2021年11月28日日曜日

自家製煮豚でまぜそばを

「乃が美」の食パン w/マルセイバタ・リリコイバター
洋梨(ラ・フランス)
カフェオレ
だんなが(私も時々)お世話になっている上野の整体、時折おいしいものを交換したりなどする仲なのだけど、昨日のだんなは乃が美のパンを貰って帰ってきた。わーい美味しいパン~!ということで、ありがたく朝御飯に。
 
このほの甘くて優しい味のパンは、マルセイバタに凄まじくよく似合う。ボルディエのバターのような風味の強い系よりは、ミルクみの濃厚な優しめの風味のバターが似合う感じ。カルピスバターあたりも似合いそう?
 
ちょっと遅めの朝御飯だったし昨日すき焼きで卵たっぷり消費したのでパンの他は熟れた洋梨だけ剥いて出した。
「山頭火」のまぜそば(インスタント)
麦茶
先日スーパーで見かけて買ってきたのが、「らーめん山頭火 ねぎ油まぜそば」というインスタント麺。
 
旭川のラーメン屋さんで、豚骨ラーメンの草分け的存在なのだとか?縮れ麺に"ポークエキスと醤油をベースにすりごまとペッパーを加え、ラードとねぎ油の風味をきかせたピリッとした風味のたれ"のセットで、パッケージを見ながら刻み長ねぎやきくらげなどを支度した。
 
で、美味しそうなチャーシューもパッケージ写真にあったものだから、昨日のうちに豚肩ロースのブロック肉を買ってきて、低温調理にかけてから醤油味醂の煮汁に漬け込んでおいたものをざくざく切って添えてみた。
 
そして更に、パッケージを参考に真ん中に卵の黄身も。
 
かなりしっかりめの濃いたれの味で、このたれだったらもうちょっと麺は太めな方が似合いそうな気もしたのだけれど、でも充分美味しいまぜそばだった。卵の黄身似合うし、何より煮豚が美味しくできたので、大満足。玉ねぎ刻んだのを入れても良いみたい。
チーズいろいろ
たたききゅうり
豆鰺の南蛮漬け(角上惣菜)
はたはた寿司
「佐藤水産」のひめほっけ焼き
自家製煮豚
とり豆腐
羽釜御飯
日本酒(兵庫 山陽盃酒造 播州一献 七宝 純米無濾過 澱絡み生)
そして夕方にはいつものジムプログラムにだんなと2人参加して、帰宅してから急ぎ"とり豆腐"の仕込みだけして、あとは冷凍庫整理だったり買い置きのものを出したりの夕御飯。
 
和紙のラベルがとても綺麗な播州一献のおりがらみを飲むことにして、そのアテの1つは、だんなが秋田駅で買ってきてくれたはたはた寿司。
 
日本各所にある"馴れずし"のバリエーションの1つで、柔らかい酸味の優しい味の珍味。私はこれが大好物で。
 
どっさり食べたくて2本切ったたたききゅうりとか、先日「角上魚類」で買ってきてあった南蛮漬けとか、「佐藤水産」の冷凍「ひめほっけ」も出して、そして今日のとり豆腐も美味しくできた。
 
お酒もすごく美味しくて……でも今夜の私は半分くらい気がそぞろで、
「ごめんね!結果だけ生で知りたいからちょっと見逃しててね!」
と卓上にタブレット置いてABEMAアプリ立ち上げて「ヒプノシスマイク ≪2nd D.R.B≫Final Battle 結果発表会」を見ていた私。
 
一度も課金投票はしていなかったから未だファンとは言い難いものの、めでたく推しのシブヤディビジョンFling Posseが優勝したのを見届けられて、ああ良かった良かったと胸をなで下ろしたのだった。
 
「んで、誰が誰だって?」
「リーダーの白井悠介がささみゃーのささで、左の斉藤壮馬がみゃーちゃんで、右がのづでヴァミマの武々夫だよ」
この説明で過不足なく通じるだんなのヲタクスキルも相当なものだと思う。
 
3月には優勝おめでとうのCDが出るそうで、
「これは買ってしまうんでしょう?」
と息子とだんなは半ば呆れ顔だったけれど、
「んー、そもそも12月半ばにDVD出るしね?予約するしね」
と胸張ったらこれはもう駄目だという顔をされた。
 
私もまさかこの年になって声優沼に再びはまるとは思っていなかったけれど、昔々に"NG5"に夢中になっていた前科があるから、雀百まで踊り忘れぬ何とやらというもので。
これはもう、仕方ないのよ。仕方ない。

2021年11月27日土曜日

シュトーレンとすき焼きと

「たま木亭」の
 堅焼きバター
ハムエッグ
ヨーグルト(タカナシ 北海道釧路・根室ヨーグルト)
カフェオレ
京都の人気パン屋さん「たま木亭」、有楽町駅前の「クニャーネの店」が、「2021年11月30日(火)AM10:00いよいよスタートです」だそう。
 
たま木亭の支店が!?と当初わくわくしたのだけれど、残念ながら扱うのはクニャーネだけ?なのかな??あれもすごく美味しかったけど、でも私とだんなはむしろ"硬焼きバター"を存分に食べたいのです……などと思いを馳せつつ、冷凍庫に大事に抱え込んでいた硬焼きバターで今日の朝御飯。
 
せっかくだからとダルマイヤーのハム(だんなが職場の人への結婚祝いのお返しにと貰ったもの)も添えてハムエッグにして、パンは焦がさないように気をつけながら中までしっかり温めて。
 
「…………やっぱりすごく美味しいよね、硬焼きバター」
「わかるー。また京都行かなきゃ」
お店の開店日に合わせて帰宅日を決めないとね、などと思いを馳せる私たち。
 
真空パックからの冷凍庫の急速冷凍モードで、大概のものは美味しいまま冷凍できると知ったので、次はもっと大量に買い込んでくるつもり。
「シュルンダー」の
 アップルシュトーレン
「パークハイアット東京」の
 マロンシュトーレン
アイスカフェオレ
今日の日中のだんなはお出かけで、じゃあ昼御飯は適当で良いなあと夕食の食材購入ついでに息子の分の弁当だけ適当に買ってきて、私は夕方のジム前に何かつまめば良いかなという体で。
 
で、おやつの時間前にだんなも帰ってきたので、一緒にシュトーレンを食べた。
 
こちらはカルディで買った可愛いサイズの「シュルンダー ミニアップルシュトーレン」。
 
ドイツのメーカーだそうで、具材はりんごとレーズンのみ。シナモンがふわっと香って、でも洋酒漬けフルーツもりもりなあの風味は無く、とても食べやすいシュトーレンだった。
 
正直なところ、柑橘系の洋酒漬けもりもりシュトーレンは美味しいとは思うのだけれどあまり量食べたい気持ちになれなくて、こういう方向のシュトーレンの方が、私は好き。
 
そして好きな方向の最たるものが、"栗入り"で。
 
今年まで存在を知らずにいたのだけれど、「パーク ハイアット 東京 ペストリー ブティック」のシュトーレンは、ここ数年、毎年クラシックなタイプの"クリスマスシュトーレン"と、チョコレートとマロンを販売するのが定番らしい。
 
マロンシュトーレンは大粒の和栗と黒無花果が使われていて、そのリッチなテイストが毎年の人気なのだとか。
 
というわけで、昨日、事前にネット予約を入れたうえで1本3900円のマロンシュトーレンを買ってきてみたのだった。
 
どこを切っても大きな栗の断面が見える風で、ぐるりと一周、香りの良い黒無花果の層も覗けていて。
 
これもシンプルめながら美味しいシュトーレンだった。
 
少しずつ切って食べていくのが楽しみ~。
おうちすき焼き
 (黒毛和牛・豆腐・結び白滝・お麩)
 (長ねぎ・玉ねぎ・春菊・白菜・椎茸)
日本酒(青森 松緑酒造 六根 タイガーアイ 純米吟醸 秋あがり)
そして私は夕方のBODYJAM45からのBODYPUMP60に。
 
ジャムもいくらか慣れてきてそれなりに動けるようになってきたし、勝手知ったるパンプはいつも通り頑張る、という感じで。
 
パンプの時にイントラさんのマイクの調子がすこぶる悪くて難儀した結果、
「予定していたランジの曲、変えてもいいですか?暗い曲調のだったんで、テンション上がるのに切り替えますね!」
と、流れてきたのが高難易度と誉れ高い#74のデンジャラス。
 
知ってたよおおおお!となってしまいながら、続くショルダーも「肩も好きな曲に変えます!」と#89True Hardstyler。
 
プッシュアップ32回からのバー持ってアップライトローとオーバヘッドプレスとプッシュプレスごりごりやってからのプレートでローテーターレイズ、オーバヘッドプレスおまけつきでとどめっていう素敵な曲。
 
しんどいけど私も好きな曲で、いやでもこれしんどいよね……!となりながら今日も乗り切った。
 
で、お夕飯は、今日はすき焼き!
 
