2022年8月13日土曜日

初めてのグアムに来ました

成田空港 サクララウンジにて
 JAL特製オリジナルビーフカレー
 チョップドサラダ w/グリーンゴッデスドレッシング
 冷製コーンスープ
 スパークリングワイン・オレンジジュース
今日からだんな、9日間の夏休み。
 
それだけ休みがあるなら海外行けるね!となったのだけど、"手持ちのJALマイル消費で行ける範囲にしよう"だとか、"隔離期間が要らない地域にしよう"だとか、そもそも海外路線は減便しまくりで、ほどよいスケジュールで飛んでいる便があんまり無いとか、色々悩んだ結果、初めてのグアムに行ってみることに。
 
サイパンは息子が小学生くらいの時に一度行ってるけど、グアムは行ったことがない。
もう特に予定は入れずのんびりすることにしようか、と、spg系のウェスティンに予約入れて(4泊すると5泊目無料というポイント消費のキャンペーン使った)。
 
朝7時過ぎ、数年ぶりの成田空港に到着してみれば、グローバルクラブ会員用のチェックインカウンターですら30分待ちの行列で、その後の手荷物検査も200m超えですかというレベルの大行列。
 
ラウンジでのんびりするつもりが、それほどの余裕はなくて、若干急ぎ気味に朝食をかっこむ事になった。
 
コロナ禍以来のサクララウンジは初めてで、以前はブッフェ式だった料理が今はカウンターでのオーダー制に。
 
それでも名物のJAL特製オリジナルビーフカレーは普通盛りと小盛りが選べるし、オーダー制な分、綺麗に盛られたチョップドサラダも堪能できて、まあまあ悪くない感じだった。
 
カレーとサラダとスープをいただいて、他のメニューは牛丼、アメリカンモーニングプレート、和御膳、ベジタブルペンネ、パスタプレート(サーモンのクリームフィジリ)、バターロール、たい焼き、杏仁豆腐、といった品揃え。
 
朝からビールはちょっとねと、スパークリングワイン少しとオレンジジュースも持ってきた。
 
JALのビーフカレーは美味しい。
洋風カレーでお肉ごろごろ、ほんとに美味しい。
 
これを食べるために海外に行くとかいうのは、さすがに言い過ぎだけど、でも成田空港のお楽しみの1つ。
(でもキャセイのラウンジも最高of最高なのでキャセイラウンジに行ける時はそっちに行きがち……)。
JAL機内食
 ハヤシライス
 チキントマト煮とラタトゥイユ
 フレッシュサラダ ドレッシング添え
 ストロベリームース
 スカイタイム(ももとぶどう)
 「亀田製菓」のあられミックス
空港はあれほど混んでいたのに、乗り込んだ飛行機はガラガラで。
 
「お客様の後ろは、おあと12名様がいらっしゃるだけです!」
こちらのブロックは後ろまでどなたもいらっしゃいません!と、客室乗務員さんにお笑い芸人の横澤夏子ばりの笑顔と口調で言われ、ならゆったり座っちゃおうかと、並び席での予約だったのを前後に移動させてもらって2人席をのんびり使った4時間弱のフライト。
 
お昼ご飯はハヤシライスがメインで、「いやでもカレー食べちゃったし」と思いつつちらりと食べたら、これが案外美味しかったものだからほぼほぼ完食してしまった。
 
いかにもな機内食の匂いではあったけど、その匂いの向こうにあのJALカレーの美味しさがちらりと垣間見える感じがして、そしてご飯もしっかりバターライスで。
 
客室乗務員さんもかなり暇なのか、頼んでないうちから「おかわりお持ちしました!」とジュースのおかわり持ってきてくれるし、とてもとても快適だった。
 
幸い、台風の雲で揺れることもそんなに無く、タブレットに保存してある漫画を読むのが捗った。スパイファミリーはやっぱり面白い。
 
予定通りに着陸後はさくさく空港出てタクシーで宿まで十数分、着陸からホテルのチェックインカウンターまで30分なのはお手軽でとても良かった。
 
The Westin Resort Guam」は客室数400超の大型ホテル。
 
ウェスティンって、どこに泊まってもちょいちょい嫌な思いをする不思議なホテルなのだけど、今回もライティングデスクの上の照明がチカチカ明滅する不具合があったり、バスタブに溜まるお湯はやたらぬるくて、シャワーブースの方はそこそこ熱いけど湯量が足りなかったり。
 
グレードアップでクラブフロアの部屋にしてくれたのは嬉しいけれど、リーフレットに「クラブラウンジも使ってね」みたいな案内があって口頭でも「使えますよ」言われたのにラウンジは使えなかったり、などという、「ほんと、ウェスティンってそういうところ……」みたいなしょんぼりポイントがいくつかあったのはご愛敬と思うことにして。
 
バスルームはシャワーブースつき、ベッドはウェスティン定番ヘブンリーベッド、冷蔵庫(というか飲み物冷却用で冷蔵庫機能はありません的説明がついてた……けどまあちゃんと冷える)は空っぽで好きなもの入れ放題、外に出られるベランダかは湾向こうの日航ホテルが正面に見えて、エメラルドグリーンの海もばっちり。
 
とりあえず今日は、近くのショッピングモールまでてくてく歩いて(案外距離があって坂道も多くて大変だった……)グアムのローカルキャリアのトラベラーズ用SIMカードを買って。
 
モール内にはハーゲンダッツのショップがあったから、「あ、アイス食べたい」と思ったのだけど、1スクープのコーンが$7くらい?つまり1000円?ほどもしたのでさくっと諦めた。円高怖い(というかそも$7という価格が大変に贅沢だわ……)。
「Outback Steakhouse Guam」にて
 Aussie Cheese Fries %12.95
 Chargrilled Bone In Ribeye $48.95
 Buttercake $10.95
 Beer (Miller Lite) $6.25
 Beer (Corona Extra) 3×$5.75
んで、夕食はホテル正面にあった「Outback Steakhouse Guam」に。
なんだか、こういう、もういかにもなものが恋しかったので、日本でも幕張あたりに行けば食べられるこの店に、ついつい。
 
ビール貰いつつ、アペタイザーは日本でも定番のオージーチーズフライ。
 
ステーキは、
「Rich marbling in our 22oz. bone-in ribeye slowly melts on the fire grill to delivera mouthwatering steak.」
とあって美味しそうだった、22oz(600g超)の骨付きリブアイを、「シェアして食べていい?」と聞いて。
 
サイドディッシュに芋はどうだとテーブル担当のおばちゃんに言われたから、「いやチーズフライ取ったし要らないかな」と返したら、じゃあ野菜はと言われ、「野菜なら食べる」ということでつけてもらい。お供の選べるスープかサラダは、定番のシーザーサラダにしてもらった。
 
お馴染みの、ナイフがぶっささって出てくる黒パンにホイップバター、おかわりビールもしっかりいただいて、そしておばちゃん、テーブルに来るたびに「デザートにバターケーキを食べるべきよ!」と超絶に推してくる。カウントしてたら3回も推された。
 
私としても、メニューを見た時から気になっていた、「new !」マークのついた
「Sweet and rich butter cake topped with strawberries and house-made whipped cream.」
というケーキは気になって仕方なくて、でも肉は大きいわチーズフライは凶悪な分量だわ(全部食べた)、サラダもやっぱり肉のセットにしては相変わらずのボリュームだわで、相当に迷いつつも、食べて見ることにした。
 
説明からして、「余ったら持って帰れるかな?」と思っていたのだけど、おばちゃん曰く「ここで食べていかないとだめ!あそこのドアの向こうには持っていったらダメよ!」な勢いで、そういうものなのねと頼んでみたのが今日の一番上の写真の品。
 
添えられていたのはホイップクリームというより普通にバニラアイスクリーム。ごく軽く温めたスキレットの上にとろける食感のバター風味のしっとりケーキと別添にストロベリーソース、そしてそっと(?)添えられたバニラアイス。
 
確かにこれ、すごくすごく美味しかった。ケーキにほんの少しの塩気があって(多分バターの塩気)、甘さと塩気、冷たさと温かさのバランスが絶妙で、とろける美味しさ。
 
「どうだった?」と尋ねてきたおばちゃんに、空になった器示しつつ「最高だった……」と答えたら、「I told you」ですって。おそれいりました……。
 
今回の旅行、実に良いものを持ってきたわと思ったのが、水に溶ける顆粒のほうじ茶と、缶入りの濃縮麦茶。
 
絶対そういうのが飲みたくなるし、多分お店でペットボトル買うとめちゃめちゃ高いよということで日本から持っていって、1リットル水のペットボトルをお茶にして冷蔵庫に入れてある。
 
これがもう、有能すぎて、「喉渇いたら冷蔵庫にお茶がある」という自宅と同じ感じで口にできるのがもうもう最高なのだった。

2022年8月12日金曜日

本日は桃パフェ活!

