰るわということになって。
 
私は私で、
「1日じゃん、映画の日じゃん、映画安く見られるじゃん……あと都内に行くなら友達に渡したいものがあるし」
と、台風の動きを見ながら昨日、都内に出かける予定をねじこんでしまって、「この親たちは」と息子に若干呆れられた、常より早めの朝御飯。
 
冷凍してあった「551蓬莱」の豚まん温めて、気温低めの今日にはちょうど良いなあと思いながらもぐもぐ。
 
着々と消費して、やっと冷凍庫に若干余裕が出来てきた……けど、多分、明日にはきっと美瑛のコーンパンあたりが増えることになるのだな。
 
そしてだんなを見送った後、私は出勤途中の友人と待ち合わせして渡すべきもの無事渡した後に新宿に移動して、映画『素晴らしき、きのこの世界』を見てきた。
 
かーなりニッチな映画で、SNSで告知見て食い付いたものの、千葉界隈の映画館では上映されず、都内でさえ小さめ映画館3ヶ所でしか上映されていないシロモノで。
 
私はナショナルジオグラフィック系が好きで、海洋ものの映画も何度かは見ているのだけど、海洋系は終盤はなんとなーく政治的なお話になりがち(捕鯨がどうのとか日本のイルカ漁がどうのとか……っていう)で。
 
きのこは平和なんじゃないかなと思っていたら、きのこはきのこで、幻覚効果のせいで精神世界とか宗教あたりと繋がりがちで、「あーそうきたかーきましたかー」という鬱陶しいシーンも若干ありつつ、でも美麗なきのこ映像は存分に楽しめた。
 
地面からにょきにょきにょきーっときのこがわさわさ出てくるシーンが山盛り出てきて、しかもこのきのこは何のきのこだっていう説明はほぼ無くて。
「しめじっぽい何か」「ヒラタケっぽい何か」というだけで見るというのも、頭からっぽにして楽しめる風で良かった。
 
映画後は、「やっと解禁したー!」と2ヶ月ぶりのカラオケに。8月頭に千葉が緊急事態宣言に入ってからずっと行けてなかったので、「持ち歌が5曲くらい増えましたー!」と思う存分ガナってきた。
 
2時間みっちり、最後は「あ、これ全部歌えないやつだわ」と予約してた曲を何曲か消さないといけなかったくらいには歌いまくった。
……次回のヒトカラは3時間必要かな……。
 
最後は、夕飯用に惣菜買って、日比谷花壇の生花のサブスク「ハナノヒ」のお花貰って、そこそこの大雨の中帰宅。
 
風もなかなかに強くて、スマホを見たら千葉にも警報が複数出ていて停電しているところもある風だったけれど、幸い、電車が遅れることもなく、自宅界隈が停電しているという事もなく無事帰宅。
 
帰宅してからが風雨のピークという風だったけれど、夕飯の頃には漸く嵐も過ぎ去ったようで。
じゃがいものときのこの温製サラダ
「ミートポットカウンター」の
 チキン香草パン粉焼き
 シーザーサラダ
オニオンスープ(インスタント)
麦茶
小田急デパートで「何か手頃なお惣菜を」と思って買ってきたのは「ミートポットカウンター」というお店のチーズの乗った香草パン粉焼きチキンとシーザーサラダ。
 
あまり聞き慣れない店名だなと思ったら、伊藤ハム系のお惣菜屋さんだった。
 
なんでもキャンペーン中だったようで、お会計を済ませたら「お客様、ビールは召し上がりますか?」と。
 
「え、超飲みます日々飲みます」
「今キャンペーン中でして」
カウンターにはボードがあって、「家族と飲む」「友人や仕事仲間と飲む」の横軸、「美味しい料理がある時」「楽しみたい時」の縦軸の4マスがあってどの状況が一番あてはまりますか、だそうで。
 
「…………あえて言うなら家族と、美味しい料理とかなあ」
でもいついかなる時でも美味しく飲みますよ?なんて返したら、笑われてしまった。でも新発売らしき一番搾りを1缶いただけてしまって嬉しかった私。今日はジムにも行ってないしとお酒は自重したけども。
 
きのこ映画見てきたし、昨日のきのこ炒めも残っているし、と、チキンのお供にじゃがいも茹でてざっくりしたマッシュポテトにして、昨日のパスタ用に炒めたきのこを適当に混ぜてマジックソルトで調味したものを添えてみた。
 
あとは惣菜とインスタントスープを並べただけの簡単夕飯で、今日は家事らしい家事はほとんどせずに終了。
明日は朝から圧力鍋を動かすつもりー。