だんなが先日出席してきた結婚式の引き出物カタログギフト、「やっぱ食べ物かな」「食べ物だね」「肉だな」と、選んだのが黒毛和牛すき焼き用650gというもので。
 
それがめでたく昨日クール便で届いたので、早速食べることにしたのだった。
 
肉以外の諸々を買ってきたのは私だったけれど、材料切って割り下作っての準備はだんなが全てやってくれていた。
 
そしてお供は青森のお酒、渋谷の東急フードショーの酒屋で蔵の人にお勧めされて買ってきた、秋上がり。
 
青森の地米華吹雪100%、好みな方向よりもドライな口当たりだったけれど飲み込んだ後の余韻がしっかりめ。
 
すき焼きの甘さや和牛のたっぷりな脂を洗い流してくれる風なほどよい食中酒だった。
 
そして何より美味しかった、黒毛和牛。サシたっぷりでとろけるような口当たり。
 
うわ美味しいすごく美味しい、お高いお肉の味がする……!と、最後は残ったつけタレで卵かけ御飯。満喫致しました。

2021年11月26日金曜日

28コ、食べマシター!なお菓子

「ローソン」の
 おやつコッペ MILK&カスタード
ミルクティー
未だだんな出張中につき、私一人での朝ご飯。
 
ローソンの生クリーム専門店「Milk」コラボ商品が色々楽しいので、昨日は「おやつコッペ MILK&カスタード」を買ってきてみた。
 
サンドイッチなどが並ぶ冷蔵ケースに置かれていて、大量のクリームがどっさり挟まってるのでなかなか目立っていた。
 
「軽い食感のコッペパンに北海道産生クリームをたっぷりサンドしました。パンの底に絞ったカタードが味のアクセントに」とのことで、期待通りにクリームは美味しかった。底に少量絞られているカスタードクリームも程よいアクセント。
 
でも残念ながらパン自体がパサパサ気味であんまり美味しくなく、冷蔵状態で食べるには食感がいまいち……という感じだった。
 
いくらか常温に置いてから食べれば良いのかな、でもホイップクリームがぬるい状態なのもそれはそれでがっかりな口当たりになりそうだし……と、悩ましい品。このコラボ品、パン系ではパイサンドが好みだったなと改めて思ったのだった。食べてないのがもう1種類、フルーツサンドっぽいのがあったのだけど、アレには苦手なキウイが挟まっているのでパス、ということで。
 
んで、ジムのない金曜は、毎週ちょっと楽しみにしているお出かけの日。
 
ここ半年ばかり、日比谷花壇のお花のサブスク"ハナノヒ"のお花を貰うという目的もあるから、金曜には都内に行けそうなら行く(ヒトカラできそうならする)という事にしていて、今日は新宿の美容院に行ってきた。
 
ちらちらと気になり始めた白髪を白髪染めしていた過去数年。
茶系にしても重たい印象になりがちな事にうんざりして、「いっそ明るい方向に染めてしまえば良いのでは」と思い至って今夏からブリーチすること2回、本日3回目。
 
これこれこんな感じのピンクベージュ系バレイヤージュに育てたいんです筋感あるレイヤーあると嬉しいですとネットで拾った写真見せながら相談したら、すごーく丁寧に施術してくださった。
 
中段強めに色抜いて既に派手に脱色してる下側と馴染むように時間差つけて(薬剤の配合まで変えてた……)、暗い茶色のローライト入れてピンクベージュっぽい全頭カラー。
 
そういえばカラー剤も2種類薬剤分けて塗っていたという丁寧ぶりで、4時間超の大工事。
 
ブリーチカラーが得意そうで値段手頃でと選んだサロンだったけど、担当してくれた兄さんが髪フェチですかってくらいに情熱的な人で、これは当たりなサロンだったなと、大満足だった。
 
「記録と復習のために写真撮ってもよいですか」
と、施術中も終わった後もやたら写真を撮られたので、「じゃあついでに私のスマホでも撮ってください」とお願いして、滅多に撮る機会のない仕上がり直後の写真、せっかくなので貼ってみた。
 
仕上げに、どうせなら派手にいきましょう、と、くるんくるん巻いて貰いました。
何と言うか、"シンジュクの女"っぽいわ。楽しいわ。(自分一人ではこんなには巻けないわ!)
南船橋「村さ来」にて
 お通し(もやしの和え物) 3×\310
 (今日のおすすめ)塩だれキャベツ \300
 (今日のおすすめ)炙りまぐろポン酢 \500
 (今日のおすすめ)タコねぎ塩 \450
 (今日のおすすめ)あん肝ポン酢 \500
 (今日のおすすめ)ハゼ天ぷら \430
 おつまみきゅうり \290
 コーンバターベーコン \380
 豚玉串 \180
 牛ホルモンロール \280
 チーズ入りちくわの一口磯辺揚げ \340
 真っ黒な鶏の唐揚げ 海苔味 \440
 醤油ラーメン魚介だし \480
 鮭だし茶漬け \320
 2h飲み放題 3×\1200
親子3人、けっこう食べました。
 
秋田銘菓「金萬」・「翁飴」
抹茶入り玄米茶
で、今日の夜にはだんなが出張から帰る予定で、私も「美容院は午前中スタートだし帰って夕飯作るくらい余裕でしょう」と思っていたのに、予定以上の長丁場。
 
せっかく新宿に出たのだしと、パークハイアット東京のシュトーレンにマロン味があるのを知って予約してあったそれを受け取りに行っていたりなどしていたら、すっかり夕方になってしまった。
 
これはもう惣菜買って帰るか外食するしかないのではと家族LINEで相談の結果、割引券あるしねと「村さ来」に行ってしまうことに。
 
株主優待目当てでちょこちょこ外食産業系の株を持ち始めた我が家、「村さ来」を擁する焼肉坂井ホールディングスの優待は、15%オフの割引券が半年に数枚届くというもので。
 
対象店舗に「ヤマダモンゴル」やパスタ屋「壁の穴」、「ふらんす亭」、あと六本木のスペインバルあたりも含まれているから、使い勝手はそう悪くない感じ。今日も結局、1500円くらいはお安くなった。
 
しかも「千葉版Go To Eat」も再開しているので、それで支払いしたら更にお得に。更に更に18時半前の入店で2時間飲み放題1200円のプランも使えて、けっこう飲んだしけっこう食べた。楽しかった。
 
村さ来、数十年前は安居酒屋の代名詞で「安さが第一、味は二の次どころか三の次」みたいな感じで、店内も狭くてこちゃこちゃしていて……みたいな印象だったけれど、今はなかなかメニューも豊富、ボックス席も広々で、味も以前の記憶ほどには悪くなく。
 
日替わりメニューも色々で、抹茶塩でいただくハゼの天ぷらも美味しかった。
 
ビール飲んでサワー飲んで焼酎も飲んで御機嫌に帰宅した後は、だんなの出張先だった秋田土産をデザートに。
 
秋田県民なら誰でも知ってる(多分)、「28コ、食べマシター!」のCMが有名な「金萬」、秋田駅の店舗ではその日の朝焼いたばかりの"生"を売っていたそうで、それが今日の一番上の写真。
 
言ってみれば、"白餡の今川焼き"といった風な金萬、一般的な粒あんこしあんじゃないのが面白くもあり若干つまらなくもあるのだけれど、その餡には卵も入っているそうで、だからなのか優しい素朴な味に、ついつい手が伸びてしまう。
 
28個は無理でも、4個くらいならぽいぽい食べられてしまうんじゃないかなあ。
 
そしてこちらは現地の方に貰ったそうで、私も知らなかったお菓子「翁飴」。
 
包み紙には「大正・昭和両天皇陛下並に各宮殿下え献上」「於各博覧会・品評会・金・銀・賞牌八十数回受領」「菓子博最高賞 名誉総裁賞の栄誉」と、なかなか仰々しい文字が並んでいた。
 
原料はもち米と大麦。砂糖や添加物などは一切使わず、"自家製の麦芽糖化水飴に特別な原料を配合して固形化します"という菓子なのだそう。
 
息子は「ゆべしに似ている」と言っていたけれどそれよりはずっと甘さ控えめで、でも確かに食感はゆべしに近い風。味としては米が7割、そして1割……いや5分くらいが水飴、という風な、すごく淡い甘さの、ちょっと不思議な味の餅菓子だった。
 
滋養がありそうで、運動前の糖分補給に1つつまんで行くと良い感じ……という風な?