今月のパフェ活は、この華やかな桃パフェを!
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「三宮一貫樓」の
 豚まん
沖縄県産マンゴー
アイス烏龍茶
旅行前日、だんなは在宅勤務の一日。私は半ば無理矢理、「ジムの予定は無いし、今のうちに!」と、田中玉緒さんとの恒例月イチパフェ活の予定を入れていて(でも先月はバタバタでいつのまにか7月が終わってしまっていて行けなかった……残念!)。
 
朝食は、冷凍してあった「三宮一貫樓」の豚まんと、1個残っていたふるさと納税返礼品の沖縄県産マンゴーを。
 
神戸の美味と沖縄の美味の幸せな組み合わせ。
今日もそこそこ暑くなりそうねと、気合いを入れてお出かけした。
 
御茶ノ水に着いた途端、歓迎のシャワーですかってくらいな猛烈なスコールに見舞われたわけだけど。
御茶ノ水「山の上ホテル」内「コーヒーパーラーヒルトップ」にて
 白桃パフェ \2200
今月の頭頃、日テレの夕方の番組every.で紹介されていて、「え、なにこれすごい、綺麗、美味しそう」と目が釘付けになったのが、「山の上ホテル」の「山の上 夏のパフェ」。
 
白桃丸ごとが乗ったような外見のそのパフェは、繊細な飴細工で桃を表現していて、色付けも、表面に産毛がうっすら生えているような細工(コーンスターチを薄くまぶしているとかだった)も素晴らしく。
 
白桃の生の果肉ではなくコンポートを使っているそう(確かに白桃は剥くなり色が悪くなる果物だし……)だそうで、どんな感じなのか気になるし、しかもホテルでいただくにしては値段も案外お手頃?と、放映するなり玉緒さんに「これ!食べに行きませんか!」と声をかけたのだった。
 
事前にお店に聞いた(玉緒さんが聞いてくださった……ありがとう……!)ところ、パーラーの開店は11時半だけれどその時点でほぼ満席になってしまい、11時頃から並ぶお客さんもいるそうで。
 
お盆期間でも桃パフェの提供はあるけれど個数は限定ということで、食事の流れ的にはどうなのと思わなくもなかったものの、"11時半に何をおいてもパフェ!その後にお昼ご飯!"ということにしたのだった。
 
トロピカルパフェもめちゃめちゃ気になったんですが……初志貫徹! というわけで、めでたく開店早々入店できて、2人で白桃パフェを注文。
 
下から、クッキー生地、カスタードクリーム、ラズベリーソース、生クリーム、白桃ジュレ、白桃のコンポート、バニラアイス、白桃のシャーベット、飴細工
 
という構成なんですって。
 
テーブルには薔薇のレースのランチョンマットが敷かれて、お皿が2つ、パフェスプーンの他に普通のスプーンとフォークも。
 
そしてドライアイス入りのドーム型が被せられて恭しく登場したパフェは、圧巻の美しさだった。
パフェグラスの上に桃!見事に桃!繊細な葉や茎を表現した緑の部分も飴細工。
 
桃の帽子の中はこんな感じだったのでした。 当然、この桃飴細工も美味しくいただいた(パリパリカリカリ食感で美味しかった)わけだけど、別皿に一旦そっと外しておくと、中身はこんな感じ。
 
上の白桃シャーベットが桃の風味濃厚でとてもとても美味しかった。
 
コンポートも生の果肉の瑞々しい風味を殺さない優しい感じのもので、とても素敵。
 
我々が思う、「やっぱりパフェにはいくらかカリカリ食感の小麦粉を焼いた系が必要だと思うんですよ」の方向にそぐわず、器の下部分にクッキー生地が潜んでいるのも良かったし、味や食感の構成として"上は冷たくさっぱり系、下に行くほど冷たさはやわらいで甘さ強め"はとても良く計算されたものだなあと思った。
 
もうちょっと、最下層あたりに桃味の何かが潜んでいたらもっと良かったかもしれないけれど。
 
でも和光のものほど尖りすぎていない(←あの突き抜け具合はそれはそれとしてすごいし感動するものの)、どこかレトロな、安心する雰囲気を纏っているのが、幸福感を加速させてくれる感じ。
 
ちょうどランチタイムということで店内は食事をする人も多かったけれど、私たち同様、パフェを頼んでいる人も多かった。
 
他のテーブルで見た「水出しコーヒーゼリー アイスクリーム添え」もすごく良い感じだったし、何より気になるのは「山の上ホテルの プリンアラモード」だったりして(←だんながすごく食べたかっていた)。
 
予約はディナータイムしか受けてないそうだから、ふらりと行ってすんなり入れるかは運次第なのだけど、プリンアラモードもいつか食べに来てみたいわあ。
神保町「三燈舎」にて
 Bセット(本日のカレー3つ全部) \1000
 フレッシュフルーツラッシー \300
……で、さてお昼ご飯はどうしましょうということになって、
「私、神保町に気になるカレー屋さんがあるんですが」
と「三燈舎 SANTOSHAM」の名前を挙げたところ、玉緒さんも「あ、そこ、H君が良く行ってたお店で気になってました」と。
 
え、じゃあ行ってみます?私もずっと気にはなってて行ったことがなくて……ということで、てくてく歩いて神保町の淡路町寄りエリアへ。
 
細い階段を上って2階にあるお店、前にお客が2組ばかり並んでいたけれど、5分ほど待ったらすんなり入店することができた。カウンター席の他、テーブル席が5~6個くらい?
 
入口近くには、カレーリーフの鉢がもさもさと育っていた。
 
で、ランチの選択肢は3種類。
 
「本日の日替りカレー」として、辛口 ブラックペッパー・チキン、中辛 えびカレー ケララ風、マイルド いろいろ野菜カレー(ブロッコリー・カリフラワーetc)があって、カレー1種なら800円(税込)、3種なら1000円、3種カレーにサンバル、ラッサム、パパドもついてくると1200円。
 
せっかくだからと玉緒さんと2人、3種カレーにしてみた。おかわり無料のライスと、バトゥーラ(揚げパン)かドーサ(クレープ)もついてくる。私はバトゥーラ、玉緒さんはドーサにして、少し分けつつ。
 
初めての「三燈舎」さん。癖になる味わいでした。 ネットで、フルールラッシーも欠かせない美味しさという口コミを見ていたので、「モモとスモモと青リンゴフルーツラッシー」(300円)思わず注文。
 
スモモ色のとても綺麗な色合いのラッシーで、フルーツの味も濃厚、案外とカレーがしっかり辛かったからこの甘さが実に有り難かったりした。
 
カレーは左からベジタブル、海老、チキン。
 
チキンはクローブやカルダモンが入る、比較的見知った感じの味わいで。ココナッツミルクベースのようだけれどなんだか知らない方向のケララ風海老カレーが不思議な美味しさだった。スパイシーというよりは"しょっぱい"方向ではあるのだけれど、でもなんだか癖になる味。
 
「ああ、これ、3種カレーで良かったですね……」
「野菜カレーの存在がマイルドで嬉しい……」
なんて言ってしまうくらいにはチキンがまあまあしっかり辛くて、だから当然、ご飯も進んでしまう、という。
 
かなり頻繁にバスマティライスを抱えた店員さんがテーブルを回ってきてくれて、こちらが頼まずとも「ご飯いかがですか?」と言ってくれるのが、内気なお客さんには嬉しいサービス?(私はてらいなく「おかわりくださーい」言えちゃうけども)。
パフェがなかったら余裕でおかわり貰ってたな……という。
 
今日も都心は33℃くらいはあったのかな。猛暑の中でも割と元気な私たち、「あ、そこの担々麺も美味しそうですね」「パフェが無かったらカレーのあと行けたかも」「え、無理ですよ無理」言いつつ、こちら側まで来たならと、「近江屋洋菓子店」にも寄ってきた。
 
あいにく明日から旅行だし今日の夕飯は串カツ(我ながらほんと元気……)だしと、自重してプリンと焼き菓子だけ買ってきたけど、名物のレモンパイも、素朴な風合いのアップルパイも美味しそうだった。玉緒さんは、このお店の、"ちょっと食感が不思議な感じなんですよ"という、アイスクリームを買っていて。
 
本日のお酒戦利品。夏に愛山って向かない気がしつつ、お店に推されて んで、せっかく都心まで出たのだからと、私の最後の目的地は上野。
 
酒のサンワ」さんに、発売されたばかりの「19 Grotta Azzurra」を目当てに出向いて、で、衝動的に「川亀 愛山 2022」も買ってしまった。
 
川亀で、愛山で、そして「食中酒にぴったり」と紹介されていたサンワさんのブログを見て、「愛山で……食中酒向きなんですか?」と尋ねてみたら、お店のご主人曰く、
「案外爽やかというか、すっきりした飲み口で、海鮮居酒屋さんなんかが一度仕入れるとリピートしてくださいますよー」
とのこと。
 
え、じゃあ買う、それは美味しい気がする!といただいてきたわけだけど、さて、どんな感じかなー。刺身と合わせて夏の間に飲んでみようかしら。
船橋「串カツ田中」にて
 お通し 3×\280
 オニオンスライス \390
 串カツ(パスポート) 54×\110
 レモンサワー(ハッピーアワー) 5×\99
 チンチロ田中の素サワー 偶数 \225
 チンチロ田中の素サワー 偶数 \900
 ラムネ \390
 
自宅にて
 「近江屋洋菓子店」のプリン \220
アイスカフェオレ
手元に、せっかく「串カツ田中」のパスポート(ムック本についてきたやつ)があるのに、有効期限8月末までそう何度もは来ていなくて。
 
今日はだんな、在宅勤務だったということもあって、少し早くにお店に行けるねと、"6時までの注文はハッピーアワーでサワーハイボールが99円"の特典も狙いつつ、家族で田中に行ってきた。串カツ総数54本。今日もたいそうよく食べた。
 
田中の串カツー!おいしいです。全部おいしい。 流れるように、最初の注文は牛、豚、うずら、チーズ、とうもろこしを全員同じ組み合わせで3本ずつ。
 
その後は、「牛食べる人ー」「玉ねぎは?」と挙手してカウントしながら、好きなものを好きなように食べてきた。
 
残したメモによると、私はこんな感じで食べたようで↓
 
・牛、豚、うずら、チーズ、とうもろこし
・ささみ梅大葉、玉ネギ、なすび、イカ、キス
・サーモン、たらこ、紅しょうが、牛、豚
・チーズ
 
ハッピーアワーのラストオーダーの声かけが若干遅くて、おかげで2杯飲めてしまったし、チンチロサワーはめでたく半額を引くことができたし(だんなはめでたくメガジョッキを引き当てた)、で、お会計これだけ食べて9000円くらい。
 
お通しキャベツもおかわりしながらまりまり食べました。
 
夜のおやつの近江屋洋菓子店のプリン。 もう明日の朝は体重計乗りません……というか旅行から帰るまで乗りません、という強い決意を胸にしつつ、帰宅してからプリンのデザート。
 
奥の1個は、箱の中で転がってしまっていて、カラメルがなんとなく混ざった感じになってしまったもの。
 
細長いプラ容器に固められて、蓋もしっかりとは閉まっていない風な、なんともゆるい見た目のプリンなのだけど、お値段もゆるい感じに1個たったの220円。
 
スプーンを刺すと適度に固く、カラメルは好みよりもごく若干甘めではあったけれど、
「ん!……これは、美味しい……!美味しいプリン……!」
「あ、これは相当に理想に近いのでは」
「俺の中では"0.97イノダ"だな」
と、騒然とする私たち。
 
そう、求めているのはこの方向の固めどっしり系の卵たっぷりプリン(生クリームは不要)な私たち。
 
期待以上にプリンが美味しくて幸せだったから、次回はしっかりケーキも買って来ようと思う。(でも小川町って、他に何か用事がある場所では無いのよね……)

2022年8月11日木曜日

うずら卵のクリーム煮など

「OK」の
 チーズたっぷりブレッド \120
 ミニパンオショコラ \150/5個 1個
白桃(山梨県産なつっこ)
アイスカフェオレ
安くてまあまあ美味しい、店内焼きのOKのパン。
 
他の店に買い物に行くのがめんどくさかった昨日、久々にチーズたっぷりブレッドと5個入りのミニパンオショコラを買ってきた。後者は5個入りで150円という、さすがOKのパンだわというお安さで。
 
今日は海の日の祝日、祝日と言えばスポーツジムはお祭り的に特別プログラムが開催されるもので、今日は仲良しイントラSさんのZUMBA60からのBODYBALANCE60があるらしいということで、私はこれに参加しに。
 
ダンスよりはLESMILLS系をやりたいというだんなは、夕方他支店のBODYATTACKに行くことにしたそうで、今日は別行動で動いてきた。
 
いつもは45分のダンス、60分となるとそれなりに内容も濃くなるわけで、しかもその後のバランスはいつものFXではやらない腹筋背筋つき。
割としっかり燃え尽きた。月~水の蓄積疲労もあって良い感じにめでたく全身筋肉痛。
 
お盆旅行の都合上、次のジムは来週土曜になる予定。
 
……旅行先のホテルに、マシンジムはあるらしいんだけど……うーん……さすがにそこまではしないかな……(マシンジムは行かないから使い方忘れちゃってるしね……)。
「菊水堂」の
 できたてポテトチップ
うずら卵のクリーム煮
「かま栄」の
 たこ丸(今月のかまぼこ) \248
 じゃがコーン \237
 きんぴら \183
 豆腐けんちん \205
ビール(キリン SPRING VALLEY 豊潤<496>)
かくして休日ではあるけれどお昼に飽食ということもなく、夕飯も"いつも通り"という感じ。我慢できなくてビールだけはしっかりたっぷりいただいた。
 
先日の北海道出張でだんなが買ってきてくれた、お馴染み「かま栄」の、8月限定品「たこ丸」を中心に何点か。
 
私は手持ちのエバミルクを使ってしまいたいなと、うずら卵、鶏肉、青梗菜、缶詰マッシュルームを使った周富徳さんレシピ「うずら卵のクリーム煮」を支度した。
 
青梗菜炒めて、鶏肉も加え炒めて、鶏ガラスープで軽く煮込みつつマッシュルームとうずら卵の水煮も加え、調味は塩胡椒くらい。とろみをつけてできあがり。
 
いかにもあるあるなクリーム煮ができて満足だったけど、これ、刻み生姜たっぷりめに入れても美味しかったかも?
 
「かま栄」のかまぼこ、月限定品はそろそろ一巡全部食べたような気がしていたけれど、どうやら8月限定の"たこ丸"はこれが初めてだったみたい?(日記探したけど出て来なかった)
 
長ねぎと紅生姜入りで、なんでも通算12回目の8月定番品なのだそう。ビールのアテにぴったりで、そして公式サイト曰く「たこ焼風にソース・マヨネーズに花かつおや青のりをトッピングしてもヨシ」「おでんのタネにしても美味しい」だそう。なるほどー。
 
真夏の冷やしおでんというのも美味しいものだし、今月もう1回北海道出張があるらしいだんなに今一度買ってきてもらって冷やしおでんにしてみるかなー。

2022年8月10日水曜日

ねずみくんのジョッキとか

ホットサンド(こんたまちー)
ヨーグルト(バニラヨーグルト あまおう)
ヤクルト1000
アイスカフェオレ
今朝はホットサンド予定で、でも親子3人分一度に作るのは難しいなと思っていたら、今日のだんなの出勤は1時間早いそうで。
 
それなら大丈夫ーと、だんなの分を先行して出して、私はいつもの時間に息子と一緒に同じメニューを。
 
丸大大金畜産」の美味しいコンビーフがまだ手元にあるということで、前回と同じく"こんたまちー"。やっぱりこれが鉄板的な美味しさだなと思う。カロリーめちゃめちゃ高いとは思うけれど、それはそれ。
 
そして昨日の夜、愉快なものが届いていた。
 
だんなが通販申込みしていた、ポプラ社公式グッズの「ねずみくんのジョッキ」。
 
「チョッキじゃなくてジョッキかよ!」
という出落ちのツッコミで終わるこの品、でも、すっごく可愛い。
 
「大人はビールで、子どもはジュースで、かわいいねずみくんと乾杯しましょう!」という宣伝文句のとおり、子供でも扱いやすそうな、ちょっと小ぶりの380mlサイズ。
 
なのにしっかりと"ハイボールをおいしく作れる"目安の印まで入っているという気遣いがあって、これは重宝しそうな予感。
 
ビールは保冷タンブラーで飲むのが常だから、サワー飲む時とかに使うかなー。
サーモンカルボライス
ビーフコンソメスープ(インスタント)
アイス烏龍茶
今日も息子と2人の夕御飯、一昨日の"さくさくサーモンの魔改造丼"が美味しかったから味をしめて、今回もロー・タチバナさんのレシピ、"サーモンカルボライス"を。
 
半端に残っていた生クリームを使い切れそうだなとこれにしてみたのだけど、期待以上に美味しかった。
 
調理は簡単、生クリームと粉チーズを合わせて温め(今回はスライスチーズで代用)、ご飯の上にかけて。
 
その上に、刺身で食べられるサーモンをレア状態に表面炙ったのを乗せて、ベビーリーフの類を散らすだけ。
 
多分、見本の写真ではここまで野菜盛り盛りではなかった記憶があるのだけど、袋入りのミックス野菜を買ってきたこともあって、ばっさーと大量に添えてみた。カルボナーラ風ソースだけでは到底足りなくて、野菜には玉ねぎドレッシングをかけつつ。
 