2021年11月25日木曜日

イベリコで生姜焼き

「サンジェルマン」の
 和歌山県産温州みかんのフルーツサンド
 北海道たっぷりコーン
新興梨・富有柿
カフェオレ
昨今のフルーツサンドブームはちょっとげんなりな気持ちになることもあるのだけれど、気に入りのパン屋さんで美味しそうなフルーツサンドが増えてくれることは大歓迎。
 
昨日市川駅ビルの「サンジェルマン」で見つけたのは、和歌山県産の温州みかんをたっぷり入れたフルーツサンド。カスタードクリームも挟まれていて、そこには洋梨のシロップ漬けも入っていて、そして食べてみれば何やらカリコリした食感が。
 
何かと思ってパックに貼られたシールを見れば、「栗甘露煮」の文字があった。みかんと洋梨と栗という組み合わせ、不思議なようでなかなか似合っていた。みかんのフルーツサンドというのも、美味しいものだね。
 
それとサンジェルマンで定番の惣菜パン、"北海道たっぷりコーン"も久々に。品名通りにたっぷりコーンが幸せなパン。
 
一昨日の祝日ジム祭りから絶賛筋肉痛が残っている(わかりやすく腿と尻と腹が痛い……)今日、それでも有酸素運動ならいけるよねと、ダンスとステップ系の2プログラムに出てきて、帰宅してからは手芸活動という今日も精力的な一日。
 
2021年のクリスマスツリーはこんな感じに仕上がりました 1日1箱ペースでせっせと作っていた、フェリシモの「ネーベルスロイドキット」、めでたく全種類が出来上がり、今年のツリーはこれで完成。
 
オーナメントが派手で大きいから、他の装飾はあまり要らないかなと、赤い玉と金色系のビーズとモールだけ付け足した。
 
編み物縫い物系の手芸はいまいち性に合わないけれど、こういう"工作系"はまあまあ得意だし好きだなあと改めて思った数日間だった。
 
型紙や作り方は手元にあるし、これ、ちょっと縮小したサイズで厚手の和紙とかトレーシングペーパーあたりで作ってもきっと可愛いな。
「成城石井」の
 3種ナッツの南瓜サラダ
  イベリコ豚の生姜焼き w/キャベ千
グリーンピースとベーコンのスープ
羽釜御飯
麦茶
そして今日の夕飯は、手元に半端に残っていたしゃぶしゃぶカットのイベリコ豚を生姜焼きにすることに。
 
息子曰く、「いつもの生姜焼きじゃない濃厚な味がするー」と笑っていたけど、確かに、風味の強いイベリコをこうして薄切りにして煮たり焼いたりするのは、イタリアやスペインあたりのイベリコ本場の食べ方としては異質?なのかも?(イベリコって元々生ハムの材料で聞く名前だったわけだし)。
 
肉が若干少なめだったので玉ねぎ増量たっぷりめにして千切りキャベツもたんまり用意。
鍋に少しだけ残っていた野菜スープは冷凍グリーンピースとベーコンと水足して、塩気調整してほんの少しカレー粉ふったら美味しくなった。
 
で、昨日食べたサラダと一緒に買ってきてあった、成城石井の「3種ナッツの南瓜サラダ」も。400円しなかったパックが更に見切り品価格になっていた品だったのに、2人で食べきるにはちょっと多めに感じたくらいのボリュームで、クランベリーが入ったお洒落なサラダ。ナッツもごりごり入っていて、期待以上に美味しかった。
 
成城石井のお惣菜、そのへんの惣菜専門店より安くて美味しいと私の中で評価が爆上がり中。

2021年11月24日水曜日

角上の日だったので

「Johan」のコーンパン
「ローソン」の
 MILKカスタードのま~るいふわふわパン 1/2個
 MILKパイサンド 1/2個
新興梨・富有柿
カフェオレ
ローソンでは、昨日から「生クリーム専門店「Milk」コラボ商品」なるものを販売中で、これが発売開始前から気になっていた私。
 
Milk、行ってみたいけれど店舗が原宿、立川、北千住……だったかな、なんとも微妙な場所で「何かのついでに」で行けるような場所でもなくて。
 
コラボ品はお店の味とイコールではないと知りつつ、買ってみようかなあと思っていたのだった。
 
で、昨日、夕食後にローソン寄って帰ってきて、「これ!朝御飯に半分こしませんか!?」と棚に並んでいたコラボパン2種類を買ってきてみた次第。
 
「ま~るいふわふわパン」は、「まるいふわふわした白いパンに、北海道産生クリームを使用したホイップクリームとカスタードを混ぜ合わせたカスタードホイップをたっぷり注入しました」というもの。
 
そしてこちらの方が気になっていた、「MILKパイサンド」は、「バター風味のビスケット生地とパイ生地を組み合わせたパン生地で、北海道産生クリームを使ったホイップクリームを挟みました」というもの。
 
"ま~るい"方は、まあこんな感じか……と、美味しくはあったものの、何度もリピートして買わなくても良いかなというのが正直なところ。
パンがぺたぺた系(←八天堂のクリームパン的な……)だったのがそもそも私の好みじゃなかった、という。
 
でも、パイサンドはすごく良い感じ。パイそのものほどにはバター感のある生地ではなく、適度にざっくり感があるパン生地にクリームたっぷり。食感や味のバランスがすごく良かった。
 
クリーム自体はどちらもすごく良い感じで、さすが、長年人気のプレミアムロールケーキを擁するローソンが手がけただけあるなあと思ったのだった。これ、どちらも1個150円。値段が手頃なのも素晴らしい。
 
そして筋肉痛を抱えただんな(私も絶賛筋肉痛)、今日から2泊3日で出張ですって。たいへん……。
「成城石井」の
 ケールのグリーンサラダ
ミニ海鮮丼
豚汁(アマノフーズインスタント)
麦茶
今日は月に一度の「角上の日」。
 
諸々予定を考えると、1ヶ月に6回お花を貰える日比谷花壇のサブスク「ハナノヒ」も、今日5回目を受け取っておきたいところで、それならと、ジムで運動2本終えた後に、市川と船橋で買い物して帰ってきた。我ながらまあまあ元気だわ。筋肉痛だけど。
 
で、息子と2人の夕飯は、角上の日だしねということで海鮮丼。
刺身盛り1パックと、松露の玉子焼きのミニ袋を適当に酢飯に盛り付け、サラダは成城石井の10%オフ見切り品だったケール入りのグリーンサラダを。
 
RF1あたりよりもお手頃価格で具沢山サラダが買える成城石井のお惣菜、最近お気に入りだったりする。高確率で見切り品が棚にあるから、その日にすぐ食べるならそれで全然問題ないし。
 
炊き置きの御飯をレンチンして手持ちの寿司酢で薄めの味の酢飯にして、刺身盛るだけ、サラダも盛るだけ、味噌汁はインスタントの簡単夕御飯。
 
刺身は息子に多めにあげたので私は控えめ量になったけれど、サラダは等分しても皿から溢れるほどのボリュームなのが有り難かった。
 
このところ、週末は何かと飽食気味だから、だんなのいない平日くらいは粗食気味にしておかないとねー、ということでお酒も無しで。

2021年11月23日火曜日

ジムと王将の勤労感謝

「サンマルクカフェ」の
 チョコクロ
市原SA「はらくち製パン所」の
 4種のチーズフランス
カフェオレ
昨日のチーズパンがまだあるから何か甘いパン……ああ、チョコクロとかがいいな、とだんなにお願いして、「サンマルクカフェ」のチョコクロを買ってきて貰っていた、勤労感謝の日の朝御飯。
 
サンマルクカフェは期間限定チョコクロもお楽しみの1つだけれど、今は「ラズベリーホワイト」という、だんなも私もノーサンキューな品だった。残念。
 
でもなんだかんだ、ノーマルチョコクロが一番好きな気がする。チョコ感たっぷりクロワッサン。
 
そして今日の私は午前と夕方に2本のジムプログラム参加予定。
 
休日ともなると、スポーツジム各支店が特別プログラムやるよ有料イベントやるよとやる気を見せるので、なかなかお出かけ予定が入れられない祝日、でも今日がその祝日、今年最後なんですって。
 
午前に行ってきたのは、大好きなイントラさんのBODYBALANCE、久しぶりの60分マスターコース。いつものFXではやらない腹筋背筋の曲が2つ増えるというもの。
 
「楽しみにしてます!」
と先週伝えたら、
「煽りますよ~♪」
言われ、実際になかなかエグい選曲だった。
 
朝からいきなり腹筋筋肉痛の危機に陥る事態。
ダウンドッグの体勢からぐるんと手足返してブリッジの体勢になるとか……けっこうむりだから……。
「CoCo壱番屋」の
 豚しゃぶカレー+ほうれん草
麦茶
「帰宅は12時前だし、どっかでお弁当でも買ってこようか?」
とだんなと相談して、だったら久しぶりに「CoCo壱番屋」も良いねという話になり。
 