「なるほど!?これも美味しいな!?」
と、一昨日に続いて今日も息子は大喜び。サーモンにクリームソースじゃなくてご飯にかかってるところが案外ツボなのかもしれない。サーモンのねっとり感や塩気もあいまって、シーフードドリア食べているみたいな、なかなか幸せな感覚で。
 
あまりに息子が絶賛するから「あんたが一人暮らしすることになったら、この人の悪魔シリーズの本まとめて買ってあげるから持っていくといいよ」と約束した。
 
へたな初心者向け料理本より、若い男性の心を鷲掴みにする系の簡単手軽な料理がたくさん載っているのよね。

2022年8月9日火曜日

ワンピ映画と本気ハヤシライス

「乃が美」の食パン w/マルセイバター
炒めウィンナー&目玉焼き
白桃(山梨県産なつっこ)
ヤクルト1000
アイスカフェオレ
今日は息子と2人の朝御飯……で、でも献立としてはだんなと食べているものと全く変わらず。
 
これが最後の乃が美の食パンと、果物、肉、卵、乳製品……という組み合わせ。
 
焼いてもまあまあ美味しい乃が美のパン、それでも焼かずにそのまま食べるのが美味しいように思うから、つい切ったそのままのを出してしまう。マルセイバターつけながら食べるの、すごく幸せ。
 
んで火曜の今日も楽しくジムで、1月から参加し始めたBODYATTACK、3月から参加し始めたX55の効果もあってか、かなりスタミナがついてきた気がする。
 
以前なら途中でへばっていたBODYCOMBATのムエタイトラックのランニングマンニーからのジャンピングニーも体力切れで動けないなんて事はなくなり、完走できるようになった。
 
更に言えば、ジム行った後でも外出予定を余裕で入れられるようにもなったわけで、今日の私は火曜の安く見られるキャンペーンデーを狙っての『ONE PIECE FILM RED』を見に。
 
ここ暫くは足が遠のいていたONE PIECEのアニメ映画、歌姫が出てくる話で楽曲をあのAdoが歌唱するというのでそれは面白いかな?と。
 
原作が好きでAdoも好きだからいけるだろと思って、思わずDolby-ATOMOSの、音響効果が素晴らしい100円増しの回のを見てしまったわけだけど……ううううーん、なんか、こう、「もうちょっとどうにかならなかったのかな」感が。
 
『竜とそばかすの姫』がそこそこヒットしたから、その二番煎じ的なものを狙ったのか、ネットに転がっていた感想の"UTA(Ado)によるUTAのためのUTAの映画"という表現がまさにそれ、という感じ。後出しにもほどがある"シャンクスの娘"という立ち位置も、なんだかなあ……と。
 
ミュージカル映画なんだなあと思えば腹が立たないかと言われれば、MVとして見るにはそれはそれで画面がお粗末で。
 
そもそもワンピアニメは作画がいまいちで、なまじテレビ版の鬼滅のufotableとか呪術廻戦のMAPPAのクオリティが凄まじいレベルだから、「劇場版でもこのレベルかー」という残念感は今作でも拭えなかったのだった。
 
細田守監督の『オマツリ男爵と秘密の島』は作画が素晴らしかったけどストーリーは下の下だった……という黒歴史もちらりと脳裏を過ったりして。
 
で、ほんのりネタバレ気味の感想はこちらに。
 
クリックすると表示されます
  • シャンクスゥぅぅぅぅぅぅぅぅ!って感じではあった(かっこいい)(まことにかっこいい)
  • トラファルガーさん良い人すぎで笑った
  • 安定のペポの癒し枠感よ
  • ベック(シャンクスの右腕)もいっぱい出てきました眼福ありがとう
  • わざわざ踏みつけにするとか、相変わらずゾロはサンジがお気に入りなんだなあという腐女子脳が
  • ウソップ&ヤソップ親子が良いところを持っていった。あそこは最高of最高だった
  • 田中真弓の掠れた感じの怒り声大好きです今回も御馳走様でした
  • サブキャラが山と出てくるエンドロールは楽しかった。停止ボタン押しながら何度でも見たい
  • んまーがいる!いた!(エンドロール)
  • カヤだー!ビビだー!しらほしだー!ペローナだ!(エンドロール)
 
まあ、凄まじい大音響でAdoの楽曲聞けたのは楽しかった、かな。
 
以前見に行ったワンピ映画(確かストロングワールド)は、女性客7割という感じだったけれど、今回は男性客7割という感じ。
安く見られる曜日ということもあってか、平日なのに客席はみっちり混んでいた。
 
わざわざ隣の人と1つ空けて予約しておいた席も、その空席も当然のように埋まる勢い。
ジム行くしと夕方の回にしたのだけど、これは朝イチの回で見た方が空いてて良かったかもだなあ。
コールスローサラダ(スーパー惣菜)
本気ハヤシライス
アイス烏龍茶
映画が終わるともう6時過ぎ。
 
だんなの帰宅は夜遅くな予定だし、いつもだったら「外食しちゃおう」となるところだけれど、旅行(きっと飽食の日々)目前だし体重は下げ止まりどころかごく微増傾向にあるしと、家で食べることにして。
 
余裕のあるうちにと、午前中に「たいめいけん」レシピでハヤシライスを仕込んでおいたのだった。
 
特売だったアンガスビーフの薄切りと、玉ねぎ、マッシュルーム。
 
市販のデミグラスソースは使わず、バターと小麦粉でブラウンルー作って、砂糖焦がしたカラメルも加えるタイプのハヤシライス。
 
トマトも入るけど生や缶詰ではなくケチャップを大さじ4くらい。
 
ブラウンルー作るのにそこそこ手間はかかったものの、「あ、これ、ちゃんと洋食屋さんの味だ」と思える仕上がりで大満足。
 
ご飯も既に炊いておいたし、サラダは「ロピア」でコールスローを買ってきたので、帰宅後は温めて盛って出すだけの簡単夕飯になった。時短&手間なし献立となると、つい丼かパスタの2択になってしまうわけだけれど、まあいいかそこは、と開き直ることにして。
 
案外とバターが大量に入る(ルー作るのに80g……)ので、カレーよりも腹持ちが良いように思うくらいのハヤシライス。いくらか残ったので残りはオムレツにかけるとかホットサンドに使うとか、シェパーズパイ的に加工するとか、色々遊べそう。

2022年8月8日月曜日

さくさくサーモンの魔改造丼

「新宿中村屋」の
 ピロシキ
梨(千葉市川産幸水)
白桃(山梨県産一桃匠)
アイスカフェオレ
カレーパンが有名な「新宿中村屋」、でも我が家はピロシキもたいそうお気に入り。
 
玉子入りでちょっと優しい味で、ワイポイントにピックで刺されたピクルスも素敵なアクセント。
 
今日は息子も一緒の朝食だったから果物も多めに出しましょうかと梨と桃両方剥いて出して、豪華な感じになった。
 
ロピア」で扱う桃は、今の季節は3~4品種くらいが棚に積まれていて、中には見たことのない品種名もある。
 
今回買った「一桃匠」も初めて買った品種な気が。とても大きくて甘くてジューシー、良い感じ。
ローストビーフサラダ 玉ねぎドレッシング
さくさくサーモンの魔改造丼
麦茶
今日明日とだんなは北の大地に出張で、更には野球観戦だなんだとあるらしく、今週は忙しそう。
 
私もちまちまと予定があって、さて無事にコロナに罹らずにお盆期間の旅行に行くことができるのか、毎日高確率のガチャを引いているような感じすらする。今って都民の何割が療養中だったりするのかな……(←もうあまり考えないことにしているのだけれども)。
 
息子と2人の夕飯は、低温調理の牛肉がまだ半端に残っていたのでそれをサラダ風にして出すことにして、それじゃあメインは魚にするかなと、「ロピア」のサーモンフィレを買ってきて。
 
コストコで扱っている品にそっくりで、グラムあたりの値段も多分そう大きくは変わらない(と思う)サーモンは、サイズもいくらか手頃で使いやすく、美味しさの面でも過不足なくてとても使いやすい。
 
丼かなー定番のサーモンいくら丼も少し飽きたなーと、自作レシピデータベースを調べたら、ロー・タチバナさんレシピの"さくさくサーモンの魔改造丼"なるものが出てきて、ちょうど材料も手元に揃っていたので試しに作ってみた。
 
サーモンは適当に切ってめんつゆとわさびを和えておき、食べ際に揚げ玉と塩昆布も和えて……という感じだったかな。仕上げの海苔はレシピになかったけれど勝手に添えた。
 
めんつゆを使った料理は、手軽ではあるけれど自分としては"料理をした"感が一気に薄れるからあまりやりたくはなくて、でも間違いなく安定した味にはなるわけで。
 
「え、なにこれ美味しい!」
と、案の定、息子には大好評だった。
息子曰く、揚げ玉+めんつゆの組み合わせは抗いがたい美味しさがあるのだそうで。
 
でもおかげさまで、とても半端に残っていた揚げ玉の消費も叶ったし、支度時間もものの十数分だったお手軽さには大感謝。
 
このところ過ごしやすかった数日間の涼しさも終了で、今夜からはまたクーラー無しには眠れなくなってしまいそう。
今週の天気予報には予想最高気温35度超の数字が並んでいて、うひぃという感じ……。

2022年8月7日日曜日

脱出、ミニチュア、ハンバーガー

謎解き後のビール!
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「乃が美」の食パン w/マルセイバター
炒めウィンナー&目玉焼き
ヨーグルト w/沖縄県産ミニマンゴー
アイスカフェオレ
がっつり運動した土曜の翌日はどうにも気怠い……というか単にじんわりとした筋肉痛だったりするのだけれど、今日はお出かけ。
 
俺は脚が痛いだとか、いや私はむしろ上半身だななどと話しつつ、外出前の朝食なので平日並にしっかりと用意した。種周りを削った沖縄マンゴーの果肉入りのヨーグルトも出したりだとか。
 
で、午前中早々に挑戦してきたのが久しぶりのリアル脱出ゲーム、新宿の「TOKYO MYSTERY CIRCUS」で開催中のリアル脱出ゲーム×ブルーピリオド『正解のない美大受験からの脱出』を。
 
原作コミックが私は大好きで、だんなはまだコミックまでは読んでいないけれどアニメはうっすら一緒に見ていて、だから一応キャラくらいは理解していて……という状況で、「館内を巡りながら画材を使って謎を解く」というコンセプトが面白そうだなと行ってみることに。
 
時間制限なし、参加費若干お安め、難易度もゆえに低め……という感じではあったけれど、久々の謎解き(いやこないだトーハク謎解きも行ったね……)は楽しかった。
 
ここまでがっつり色塗りを要求される謎解きは新鮮な楽しさだったわ。何ていうか、もうちょっと"お絵かき"要素があっても良かったのでは……?と思わなくもなかったけれど。
新宿ルミネエスト内「KUA`AINA」にて
 厚切りチェダーアボカドバーガー
 フレンチフライ
 生ビール
で、ビールだ、ビールが飲みたい、祝勝会にビールだ、と強い思いでお昼ご飯はルミネエスト内の「KUA`AINA」に。
ハンバーガーとビールという幸せな組み合わせを楽しんできた。
 
細くてカリッとしているちょっと独特なフレンチフライは、アプリ特典で無料でつけてもらって、単品価格1330円のかなり豪華なハンバーガー。
 
チェダーチーズたっぷり、アボカドも1/2個分くらいがどーんと乗ったハンバーガーは、カウンターに置かれたいかにもなアメリカンなディスペンサーでマスタードとケチャップを絞るのが懐かしいような感じで楽しくて。
 
「……ナッシュビルのチーズバーガーチャーリーズ、美味しかったよねえ……」
「野菜盛り放題なやつね」
「大体盛りすぎて、"どうやって囓るねん!"ってなるやつねー」
 
言いながら食べた今日のバーガーも、やっぱり"どうやって囓るねん!"なボリュームで、大満足。ビールもすこぶる美味しかった。
 
丸の内「KITTE」で今日まで開催の香港ミニチュア展に。 そして今日の目的はもう1つ、今日まで開催の、丸の内KITTEで催されている「香港ミニチュア展」。
 
香港の今と昔の街並みや風物詩を再現した、"香港のミニチュア作家に加えて各技術の専門家など、総勢100人を超えるチームで作り上げた作品"が展示された無料の展示会。
 
去年だか一昨年だかにも開催されていて、気付けば終わってしまっていたので今回は是非にと思っていたのだった。
 
中秋節用の提灯屋さんだそうです。きれいー。 ビクトリアハーバーに、中環の石坂露店街、どこかで見たような乾物店に飲食店、「あー、この風景香港で見たわー」というものが一抱えほどの空間に緻密に表現されていて、期待以上に楽しかった。
 
左の写真は、中秋節の提灯を売るランタンのお店。
 
ランタン1個が3cmくらいのサイズ?とても綺麗だった。
 
深井燒鵝。お弁当をダーパオしたい。 で、どうしても興味深いのは飲食店になるわけで。
 
とてもあるあるな、「焼味屋さんだ!」となるこのお店は「深井燒鵝」、井村名物のガチョウの丸焼き屋さん。
 
店頭にテイクアウト用の諸々の小物があるのもいかにもだし、白々とした店内の硬質な感じもいかにもで。
 
金記港式風味小吃。滷味らしきものが色々と。 こちらは「金記港式風味小吃」。
 
"香港スタイルの軽食店"だそうで、店の奥には蒸し物に焼き物、ちょっとおでん鍋に似た四角い鍋もあったりして。
 
これは滷味かな、香港だと滷味って言わないんだっけ?と思いつつ、どれだけ眺めていても見飽きないこの感じ。
 
こんなのが10個も20個も並んでいる、大変に幸せな空間だった。
 
この作品がとても好きでした。「中國氷室」 この写真と次の写真は「中國氷室」という、2階建ての軽食屋さんを表現したもの。
 
人物も調理道具も内装も気持ち悪いくらいに凝っていて、どの角度から写真を撮っても面白いという感じになっていた。
 
後から知ったところによると、香港の伝統的な飲食店の一形式で、「中でも香港の多くの名作映画のロケ地となった」店なんですって。
 
店内にちょろっと猫が居たりするのが本当、素晴らしいです。絵になる……! しかも、「どこかにブルース・リーがくつろいでいる姿も」あったらしい。
 
多分、写真に撮らなかった2階の席かな……?と思いつつ、個人的には、1階入口近くに猫がいるのがいかにもで、その奥の寛いでるおっさんがいかにもな感じのおっさんで、色々とたまらなかったのだった。
 
本当に楽しかったな。
今日は週末かつ最終日ということでそこそこの混雑だったから、平日に一度来てみておけば良かったなあ、と。
じーまーみー豆腐
柚子胡椒茹でモツ(お肉屋総菜)
低温調理肉&野菜色々(昨日の残り)
「藤熊」の
 玉ねぎたっぷり天
 コーンたっぷり天
 枝豆たっぷり天
「THE CHICKEN MARKET ASAHI」の
 鶏レバーワイン煮
 手羽元スパイス揚げ
ビール(サッポロ黒ラベル)
 
「新宿中村屋」の
 エッグタルト
アイスカフェオレ
帰宅はそう遅くはなかったものの、夕飯は簡単にしましょうと新宿小田急の地下で色々買ってきた。
 
これ美味しそうと足を留めたのは、期間限定出店の大阪の蒲鉾店「藤熊」のドーナツ型のさつま揚げ。看板商品らしい淡路産の"玉ねぎたっぷり天"がすごく美味しかった。
 
それと、手頃価格で種類豊富な鶏料理で気に入っているお店「THE CHICKEN MARKET ASAHI」 で手羽元揚げと、鶏レバーのワイン煮、息子用にチーズ巻き的なものをいくらか。
 
帰宅するなりビールを冷やしてお風呂も済ませ、クーラーの効いた涼しい部屋でのんびり晩酌を楽しんだ。鶏レバー煮、前にも買ったことがある気がするけど、味が染みてて柔らかで、とても美味しい。
 
中村屋のエッグタルト。美味しいのです。 食後の甘味は「新宿中村屋」のエッグタルト。
 
朝食用にピロシキが食べたいねと寄ったついでに、ああこれも美味しいよねとつい買ってきてしまったエッグタルトは中華風ではなく洋風のさくさくパイ生地。
 
中村屋のスイーツはあまり知られていないけれどどれもとても美味しくて、今日もパフェ類が魅惑的で心惹かれたものの、持ち運ぶ時間を考えた結果諦めて。
 
でも焼き菓子系も鉄板の美味しさで、このエッグタルトも間違いのない美味しさ。

2022年8月6日土曜日

ヘルシーたんぱくしつ。

ジム前の蛋白質摂取に、ねぎしー!
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「カトランベーカリー」の
 クリームパン
「乃が美」の
 食パン
玉子サラダ
梨(千葉市川産幸水)
アイスカフェオレ
「乃が美の食パン買ってきたんで、トーストにはしないけど朝御飯はコメダ風かな」
 
なのでゆで卵か玉子サラダか粒あんか選ぶが良いよと家族に伝えたら、息子はゆで卵が、だんなは玉子サラダが良いと。
 
なので3つ卵を茹でて、ゆで卵分はいくらか早く引き上げて、ちょっと半熟くらいの加減にしておいた。私とだんなは玉子サラダで。
 
昨日、津田沼行ったついでに買えた久しぶりの乃が美のパン、高級食パン系の中では、私としてはここが一番好きかもしれない。
 
もうちょっと甘さ控えめでも良いかなと思わなくもないけれど、「銀座に志かわ 」は逆に物足りない感じ?
 