ネットオーダーを済ませておいた品を、運動後に受け取って帰ってきた。
 
私は定番の豚しゃぶ+ほうれん草。
ココイチのルーの味と合っていると思うし、他のトッピングはどうしても揚げ物が多いのでそれを避けようという思いもあったりする。
 
12月からはスープカレーも期間限定復活だそうで、「11月からやっていてくれれば良かったのに……」とも思ったのだった。
 
息子曰く、ココイチのカレーはデフォルト状態でも「けっこう辛い」のだそう。
確かに家カレーよりは辛いけど、これはこれでバランスの良い味だと思う。
 
そして夕方からは、祝日特別BODYCOMBAT、"本当の"マスタークラス。
 
コロナ禍では60分プログラムでも休憩多めにして、本来の10曲から1曲削っているコンバット、今日は75分プログラムにして代わりに10曲全部やりますという趣向で、しかも多忙で現場から離れていたTイントラが久々に現場復帰ということで満員御礼の盛況ぶりだった。
 
Tさん楽しそうだなあ……とにやにやしてしまいつつ、でも選曲はやっぱりエグめで(←イントラという生き物は難易度高い選曲をサービスだと思っているフシがある)、これはもう明日の筋肉痛は確定ねという感じ。私、明日も明後日も通常営業でジム予定なんだけどな……パンプできるかな……。
南船橋「餃子の王将」にて
 餃子(よく焼き) 2×\264
 春巻3本 \506
 ニラレバ炒め \528
 鶏のうま煮 \700
 王将ラーメンセット \1034
 生ビール(中) 2×\495
 2杯目生ビール(中) 2×\438
 三ツ矢サイダー \189
しょっちゅうこのイベントをやっている気がするけれど、「餃子の王将」、11/16~30の期間中、「スタンプ2倍押し」キャンペーンだそうで、これは行かねばということで夕食はジム後に王将へ。
 
別に、もうどんぶりも要らないし欲しいグッズ無いし……なんて思っていたら、交換グッズが増えていて、王将のメニュー柄のトランプやボードゲームなどが増えていた。
やばい、トランプ欲しい、やばい、ということで、12月半ばまでに鋭意王将に通う必要が増えた次第。
 
今日は期間限定メニューの「鶏のうま煮」と、「春巻食べたい」「あとレバニラ食べたい」と、私の食べたい食べたいで注文メニューが固まってしまった。
 
だんなは「俺は昼にも食べられるし」と寛大に受け入れてくれ、でもだんなが苦手なメニューは1つも無いことを、私も知っているし。
 
というわけで、運動後のビール飲み飲み、久々のレバニラつついて、もっと久しぶりな春巻も。
 
いつもの餃子は、息子含めて全員が"よく焼き"でオーダーして、これも美味しくいただいた。
 
王将にしてはそこそこ値段の良かった鶏のうま煮は、残念ながら胸肉で、柔らかくするために片栗粉の衣がついているというもの。
 
不味くはなかったけれど、思ったよりは普通な感じだったのが、ほんのりがっかりだった……かな。
 
つい新商品を試したくなる私に対して、息子は毎度ブレずに王将ラーメンセット(ラーメンと半炒飯、餃子のセット)。これも美味しいんだよね。充分に御馳走。

2021年11月22日月曜日

美味しいトマトとガイヤーン

市原SA「はらくち製パン所」の
 自家製クリームパン
 4種のチーズフランス
カフェオレ
果物いろいろ
明日は休日だけれど、連休ということもなく、今日は普通の月曜日。
 
で、朝食は、昨日、市原SAで見つけたパン屋さんで買ってきた品を。
 
初めてのパン屋さんだとつい買ってしまうクリームパンと、あとしょっぱい系何か欲しいなと、大きな塊で売られていた「4種のチーズフランス」をスライスして魚焼きグリルで焼いてみた。
 
その名の通りに4種のチーズをフランスパン生地で巻き込んだ惣菜パン、チーズが自然な味で美味しかった。クリームパンもまた悪くはなかったけれど、こちらはまあまあ普通な感じ……かな。
 
今日は朝から冷たい雨で、夕方にはまた天気が崩れてくるそうで。
 
週末行けなかった分ジムに行こうかとも思ったのだけれど、明日から頑張ることにして今日はおとなしくしている事にした。
ミニトマトの香味サラダ
オイルサーディンのチーズ焼き
ガイヤーン
サラダチキンと刻み野菜のスープ
羽釜御飯
ビール(キリン秋味)
先日の北海道出張で、だんなは「Jファーム」のプラント見学をしてきたのだそう。
こんな感じに最先端技術で栽培しているのだという高糖度ミニトマトをお土産に買ってきてくれた。
 
糖度10以上のはぴかぴかのパッケージに入っていて、100g400円、大きすぎとか糖度足りずとかのアウトレット品は500g500円だったそうで、「食べ比べてみようかと」と両方買ってきてくれて。
 
金曜の夜のうちに早速そのまま少しだけ味見にといただいていたのだけれど、高糖度トマトがびっくりするほど濃厚な味だった。
 
甘さが強いのにしっかり酸味もあって、昔のトマトのような土臭さみたいなのすらほんのりあって、何というか、すごく力強い味。アウトレット品の方は、確かに少しばかり甘さが足りなくて、なるほどなと思った。
 
で、そのプチトマト、今日の夕飯には"香味サラダ"に加工してみた。
 
と言ってもあまり濃い味をつけては美味しいトマトを使う意味が薄れてしまいそう。さっぱり味のが良いなと、水にさらした紫玉ねぎと和えて、おろし生姜と塩と胡麻油。好みで香菜添えるだけ、という風なものにした。
 
毎度カプレーゼにしてしまうプチトマトだから、たまにはと別の方向で。
 
メインは、昨日道の駅で香菜買ってきたこともあって、"ガイヤーン"を。作り置きの香菜の根っこのペースト(マジックペースト)とココナッツミルク、シーユーカオ、醤油、オイスターソースなどで鶏もも肉揉んでフライパンで焼くだけ。簡単だけれど異国の味で、そして美味しい鶏料理。
 
もう1品、週末旅行で缶詰在庫が一気に増えたこともあり、手持ちを減らして行こうということでオイルサーディンをチーズ焼きにしてビールのアテにと加工した。
 
オイルサーディンの油を切ってカスエラに並べ、少量のオリーブ油と醤油と黒酢かけたらチーズ(贅沢にアドナイの燻製スカモルツァ)とパン粉と粉チーズかけて魚焼きグリルで焼くだけ。
 
ありもの野菜でスープも作ったし御飯も炊いたし、なんだか久しぶりに自炊した気がした。
 
ガイヤーン、やっぱりすごく美味しいな。あんまり外で食べた事のないタイ料理だから、ちゃんとお店のも試してみたいところ。

2021年11月21日日曜日

千葉プチ旅行2日目

料理宿の朝食は、期待通りの充実ぶり!
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
千倉「政右ヱ門」にて
 朝御飯
千葉県千倉の「海辺の料理宿 政右ヱ門」に宿泊翌朝。
 
温泉ではないとはいえ、家のより大きなお風呂は快適なもので、例によって早起きした私は朝風呂を堪能しに行って、そしてほどなく起きただんなも「俺も」と朝風呂を楽しんで。
 
あれだけ昨夜しっかり食べたのに案外朝にはお腹が空いていた事に軽く驚きつつ、私たちってほんと元気よねと話しながら、朝7時半、階下の食事処で朝御飯。
 
そこには素敵な朝食が待っていた。
 
またお会いしましたね房州海老さん!という気持ち。 碗にはどーんと半身の房州海老。
 
昨日のお刺身の海老なのかな、頭の方にはまだつつける身が残っていて、そして何より、房州海老は足もしっかり食べられると昨日、宿のお姉さんに教えてもらった。
 
「足の身も食べられますので、逆関節を決めてどうぞ!」とのことで、当然ながら蟹よりは細いものの、するりと出てくる身は蟹肉とさして遜色ない美味しさで。
 
卓上にはカマスの干物、タコとわかめの酢味噌和え、冷や奴と湯葉、海老やエディブルフラワーの乗ったサラダにカツオとおくらの和え物。
 
小鉢で並んでいるのはきんぴらごぼう、鰹の甘露煮(?)、明太子。更に焼き海苔と生卵(好みで目玉焼きにもできるように陶板焼きセットも脇に支度されていた)。
 
朝から焼売!嬉しいわあ。 そして目の前で蒸していただく、焼売も1人1個。
 
「これは……大変にご飯が進むおかずだねえ」
せっかくだから卵かけご飯も食べたいし、なんなら明太子だけでも米飯1膳いけてしまいそうだし。
 
結局私は途中でご飯を足して1.5膳分くらい、だんなは旨い旨いと2.5膳、しっかり炊きたて御飯も楽しんだ。ガスで炊いてる新米なんですって。文句なしの美味しさ。
 
9時を過ぎたあたりでチェックアウトしてから、今日最初に向かったのは宿から数キロ離れたところにある「高家(たかべ)神社」。
 
料理の神様に御挨拶。 日本で唯一、料理の神さま磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)を祀る神社だそうで、特殊神事として"庖丁式"を年に3回奉納するのだそう。
 
今回泊まった宿の大将は、その儀式の庖丁士さんも務めてらっしゃるんですって。
 
それはもう、挨拶しないで帰るわけにはいかないよねということで、お参りしてきた。
 
茅葺きの趣ある拝殿に、庖丁塚。
絵馬には、新しい飲食店が成功しますようにとか、調理師学校で頑張れますようにとか、立派なパティシエになれますようにといった独特な願い事が山と記されていた。
 
高家神社の御朱印。「料理祖神」の文字の圧がすごい。 せっかくだしといただいてきた御朱印がまた、とっても素敵。
 
とんでもなく綺麗な達筆で、「料理祖神」の唯一無二感。
 
ちなみに私、
「これからも家族が喜ぶ美味しい料理を作れるように頑張ります……えーと、特にビリヤニを頑張ります」
と挨拶してきたのだけど、果たして"ビリヤニ"なるものを神様は理解してくださったかどうか。
そんなのインドの神様に祈れやと言われてしまいそう。
「ハイウェイオアシス 道の駅 富楽里とみやま」にて
 「近藤牧場」のミックスソフト(黒ごま&ミルク) \350
今日は午後から天気が下り坂らしく、日曜にあんまり疲れる事をしてもねと、ゆるっと帰宅することに。
 
道の駅だけ見ていきましょうと、千倉の「道の駅ちくら 潮風王国」から、高速道路乗ってからの「ハイウェイオアシス 道の駅 富楽里とみやま」に寄り道してみた。
 
どちらも鮮魚も扱っているという風な案内を見たのだけれど、未だコロナ禍を引きずっているのか季節的なものか、残念ながら生の魚介はほとんど無く。
 
冷凍ものも、それは地元の「せんどば」とか「角上魚類」あたりより圧倒的に品質が良くて安いかと問われると「うーん……?」という印象だったので、残念ながら魚介は1つも買わなかった。
 
いた!千葉版のびねこ、いた! でも、野菜は安くて色々あったし、立派なサイズの温州みかんも1袋購入して、そしてめでたく見つけた"のびねこ"も。
 
残念ながら北海道では生息が認められなかった、日本各地の土産物屋で見かけるこのゆるいマスコット、千葉版は「ぴーなっつ」と「あまーい」の2体。
 
「あまーい」って何よと思ったら(見た目、みかんかなと思った)、房州びわだそうで。
だったら「びーわ」で良いのにね。だめなのか。
 
同じシリーズで「あざらーし」だの「ぺんぎーん」だのといったお魚系も色々いたのだけれど、私が買いたいのはその土地ならではのご当地のびねこなので、ちょっと良いなと思ったものの「うつーぼ」などはスルーして。
 
うっかりここでも買ってしまった多肉植物……。 そしてこれは、「道の駅 富楽里」でうっかり買ってしまった新たな多肉植物。
 
火祭り」というこの種類はホームセンターなどでも見かけたことがあると思うけれど、そこそこ立派に育ったこのサイズが1鉢たったの300円という価格に「やっす!」と、ついつい。
 
牧場のソフトクリームでひとやすみ。 「道の駅 富楽里」には、南房総市の「近藤牧場」のショップもあったので、ソフトクリーム休憩をしてきた。
 
ソフトクリームはミルクと黒ごま、ミックスだそうなので、黒胡麻好きな私は迷わずミックスで。だんなはコーヒーフロートにしていた。
 
乳脂肪たっぷりという風な濃厚さはそれほどないものの、牛乳自体の味が濃厚という風な、美味しいソフトクリーム。黒胡麻が割としっかり黒胡麻で、面白い風味だった。これは季節によって変わるみたいで、来る度何味があるのか試してみたい気持ちになる。
 
店頭にはモッツァレラチーズやリコッタチーズも販売していて、これも次回、買ってみようかなあと。
 
そんな感じに、また千倉を訪れる気を抱えたまま我が家に向かって北上する帰り道。
 
当初はここで昼御飯もと思ったけど、あんまりお腹が空かなかったのだった。
「市原SA」内
 「生そば・米粉うどん かのか」の
     肉汁つけうどん \780
で、帰り道でのお昼ご飯は、結局「市原SA」で摂る事に。
 
お昼はうどんになりました。 あ、これなら分量的に程よいわと、米粉も使ったうどんなのだという、肉汁つけ麺をいただいてきた。
 
つけつゆの中には、容赦なくたっぷりな豚バラ肉に油揚げ、そして長ねぎ。
 
そういえば今夜は豚味噌鍋をしようという話になっていて、既に白菜や葱も買ってしまっていたところ。うどんも豚バラも重なってるねえと気付いたものの、美味しかったので後悔はしない。
 
市原SAにはパン屋さんもあったので、ここで明日のパンも買うことができた。
 
最後に地元のスーパーで肉買い足して買えなかった長ねぎ買ったら楽しかった週末のプチ旅行も終了。結局2時過ぎくらいには帰ってくることが出来たのだった。
豚味噌鍋
 イベリコ豚・米国産豚バラ肉
 白菜・長ねぎ・うどん
日本酒(京都 玉乃光酒造 純米吟醸 TAMA )
 
「かまや」の
 自家製プリン \198
「オランダ家」の
 チーバくんそのまんまサブレ
カフェオレ
で、夕飯は、冷凍のイベリコ豚(500g)を使いつつ、米国産豚肉も足して豚味噌鍋。
 
まだシーズン早めの白菜は、葉が青々とふわっとしていてシャキッと感が良い感じ。
 
お供は猫のシルエットのラベルが可愛い玉乃光の"TAMA"。ワイン酵母を使用しているとのことで、独特の甘酸っぱさがある低めのアルコール度数の面白いお酒だった。
 
一口目の印象が「洋梨のジュースみたい」というものだったけど、味わうともうちょっとプラムみもある感じで、いずれにしてもフルーツ酒のよう。私は好きな方向だったな。
 
おみやげプリンも食べまーす。 食後は、こんな素朴なプリンを。
 
「道の駅 富楽里」で売られていて、「あら美味しそう」と買ってきたのは、"大臣賞3回受賞の宮本養鶏場の卵を使用しています"というプリン。
 
「かまや」さんって、何の店なのかなと調べてみたけれど、わからず。
 
固すぎず柔らかすぎずの優しい味のプリンだった。甘さ控えめということで、でも私はもうちょっと甘い方が好みかなー。(プリンは甘くカラメルはしっかり苦くメリハリがあるのが好きー)
 
千葉にもサブレがありました!オランダ家なら間違いなし! そして、そういえば旅行先でサブレをけっこう買っているのに地元千葉では買ったことがないね?と、道の駅で手にしてみた「チーバくんそのまんまサブレ」。
 
何これ面白い、と手にしてみたら、千葉が誇る和洋菓子店「オランダ家」の品だった。
 
オランダ家なら間違いないね美味しいよねと、試しに1箱買ってきてみて、そうか船橋はチーバくんの口のあたりであったか、なんて話しながらもぐもぐ。
 
サブレ界の雄、鳩サブレーには今一歩及ばないかもしれないけれど、充分美味しかったし見た目も可愛いチーバくんサブレ。
 
おへそのあたりから踵のところまで旅をしてきたよ、なんて話題にもできて、楽しいお土産だと思います。

2021年11月20日土曜日

今日は千倉の竜宮城に

今宵は竜宮城に来ましたよ、って感じの御馳走でした。
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「サンジェルマン」の
 ベシャメル ポルチーニ
「TAKUMI×SANDWICH」の
 柿ホイップ&アップルシナモンサンド
カフェオレ
今朝は、市川の駅ビルで昨日買ってきた「サンジェルマン」のしょっぱい系パン、"ベシャメルポルチーニ"と、お惣菜と一緒に「あらこれ美味しそう」と買ってみた、「TAKUMI×SANDWICH」の"柿ホイップ&アップルシナモンサンド"で朝御飯。
 
フルーツサンドは、最近流行の過剰に分厚いものではなく、昔ながらのフルーツ屋さんのサンドイッチみたいな一見控えめな外見だったものの、果物のサイズ感とパン、クリームの分量がほどよくて、そしてクリーム自体も美味しくて大満足。
 