そしていよいよ旬到来の千葉県産の梨は、今日は市川産の幸水を。
 
おっそろしく甘くて美味しかった。せっかくだから地元船橋産、どこかで売ってないかしらね……直売店とかに行くしかないのかな。
船橋「ねぎし」にて
 まるねセット \1750→\1250
船橋の駅ビル「シャポー船橋」は、公式LINEをフォローしていると時々クーポン券が配布される。
 
先月末に配布されたのは、館内飲食1500円以上で使える500円分の割引券。うまく使えば30%オフくらいで食事できるということで、とってもお得。
 
コメダで豪遊?というのも少し考えたのだけど、せっかくだからとだんなと「ねぎし」に行ってきた。大好きだけどそこそこ値段が良いのでそう頻繁には行けないお店なので、ここぞとばかり、ね。
 
注文したのはお値打ち感のある"まるねセット"。
赤たんと白たん薄切りのセットで、麦めし、とろろ、テールスープ、お新香つき、1750円が1250円。幸せ~。
 
とろろに麦飯、ちっちゃな肉片入りで葱たっぷりのテールスープ、"おみ漬け"に"味噌なんばん"の組み合わせは、どれ1つが欠けても物足りなく感じてしまう王道感のある定食風景。
 
特に私は味噌なんばんが大好きすぎて、今日も美味しい……としみじみ噛み締めながらいただいた。牛タン、サイコー。
 
そしてだんなと2人、いつものBODYATTACK45からのBODYJAM45からのBODYPUMP60の流れのジムプログラム、新曲月間も先週終わったので今日からはイントラチョイスのバックナンバー。
 
土曜パンプの担当イントラKさんのバックナンバーチョイスが毎度センス良いというかエグいというか「あ、よりによってきっつい曲選びやがった」みたいな選択肢で苦し楽しい追い込みを満喫できてしまう。
 
いっそドライブ中とかに流す"Kスペシャル"な曲セットでも作ろうかしらということで帰宅後調べてみたところ、今日の内容は
#73-1、#68-2、#79-3、#70-4、#80-5、#83-6、#82-7、#89-8、#74-9
だった模様。
 
ショルダーは私も大好物な、5指に入る好きな肩トレーニングの曲だったのが最高オブ最高な今日だった。
オージービーフもも肉の低温調理
野菜いろいろ
 (きゅうり・人参・トマト・リーフレタス)
 (スプラウト・青じそ・茗荷・香菜)
ポテマカサラダ(お肉屋総菜)
ビール(ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール ダイヤモンド麦芽〈初仕込〉)
スプマンテ(CORTIGIANO Vino Spumante Brut)
今日は息子不在の夕食で、でも外食頻度が高い今日この頃なので今日は家飯にしようと、オージーの牛ももブロックをジム行ってる間に放置プレイの低温調理。
 
簡単美味しい低温調理。しかもヘルシー(たぶん) いつも通りに生野菜いっぱい用意して、サムギョプサルのごとく色々巻いてまりまりと食べた。
 
今日は、丑の日用にと買ってきてあった生わさびもまだ残っていたから、「わさび味も美味しいよねきっと」と、醤油も食卓に出して、青じそや茗荷といった和の香味野菜も準備して。
 
これが程よい味変で、幸せに美味しかった。
 
運動後はやっぱりこれでしょとビールをさらっと飲んだ後には、輸入食材店でおっそろしく安かった(600円弱くらいだった記憶)イタリアのスパークリングワインを。
 
下手すればビールより安いのでは?というくらいの冗談みたいな価格のスプマンテ、これが案外悪くなくて、洋風居酒屋で"こぼれスパークリングワイン"みたいなノリで出てくるような、普通にぐいぐい飲めちゃう味わい。
 
え、全然ありでは、600円弱でこれは全然おっけーでは……と、またあのお店に行ったら買って来ようか、なんて話になりつつ、あっという間に瓶は空っぽに。
 
内科のお医者さんからは「お酒止めたら一気に痩せますよ?」と言われてるけど、こればっかりはねえ。
 
「運動で痩せます。お酒と甘味は諦めません。そこ止めたらストレスでリバウンドするので絶対」と断言してしまったから、私のカルテには「酒と甘味:諦めない」みたいなメモが残されてしまっているという。
 
でも昨秋にちょっとまずかった血液検査のコレストロール値を、半年間のこの生活で50下げて平常値範囲まで持っていったので、そこはすんごく褒められた。週に2度は魚を主菜にする食生活、大事(あとお野菜)。

2022年8月5日金曜日

肉炒めと魚介サラダと

ホットサンド(こんたまちー)
沖縄県産ミニマンゴー
ヤクルト1000
アイスカフェオレ
なんだかパン屋のパンも飽きてきた……と思ってしまって、スーパーを覗いたのだけど、でもそれはそれで「これ!」というパンが見つからず。
 
どうしよう、イングリッシュマフィンとハム買ってってハムサンド?ホットドッグだったらIKEAでホットドッグセット買いたい気分……などと色々考えた結果、「そうだホットサンドにしよう」とサンドイッチ用の食パンを買ってきた。
 
幸いここ数日は気温も低くて朝晩はクーラー要らず(どころか昼もクーラー要らずだった)だし、悪くないでしょ、と。
 
冷凍してあった北海道「丸大大金畜産」の黒毛和牛コンビーフを出して、チーズと玉子サラダの組み合わせ、我が家定番の"こんたまちー"。
 
チーズもこれまた冷凍してあった「ハイ食材室」のもので、特選素材だらけという風になった(でもパンは大手メーカーのだけど)ホットサンドは、いつも以上に高級感溢れるものになった……と思う。
 
高級感ついでに、食後の果物は沖縄県産ミニマンゴー。
 
見た目は地味だけれど宮崎の1玉2000円超のマンゴーにも負けない美味しさで、とろけるような食感と芳香の良さにうっとりだった。
 
さて、今日は金曜、用事を済ませついでに夕飯の買い物と金曜定例ヒトカラと。
 
練習も込みで2時間歌いまくって、「しまった、今日○○歌うの忘れてた!」となるって、持ち歌を増やそうとしすぎじゃないかしらね、私……。
チーズいろいろ
アンガスビーフとミックス野菜の塩炒め
魚介サラダ トリュフドレッシング
ビール(サッポロ サッポロビール園サマーピルス)
本当には昨日の夕飯分にと買ってあった、塩だれ漬けのアンガスビーフ焼肉用。
 
きっとわざとらしい味なんだろうなあと思いつつ、味付けの手間がなくて簡単だわともやしとキャベツベースのミックス野菜袋も買ってあって、それと共に炒めるだけのメインおかず。
 
せめてサラダは具沢山にしようかなと、「角上魚類」に寄って鯛のサクと刺身用の帆立、見切り価格だった蟹のほぐし身を買ってきた。
 
魚介は小さめに刻んでレタス、トマト、きゅうりと合わせて海鮮サラダ。
 
チーズも諸々出して、これはもうビールでしょと500ml缶冷やしておいて、そんな感じの夕御飯。
 
今日もまだいくらか涼しくて、そも猛暑でもあまり"夏バテ"という概念とは無縁気味な我が家なので、今日もご飯が美味しかった。
 
案の定……というか、思った以上に肉のたれの味はわざとらしい、いかにもな感じのものだったのが残念だったものの、肉自体はさすがのアンガス、なかなかに美味しくて。
 
でもやっぱり塩だれだったら、普通に家で塩+レモン汁とか、塩+にんにく+葱たっぷりとかで炒めれば良かったなあと思ったのだった。
 
"自分の味ではない味が楽しめる"という意味では合わせ調味料有能だけど、でもじゃあどちらが美味しいかと言われたら、そりゃあ好みの方向に味付けできる自作の方が美味しいわけで。難しいね……。

2022年8月4日木曜日

今日は居酒屋!