そうそうフルーツサンドはやっぱりこのバランスの方が正直なところ美味しいよね……と思いながら、幸せにいただいた。柿+ホイップクリームというのも、想像以上にお似合いで。
 
ベシャメルポルチーニは、「ポルチーニと4種のきのこ(まいたけ、エリンギ、ぶなしめじ、ひらたけ)入りベシャメルソースをのせました」とのことで、こちらもリッチな味わい。サンジェルマンのパン、今は近所にないのでなかなか買えないけれど、好きなパンチェーンの1つ。
 
そして今日はお出かけで、当初は「この界隈でお昼食べてからのんびり向かう?」などと言っていたのに、
「木更津のアウトレットとか通り道だけど」
「なんですと!?行く!」
ってなって、急遽9時過ぎに家を出ることに。
 
わーいアウトレットモールわーい!(←特にこれという予定が無くともなんとなくアウトレットモールは心躍ってしまう人)。
「三井アウトレットパーク 木更津」内「KUA`AINA」にて
 パインバーガー \990
 トッピングモントレージャック \0
 オニオンリングS \420
 ランチセット \270
     フレンチフライ
     マンゴーアイスティ +\100
そして渋滞に巻き込まれてしまいつつも、11時前には無事「三井アウトレットパーク 木更津」に到着して。
 
夜は山盛りの魚介確定だし、ハンバーグっぽいもの食べたくない?ということで、パーク内の「KUA`AINA」に入ることにした。クアアイナ、地元のららぽーとにもあるのだけれど、ランチ時は毎回行列しているくらいの混雑ぶりで、なかなか食べられずにいたところ。
 
チーズトッピング無料のクーポンがあったので、パインバーガーにチーズ追加でお願いして、フレンチフライとドリンクがついてくるランチセットにオニオンリングも付け足して。
 
お久しぶりクアアイナ。食べ応えあって大好きです。 久しぶりすぎて忘れてたけど、そうそう、こんな感じでした、クアアイナのハンバーガー。
 
2つに分けて置かれたバンズの上、左にはパティとチーズと焼いた玉ねぎ、パイナップルが積まれていて、そして右には生野菜。
 
炭火焼特有の香ばしさのパティは歯応えしっかりめ。
 
ケチャップなどのソースは基本的には添えられていないので、自分で卓上のマスタードやらケチャップやらをにゅるにゅる絞ってサンドして、軽く押さえつけてから袋の中におさめてからかぶりつく。
 
手も口もべたべたになりがちだけど、やっぱりここのハンバーガーは美味しかった。いや、とても美味しかった。
 
で、急遽訪れたにしては随分色々満喫してしまった、アウトレットモール。
 
明治屋アウトレット。なんて幸せな空間……! 何より楽しかったのが、「明治屋 OUTLET」。
 
他の食品系、「久世福商店 KUZEFUKU OUTLET」、「DEAN & DELUCA」、「カルディコーヒーファーム」あたりは、「まあ安いのもあるけど普通の値段のがほとんどだよね……?」くらいの印象だったのだけど、明治屋のこのお店は店内全部が特売価格。
 
果物の缶詰セットは、これで1690円。
明治屋の果物缶詰なんて、お高くて手が出せない高級品の代名詞のようなものなのに、こんなに入っていてこんなにお安くて良いのかしら。
 
賞味期限も、青島みかんだけが今年中で、他は2022年のものばかり。全然"訳あり"という風ではないのに、これは幸せ。
 
赤ワインとおつまみのセットも思わず購入。 そして赤ワイン(チリのカベルネソーヴィニヨン)とおつまみの、「家飲み応援セット」はこれで2178円。
 
明治屋のおつまみ系缶詰も、これも高級品の以下略という感じなので、これも要らぬもの無しな内容の幸せなセットだった。
 
他にも単品で色々、リングイネは299円、コールマンのマスタードは298円、チューリップのランチョンミート268円、ニューコンミート228円……といった感じで。
 
アウトレットモール散策開始早々、食品で滅茶苦茶重い荷物になりました……。 あと食品系で楽しかったお店は「Lupicia Bon Marche」。
 
買ったのはビスコッティくらいにとどめた(通常販売価格1296円の品が半額だった)のだけど、紅茶屋さんルピシアの運営するフードロス対策のお店は、とても魅力的。
 
明治屋でのお買い物がこれほど重くなっていなかったらもう少し買いたかった。
 
カルディでは人気のパンダ杏仁豆腐と可愛いサイズのりんごのシュトーレン買って、食品の買い物はそんな感じに。
 
昨日、マツキヨで詰め替え用買ったばかりだったのに、っていう。 そして、ここに来ると判っていたら昨日買わなかったのに……などと思いながら寄ったのが、「BOTANIST Factory」。
 
愛用中のボタニストのシャンプーやコンディショナー、普通に買ったら5000円近い品のセットが3700円。
 
更に4000円以上の買い物で500円引きとあったので、スポーツジム持参用にミニボトルセットも追加したら、良い感じにお安くなった。
 
UNDER ARMOUR FACTORY HOUSE」ではそろそろ買い換えたいと思っていたジム用バッグに使えそうなのが半額で買えたし、たいそう収穫の多かったアウトレットだった。
 
時間取られるしと、あえて洋服屋は一切寄らなかったというのにこの充実ぶり。
 
千倉の「Binowee」さん。大変に良いお店でした。 そして程よく「今から宿に向かったらちょうどチェックインくらいの時間かな」って頃合いになったので、車は一路、今日のお宿のある千倉方面へと。
 
それでもまだ少し時間があったので、千倉で寄れたら寄りたいと思っていた、サボテンと多肉植物の専門店「Binowee」に寄り道してもらった。
 
潮騒が聞こえる風光明媚な場所にあった可愛らしいお店で、明るい店内にはエアープランツや大株育ったコウモリラン、作家さんの植木鉢なども並んでいた。
 
宝石のような可愛い多肉の鉢がたくさん……! どれもこれも、美しく育った可愛い子ばかり。
 
お馴染みのセダムやエケベリアは地元のホームセンターでもよく見る種類だけれど、水風船のような不思議な透明感のあるハオルシア、豆や石ころのような外見のリトープスもたくさん。
 
広くはない店内ですが、でもお宝の山!という感じでした。 こちらは全く私は造詣のないサボテン類も、見たことのないものから、いつかはこれにも手を出してみたいコーデックスの仲間とか。
 
本当は、数日前にお店のSNSで見た「リトープスの寄植え」が買えたらなと思っていたのだけれど、残念、とうに売り切れだったみたい。
 
今回買ってきた3鉢。ちゃんと育てられるかな……(がんばる) 悩んだ末、「こんなの地元のホームセンターでは見たことない!」という鉢を3つ、買ってみることにした。
 
奥のは「Haworthia fasciata」。もう佇まいからして美しい。この鉢だけ1000円弱のお値段で。
 
手前の2つは品種札無しの、お買い得コーナーに置かれていて1つ250円。
 
帰宅して調べたところによると、左のラッパみたいな形状のは「ゴーラム」という品種みたい。別名が「宇宙の木」ですって。
そして右の、白地にピンクの虎縞(かわいい)は「カランコエ・フミリス」かな。
 
ご主人が丁寧に育て方の説明をしてくれて、この3鉢は全部春秋型ですよとか、ハオルチアはあんまり強い日光に当てない方が綺麗に育つとか、色々教えてくださった。
 
今の家、寝室の出窓が半温室みたいな状態で、放置状態でも多肉が勝手にもりもり育ってくれているものだからろくな指南書も読んでいなかったのだけど、これを機にちゃんと多肉の育て方も学んでみるつもり。
千倉「政右ヱ門」にて
 船盛り&房州海老の夕御飯
 日本酒(千葉 岩瀬酒造 岩の井 山廃純米) \2420
そして今日のお宿は「海辺の料理宿 政右ヱ門(まさえもん)」。
 
緊急事態宣言解除で漸くに再開した千葉版Go To トラベルの「ディスカバー千葉」。
 
事前申込の抽選制で、最大4人泊分(4人で1泊でも2人で2連泊でも可)1人泊5000円の補助が出るという企画で、当選直後、一度来たいと思っていたこの宿に予約を入れていたのに、直後に緊急事態宣言突入となって泣く泣くキャンセルしていたもので。
 
やーっと行くことができる!と、再開早々早速予約を入れていたのだった。
 
なんでも、魚介メインの夕飯が滅茶苦茶すごいらしい。「ここは竜宮城か」とか、「リピーター確定」とか、色々な口コミを目にしていて、「たらふく魚介を食べに行こう!」とだんなを誘ったのは私の側。
 
5室と部屋数少なめの民宿で、大浴場はあるけれどこぢんまりとしていて温泉ではなく。和室の部屋も比較的シンプルな風で、でも洗面所とトイレ、冷蔵庫はちゃんとお部屋についていた。
 
せっかく安くなるのだし、だったらグレードアップしちゃう?と予約していたのは、「自社HP限定 船盛り&房州海老(伊勢えび)付プラン」、週末価格で19800円/人。
 
地元でとれた新鮮な魚介類と房州海老のお刺身が付いたお造りと1人1尾づつの房州海老(調理法は、ボイル、当館おすすめ一番人気テルミドール焼きからお好きなものを選べます)が付いた磯料理。更にアワビ踊り焼き期間限定サービス
 
お造り 房州海老のお刺身が付いた地魚のお造り
 
房州海老(一人に1尾、200g程度)調理法が選べます
 
アワビ踊り焼き
酢の物(マリネ)
旬の野菜の煮物 海鮮鍋
などその他の料理
 
だそうで、食事は1階の食事室でのテーブル席。
 
着席するなり、「伊勢海老でーす」「舟盛りでーす」と、目の前に竜宮城が広がったのだった。いや、すごい。これはすごい。
 
舟盛りという表現を越えている気がします。 まだ足や頭がぴくぴく動いている房州海老(=伊勢海老)に、お頭つきはアカハタとキンメ、それに焼きサザエ。
 
「あとは少しですけど」
と宿のお姉さんは言っていたけど全然"少し"ではない、一般的な刺身の量はこのくらいだよという普通な量の鯵とまぐろ(赤身ととろ)、鰹も盛られていた。
 
房州海老のテルミドール。超高級海老グラタン? そしてこちらが、房州海老のテルミドール。
 
到着時に調理法を聞かれ、このテルミドール(がおすすめだそう)かボイルかを問われ、両方試してみることにしてだんなと交換しながらいただいた。
 
ボイルはボイルで海老の味がシンプルに味わえて、マヨネーズ添えていただくシンプルさがとても素敵。
 
テルミドールは、言ってみれば"超高級海老グラタン"という感じ。
もうこの段階で、食卓には伊勢海老が3尾盛られているわけだけど、御馳走攻勢はこんなものでは終わらなかった。
 
こんな洋風プレートがあるのがまた嬉しい 食卓には、柿とぶどうの白和え、プチトマトのジュレ和え、そしてピクルス風蟹爪と野菜の盛り合わせ、といった洋風皿も。
 
蟹爪の皿は酢の物の代わりなのかなという風で、果物を使ったこういう品があるのが程よい箸休めになってくれた。
 
更には里芋と海老の煮物、漬物盛り、そして踊り焼き用の活アワビが楕円皿の上でうねうね動き回っていた。元気よすぎて皿から出るんじゃないかしらという勢いで。
 
このアワビは食事の半ばでお姉さんが卓上コンロで味噌焼きにしてくれた。
 
鍋もありますよー。 そして銘々鍋ももちろん魚介。
 
立派なハマグリにワタリガニ、金目鯛。たっぷりきのこと白菜、人参といった具材の寄せ鍋風。
 
いやあすごいね、何より刺身がすごいね、食べきれるかなあ……なんて、呑気に言っていたのだけど。
 
なめろう来ましたー!お頭つきで! こちら、サービスでーす!と増えた1皿は、お頭つきのイサキのなめろう!
 
緊急事態宣言明けましたおめでとうのサービスなんですって。
 
南房総の食べ方ということで、添えられていたのはお酢。そして梅ふりかけ。
 
片口には氷を落とした味噌汁が入っていて、「最後はなめろう冷や汁もおすすめです♪」って、それは食べないわけにいかないよね……!
 
我が家のなめろうは胡麻油や醤油も入るのだけれど、ここのは味噌味ベースで、そしてしっかり叩かれたねっとり具合。
 
あんまり馴染みがない不思議な風味がするね?それがまた美味しい……と首を傾げていたところ、玉ねぎが入っているのだそうで。なるほど、玉ねぎ。長ねぎじゃないこのちょっと辛い感じが良いのかも。
 
少量かけられた七味唐辛子も良いアクセントで、たいそう美味しかった。
 
「房州海老、揚げちゃいました!」って……w そして更に更に、「房州海老、フライにしたのでお召し上がりくださーい!」って……(もう笑うしかない)。
 
先のなめろうは2人で1皿だったけれど、こちらは1人1皿。
 
つまり目の前には伊勢海老が5尾分と、お頭つきのお魚が3尾という、「食べ手がもう1人か2人は必要なのでは?」という光景が広がりつつあった。
 
でも、このエビフライ、美味しかったなあ……一口囓るだけで口の中がいっぱいになるエビフライとか、食べた事がない。タルタルソースたっぷり添えられているのもまた嬉しくて。
 
今日だけだそうですよ。ミニ寿司まで出てきました。 そして最後にはお寿司まで。
 
これも「今日だけです!今日だけのサービス!」って言われたけど、もはや、ほんとかなぁと疑っている自分がいる。
 
「シャリ少なめにしてますので!邪魔しませんので!」
と笑顔で言われたけど、そういう問題でも無い気がする。
 
でも、赤身に大トロ海老にタコにと、お寿司、ちゃんと美味しかった。
 
翌日、宿の大将がしてくれた話によると、
「いやぁ、コロナ禍でヒマになっちゃって。だから寿司の握り方教わってたんですよね」
だそうで。
 
このあたりになると、半ば呆然としつつ、
「……これ、"オモウマい店"に出られるんじゃないかな」
と苦笑してたら、聞きつけたお姉さんに「えー!嬉しい!大将に伝えてきます出たいんですよねえ!」だそうで。
 
でも、私もだんなも頑張って、料理は残さずいただいたし、最後には「やっぱりこれは食べておかないと!」と、なめろう丼からのなめろう冷や汁までしっかり平らげた。
 
最後にはデザートプレート、黒糖のプリンっぽいのとミニサイズのチーズケーキ、そしてりんご。
 
全部すっかり平らげたらかなりの満腹になってしまって、部屋で日本シリーズ第一戦など流しつつ、2人して早々に寝こけてしまったのだった。千倉の竜宮城、おそるべし。

2021年11月19日金曜日

今日はお惣菜まかせ

ハニートースト
しょうが茶ミルクティー
だんなは出張中、息子は金曜は昼まで寝てる日……というわけで、いつもの時間に起きた私は一人朝ご飯。
 
最後、端っこのところが若干厚めに残っていた乃が美のパンを、バタートーストにして蜂蜜垂らして食べることにした。手元にあったコーヒー蜂蜜(コーヒーの花の蜂蜜)を使ったら、こっくり濃厚な味で良い感じ。
 
お供にしょうが茶溶かしたミルクティー。
 
はちみつ、美味しいのが手元にあると嬉しいもので、今はコーヒーの蜂蜜、パクチーの蜂蜜、あとマヌカハニーも手元にあるのでそれを適当にヨーグルトに入れたりしていて。
 
これまでは買ったことはなかったのだけれど、今年ははちみつのネット販売福袋、買ってみようかなと思っている。
「成城石井」の
 タイ風春雨サラダ
 徳用イベリコ豚とパウミジャーノレジャーノのラザニア
「TAKUMI×SANDWICH」の
 かにクリームコロッケ
「サンジェルマン」の
 マヌルパン
自家製すだちサワー
ジムのない今日は、ドラッグストア行って100均も行って、ついでに明日のパンと今夜の惣菜、お花も……と買い物予定かき集めて市川までお出かけ。そこそこの大荷物で帰ってきた。
 
今日も息子と2人の夕飯、もう今日は出来合いで行くぞ手間かけないで行くぞと心に決めて、市川の駅ビルで色々お買い物。
 
最初に覗いた「TAKUMI×SANDWICH」というサンドイッチ店と和洋の惣菜店を合わせた風なちょっと不思議な品揃えの店で、美味しそうなフルーツサンド(これは明日の朝御飯)と、カニクリームコロッケを買って、その隣の「成城石井」で赤札になっている惣菜類を見つけて「あ、これが良い」と。
 
けっこうなサイズのラザニアと、ボリュームたっぷりのタイ風サラダ、組み合わせの妙はともかくこれでなんだか形になったぞと、最後にしょっぱい系のパンが欲しくて「サンジェルマン」に寄ったら、「マヌルパン」という不思議なネーミングのパンが平台に積まれていたのだった。
 
マヌルネコのマヌルかしらと思ったら、マヌルって、韓国語で"にんにく"の意味だそうで、マヌルパンは韓国屋台で人気の品なのだとか。
 
カラフルな商品札には"悪魔的なおいしさ""ガーリックオイル×甘いチーズクリーム"という文字が躍っていて、ラザニアの添え物に悪くないかも?と試しに1個買ってきてみた。コロッケと共に予熱した魚焼きグリルで温めて、息子にはラザニア多めに、私はサラダ多めに盛り付けて、そんな感じの夕御飯。
 