「ミスタードーナツ」の
 ザクザク クロッカンシュードーナツ \205
 リンゴ クロワッサンドーナツ カスタード \226
白桃(山梨県産一桃匠)
ヤクルト1000
アイスカフェオレ
ミスタードーナツ」の今夏のイベントBAKEコラボ、その第2弾が昨日から始まったとのことで、いそいそと買ってきてみた。
 
食べたかったのは、「ザクザク クロッカンシュードーナツ」、
 
シュークリーム専門店『クロッカンシュー ザクザク』 の「クロッカンシュー」をシュードーナツで再現。アーモンドクランチをトッピングしてオーブンで焼き上げることで、香ばしさとザクザク食感を引き立てました。仕上げにカスタードクリームとホイップクリームをサンドしました。
 
というもので。
 
あとはだんなの分はしょっぱい系パイ、息子は好物のストロベリー系、私はこれも食べたかったのだと、"RINGO"コラボの「リンゴ クロワッサンドーナツ カスタード」を買ってきた。
 
RINGOのパイ生地を、クロワッサンドーナツ生地で表現。アーモンド風味グレーズをつけてオーブンで焼き上げ、サクサク食感と香ばしさを楽しめます。リンゴのシャキシャキ食感にこだわったリンゴフィリングとカスタードクリームをサンド。
 
だそうで、リンゴのコンポートが好きな私は、このRINGOシリーズがお気に入り。カスタードの方が甘さが強くて、個人的にはレモンカスタード味の方が好みではあった……かな。
 
そして期待のザクザクは、昨日の焦げるような暑さと湿気で、残念ながらザクザク食感は相当失われてしまっていて、ザクザクというよりモフモフな感じになっていたのが残念。
 
このドーナツばかりは、買ったのをその場で食べるくらいの感じが良かったのかもしれない。
 
今の季節は「Krispy Kreme Doughnuts」のオリジナルグレーズドも買う気になれなくて(どうせグレーズドがすぐ溶けてべしゃべしゃになるから……)、まこと、ドーナツを美味しく食べるには向かない気候……。
船橋「日本海庄や」にて
 お通し 2×\350
 日本海波盛 2×\900
 真鰯叩き \680
 和風さっぱりサラダ \780
 揚げ出し豆腐 \500
 九条葱厚焼き玉子 \650
 トウモロコシと枝豆のかき揚げ \480
 海鮮海苔ピッツァ \1000
 日本酒(高清水 上撰 本醸造 1合) \720
 日本酒(司牡丹 船中八策 純米 1合) \880
 日本酒(金陵 生貯蔵酒 本醸造 300ml) \770
 生ビール(スーパードライ) 2×\640
今日の息子は外飯で、だんなも飲み会と聞いていて。
 
じゃあ私は一人豆腐でも食べるか!?なんて思っていたところ、新型コロナ感染拡大の状況を鑑みて、だんなの飲み会は中止になった(中止にした)と連絡があった。
 
なので飲みに行きますか?とだんなに言われ(まあ、家族で外食する分には低リスクなわけで?)、株主優待の食事券握り締めて行ってきたのは「日本海庄や」。
 
チェーン居酒屋庄やの、ちょっとお高め高級ラインな居酒屋みたい。初めて来た。
 
"日本海"とつくだけあって、日替わりの刺身盛りや煮魚、焼き魚など魚料理が色々豊富。
 
5種盛りの刺身は本鮪、鰤、鰹叩き、〆鯖、帆立、という内容で、それに今日のお薦めの真鰯の叩きもつけてもらって(今日の一番上の写真)、九条葱入り厚焼き玉子もちゃんとお店で作っているもののよう。
 
日本酒は色々あったもののこちらは若干残念な品揃え……というか、淡麗辛口ばっかりだね?という方向が私たちの好みとは全く逆のベクトルだったのが残念だったけれど、魚メインのおかずには、まあまあ似合っていたのかな……?と。
 
んんん、でもこの感じなら、日本酒の品揃えの方向からしても「土風炉」の方が好きだな、なんて思ったりした。
 
これは事前にネットで見て美味しそうだなあと思った「海鮮海苔ピッツァ」。
 
刻み海苔どっさりで、トマトは入らない和風味。魚介もたっぷり、チーズもたっぷり、ピザ生地にけっこうボリュームがあったので、これですっかりお腹一杯になってしまった。
 
船橋の駅前ビルの地下にあったこのお店、店内は思った以上に広くて個室的なスペースもたくさんで、掘りごたつ式の個室が使えたのもこの状況下にはありがたく。
 
でも、株主優待の食事券を次に使うなら、系列の肉バル「RUMP CAP」とかお酒の品揃えがまあまあ良さそうな「酒処 呑兵衛」あたりに行ったらもっと幸せなのかしら?なんて思ったりしたのだった。

2022年8月3日水曜日

惣菜夕飯。

バタートースト
炒めウィンナー&目玉焼き
みかんゼリー
ヤクルト1000
アイスカフェオレ
今朝の手元の果物はマンゴーのみ。
 
マンゴーかあ……などと思ってしまうのは甚だ贅沢ではああるのだけれど、昨日かなりたっぷりマンゴプリンを食べてしまった(大きめボウルにたぷたぷいっぱいにできたのを、夕食後に私含め皆がまりまりと食べてくれた)こともあって、なんとなくマンゴーな気分ではなく。
 
で、Aちゃんのおみやげお菓子にゼリーが1個入ってたので、そのみかんゼリーを朝食に出した。やっぱりなんとなく、果物かヨーグルトかがないと食卓が締まらない感じがするもので。
 
果物買いたい、果物欲しい……と、今日の私は果物と言えばやっぱりここ!の「ロピア」でお買い物。
千葉県産の梨と山梨県産の白桃を買ってきた。
 
今日は夕飯も簡単でいいやーと、ロピアで調達。
「ロピア」の
 タイ風フォーの混ぜそばパッタイ
 シーザーサラダ
 海老チリ&海老マヨ
コーンスープ(紙パック)
チューハイ(サントリー ほろよい〈ライチとグレフル〉)
相変わらず都内の新型コロナ感染者数は3万人を超え、もう近々5万人を超えたとしても驚かないぞーくらいの慣れの気持ちになりつつある関東の民。
 
船橋市という狭い範囲の感染者数ですら秋田県全域分と大差無いくらいだから、もう罹るなら罹ってしまえとも覚悟はしているのに、その割には案外とまだ大丈夫だったりして、そして今日のだんなは野球観戦なのだそう。
 
というわけで簡単で良いやと、ロピアで買ってきたのは600円ほどで分量たっぷりなお惣菜、「タイ風フォーの混ぜそばパッタイ」。
あとはシーザーサラダ、中華惣菜コーナーの海老チリ&海老マヨパック。
 
昨日発売したばかりの期間限定チューハイ「ほろよい〈ライチとグレフル〉」をポイ活で入手したのでそれも出しつつ。
 
チューハイ、「ライチの華やかな香りとグレープフルーツの酸味を楽しめる、爽やかな味わいを実現しました」だそうで、思っていた以上に自然な味で美味しかった。酸味と甘味のバランスが、とても良い感じ
 
同時発売された"マンゴーとピーチ"はわざとらしい味になっている予想しか抱けなかったから入手しなかったのだけど、このシリーズだったら期待できるのかもしれない(でも甘いだろうことは間違いない)。
 
で、パッタイが案外とじんわりとしたピリ辛味で、私は全然許容範囲だったものの、息子は「辛いね……」と。
香菜たっぷりトッピングされてたし、本格的味わいだったということで良いのではないかなあ。
 
和洋中色々揃ってるロピアの惣菜はほんとに便利。いつかはドーンと豚バラチャーシューが1本丸々乗っているメガ盛りチャーシュー丼を買ってみたいなあと思いつつ。

2022年8月2日火曜日

久々そうめんスライダー。

今日はそうめんスライダー
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
海鮮皮蛋中華粥
マンゴプリン
アイス普洱茶
友人Aちゃん宿泊中の今日。
 
パンより米が好きと聞いていたから、ジム前の遅め朝食(早め昼食かもしれない)はやっぱり米だよなあ……と、昨日に中華粥を炊こうと思い立って、夜のうちに米に胡麻油まぶして干し貝柱と共に水に浸しておいた。
 
今朝になってから火をつけて1時間炊いて、油条は冷凍庫に、皮蛋はいつでも常備しているので具材も簡単。香菜だけは昨日買ってきた。
 
で、今回は冷凍シーフードミックスも手元にあったから、煮上がり間際に解凍したそれをざらっと加えて海鮮粥に。
 
久々朝食中華粥。 それと、ミニマンゴーの果肉とか普通サイズのマンゴーの種際のところとかを刻んでおいたもので久しぶりにマンゴプリンも作ってみた。
 
砂糖と水と粉ゼラチン、生クリームだけで作れる簡単レシピ、ただ、仕上げにかけるエバミルクだけは省略できない(する気も無い)ので、この手の食材には本当に強い「せんどば」さんに今回もお世話になった。
 
カルディでも巷のスーパーでも見つからなかったエバミルクを置いているとは、さすがの業務系スーパー。
ここになかったら、あとは「富澤商店」あたりに行かなきゃいけないかと覚悟してたわ……。
 
マンゴプリン、きっちりレシピ通りの分量で作ったら、沖縄県産マンゴーが想定より相当に甘かったみたいで、かなりしっかりした甘味強めなマンゴプリンになってしまってちょっと反省。
なんなら砂糖半分でも良いくらいの濃厚な味になった。
 