マヌルパンは、韓国スナックあるあるな"甘じょっぱい大量チーズ系"な食べ物で、でもじわじわクセになりそうな美味しさがあって。
 
「思ったより甘い……」
「甘いけど旨い……」
言いつつ、息子と半分こして食べたけど、これ、1人1個だと少し胸焼けしてしまいそうな気も。
 
成城石井は間違いない美味しさだったし、そして今回初めて買ってみた「TAKUMI×SANDWICH」(読み方は"タクミ バイ サンドウィッチ"らしい)のお惣菜も美味しかった。
 
このお店、株式会社ブッツデリカテッセンが母体で、「Butz SANDWICH」と「献心亭 匠」がコラボした結果のこのお店なんですって。吉祥寺や中野坂上にも店舗があるみたい。

2021年11月18日木曜日

今年もIKEAの生もみの木を

今夜はIKEAリスペクトの食卓ということで。
※今日の写真はクリックすると大きくなります※
「乃が美」の食パン w/マルセイバタ
小岩井ヨーグルト w/パイナップル
カフェオレ
今朝はだんなの分の朝食に、おでんの残りと米飯を出して、私はだんなを見送ってから時間差で乃が美の食パンをもぐもぐ。
 
まだ柔らかいなと、スライスしたままのパンにバター塗って、あとは料理用に使った残りの小岩井ヨーグルトにパイナップルざくざく刻んで和えて食べた。
 
さて、今日は、この季節の恒例、「IKEA」での生もみの木の発売日。
 
だんなが「午前休なら取れそうだから手伝おうか?」と言ってくれていたけど、「だいじょぶだいじょぶ自転車で行けるー」と、意気込むあまり開店1時間前に到着してみれば、既に20組ほどが行列を作っていた。
 
年々、入荷のもみの木の数が少なくなっているような……? コロナ禍前までは、並んでる人向けにホットコーヒーとクリスマスクッキーの無料サービスがあったりしたのだけれど、昨年同様今年も無く。
 
続々とお客さんは増えていって、開店直前には200人くらいが並んでいた事になるのかな。
 
それでも南船橋のこの店舗は平和な方で、SNS情報に寄れば港北とか立川あたりの店舗は大変な混雑だったみたい。
 
めんどくさいのでもう紐を解いてまで確認はしません。 今回は1時間後にはジムに行かなきゃいけないしで余裕も無かったこともあり、この状態でまとめられているもみの木の紐を切ってまでの確認は、もうしない。
 
自分の目利きを信じてー!ということで、全体の高さと幹の太さ、重さ、円錐形に綺麗な葉のボリュームが感じられるかを観点に、50本ほどの山の中から2本を厳選した。
 
その2本を並べてよくよく見比べて「君に決めた!」と梱包コーナーに持ち込んで。
 
こうすれば肩にかけて移動できるのでらくちんですよ。 時間重視で雑になったけど、新聞巻いて、サランラップ風の梱包テープでぐるぐる巻いて、更に上から2ヶ所に紐をしっかりつけて、ショルダーストラップ(ジムバッグから取ってきた)を取り付けて。
 
こうすれば、肩にかけられるので持ち運びが簡単だし、何なら無理矢理だけど自転車にも乗れなくもない。重さは……中小プレートつけたバーベルくらいあったから9kgくらい?あったかもだけど。
 
で、木はとりあえずお湯と砂糖を入れたバケツに入れておいてみた。
この処置は今年が初めて。
 
クリスマスまでモミの木のツリーを枯れさせない5つのTips」というwebサイトに掲載されていた、バーモント州の園芸家Roger Preuss氏の話よると、
 
Preussさんは、クリスマスまでツリーを新鮮でいい香りの状態で保つのに、2つの方法をすすめています。ひとつは、園芸屋さんなどで購入できる防腐剤や保存剤を使うことです。
 
もうひとつは、数リットルの熱いお湯にコップ1杯の砂糖を溶かして、ツリーに最初に“飲ませておく”ことです。「そうすると、木の幹や葉脈がすぐに水分を吸収するようになり、水分を満タンに貯めておくことができる」とPruessさんは言います。
 
だそうで。
 
確かに切り花には"湯あげ"という方法があるし、砂糖も切り花に有効という話があるし、そんなものかなと実践してみた次第。
 
無事ジムにも間に合って、2つのダンス系プログラム終えて帰ってきた夕方には、買ってきた時よりもみの木、いくらかずっしり重くなった感があった。
 
ちゃんと水揚げしてくれたなら、エアコン効かせている居間でも頑張ってくれるかな。何より大事なのはスタンドの水を切らさないことと毎日の葉水だとは思いつつ。
 
というわけで今年のもみの木はこんな感じです。大きい……!! というわけで、今年のもみの木、こんな感じ。
 
昨年リニューアルしたツリースタンドが良い感じにお洒落でお気に入り。前のはごつくて場所も取るし、あと猫が水飲むし、割と困りものなスタンドだった。
 
しかし、置いてみたらツリースタンド分含めて180cm超の高さがあって、押し下げて整えた枝もすごいボリュームだった。
 
そう、もみの木は上に枝をぎゅうぎゅう持ち上げられて固定された状態で売られているから、飾る時にはちゃんと"元の樹形"に戻してやると格好良くなるのだけど、SNSで見ていると樹形が悪いまま飾ってる人がすごく多くて、「ああ、勿体ない……!」と思っている私。
 
さて、備忘録がてら、毎年貼ってるIKEA生もみの木情報をここにぺたり。  
2014年は発売11/20 1999円(クーポン1999円) 飾りは金赤
2015年は発売11/19 2499円(クーポン2499円) 飾りは茶系
2016年は発売12/01 2499円(クーポン1000円) 飾りは銀青
2017年は発売11/30 2499円(クーポン1000円) 飾りは金赤
2018年は発売11/22 2999円(クーポン1000円) 飾りは白銀
2019年は発売11/21 2999円(クーポン1500円) 飾りは茶系
2020年は発売11/19 2999円(クーポン1500円) 飾りはアルミ
2021年は発売11/18 2999円(クーポン1500円) 飾りは茶金
 
もう8年も買い続けているんだなあと感慨深い。
 
今年の飾りは手作り(フェリシモの「北欧の伝統的オーナメント 経木で作る ネーベルスロイドキット」)にしようと思っていて、でも作業を始めたのが遅すぎて、まだ全部は出来ておらず。
 
作り始めてみたら案外と1個のオーナメントが巨大だったものだから驚いているのだけど、木が大きいからそれほど違和感なく飾れるかな……と思いたい。
 
2021年のクリスマスツリーはこんな感じに仕上がりました 【11月25日追記】
 
クリスマスツリー、めでたくこんな感じに仕上がりました♪
「IKEA」の
 ミートボール
     w/クリームソース・リンゴンベリージャム
 酢漬けニシン w/レタスと紫玉ねぎのサラダ
 マッシュルームのスープ
自家製レモンサワー
今日明日とだんなは北海道出張で(ほんと忙しい……たいへん……)、今日の夕飯はIKEAリスペクトということで、IKEAの冷凍ミートボールにニシンの酢漬け、マッシュポテトもクリームソースもリンゴンベリージャムもIKEA製。今回初めて、ストレートタイプのマッシュルームスープも買ってきてみた(濃縮かなと勝手に思っていて、1袋しか籠に入れなかった次第)。
 
ニシンには手持ちのレタスと玉ねぎ添えて、半端に残っていたインド風人参ドレッシングを添えて。
 
スープは湯煎で温めるだけ、ソースは水と生クリーム(がめんどくさかったので水の量控えて牛乳多めに)で伸ばして温め、円柱形の冷凍マッシュポテトは牛乳入れて火にかけて練るだけ。
 
グリンピースの煮物あたり作ったら、一層IKEAっぽいプレートになったかなと思いつつ、「IKEAだ……」「うん、IKEAだな」という風な夕飯になった。ミートボール、残しておいてもなと全部あっためてしまったら35個くらいあった気がする。
 
「ミートボールなら何個あっても食べるよー」と心強い息子が20個食べてくれた。
 
すんごく美味しいってほど美味しいわけではない……というか、"冷凍食品としては、自然な味で悪くないよね"って感じのミートボール。でもあのクリームソースとリンゴンベリージャム添えると「そうそうこれこれ」な味になる。
 
特にリンゴンベリーのジャムは、甘酸っぱさがちょうど良くてえぐみも無く、本当にお気に入り。
 
以前、IKEAのが入手できなかった時に買った、他メーカーのリンゴンベリーのジャムがかなり今一つな味だったので、もう私はリンゴンベリージャムはIKEA一択くらいに思っている。
 
そういえば今年もクリスマスブッフェ、してくれるかな。また今年も行きたいわ。