まあこれはこれで美味しいけども……と思いつつ、心持ちエバミルクをだばだば多めにかけて。
 
で、昼からBODYPUMP45からのBODYCOMBAT45からのBODYBALANCE FXというLESMILLSプログラム3連続を、今日もAちゃんと共に頑張って。
 
私も元気に、今日も2.5kgプレート両手に持って美しくサイドレイズからのローテーターレイズをキメて来た。最近、腕やら肩やらのトレーニングが楽しくて仕方のない私……。
おうちでそうめんスライダー祭り
 鶏の唐揚げ(お肉屋総菜)
 そうめん(8束)
 きゅうり・トマト・茗荷・青じそ・揚げ玉
 そうめんつゆ・豆乳つゆ
 ビール(キリン SPRING VALLEY 豊潤<496>)
 
マンゴプリン
いつもだったら今日も泊まっていく流れのAちゃん、今回は諸事情で今日のうちに帰らないといけないそうで。
 
軽めの夕飯とかなら食べて帰りたいとか言っていたので、「じゃあ流しそうめんとか用意したら嬉しい?」と聞いたら是非にというので、夕飯にはちょっと合わないかなと思いつつ、久しぶりに「そうめんスライダー」を押し入れから出して組み立てた。
 
我が家にあるのは初代そうめんスライダー。こんな馬鹿馬鹿しい商品、もう二度と出ないかもしれないとかなんとか言いながら買ったのに、未だに色々新商品が出ている人気シリーズになってしまった。
 
うちのは、なんだかモーターが弱いのか接続が悪いのか、頂上の"ザブーンバケツ"に水がいかなくなってしまったりしているのだけど、それでも一応水はちゃんと流れてくれるので大きな問題もなく(でも口コミを見ると案外壊れやすいおもちゃなのであるらしい)。
 
つゆは簡単に創味の濃縮つゆを用意して、これを豆乳で割って刻みトマトを入れるのも良い感じ。
 
薬味に青じそ、茗荷、きゅうりなども刻んでおいて、忘れちゃいけない揚げ玉(←これがあるととっても幸せ)も。
 
そしてさすがに素麺だけでは男衆が可哀想かなと思ったので、お肉屋(ニュークイック)の唐揚げも買ってきて、それも出した。Aちゃんは「お祭り?お祭りですか?」と不思議な喜び方をしていて笑ってしまったのだけど。
 
茹でた素麺、8束。
1人分は2束と説明書にあったからその通りにしたところ、綺麗に食べきって、なんならもう1~2束あっても無くなっていたかもしれない。
 
スライダー流しそうめんは普通にすごく楽しいし、適宜氷を入れて氷水にすれば冷え冷えで楽しめるという実用面的有用性もあったりして、良き玩具です。
 
今年は無事に使うことができて良かった。またやろう。

2022年8月1日月曜日

地元の幸せピッツェリア

お気にの店にAちゃん連れて
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「Hearth Brown」の
 タンドリーチキン風味デニッシュ \216
「サンマルクカフェ」の
 チョコクロ \152
ヨーグルト(バニラヨーグルト パイナップル)
ヤクルト1000
アイスカフェオレ
昨日船橋駅界隈行ったついで、「あらこれ美味しそう」と買ってきたのが、「Hearth Brown」の"タンドリーチキン風味デニッシュ"。
 
デニッシュ生地にはターメリック入り、フィリングはタンドリーチキン風スパイシーな鶏肉とじゃがいも。
 
生地自体からふわりとカレーの風味が漂ってくるような、夏向きの美味しい惣菜パンだった。甘いのはあっちが良いなあと、株主優待で若干お安く買える「サンマルクカフェ」のチョコクロを久々に。
 
月曜の今日はいつものジムプログラム(X55)で、がっつり元気に動いてシャワー浴びて帰宅後にいそいそとまた外出して、今日泊まりに来るAちゃんを出迎えついでにそのままカラオケ、フリータイム4時間弱という充実の日だった。
 
なんだか今日はAdo祭りになってしまって、最初1時間半くらいはお互いAdoだけ歌って終わってしまって(そしてその後にはなぜかアニソン祭りにもなった)。
 
Adoの歌曲の中では「レディメイド」が一番得意な私は、Aちゃんから「せりあさんはセカオワもパワフルに歌う……」と言われて笑ってしまった。そもそも穏やかな曲ってものを好んでは歌わないしね……。
船橋「Pizzeria Bar Trico」にて
 ルッコラサラダ \690
 はかた地どりのレバーペースト \590
 イイダコの冷たいトマト煮"アフォガート" \690
 ピッツァ マルゲリータ \990
 ピッツァ フンギ \1290
 ピッツァ ラザーニャ \1290
 イタリア産サマートリュフをたっぷりかけた生パスタ
     チーズとバターのシンプルなソース \1390
 いかすみとムール貝の生パスタ \1290
 鹿児島県産純血バークシャー豚
     肩ロースのタリアータ \1590
 スフォリアテッラ バニラアイス添え \590
 カスタードプリンのクレープ包み"クレスペッレ" \590
 柑橘風味のムースチーズケーキ \490
 白ワイン(ペッシェヴィーノ・ビアンコ) \3290
 ミモア \590
 コーラ \390
4人で美味しく平らげました。
そして夕飯はだんなや息子とも合流して4人で最近お気にのピッツェリア、「Pizzeria Bar Trico」さんに。
 
4人いるしお腹も空いているしということで、今日は前菜からピッツァからパスタから肉料理、ドルチェまで皆おおいに食べた。
 
ワインも1本空けて、でもお会計は15000円ほどだったのだから、やっぱりこの店はけっこうお手頃価格なのだと思う。大満足。
 
ピッツァ、ラザーニャ。ラザーニャって、ラザーニャ?と思いつつ。 ピッツァは定番マルゲリータをいただきつつ、トマトソースは使わないフンギも続けていただきつつ。
 
生どんこ、長ねぎ、アンチョビ、にんにく、モッツァレラという組み合わせのこのフンギがすこぶる美味しくて。
 
「え、なにこれ美味しい」「きのこ美味しい」「長ねぎがいいアクセント!」と感動した後に、すごく悩んで"ラザーニャ"というピッツァもいただいてみた(右の写真)。
 
ラザーニャって、ラザニアだよね?え、これパスタじゃなくて?ピッツァ?と思って調べてみたら、実際、"ピッツァ ラザーニャ"なるものは存在するようで、数年前にはピザーラで「王様のラザーニャピザ」発売なんてこともあったらしく。
 
ああそういうピザなんだ……?と思って注文してみたそれは、「トマトソース、自家製ハム、リコッタ、モッツァレラ、バジル」という具材のもので、チーズたっぷり、適度な塩気のハムもどっさり乗って美味しかった。
 
黒板メニューからイカスミとムール貝のパスタを。これも美味! そしてこれは黒板メニューだった、日替わりおすすめのイカスミとムール貝のパスタ。
 
このお店、自家製麺の生パスタもすごく美味しくて、数量限定のおすすめ品だったサマートリュフ乗せのバターとチーズのパスタ(今日の一番上の写真)もすごくすごく良かった。
 
あんなにトリュフが乗っていて、お値段たったの1390円。
 
優しいバターとチーズの風味にトリュフのあのこってりしたような香りが加わって、「あ、なんだこれ、やばい」みたいな語彙力のない味わいに。酒に似合ってめちゃめちゃ良かった。
 
豚も!よかった! 肉料理はそう種類は多くないのだけれど、黒牛肩芯ロースのローストだったり、鴨胸肉のアップルバルサミコソースだったり、熟成仔羊のローストだったり、魅力的なものばかり。
 
だんなが「これ食べたい!」と言ったのが、「鹿児島県産純血バークシャー豚肩ロースのタリアータ」。
 
ズッキーニや蕪などの野菜もどっさり、シンプル塩味でレモンと粒マスタードが添えられていた。もう全部の皿が美味しいものだから「美味しい」って言葉を省略してもいいですかというくらい。
 
念願のスフォリアテッラも食べられました。ばりばりざくざく食感。 そして今日は念願の、毎度満腹になってここまで辿り着けなかったスフォリアテッラもいただけた。
 
ナポリの名物焼き菓子で、「貝殻をかたどったひだが何層もあるパイ状の生地の中にリコッタチーズ、カスタードクリームやアーモンドクリーム等を入れ、オーブンで焼き上げる。」といった品。
 
層状の綺麗な表面もばっちりで、"さくさく"よりは"ざくざく"に近い強めの食感も「そうそうこれこれ」な感じ。中にはアーモンドクリームのフィリングが。
 
息子はチーズムース、甘いものにはそう興味がないAちゃんとだんなは2人でクレープ包みプリンを注文したものの「やっぱり多かった」などと言いだし、「え、じゃあ私貰います!」と私はそちらのドルチェまでしっかり手伝わせてもらったのだった。
 
甘味は別腹。第2の胃袋があるだろうってくらいに、私は食後の甘味がいける人……。大変に満足でした。